使わないと損!英語学習が何倍もはかどる便利ツール10選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事が忙しくて十分な学習時間が取れない…」「少ない時間で効率的に学習を進めたい!」という方も多いのではないでしょうか。最近はテクノロジーの発展により、英語学習に役立つ便利ツールがたくさんあります。こういったツールを使うことにより、英語学習が何倍も効率的になりますよ。この記事では、実際に私が日常的に使っている便利ツールをご紹介していきますね。今回ご紹介するツールのおかげで今の英語力に至ったと言っても過言ではありません。今まで紙とペンだけで勉強してきたという学習者の方はぜひ参考にしてくださいね!

リーディング力がアップする便利ツール

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは、月額980円(税込み)で参考書や洋書、雑誌が読み放題になるサービスです。普通に買ったら2,000円以上する参考書や洋書も読み放題になっているので、1冊読むだけで元が取れてしまうこともありますよ。英会話フレーズ集、TOEICの参考書、English Journalなど、英語学習者にとって嬉しい本や雑誌も読み放題の対象になっています。ハリーポッターなど有名な作品も読み放題なので、多読をしたい人にもおすすめです。 また、単語をタップするだけで、単語の意味が表示される辞書機能や、単語をまとめておける単語帳機能など、英語学習に役立つ機能が盛りだくさんですよ。

Polyglots

Polyglotsはリーディング力を鍛えることのできるスマホアプリです。このアプリでは、最新のニュースを英語で読むことができます。記事はレベル別に分けられているので、自分のレベルに合わせた記事を選ぶことができますよ。情報収集と英語学習を同時に行える点が魅力ですね。また、便利な機能もたくさんついています。例えば、記事内で分からない単語に遭遇した場合は、単語をタップするだけで単語の意味が表示されます。そして、読むスピードをWPM(Words Per Minutes)で測定してくれます。WPM(Words Per Minutes)とは、1分間に読める単語数を示したものです。速読の練習をしたい人におすすめです。

リスニング力がアップする便利ツール

Podcast

リスニング力を伸ばすには、Podcastがおすすめです。Podcastとは、無料で聞くことができるラジオのことです。家事をしているとき、車を運転しているとき、ランニングをしているときなどいつでもどこでも聞けるので、時間を効率的に使うことができます。またPodcastには、英語学習者向けのチャンネルが沢山あります。まずは、「Hapa英会話」や「台本なし英会話レッスン」などを聞いてみてください。英語と日本語を交えながら身近なトピックについてディスカッションしているので、英語だけでなく英語圏の文化も学ぶことができますよ。英語だけのチャンネルに挑戦したい方は「All Ears English Podcast」を聞いてみてくださいね。英語の聞き流しにピッタリなチャンネルです。

オーディブル

楽しみながらリスニング力を伸ばしたいと考えている人におすすめしたいツールがオーディブルです。オーディブルは、ビジネス書や小説などさまざまな分野のオーディオブックを提供しています。オーディオブックとは、通常の本と異なり、プロのナレーターが音読してくれた音声を楽しむ本です。スマホやタブレット上で聞くことができるので、スキマ時間の学習に最適です。ラインナップも豊富で、5万冊以上が用意されているので、お気に入りの1冊が必ず見つかるでしょう。また、音声の再生スピードを上げたり、下げたりすることもできます。初めて聞くときは遅いスピードで聞いて、慣れてきたらスピードを上げていきましょう。ネイティブ英語のスピードに慣れることができますよ。

ライティング力がアップする便利ツール

Grammarly

Grammarlyは、英文添削サービスです。英文を入力すると、文法ミス、スペルミス、不自然な表現を教えてくれます。例えば、冠詞が抜けている、複数形になっていない、など自分ではなかなか気づけないところも指摘してくれます。無料版と有料版があり、有料版の方がより細かくミスをチェックしてくれます。個人的には英語学習目的であれば、無料版でも十分だと思います。アプリ版をダウンロードすれば、スマホ上でも英文添削サービスを使用することができますよ。ライティング力を向上させたい英語学習者やメールやプレゼン資料を英語で作る必要があるビジネスマンにおすすめです。

Deep L

DeepLは、日本語を英語に、英語を日本語に翻訳してくれる翻訳サービスです。その精度はかなり高く、他の翻訳サービスとは一線を画しています。他の翻訳サービスでは、うまく訳出されないような慣用表現、砕けた表現、スラングなどもニュアンスを汲み取って正しく翻訳されます。例えば、DeepLに、「マジでウケる」と入力すると、That’s really funny.と訳されます。また、「それはアカンやろ」と入力すると、That’s a bad idea.と訳出されます。そして、DeepLでは、単語をクリックすると同義語・類義語が確認できます。この機能を使うことにより表現の幅を広げることができますよ。ライティングをするときに、いつも同じ表現ばかり使ってしまうという人におすすめです。

スピーキング力がアップする便利ツール

オンライン英会話

スピーキング力を伸ばすのに最もおすすめのツールはオンライン英会話です。オンライン英会話は、オンライン上で英会話のレッスンを受けられるサービスです。オンライン英会話を受けることによって、日本国内でもスピーキング力を伸ばすことが可能です。実際私は、オンライン英会話を受けていたときに最もスピーキング力が伸びました。日本人は単語や文法などの知識を豊富に持っています。しかし、その知識を運用する能力はまだまだ足りていません。オンライン英会話でレッスンを受けることによって、既に持っている知識を運用することに慣れれば、本当に使える英語力を手に入れることができますよ。従来の英会話教室に比べて、料金が断然安いので、気軽に始められる点がメリットです。

HelloTalk

HelloTalkはランゲージエクスチェンジができるスマホアプリです。ランゲージエクスチェンジとは、お互いの言語を教えあうシステムのことを指します。例えば、日本語を学んでいるアメリカ人に英語を教えてもらう代わりに、アメリカ人に日本語を教えてあげます。言語を教えあうことでウィンウィンの関係になるので、料金は発生しません。無料で英会話の練習ができる点がこのアプリのメリットです。Momentという英語でつぶやく機能を使えば、英語でアウトプットする練習もできます。つぶやいた内容は無料で添削してもらうこともできますよ。私は、5年以上HelloTalkを使っていますが、これまでに多くのネイティブの友達を作ることができました。彼らと交流することにより、自然な英語フレーズを学ぶことができています。

生きた英語を学べる便利ツール

YouTube

みなさんはYouTubeを英語学習に利用していますか?YouTubeは生きた英語を学べる最高の教材です。無料で使えるので、使わないのはもったいないですよ。中には、英語学習者に特化したチャンネルもあります。例えば、「Learn English With TV Series」は私もよく見るチャンネルです。このチャンネルでは、テレビドラマを教材として使用していて、その中に出てきたフレーズや文化について学んでいきます。楽しみながら生きた英語を学ぶことができるのでおすすめです。また、日本人が運営している英語系YouTubeチャンネルを見ることによってモチベーションを上げることもできますよ。

Netflix

Netflixは、洋画や海外ドラマが見放題になるストリーミングサービスです。レパートリーが幅広く、恋愛系からサスペンス、アニメ、ホラーまで、さまざまな作品が用意されています。英語学習目的で作品を選ぶときは、コメディーやラブコメなどセリフの多い作品を選ぶようにするといいですよ。また、「Language Learning with Netflix」というGoogle chromeの拡張機能を使えば、日本語、英語の同時字幕を表示したり、再生スピードを変えたりすることもできます。洋画や海外ドラマはスラングなど自然な表現もたくさん使われているので、難しいと感じる人もいるかもしれません。まずは日本語字幕で見て内容を確認した後に、英語字幕でもう一度観てみてください。最終的には字幕なしで観ることを目標にしてみましょう。

まとめ

今回は英語学習に役立つ便利ツールを10個ご紹介しました。いかがでしたでしょうか。中には無料で使えるものもありましたね。こういったツールを使うのと使わないのでは、成果に大きな差が付きます。今の時代は便利ツールに溢れているので、学習環境は恵まれていると思います。例えば、NetflixやPodcastでインプットした内容を、オンライン英会話やHelloTalkでアウトプットすれば、海外留学と同じ環境を作れます。こういったツールを使いこなせば、学習効果は何倍にもなりますよ。ぜひ今回ご紹介した便利ツールをご自身の英語学習に役立ててくださいね。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する