英語で性格を褒めてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

褒め上手であることは、コミュニケーションの中でとても大切だと思います。「あの人気遣いが上手いよね」「社交的だよね」などのフレーズは、日本語でも日常的に使いますよね。ですが、英語でパッと言えるでしょうか? 今回は、英語で性格を褒めるのに使えるフレーズをご紹介します。

英語で「優しい系」の性格を褒めるフレーズ

性格を褒めるときによく使うのが「優しい人」だと思います。基本的にはniceやfriendly、goodといったかんたんなフレーズが使えます。

英語で「優しい」=nice

英語で「優しい人」はniceを使います。

He is nice!
(彼って優しい人だよね。)

nice の後にtoと人を付け加えると、誰々に優しいというフレーズになります。

He is nice to me.
(彼は私に優しくしてくれます。)

優しい人には、迷ったらniceと覚えましょう。

friendly, good むずかしい英語無しでも優しい人を褒められる

「優しい」系のフレーズは、私たち日本人にとっても想像しやすいものが多いです。代表例がfriendly(フレンドリー)ですね。

They’re friendly.
(あの人たちは優しい。)

friendlyは、敵意がなく親切な人のことを表します。日本語のフレンドリーと同じですね。

goodももちろん誉めことばとして使うことが出来ます。

He is good.
(彼は良いやつだ。)

のように単独でも使えますが、「性格がいい」というフレーズで使うことも多いです。

They’ve got a good personality
(あの人たちは人柄がいい。)

personalityは人柄という意味の単語です。get a good personalityは、直訳すると「よい人柄を持っている」という意味です。人柄がいい、優しい人たちだという意味になるのですね。

「優しい」系のフレーズは、日本語からも想像しやすいものが多いことがわかります。

英語で「面倒見がいい性格」は何という?

面倒見がいい人は、「care」という単語で表します。

She is a caring person.
(彼女は面倒見がいい。)

They care about other people.
(彼らは他の人の面倒をよく見る。)

careは「気を払う」という意味で使われます。面倒見のいい人は、「よく他の人に気を払う人たち」と表現されています。take care of や look afterといった、「面倒を見る」という動詞を使わなくてもいいのです。

英語で「エネルギッシュ系」の性格を褒めるフレーズ

活動的でエネルギッシュな人はどう褒めたらいいでしょうか? 英語らしい表現を紹介します。

英語でエネルギッシュな性格は何という?

They’re full of energy.
(彼らはとてもエネルギッシュだ。)

エネルギーに満ちている、という言い方でエネルギッシュを表しています。もうひとつ面白いフレーズが、

Full of beans.

です。豆いっぱい=元気いっぱいという意味になります。どうやら、昔は馬にご飯として豆を上げていたそうです。豆をたくさん食べて、元気になった馬の様子から来ているようです。とても英語らしい言い方で面白いですね。

英語では行動力がある性格=aggressiveではないときも

行動力がある、というフレーズは注意が必要です。日本語ではよく「アグレッシブだ」と言いますが、英語のaggressiveは「攻撃的」というニュアンスがあります。

They know how to get things done.
(物事を終わらせる方法を知っている=行動力がある。)

They’re good at taking the initiative
(イニシアチブを取るのが上手い=行動力がある。)

行動力ということばを、英語ではもっと具体的に表現します。get things doneは「物事を終わらせる」、taking the initiativeは「イニシアチブを取る」です。どちらも、日本語では行動力のある人の性質の一部のような感じがします。英語ではそれぞれ具体的に表現しています。

英語で社交的な性格の人を褒めるフレーズ

「社交的な人」にはとてもピッタリなフレーズがあります。people personです。

He is a people person.
(彼は社交的な人だ。)

人づきあいが良く、フレンドリーで話し好き、というタイプはpeople personです。人の群れの中にいられる人、というイメージですね。

A big socializer
(とても社交的な人。)

socializerという単語もよく使われます。社会活動にかかわる人という意味ですが、もう少し軽い意味で、社交的な人という意味でも使われています。

エネルギッシュな人を表す単語は、どれもとても英語らしいですね。

英語で「穏やか」系の性格を褒めるフレーズ

物静かで付き合いやすい人はどう褒めますか? 静かだけど、暗かったり付き合いにくかったりするわけではない人にはどんなフレーズがあるでしょうか。

英語で「静かで付き合いやすい」性格を褒めるフレーズの言い方

物静かな人は、そのままquietを使います。

They’re quiet.
(物静かな人たちだ。)

それ以外に、自分を自分で管理して、感情的にならない人達、という言い回しもあります。

They keep themselves to themselves.
(物静かな人たちだ。)

物静か=自分を自分のままでいさせている、という考え方があるのですね。

英語で「穏やかだけど暗くはない」性格を褒めてみよう

穏やか、でも暗いわけではないという性格にはどんな言い方があるでしょうか。

They’re laid back.
(穏やかな人だ。)

laid backで「くつろいだ」というニュアンスです。くつろいだ、とげとげしていない人という意味ですね。

They stay calm.
(穏やかな人たちだ。)

calmは穏やか、静寂という意味です。stay calmで、穏やかな状態でいることを指します。穏やかな人柄を表すわかりやすいフレーズですね。

英語で「気遣いが上手い」性格を褒めてみよう

気遣いが上手い人にはとてもわかりやすい言い方があります。「他人のことを考えている」という言い回しです。

She thinks about others.
(彼女は他人のことをよく考えている=気遣いが上手い。)

気遣いが上手い、をわかりやすく言いかえたようなフレーズです。他人のことを考えている人は、確かに気遣いが上手そうですね。もう一種類のフレーズも近いニュアンスです。

She is thoughtful.
(彼女は他人のことをよく思いやる=気遣いが上手い。)

thoughtfulは、良心的でよく考える人を指す形容詞です。良心的な人は確かに気遣いが上手そうですね。英語での「気遣いが上手い」には一対一で翻訳できることばはありませんが、うまく意味合いを抽出して表現することはできます。

まとめ

性格を褒めるのは意外に気を使いますね。一歩間違えると失礼になってしまうこともありますから、場面に応じて使い分けられるようにしたいもの。

褒め上手が好かれるのは万国共通です。褒め方が上手になれば、コミュニケーションは一気に円滑になります。褒めるフレーズを学んで、より楽しいコミュニケーションを!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する