「趣味はハイキングです」って英語で言える?「ハイキング」の魅力を英語で楽しもう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人、特に欧米の人はハイキングが好きです。これから気候がよくなると、日本のハイキングコース(hiking trails)を歩いている外国人に遭遇するかもしれません。簡単なやりとりをするための表現を覚え、自分が海外でハイキングするときにも使ってみましょう。

ハイキングに使う基本英語表現

「ハイキング」はそのままhikingでいいのですが、do hikingはちょっと不自然。持ち物や山の中で見かけるものなどとあわせ、ハイキングで使う基本的な英語表現を確認しておきましょう。

「ハイキング」とその仲間

●ハイキングに行く
go hiking / go on a hike
go skiing(スキーに行く)などと同様、野外アクティビティはgo -ingで「~に行く」と表現します。hikeは「ハイキング」という名詞または「ハイキングをする」という動詞。

●トレッキング
trek / trekking
ハイキングよりも少し険しい道を行くことを言います。歩くのではなく馬に乗って進むhorse trekking(ホーストレッキング)などもあります。

●バックパッキング
backpacking
backpacker(バックパッカー)という言葉があるように、リュックを背負って旅行することですが、キャンプ道具やテントなどを詰めて何日も山を歩くことを、特にbackpackingと言うことがあります。

持ち物

●リュック
backpack
rucksack(読み方は[ラックサック])でもいいのですが、英語ではbackpackのほうが一般的。なお、日本語の「バックパック」は大きいリュックを指しますが、英語では大きいものも小さいものもbackpackです。

●ウェストポーチ
waist bag
waist pouch(読み方は[ウェイスト パウチ])でもいいのですが、waist bagの方が通じやすいようです。なお、fanny pack(米)/bum bag(英)のようにも言います。fannyとbumはいずれも「おしり」という意味。「おしりに乗せるカバン」というイメージなのですね。

●雨具
rainware
raincoat(レインコート)と言っても大丈夫です。

●水筒
water bottle
「ペットボトル」はPET bottleではなくplastic bottleで、「ペットボトルの水」はbottled waterと言います。

●虫よけスプレー
insect repellent spray
読み方は[インセクト リペラント スプレイ] 。insectは「虫」、repellentは「忌避剤」。言いにくい場合、bug spray(読み方は[バグ スプレイ])でも通じます。

山の中で

●山道
trail
山の中で歩けるように整備されている道のことを言います。

●頂上
top/peak/summit
peakは「とがったところの先端」という意味で、summitは「頂点」。どちらも同じように「山の頂上」という意味で使われます。

●山小屋
mountain hut
宿泊施設になっているところはlodgeとも呼びます。

●標識
sign
「看板」のこともsignと言います。

ハイキング中に使う英語フレーズ

trailですれ違うと軽くあいさつするのは、世界共通の習慣。”Hello!”だけでもいいのですが、ここで紹介するようなひとことを添えてみましょう。

フレンドリーに話しかけるフレーズ

ハイキング、どうですか?
How’s your hike going?

いいハイキングですね
It’s a nice hike, isn’t it.

上の天気はどうですか?
(下りてきた人に)What’s the weather up there?

頂上までどれくらいですか?
(下りてきた人に)How long does it take to get to the top?

相手を励ますフレーズ

もうすぐ頂上ですよ
(上ってくる人に)You’re almost there.

楽勝/大変ですよ
(上ってくる人に)It’s an easy one / a tough one.

頂上の眺めは素晴らしいですよ
(上ってくる人に)The view is great on the top.

よいハイキングを!
Have a nice hike!

hikingとpicnic、climbingの違いは?

日本語では歩いて山を登ることを「登山」と呼んだりしますが、英語のclimbing(登山)は登山道具などを使った本格的なもので、ただ歩くだけならhikingかtrekkingです。ご参考までに、日本語の「ピクニック」は「遠足」のことですが、英語のpicnicは「野外で食事をすること」で、特に歩く必要はありません。こんな違いにも注意するようにしましょう。

オンライン英会話のレアジョブでは、行楽シーズンの計画を立てるに当たり、ハイキングやピクニック等、場面に合わせた会話を練習することができます。多数の教材の中から自分の目的に合ったものを選び、先生と一緒にフレーズを練習してみましょう。山道で外国人とすれ違ったとき、思いがけず話がはずむかもしれませんよ。

レアジョブ英会話
https://www.rarejob.com/

レアジョブ教材:夏のアクティビティ

レアジョブ教材:ピクニックなどお出かけの計画を立てる

まとめ

カタカナ言葉が多いように思えるハイキング関連の用語も、英語と日本語では少しずつ意味や使い方が違ったりします。予定を立てたり準備をしたりするときに、

We’re going hiking in Mt Takao.(高尾山にハイキングに行く)

I packed an insect repellent spray in my backpack.(リュックに虫除けスプレーを詰めた)

のように、頭の中で英語にして言ってみましょう。使いにくいように思えた言葉にも、自然になじめるようになるかもしれませんよ。

●1回129円から、毎日続けられるレアジョブ英会話
レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。登録をすると、体験レッスン2回+カウンセリングが無料となります。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。