英語初心者向け!失敗しない英語学習の始め方完全ガイド!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の必要性が叫ばれる中「英語の勉強を始めたいけど、何から手を付ければいいのか分からない」「効率的な英語学習の手順を知りたい」こんな方は多いのではないでしょうか。英語学習は、間違った順番で進めてしまうと、学習効率がよくありません。無駄な労力と時間をつかうことになってしまいます。せっかく勉強するなら、最も効率的な手順で学習を進めたいですよね。そこでこの記事では、英語初心者の方に向けて、失敗しない英語学習の始め方を解説していきます。この手順で勉強すれば、効率的に英語をマスターすることができますよ!ぜひ参考にしてくださいね!

こんな英語学習の始め方はNG!

世の中にはさまざまな英語勉強法が存在します。その中で、英語初心者が手を付けるべきではない勉強法についてご紹介していきます!

英語を聞き流すだけ

「英語を聞き流すだけで英語がペラペラになる!」「この音源を聞くだけで、英語が喋れるようになる!」といった教材を目にしたことがある人も多いかと思います。英語の聞き流しは効果的なトレーニング方法なのですが、英語初心者の方はこの手の教材に手を出さない方がいいです。なぜなら「英語の聞き流し」はある程度基礎ができている人向けだからです。基礎がある状態で英語を大量に聞けば、既存の知識を深めることが可能です。しかし、基礎がない状態で聞き流しをしても、ただの雑音でしかありません。よって、どれだけ英語を聞き流しても、効果は期待できないでしょう。

洋画や海外ドラマで勉強する

洋画や海外ドラマで楽しく英語を勉強したい!と考えている人もいるかもしれません。しかし、英語初心者の方には、洋画や海外ドラマはおすすめしません。なぜなら、レベルが高すぎるからです。洋画や海外ドラマの英語は非常に速く、英語初心者の方には難易度が高すぎます。難しいと感じると、挫折してしまい、英語学習自体を辞めてしまうこともあります。英語初心者の方は、まず英語の基礎を習得することを優先させましょう。英語の勉強の息抜きとして洋画や海外ドラマを見るのは良いですが、洋画や海外ドラマをメインの教材として使うのは避けた方が良いです。

海外留学・ワーキングホリデーにチャレンジする

手っ取り早く英語をマスターするには、英語圏に留学やワーホリするべきなのでは?と考える人もいるでしょう。しかし、英語の基礎力がない状態で留学やワーホリに行くのは、得策ではありません。現地の語学学校に行くとなると、語学学校の先生は英語で授業を行います。基礎がない状態で、英語を英語で説明されても分からないですよね。それなら日本で日本語を使って英語の基礎を学んだ方が効率的です。また、全く話せない状態で行ってしまうと、外国人の友達を作るのも大変です。留学やワーホリに行くのであれば、日本で英語の基礎を身に着けてから行くようにしましょう!

英語学習を始める前にやっておきたいこと

次に、英語学習を始める前にやっておきたいことを確認しましょう!

目標を明確にしておく

英語学習を始める前に、英語を学ぶ上での目標を明確にしておくとよいです。「日常英会話をマスターしたい」「TOEICで高得点を取りたい」「洋画を字幕なしで観たい」など、人によってさまざまな目標があるでしょう。目標が明確になると、今後やるべき勉強内容も見えてきます。また、目標がある方がモチベーションも保ちやすく、挫折しにくくなるでしょう。長期目標のほかに、「今週は単語を100個覚える」「今月はオンライン英会話を毎日受ける」など、短期目標を合わせて立てると、英語学習を継続しやすくなりますよ。

正しいマインドセットを持つ

英語学習を始める上で意外と重要なのが、正しいマインドセットを持つことです。ここで言うマインドセットとは、「英語学習に対する考え方」のことです。英語を勉強する前に特に覚えておいてほしいことは、「英語習得には時間がかかる」ということです。1週間勉強したぐらいで英語がペラペラになることはありません。残念ながら魔法の勉強法も存在しません。しかし、毎日コツコツと継続して勉強すれば、誰でも英語はマスターできます。英語習得には時間がかかるものだと最初に理解しておけば「なんでこんなに頑張っているのに成長しないのだろう…もう英語の勉強やめようかな…」という思考にはなりませんよ。

まずはインプットから始めよう!

前置きが長くなりましたが、ここから英語学習の始め方を解説していきます。おおまかな流れとしては、「インプット→アウトプット」となります。まずはインプットしない事には何も始まりません。冷蔵庫に何もない状態では、料理ができないですよね。英語もそれと同じで、単語や文法などの知識がない状態では、自分の言いたいことを表現することができないですし、相手の言っていることも理解できません。なので、まずはインプットを通して知識を付けていきましょう。まず英語初心者の方が学ぶべきことは、単語、文法、発音の3つです。それぞれ学習方法を解説していきますね!

単語

まずは英語の基礎となる単語を覚えておきましょう!単語と一口で言ってもいろんな単語があります。まずは最初に覚えるべき単語は中学校で習う基礎的な単語です。なぜなら、中学単語は最も重要な単語であり、最もよく使う単語だからです。例えば、get一つとっても、

Get well soon.(早く良くなってね。)

I don’t get it.(理解できない。)

You should get some rest.(休んだ方がいいよ。)

などいろんな使い方があります。

こういった基礎単語は、日常英会話、ビジネス英語、TOEICなどの資格試験、すべてにおいて必要になってきます。まずはキクタン【Entry】2000 などの中学英単語が学べる単語帳を1冊やり込みましょう!

文法

文法は英語のルールのようなものです。野球をうまくなりたければ、野球のルールを覚えますよね。それと同じように、英語を習得するには、文法を学ぶ必要があります。文法と聞くと小難しいイメージがあるかと思いますが、大学受験で勉強するような難解な文法は必要ありません。単語と同様、中学校で習う文法を頭に入れておけば、まずは十分です。中学文法を使いこなせるようになれば、正しい英語を話すことができるようになりますし、相手の言っていることも理解しやすくなりますよ。まずは、「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 」などの中学文法が学べる参考書を読み込んでみてくださいね!

発音

発音はある程度英語ができるようになってから勉強しよう!と考えている人も多いかと思いますが、実は最初に勉強しておいた方が効率的です。発音を学ばずに自己流の発音で発音していると、間違った発音が定着してしまいます。間違った発音を矯正するのは結構大変です。それなら学習の初期段階で正しい発音を学んだ方が効率的ですよね。また、発音を学んでおくと、聞き取れる音が増えるので、耳からのインプット量が増えるというメリットもありますよ。「英語耳 」のような体系的に発音が学べる本を使って、発音記号から学んでいきましょう!

次はアウトプットしていこう!

単語、文法、発音をインプットしたら、その知識をアウトプットして使えるようにしていきましょう!インプットとアウトプットの両方をやらないと英語はできるようになりませんよ。自転車の乗り方を座学で学ぶ(インプット)だけでは乗れるようになりませんよね。実際に自転車に跨って、何度も練習して、初めて乗れるようになるものです。英語も同じで、実際に英語を使う練習をすることが重要です。ここからは、アウトプットの仕方を解説していきますね。一度にたくさんの勉強法をご紹介すると混乱してしまうと思うので、おすすめの勉強法を2つご紹介します。

音読

まずは音読です。音読とは、英文を声に出して読む勉強法です。音読をすることによって、インプットした単語、文法、発音の知識を定着させることができます。知識が定着すると、頭で考えなくても英語が口から出てくるようになります。また、英語を英語のまま理解できるようにもなりますよ。音読をするときは、自分のレベルに合った教材を選び、英単語の意味、文構造を完璧に理解したうえで音読をするようにしましょう!また、英文の内容を思い浮かべながら音読することも大切です。

オンライン英会話

次のアウトプット方法はオンライン英会話です。「初心者の私にはオンライン英会話はまだ無理…」と考えている人も安心してください。オンライン英会話には、初心者向けの教材がたくさん用意されています。また、先生は初心者に教えることに慣れているので、大船に乗ったつもりでレッスンを受けましょう。最初は英語で自己紹介するところから始めてみてください。自己紹介ができるようになったら、趣味の話や好きな食べ物の話など、少しずつ英語で言えることを増やしていきましょう!

まとめ

今回は、英語学習の始め方を詳しく解説しました。いかがでしたでしょうか。冒頭でも述べた通り、英語学習は順番が肝心です。間違った順番で勉強してしまうと、無駄な教材代がかかってしまったり、膨大な時間がかかったりします。正しい手順、学習法で学習することが英語習得の近道です。ぜひこの記事を参考に英語学習を始めてみてくださいね!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する