英語学習は単語から始めるべき?英単語を覚える方法やコツを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習において最も重要といっても過言ではない英単語。皆さんはどのように覚えていますか?「英単語が大切だとは分かっているものの、なかなか覚えられない」「どうやって覚えればいいの?」と悩んでいる人もいるでしょう。そこでこの記事では、英単語を覚える方法やコツをお伝えしていきます。語彙力を強化したいと考えている人はぜひ参考にしてください!

英語学習は単語から始めるべき?

単語から英語学習を始めるのは効率的なのでしょうか。後回しにしても大丈夫なのでしょうか。学習初期段階における単語学習について解説していきます!

単語暗記は必須!

英語学習において、英単語の暗記は避けて通れません。なぜなら、単語が分からないと自分の言いたいことを伝えることができないですし、相手の言っていることを理解することもできないからです。英語の4技能(スピーキング、リーディング、リスニング、ライティング)すべてにおいて単語は重要になってきます。つまり英単語は英語の基礎中の基礎といえるでしょう。

単語ばかりに時間をかけない

英単語は英語の基礎であり、必ず暗記する必要があると説明しました。とはいえ、英単語の暗記ばかりしていても、英語は喋れるようにならないですし、英語を聞き取ることもできません。英単語を配置するときのルールである文法や、英単語を正しく発音するのに必要な発音ルールもあわせて学習していきましょう。バランスよく勉強することで、英語力が伸びていきます。

使いこなせる単語を増やそう

英単語を覚えるときは、単に語彙を増やすのではなく、使いこなせる語彙を増やすことを意識しましょう。例えば、infinitesimal(微小な)、legislation(立法)といったような難しい単語を覚える必要はありません。そういった単語を覚える前に、take、make, getといった基礎的な英単語を使いこなせるようになりましょう。こういった単語を使いこなせるようになれば、表現の幅がグッと広がりますよ。

英単語を覚える方法5選

英単語の暗記というと、単語帳が思い浮かぶと思いますが、実は単語帳以外にも単語を覚える方法はいろいろあります。私自身、これからご紹介する方法で語彙力を伸ばしてきました。それぞれの方法に特徴やメリットがあるので、ご自身に合った方法で英単語を覚えていきましょう!

英単語帳で覚える

最もスタンダードな方法が単語帳を使う方法です。単語帳を使うメリットは、覚えるべき単語が網羅されている点です。覚えるべき単語が1冊にまとまっているため、集中的に単語を覚えていくことができます。また単語帳は、初心者向け、受験生向け、英会話向け、資格試験向けなど、レベルや目的別に分かれているので、自分に合った1冊を選ぶことができるでしょう。

アプリで覚える

アプリを使って英単語を覚えるのもおすすめです。アプリを使って英単語を覚えるメリットは、テクノロジーを活用できる点です。例えば英単語をワンタップするだけで発音、例文、類義語などを確認することができます。また一度覚えた単語を忘れたころに出題してくれる機能なども搭載されているので、効率的に覚えることが可能です。アプリなら通学・通勤中などちょっとした隙間時間にもサクッと英単語を暗記することができますよ。

洋画や海外ドラマで覚える

ネイティブが日常生活でよく使う英単語を覚えたい人は、洋画や海外ドラマを活用してください。洋画や海外ドラマを鑑賞している中で分からない単語があったら、ノートや単語カードにメモしましょう。登場人物の会話を通して英単語を覚えるので、英単語の使い方やニュアンスなど細かい部分まで理解することができますよ。洋画や海外ドラマで覚えた単語は強い印象が残るので、記憶に定着しやすいでしょう。

洋書で覚える

本を読むことが好きな人におすすめなのが洋書を使って英単語を覚える方法です。洋書を読むことで、ネイティブが普段使うこなれた英単語に触れることができます。洋画や海外ドラマだと、流れが早いので再生、一時停止を繰り返す必要がありますが、洋書であれば自分のペースで単語を覚えることができます。絵本、小説、自己啓発などさまざまなジャンルがある点も洋書の魅力でしょう。

洋楽で覚える

歌を歌うことや聞くことが好きな人は洋楽を使って英単語を覚えることをおすすめします。英語が喋れる人に「どうやって英語が喋れるようになったんですか?」と聞くと「洋楽をたくさん聞いて英語をマスターしました」と答える人が多いです。ただ何となく聞くのではなく、分からない単語があればその都度調べて、意味を確認しながら聞くようにしましょう。

英単語を覚えるときのコツ

なかなか単語が覚えられなくて困っている、という人も多いのではないでしょうか。ここからは、英単語を効率的に覚えるコツについてご紹介していきます!

とにかく繰り返し触れる

英単語は1度見ただけでは覚えられません。エビングハウスの忘却曲線によると、人間は一度覚えたことを1時間後に56%、1日後には67%も忘れてしまいます。忘れないようにするには、短期間のうちに英単語に繰り返し触れていきましょう。毎日会う人の顔は覚えようとしなくても覚えてしまうのと同じで、単語も毎日繰り返し触れることにより、自然と覚えられるものです。

寝る前に単語を覚える

みなさんはいつ単語を覚えていますか?実は寝る前に単語を覚えると記憶に定着しやすいと言われています。寝る前に考えていたことや見たことが夢の中に出てくることがありますよね。寝ている間に脳は記憶を整理しているのです。特に寝る前の30分間が暗記のベストタイミング。この時間はスマホをいじるのをやめて、単語暗記の時間にあてるようにしましょう。

自分で例文を作ってみる

単語を機械的に覚えていくだけだと、記憶になかなか定着しません。例えば、「must = しなければならない」と機械的に覚えても、すぐ忘れてしまいます。英単語を覚えたら、その単語を使って例文を作ってみましょう。例えば、I must study English.(私は英語を勉強しなければならない。)といったようにオリジナルの例文を作ることで、記憶に定着しやすくなりますし、単語を使いこなせるようになります。

音声を利用する

英単語を覚えるときは、単語帳を眺めるだけではもったいないです。ぜひ音声を活用してください。音声を聞くことにより、英単語の発音も同時に覚えることができるので、リスニング対策にもなります。また音声を聞くだけでなく、自分でも発音してみてください。体を使って単語を覚えることで、ただ眺めているより記憶に残りやすくなりますよ。

おすすめの単語帳

ここからは、おすすめの単語帳をご紹介していきたいと思います!

DUO 3.0

DUO 3.0は受験生をはじめ、TOEICや英会話を勉強している人まで幅広い英語学習者に支持を得ている単語帳です。DUOには、1600の単語と1000の熟語が収録されています。最大の特徴は560の例文を通して単語や熟語を効率的に覚えられる点です。15人のネイティブが監修しているということもあり、実用的な例文が多いので、例文ごと暗記してしまえば、スピーキング力アップにも効果があるでしょう。

英単語の語源図鑑

英単語の語源図鑑は、「語根」「接頭辞」「接尾辞」などの「語源」を使って英単語を覚えていくスタイルの単語帳です。例えばinjectionを例にとると、接頭辞「in」には「中に」、語根「ject」には「投げる」、接尾辞「ion」には「もの」という意味があります。よって「injection = 注射する」という意味になります。こういった語源を学ぶことによって、芋づる式に語彙が広がっていきますよ。

Distinction

ネイティブが日常的に使う英単語を覚えたい人におすすめの単語帳がDistinctionです。この単語帳には、日本の学校では習わないけど、ネイティブが頻繁に使う単語やフレーズが収録されています。単語帳のデザインがカッコいいので、電車やカフェなどで使っても恥ずかしくないですよ。

英単語の覚え方やコツがわかったら

英語力を上げるには、英単語の暗記は必須となります。単語を覚える方法はたくさんあります。楽しいと感じる方法で英単語を覚えていきましょう。

覚えた英単語を英会話で使えるようになりたいという人は、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してみてください。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。
まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する