「ちょっと待って」を英語でいえる?英語が伝わらなくて焦ったときに使える「ちょっと待って」フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン英会話のレッスンで、答えがすぐに出てこず「あ、ちょっと待って」と言いたくなることがありますよね。そんなときに使える便利な表現をご紹介します。また、「ちょっと考えさせてください」といった丁寧な言い方も覚え、ビジネスの場面で使ってみましょう。

ちょっと時間を稼ぐための便利な表現

日本語の「ちょっと待って」は、実際に「待つ」というよりも、「すぐに先に進まないで、ちょっと時間をください」とお願いしていることになります。英語でもそれは同じこと。会話の中でうまく時間を稼ぐための表現をお教えしましょう。

moment / second / minuteを使う

ちょっと待って
Wait a minute.

minuteは本来「分」という意味ですが、このa minuteは「1分」ではなく「ちょっとの間」という意味で使われています。minuteの代わりにmoment(瞬間)、second(秒)でもOK、意味はほぼ同じです。Wait a second.はWait a sec.(ウェイタセック)と略すこともよくあります。

ちょっと待って
Just a second.

「1秒だけ(ちょうだい)」というような言い方で、「ちょっと待って」という意味を表します。Just a sec.と略してもOK。secondの代わりにmomentやminuteも使われます。

ちょっと待って
Give me a second.

「1秒ください」という言い方で、「ちょっと待って」という意味を表します。secondの代わりにmomentやminuteでもOK。secondを略したGive me a sec.は続けて言うと「ギミアセック」となり、友人同士のくだけた会話の中でよく使われます。

ちょっと待ってください
One moment, please.

「一瞬、私に時間をください」というやや丁寧な言い方。一瞬その場を離れてまたすぐ戻ってくるというような、Excuse me.(失礼します)と同じ状況でも使われます。momentの代わりにsecondやminuteでもOKですが、momentのほうが少々丁寧な感じがするようです。

「そのままで」と頼む表現

ちょっと待って
Hold on.

holdは「抑える、保つ」といった意味で、Hold on.は「動かないで、そのままじっとしていて」ということになり、「ちょっと待って」と言いたいときにも使えます。電話の会話でHold on, please.は「(切らないでそのまま)お待ちください」ということです。

ちょっと待って
Hang on.

hangは「ぶら下がる」という意味で、Hang on.は「ぶら下がったままでいて」ということになり、これが「ちょっと待って」と言いたいときにも使えます。電話で「切らずにそのまま待って」をHang on.ということもあり、Hold on.よりややカジュアルな感じです。

「少々お待ちください」と丁寧にお願いする

「ちょっと待って」と時間を稼ぐのではなく、「少々時間をください」「考えさせてください」と丁寧に言いたいときもありますよね。よく使われる言い方をご紹介します。

時間をくれるようお願いする

少々お待ちください
Could you wait a minute?

Wait a minute.(ちょっと待って)を丁寧にした言い方。minuteの代わりにmomentやsecondでもOK。Could you ~?で丁寧にお願いすることができるということを覚えておきましょう。

少々お時間ください
Please give me some time.

some timeは「いくらかの時間」ということで、moment / second / minuteより少々長い感じです。会話の中で使うと、すぐにその場で返事するのではなく、「また後で」「明日以降」といった印象になります。

もう少々時間が必要です
I need a little more time.

こう言うことで、「もう少し待ってほしいです」という気持ちを表すことができます。

少々お時間いただけますか?
Could I have a moment, please?

「また後で答えます。少々時間をください」といったような言い方。または、人と話がしたいときに、「お話しする時間をいただけますか?」とお願いするときにも使えます。

「考えさせてください」と言う

そうですね
Let me see.

letは「~させる」という動詞で、Let me see.は「私に見させて/考えさせて」ということ。会話の中では「ええと、そうですね」と間をつなぐときに使われます。

考えさせてください
Let me think about it.

「私に考えさせてください」と頼む言い方。「すぐに答えを出すことができず、考える時間が必要です」という場面で使われます。

考えさせてください
Let me sleep on it.

sleep on~は「一晩寝て考える」ということで、通常「じっくり考える」「明日以降答えを出す」ということになります。

オンライン英会話のレッスンで、会話中に「あ、ちょっと待って」と言うには、Wait a minute.やJust a second.を使うといいでしょう。「まだ先に進まないで」と頼みたいときは、Hold on.やHang on.が使えます。「今すぐには答えが出せない。ちょっと考えて、またいつか返事します」というときは、Please give me some time.やLet me think about it.がいいでしょう。

レアジョブのレッスンはマンツーマンで、先生が生徒のペースに合わせて柔軟な指導をしてくれます。「もうちょっとゆっくり進めたい」と思ったときは遠慮なくWait a minute.やHold on.を使い、レッスンを自分のペースで進めていきましょう。

まとめ

「ちょっと待って」という言い方を実際のレッスンの中で使うと、例えば次のようになります。

A: Is everything all right?(大丈夫ですか?)
B: Wait a minute. Uh, yes, I’m ready.(ちょっと待って。ああ、はい。準備OKです)
A: Today‘s subject is movie. Hold on. I’ll turn up the volume. OK. What is your favorite movie?(今日のテーマは映画です。ちょっと待って。ボリュームを上げます。OK。一番好きな映画は何ですか?)
B: Let me see …(そうですね…)

先生が使う表現も参考にしながら、どんな場面でどの「ちょっと待って」を使えばいいか、少しずつ自分のものにしていくようにしましょう。

●1回129円から、毎日続けられるレアジョブ英会話
レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。登録をすると、体験レッスン2回+カウンセリングが無料となります。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。