日常会話レベルの英語力を身に着けよう!今すぐ使える英語フレーズを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「中学校・高校で6年間英語を勉強してきたのに、日常英会話すらできない」「日常会話ぐらいは英語でできるようになりたい!」という方は多いのではないでしょうか。日本の英語教育は、スピーキングに力を入れていません。そのため、単語や文法の知識はあるものの、簡単な日常英会話すらできないという日本人も多いです。

実際、私も高校を卒業するときは、センター試験の英語で満点近くを取っていたにもかかわらず、日常英会話は全くできませんでした。社会人になり、独学でスピーキングの練習に取り組んだ結果、ようやく英語がしゃべれるようになりました。そこでこの記事では、私の体験を踏まえつつ、日常英会話を身に着ける方法と日常生活で使える英語フレーズをご紹介していきます。

日常英会話ができるメリット

日常会話が英語でできるようになると様々なメリットがあります。どういったメリットがあるのか見ていきましょう!

海外旅行を楽しめる

日常英会話ができると、海外旅行が何倍も楽しくなります。私の場合、ツアーを申し込むときは、日本の代理店を通して申し込みをせず、英語を使って現地ツアーに申し込むようにしています。日本でツアーを申し込むと、ツアーガイドさんは日本人だし、周りのお客さんも日本人なんですよね。つまり、せっかく海外に行ったのに、日本人に囲まれながら、日本語の解説を聞くことになります。現地ツアーなら、現地のツアーガイドが穴場スポットなどを紹介してくれるので、より深い体験を楽しむことができるのです。また、周りのツアー客と異文化交流を楽しむこともできます。日常会話レベルの英語が話せるだけで、海外旅行をより充実させることができますよ。

外国人の友達が増える

2つ目のメリットは、外国人の友達が増えるということです。日本語しか喋れなかったら、日本人の友達しかできませんよね。一方、英語を喋ることができれば、世界中の人々と友達になるチャンスがあります。実際私が日本語しか喋れなかったときは、外国人の友達を作ることなど想像もしていませんでしたが、英語が喋れるようになって、アメリカ人、カナダ人など世界中に友達ができました。「外国人の友達を作るなんて、私には無理…」と思うかもしれませんが、外国人と友達になるのに、難しい英語は必要ありません。簡単な日常英会話と相手を受け入れる気持ちさえあれば、外国人の友達を作ることができますよ。

ビジネスチャンスを掴める

日本人の英語力は上がってきているとはいえ、英語を喋れる人はまだ多くなく、貴重な存在です。つまり、日常英会話レベルの英語を操ることができれば、ビジネスにおいて周りと差を付けられるということです。英語ができれば、給料の高い外資系企業で働くこともできますし、海外駐在員として働くチャンスも巡ってくるでしょう。実際、英語が喋れる人は、英語が喋れない人に比べて年収が高いというデータもあります。これだけグローバル化が進んでいる中、どの企業も英語ができる人材を求めているので、年収が高くなるのも納得ですよね。また学生の方は、今のうちに日常英会話をマスターしておけば、就職活動でのアピール材料にもなりますよ。

日常英語フレーズの学習方法

日常英会話のメリットを確認したところで、ここからは日常英会話の学習方法について解説していきますね。

英語フレーズ集

最初におすすめしたいのが、英語フレーズ集です。英語フレーズ集は、日常で使える英語フレーズが1つにまとまっているので、効率良くインプットすることができます。英語フレーズ集を使うときのポイントとしては、フレーズを黙読するのではなくて、声に出して音読するということです。そして音読するときは、その英語フレーズが使われているシチュエーションを想像しながら音読してください。これをやることにより、実際にそのシチュエーションに遭遇した際に、その英語フレーズが口から出るようになります。また、1回音読して終わりではなく、暗記するほど何度も何度も音読すると効果的です。

洋画・YouTube

中級者以上の方におすすめしたい勉強法は、洋画やYouTubeを使った勉強方法です。お気に入りの洋画やYouTubeを見ながら、気になるフレーズや使えそうなフレーズをノートに書き留めていきましょう。これをやることにより、自分だけのオリジナルフレーズ集を作ることができます。「このフレーズはあのシーンで使われていたな」と印象に残るので、長期的に記憶することが可能になります。また、ストーリーの中で覚えていくことにより、フレーズのニュアンスや使い方も把握することができますよ。

オンライン英会話

上記2つの勉強法は、主にインプットに焦点を置いています。インプットした英語フレーズを使いこなすには、アウトプットする必要があります。そこで活用するのが、オンライン英会話。英語フレーズ集や洋画などでインプットしたフレーズをレッスンで実際に使ってみましょう。あらかじめ使いたいフレーズを用意しておくと、スムーズに会話を進めることができます。パッと言えなかったフレーズはメモをしておき、次回からサラっと言えるようにしておきましょう。「インプット⇒アウトプット⇒インプット⇒アウトプット」を繰り返すことにより、自分で使いこなせるフレーズが増えてきますよ。

日常生活で使える英語フレーズ集

ここからは、日常生活で今すぐ使える英語フレーズをご紹介していきますね!

挨拶時の英語フレーズ

まずは、挨拶時に使える英語フレーズを見ていきましょう。

Hello. How are you? (こんにちは。元気ですか?)

定番の挨拶フレーズですね。フォーマルな場面でも、カジュアルな場面でも使うことができます。

Hi. How’s it going? (やあ、元気?)

How are you? に比べると、少しカジュアルな表現です。友達など親しい間柄で使えるフレーズです。

Hey. What’s up? (よお、調子はどうだい?)

かなり砕けた挨拶表現です。仲のいい友達や同僚に言ってみましょう。

相手について尋ねる英語フレーズ

相手のことについて質問したり、意見を求めたりするときに使える英語フレーズをご紹介します。

Where are you from? (どこ出身ですか?)

出身地や出身国から話が広がることはよくあります。初対面の人には、このフレーズを使って出身地を聞いてみましょう。

What do you like to do in your free time? (時間があるときは何をしますか?)

この質問をすることによって、相手の趣味を聞き出すことができます。in your free timeの代わりに、in your spare timeを使うこともできますよ。

Have you ever been to Japan? (日本に来たことはありますか?)

このフレーズでは、現在完了形が使われています。Have you ever ~(~したことがありますか?)というフレーズは便利なので覚えておきたいですね。

What do you think about the plan? (その計画についてどう思いますか?)

相手の意見を聞くときはこのフレーズが定番です。日本語につられて、How do you thinkと言わないように気を付けてください。

喜怒哀楽を表す英語フレーズ

喜怒哀楽の感情は、「主語+be動詞+感情を表す形容詞」で表すことができます。喜怒哀楽、それぞれ見ていきましょう!

喜を表す英語フレーズ

I’m so happy.(私はとても幸せです。)

I’m glad to hear that.(それを聞いて嬉しいです。)

ここで使われているtoは感情の理由を表しています。I’m glad(私は嬉しい)理由は、to hear that(それを聞いたから)ということですね。

怒を表す英語フレーズ

He was mad at me.(彼は私に怒っていた。)

She was angry last night.(彼女は昨晩怒っていた。)

madやangryと一緒に使われる前置詞はatです。「mad at ~=~に怒っている」という意味になります。

哀を表す英語フレーズ

I’m very sad.(私はとても悲しいです。)

I was depressed.(私は憂鬱な気持ちでした。)

depressedは精神的に落ち込んだ状態を表します。depressは「落ち込ませる」という意味なので、I’m depressed.と受け身の形で使うようにしましょう。

楽を表す英語フレーズ

I’m so excited. (とても興奮しています。)

I’m stoked.(とても楽しみです。)

stokedは、「楽しい」「ワクワクする」という意味のスラングです。

依頼するときの英語フレーズ

次は、何かお願い事をするときの英語フレーズをご紹介しますね。

Could you open the window? (窓を開けてくれませんか?)

Could you~(~してくれませんか?)は比較的丁寧な依頼表現なので、シーンを選ばず使うことができます。定番フレーズとして覚えておきたいですね。

I was wondering if you could give me a hand.(手伝ってもらえませんか。)

こちらは少し遠回しかつ丁寧な依頼表現です。ビジネス英語としても使うことができますよ。

まとめ

今回は、日常英会話の習得方法と日常生活で使える英語フレーズをご紹介しました。日常英会話をマスターするには、まずインプットが必要です。英語フレーズ集、洋画、YouTubeなどを活用して、英語フレーズを覚えていきましょう。その後は、オンライン英会話などを利用して、覚えた英語フレーズをアウトプットしてください。このようにインプットとアウトプットのサイクルを回していけば、使いこなせる英語フレーズがどんどん増えていきますよ!

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する