読みっぱなしは勿体ない!20分でニュースの英語フレーズをマスターする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一つの英語のフレーズを繰り返し聞き、暗唱することは、最終的にすらすらと英語を話せるようになるための近道です。そんな「繰り返し学習法」を、オンライン英会話の合間に取り入れられたら一石二鳥ですよね。そこで今回は特に「Weekly News Article」や「Daily News Article」といったレアジョブが提供しているニュース記事教材を使って英語フレーズをマスターする学習方法をご紹介したいと思います。

英語フレーズ学習にニュース記事教材がオススメな理由

英語フレーズは英語教材のあちらこちらに存在します。最近はアプリを使ったフレーズ暗記法などもあり、教材には困りませんよね。しかしどの教材を使ってフレーズを覚えるのがいいのか、という疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回おすすめするレアジョブ英会話のニュース記事教材は、オンライン英会話の教材として使えるだけでなく、実は、英語のフレーズを学習するのにもとても最適なのです。

レアジョブ英会話のニュース記事教材とは

レアジョブ英会話で提供しているニュース記事教材には、主に「Weekly News Article」と「Daily News Article」というものがあります。まずはこれらニュース記事教材がどんなものかを簡単にご説明しましょう。

「Weekly News Article」ってどんなの?

「Weekly News Article」:  https://www.rarejob.com/lesson/material/wna/

週に1回新しい記事に更新されるレアジョブ英会話オリジナルのニュース記事教材。初中級-中級者向けのディスカッション教材として、世界の時事ネタを中心に、ビジネスや科学、スポーツなど、幅広い分野の記事を網羅しています。

記事だけでなく、ネイティブが読むリスニングや、役に立つ単語やフレーズ、ディスカッション用のトピックなどもあり、幅広い英語学習が可能な教材です。

「Daily News Article」ってどんなの?

Daily News Article : https://www.rarejob.com/dna/

毎日新しい記事が更新されるレアジョブ英会話提供のニュース教材です。中級、上級者向けで、「Weekly News Article」に比べて記事の文章も長めに設定されています。「Japan Times Alpha」の様々なニュース記事を使用しており、国内外のタイムリーな出来事を講師とディスカッションしたり、ネイティブが読む記事をリスニングしたりして、幅広く英語力を強化できます。

レアジョブ英会話のニュース記事教材がオススメな理由

ディスカッション教材として深く学べるレアジョブ英会話のニュース記事教材ですが、レッスン中だけではなく、実は英語のフレーズを覚えたい方の自己学習にも最適です。その理由をご説明しましょう。

生きた英語が学べる

ニュースは現代を生きる私たちが使う日常の表現がたくさん出てきます。古ぼけた表現や近年あまり使われていない表現ではなく、今日覚えれば明日から使える英語フレーズで溢れているのがニュース記事です。また最新のテクノロジー英語や時事英語などもふんだんに含まれており、フレーズだけでなく最近話題の新しい単語を一緒にマスターするのにも最適です。

自分のニーズに応じてカテゴリーを選択できる

英語フレーズを学ぶといえども、学習者によって置かれている英語のニーズは様々です。特にビジネスの場でよく使われるフレーズを取り込みたいのか、それとも日常生活で使える英語表現をまずはいち早く取り入れたいのかなど、人によってニーズはばらばらでしょう。

「Weekly News Article」や「Daily News Article」は、最新の記事だけではなく、過去の記事も閲覧でき、それらは「ビジネス」や「サイエンス」などのカテゴリー別に分けられています。最新の記事があまりあなたのニーズに関係のないものであった場合、こうしたカテゴリーの中から興味のある記事を選んで、楽しく学習を続けることが可能なのです。

フレーズが印象に残りやすい

ニュース記事とともに英語フレーズを覚えていくと、記事の内容とともにフレーズが印象付けられるため、覚えやすいというメリットもあります。前後になんの脈絡もなく、ただ独立した1文を単純暗記していくより、ストーリー性のあるニュースなどの中の文章やフレーズの方が圧倒的に印象に残りやすいのです。

オンライン英会話と併用できる

色々な教材に手を出すと、記憶にも残りにくく、深く教材をマスターすることが難しくなります。しかしオンライン英会話のレッスンで使ったニュース記事をそのままフレーズ暗記に利用すれば、教材を十分身体に染み込ませることができ、長時間経っても記憶に残りやすくなります。同じ教材を繰り返し使って完全に英文をマスターするという意味でも、ニュース記事はフレーズ暗記に特におすすめです。

20分で!ニュース記事で英語フレーズを覚える方法

それでは実際にレアジョブ英会話のニュース記事教材を使って、どのように英語フレーズを覚えていけばいいのかをご紹介しましょう。

ステップ1:自分にあった教材を選ぶ

レアジョブでは2つのニュース記事教材が日毎、もしくは週ごとに更新されていますが、対象となるレベルがそれぞれ異なります。リスニングのスピードや長文の長さが異なりますので、ご自身にあったレベルの教材を利用しましょう。

「Weekly News Article」:レアジョブレベル4−6
「Daily News Article」:レアジョブレベル7−10

ステップ2:レッスン中に記事の意味をしっかり理解する

オンライン英会話でこれらのニュース記事教材を使う場合、レッスン中に一度はリスニングをし、音読をし、ディスカッションをするでしょう。しかし予習の時間がとれず、ニュース記事教材がレッスンで初見となる場合、いまいち単語の意味があやふやなものや、文法がわからず意味がつかめない文も出てくるでしょう。レッスン中にわからない単語や文の意味がでてきたら、かならず先生に聞き、クリアにしておきましょう。そうすることでレッスンを有効活用できますし、レッスン後のフレーズ学習がスムーズに進みます。

ステップ3:音読する(所要時間5分)

レッスン後、長文を一度、自分のペースで音読しましょう。音読しながら、意味をつかめているか確認します。途中で単語の意味を忘れてしまっていたり、文章の意味がつかめなくなったりする場合は、その都度止まって、辞書やスマホで調べてもかまいません。最後まで音読して、完全に長文全文が理解できたことを確認してください。

ステップ4:リスニングを4回聞く(所要時間5分)

長文の意味が理解できたら、ニュース記事教材に付属しているリスニングを4回聞きます。

▼1―2回目:長文を見ながら聞く
最初は文章を見ながら耳を傾けましょう。自分が先ほど音読した発音やイントネーションと、ネイティブの発音に違いがないか確認しながら聞き、正しい音声を習得しましょう。

▼3―4回目: 長文を見ずに聞く
次に、長文を見ずにリスニングを耳で聞きます。何も見ずとも、音が聞き取れているか確認しましょう。「人は聞き取れない音は自ら発音することもできない」ので、しっかり音を耳に入れて聞き取れるようにしておくことが大切です。

ステップ5:長文を見ながら一緒に発話する(所要時間5分)

次にリスニング教材のネイティブについて、自分も一緒に音読します。聞きながら真似をして発話するので、最初は難しく感じるでしょう。しかし1回目より2回目、2回目より3回目の方が、格段に簡単に感じます。時間に余裕のある方は4−5回これを繰り返すと効果的です。なるべくイントネーションなどもネイティブのものを意識的にコピーして発音しましょう。

ステップ6:選んだ文だけ音読する(所要時間5分)

最後に、長文の中で一番難しく感じた文や、覚えたい単語のある文をピックアップし、それを音読します。息継ぎの位置やイントネーションなど、リスニングで聞いたネイティブの真似をしながら、その1文を完璧に言えるように音読しましょう。

最初は文章を目でみながら何度か声に出します。そのうち口が慣れてきたら、今度は顔をあげて暗唱し、忘れた場合のみ、文章を見るようにします。最終的には何も見ずにスラスラ言えるようになれば完璧です。

まとめ

英語のフレーズは、印象に残りやすいものの方が覚えやすく、後に残りやすくなります。ニュースの記事というストーリー性のあるものをうまく活用し、オンライン英会話と併用して効率よく英会話をマスターしてくださいね。インプットだけではなく、アウトプットに挑戦したいひとはレアジョブ英会話の無料体験がおすすめです。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する