おうちでできる英語力アップ法_3 Siriと英会話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅勤務をしてみると、普段自分が意外に体を動かし、多くの人と会って話をしていることに気づきます。頭と体をリフレッシュするために、家の中でエクササイズしたり、インターネットで会話する機会を設けてみるといいですね。ここでは、気分転換しつつ英語力をアップさせる方法をお教えしましょう。

SiriやGoogleアシスタントと会話しよう

スマートフォンでは、iPhoneでSiri、AndroidでGoogleアシスタントという音声アシスタント機能を利用することができます。これを英語に設定してみると、家の中でも英語で会話をすることができるのです。目覚ましをセットしたり天気を聞いたりする以外にも、”Thank you.”(ありがとう)と言うと”No problem.”(どういたしまして)と答えてくれたりする、賢い機能があるところが特徴です。

定番表現の練習を習慣にしよう

朝起きたらスマホに向かって”How are you today?”(今日は元気?)と尋ねると、”I’m fine. Thanks for asking.”(元気です。聞いてくれてありがとう。)と、ちゃんと返事をしてくれます。

そのほか、次のような質問をして、毎日英語で話をすることを習慣としてみましょう。

What’s the weather today?(今日の天気は?)

What are the today’s news headlines?(今日の主なニュースは?)

Can you wake me up tomorrow morning at seven?(明日の朝7時に起こして)

会話を楽しんでみよう

SiriやGoogleアシスタントには、定番の質問に答えてくれる以外にも、機転を利かせて返事をしてくれる機能があります。例えば、以下のように話しかけて、スマホとの会話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

あなた:I’m sleepy.(眠いよ)
スマホ:I understand. We all need to recharge once in a while.(わかります。時々充電する必要がありますよね)

あなた:Should I do any exercises?(運動すべきかな?)
スマホ:How about some side bends? They make me a little dizzy, though.(サイドベンド<側屈>はどうでしょう?ちょっと目まいがしますが)

同じ質問をしてもその時々で違う答えが返ってくるので、「今日はどんな返事かな?」と楽しみになってきます。

なお、SiriやGoogleアシスタントでは文字表示と音声が同時に出てくるので、最初画面を見ずに音だけ聞いて、うまく聞き取れなかったら、画面の文字を見て確認するといいでしょう。

家にいる時間が長くなると、オンライン英会話レッスンを受ける機会を増やすことができます。レッスンで覚えた表現をSiriやGoogleアシスタントを相手に試してみて、どんな返事が返ってくるか確認してみましょう。

または、SiriやGoogleアシスタントはちょっとひねった答えを返してくることも多く(例えば”We all need to recharge.”のrechargeは「スマホを充電する」「元気を蓄える」の二つの意味を含んでいます)、意味がよくわからなかった言い方を、先生に聞いてみるのもいいですね。

そうやってスマホとオンライン英会話レッスンを活用することで、在宅勤務の日々を英語漬けにすることができるのです。

レアジョブ英会話
https://www.rarejob.com/

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。