自分の声や英会話レッスンを録音すると英語力アップ!やらないなんてもったいない録音方法とアプリをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは自分の英語を録音したことがありますか?自分の声を聴くなんて恥ずかしいと思うかもしれません。しかし録音した音声を聞くことで、自分の英語を客観的に聞けたり、発音矯正ができたりと、さまざまなメリットがあるんですよ。そこで、今回は英語学習に役立つ録音アプリをご紹介していきます。記事の後半ではオンライン英会話で録音アプリを活用する方法も解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

アプリで自分の声を録音するメリット

自分の声を録音するとどういったメリットがあるのでしょうか。以下の2つのメリットを見ていきましょう。

自分の英語を客観的に評価できる

英語を話すときは、「この単語であっているかな?」「主語がSheだから三単現のSをつけないと」「時制は過去形?現在完了形?」など頭の中でいろんなことを考えています。そのため、自分の英語を冷静に評価することができません。英会話力を伸ばすためには、常に自分の英語を振り返って、改善し続ける必要があります。自分が英語を喋っているところを録音しておけば、自分の改善点を見つけることができます。

「LとRの発音ができていない」「おかしなところで区切っている」「緊張すると早口になる」など、録音しなければ気づかない改善点がたくさん見えてくるはずです。そういった課題点をひとつひとつ解決していくことでより良い英語話者になることができるのです。

発音強制することができる

ネイティブの先生に手取り足取り教えてもらいながら発音強制するのが理想ではありますが、そんなお金も時間もない!という人も多いはず。そんな人におすすめなのがアプリを使った発音強制です。アプリであればお金をかけずに、時間や場所に囚われることなく発音強制することが可能です。

最近のアプリには、ユーザーの声を自動で録音する機能、正確に発音できているかチェックする機能、イントネーションの正確性を測る機能などが搭載されています。また、ワンタップで自分の発音とお手本の発音を聞き比べることもできます。自分の発音がお手本と同じ発音になるまで繰り返し練習してみましょう。アプリだけでネイティブのような発音を目指すことができますよ。

録音機能がついている英語学習アプリ

ここからは、録音機能がついている英語学習アプリを6つご紹介していきます。ご自身に合ったアプリを選んでくださいね!

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)では、ドラマ仕立てのレッスンを使って英語学習をしていきます。中でもおすすめの機能が「リード&ルックアップ」です。リード&ルックアップとは、英語のフレーズを読んだあとに、そのフレーズから目を離して読み上げるトレーニングです。読み上げた音声は自動的に録音され、発音の正確性に応じて、「Nice try」「Good」「Excellent」などと判定してくれます。また、お手本の発音と自分の発音を聴き比べることもできます。

このトレーニングを行うことで、文章単位で英語を話す力や正しい発音などが身に付きます。スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)には、そのほかにも解説動画や単語チェックなど英会話力を伸ばす機能がたくさん搭載されています。

App Store
Google Play

Real英会話

ネイティブスピーカーがよく使う英語フレーズを学びたい人におすすめなのが、Real英会話です。このアプリには3000以上の英語フレーズがシチュエーション別に収録されています。教科書に載っているような堅苦しいフレーズではなく、友達同士で使うカジュアルなフレーズが多いのが特徴です。

ある程度フレーズを覚えたら、学習タブのスピーキングPROで、フレーズの習得度をチェックすることができます。画面上部に出てくる日本語を英語に訳して声に出してみましょう。そうすると、正しく発音できているかチェックしてくれます。正しく発音できるまで、何度もチャレンジしてみてください。英語フレーズを覚えつつ、発音も鍛えられるおすすめのアプリです。

App Store

発音博士

発音博士は発音の練習ができるアプリです。使い方はシンプルで、とても使いやすいアプリです。まずは発音を練習したい単語を選びます。選ぶとお手本の音声が流れ、発音記号が表示されます。スタートボタンを押して、お手本と同じように発音してみましょう。発音すると、アプリが発音の正確性を判断してくれます。画面左下に40点、80点、100点などと点数が表示されます。

また、自分の発音が発音記号として表示されるので、どの音が間違っていたのかを細かく確認することができるというメリットがあります。一部の機能は無料で使うことができますが、すべての機能を使うには課金する必要があります。

App Store

ELSA Speak

ELSA Speakはアメリカのサンフランシスコで開発された発音に特化したアプリです。日本だけでなく世界中で大人気のアプリで、約700万人のユーザーがいると言われています。

このアプリでは、最初に評価テストを受けます。テストの結果を踏まえて、ユーザーに合った学習計画をアプリが提案してくれます。単語ごとの発音練習だけでなく、フレーズ単位でも発音練習することが可能です。フレーズ単位で発音練習することで、イントネーションや単語と単語がつながったときのリンキングなども練習することができます。

また、発音に関する詳しいフィードバックをもらえる点もELSA Speakのメリットです。

App Store
Google Play

Say it! English Pronunciation

イギリス発音を身に着けたい人におすすめのアプリがSay it! English Pronunciationです。多くのアプリはアメリカ発音を採用していますが、このアプリではお手本の発音がイギリス発音となっています。

使い方はシンプルで、発音を勉強したい単語を選んで発音をするだけです。お手本の発音と自分の発音が波長で表示され、アクセントの部分には黄色い帯がかかります。また波長を指でなぞることで、音が低速で再生されるので復習しやすいというメリットがあります。

App Store
Google Play

Otter

Otterは英語の音声を文字化してくれるアプリです。音声認識の精度は高く、TEDなどのスピーチを流してみると、ほぼすべての単語を正確に読み取ってくれます。そのため、スクリプトのないPodcastやYouTube動画のスクリプトを作ることが可能です。

スクリプトさえあれば、精読やシャドーイングなど、さまざまなトレーニングを行うことができますよ。また録音した音声は、8段階で再生スピードが調節可能なので、聞き取れなかったところは再生スピードを下げて聞くことができます。

App Store
Google Play

オンライン英会話で録音アプリを活用しよう

オンライン英会話のレッスンを受けるときにも録音アプリは役立ちます。ここからは、録音アプリを使うメリットと活用方法について解説していきます。

オンライン英会話で録音アプリを使うメリット

オンライン英会話のレッスン受けたあとに、「あの時、先生なんて言ってたんだっけ?」なんて思ったことはありませんか?先生が話した内容はなんとなくわかっても、一語一句聞き取るのは難しいですよね。レッスンの内容を録音しておけば、レッスンの後に先生が使っていたフレーズや表現を復習することができます。

また、自分の話した内容についても後から冷静になって見直すことができるので、もっとこういえばよかった、今度は違う表現を使ってみよう、フィラー(つなぎ言葉)が多すぎた、など新たな課題が出てくるはずです。実際、レアジョブで効果を実感している生徒の多くは、先生の許可を得たうえでレッスンの音声を録音し、復習に役立てています。

オンライン英会話でレッスンを録音する方法

ここからはレッスンを録画して復習に役立てる方法を具体的に解説していきますね。使用するアプリは先ほど紹介したOtterというアプリです。このアプリを使えば、先生の言った内容と自分の言った内容を録音+文字化することが可能です。レッスンを受けていると、先生の言っていることが何となく分かるけど、完璧には分からないなんてことがありますよね。そんなときはOtterで会話内容を文字化し、あとからゆっくり読んで復習しましょう。

また、自分が正しく英語を発音しているかチェックすることもできます。自分の話した英語が正しく文字化していれば、正しい発音で話せているということになります。もし正しく音声認識されない場合は、発音が間違っているということです。Otterにはアプリ版とウェブ版があるので、アプリでオンライン英会話を受ける人はウェブ版のOtterを、ウェブでオンライン英会話を受ける人は、アプリ版のOtterを使って録音しましょう。

英語学習に録音が効果的ということがわかったら

自分の声を録音して聞くのは抵抗があるという人も多いでしょう。しかし、録音して自分の課題を見つけることで、「反省→改善→反省→改善」のサイクルが回り、少しずつ英語が洗練されていきます。

アプリを活用しながら英会話力をもっと磨いていきたいという人は、レアジョブ英会話の無料体験レッスンも活用してみてください。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する