「as he was right」のasは「~として」?「~だから」?接続詞にもなる前置詞を使い分けるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

asは前置詞「~として」と習ったので、as he was rightとあると「彼が正しかったとして??」と悩んでしまう人がいるようです。実はこのasは「~なので」という意味を表す接続詞で、「彼が正しかったので」となります。ほかにもsinceやforなど、会話の中に出てくるとどうもわかりにくい、「接続詞にもなる前置詞」を使い分ける方法を見ていきましょう。

asの前置詞と接続詞を見分ける

asは会話の中によく登場しますが、実はさまざまな意味があり、使いこなすのが難しい単語の一つ。でも、「前置詞か接続詞か」という品詞さえ押さえてしまえば、意味を理解するのがだいぶラクになります。

前置詞と接続詞の違いとは?

まず、asが前置詞か接続詞かを見分けるための基本は、次のようになります。

前置詞:次に来るのが名詞や-ingなどの名詞(句)

as a leader(リーダーとして)

as learning(勉強として)

as what is done(なされたこととして)

接続詞:次に来るのが主語+名詞

as it was raining(雨が降っていたので)

as we visited there(私たちがそこを訪れたときに)

※asの場合、as ~as…(…と同じくらい~)という接続詞として使われることもあります。

前置詞と接続詞で異なるasの意味

それでは、次の文のasの意味を考えてみてください。

as a matter of fact
⇒前置詞as+名詞(a matter of fact)
=事実として、実際のところ

as we considered it necessary
⇒接続詞as+主語(we)+動詞(consider)
=私たちはそれを必要なことと考えたので

as we traveled in New York
⇒接続詞as+主語(we)+動詞(travel)
私たちがニューヨークを旅行したときに

as it’s written
⇒接続詞as+主語(it)+動詞(is written)
=書かれているように

接続詞のasが「~ので」「~のとき」「~のように」のどの意味かは、文の内容から考えます。

asの見分け方まとめ

1. 前置詞か接続詞かを考える
2. 前置詞の場合、「~として」「~のように」のどちらかを考える。
3. 接続詞の場合、「~ので」「~のとき」「~のように」のどれかを考える

これで、as ~as…(…と同じくらい~)のような慣用句以外の、単独で使われているasについては、だいたい意味がわかるようになってきます。

前置詞ではない接続詞forやsinceの意味とは?

forは前置詞「~のために」かと思ったら実は接続詞「~なので」だった、sinceは前置詞「~以来」かと思ったら、接続詞「~なので」だった、ということが起こります。この場合も、asと同じ手順を踏めば、たいていは意味が理解できるようになります。

前置詞と接続詞で異なるforの意味

次の文のforの意味を考えてみてください。

We made a plan for his visiting family.
⇒前置詞for+名詞(his visiting family)
私たちは訪れてくる彼の家族のための計画を立てた。

We made a plan, for his family is visiting us.
⇒接続詞for+主語(his family)+動詞(is)
⇒彼の家族が訪ねてくるので、私たちは計画を立てた。

forの後が「主語+動詞」になっているので、このforは「~なので」という意味の接続詞だとわかります。

前置詞と接続詞で異なるsinceの意味

次の文のsinceの意味を考えてみてください。

This is the first time to see each other since graduation.
⇒前置詞since+名詞(graduation)
=卒業して以来、互いに会うのはこれが初めてだ。

We haven’t met him since we graduated from college.
⇒接続詞since+主語(we)+動詞(graduated)
=大学を卒業して以来、彼に会っていない。
*sinceは、接続詞にも「~以来」という意味があります。

We haven’t met him since we haven’t had a chance.
⇒接続詞since+主語(we)+動詞(haven’t had)
⇒チャンスがなかったので、彼に会っていない。

sinceの場合、接続詞には「~以来」と「~なので」という両方の意味があり、文の内容からどちらの意味かを考える必要があります。

こういったasやfor、sinceの使い分けが難しいと感じる人は、レアジョブのオンラインレッスンで、先生の話すことによく耳を傾けてみましょう。as everyone says so(皆がそう言うので)、since this is difficult(これは難しいので)など、接続詞のasやsinceがよく使われていることに気づくはずです。

一度使い方に慣れてしまえば、あとは簡単。as it was important(大事だったので)、since I didn’t know about it(知らなかったので)など、文法を意識せずに自然に口から出てくるようになります。いったん文法を理解できたら、あとはレッスンで繰り返し使ってみるようにしてみましょう。

レアジョブ https://www.rarejob.com/

まとめ

for it was the first timeといった語句を見ると、「そのために、初めてだった??」「最初のときだった、に向けて??」と、悩んでしまってはいないでしょうか。こういう場合に真っ先にすることは、今回ご紹介したように、「このforは接続詞」と、品詞を見分けることです。

品詞さえわかれば、辞書でその意味を調べることで、for it was the first timeは「それは初めてだったので」だとわかります。「知っているはず単語なのに意味がわからない」と思う表現に出くわしたら、ぜひこの方法を試してみてください。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する