レアジョブ英会話のWi-Fi通信量ってどのくらい消費する?を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レアジョブ英会話を始めてみたいけど、Wi-Fiの通信量が気になる。1レッスンでどれぐらい消費するんだろう?と考えている人もいるのではないでしょうか?せっかく英会話を上達させたいという気持ちがあるのに、Wi-Fiの通信量がネックで始められない…なんてもったいないですよね。そこでこの記事では、レアジョブ英会話のWi-Fi通信量について紹介していきます。レッスン1回で消費するWi-Fi通信量、1カ月で消費するWi-Fi通信量など、詳しく解説していきますね!

レアジョブ英会話のWi-Fi通信量

レアジョブ英会話では、レッスンルームという独自のシステムを使用しています。レッスンルームは、スマホアプリもしくはパソコンのブラウザ上で利用することができます。

また、通話方法は2種類あります。

音声通話:音声だけのレッスン
ビデオ通話:お互い顔を見せながらのレッスン

以上を踏まえたうえで、レアジョブ英会話のWi-Fi通信量を見ていきましょう!

レッスン1回分のWi-Fi通信量

レッスン1回分のWi-Fi通信量は以下のとおりです。

スマホアプリの場合

音声通話:50メガバイト
ビデオ通話:200メガバイト

パソコンの場合

音声通話:70メガバイト
ビデオ通話:300メガバイト

パソコンの方が、画面が大きい分、消費するWi-Fi通信量も大きいです。通信量を節約したい方は、スマホアプリでレッスンを受けるようにしましょう!スマホアプリの音声通話なら、1レッスン15メガバイトと少ない通信量でレッスンを受けることが可能ですよ。

1カ月分のWi-Fi通信量

次にレアジョブ英会話で1カ月間レッスンを受けたときのWi-Fi通信量を見ていきましょう!以下、30日間1日1レッスン受けたときのWi-Fi通信量です。

スマホアプリの場合

音声通話:1500メガバイト(1.5ギガバイト)
ビデオ通話:6000メガバイト(6ギガバイト)

パソコンの場合

音声通話:2100メガバイト(2.1ギガバイト)
ビデオ通話:9000メガバイト(9ギガバイト)

パソコンのビデオ通話だと、9ギガバイトと結構な通信量になってしまいますが、スマホアプリであれば、ビデオ通話でも1カ月あたり6ギガバイトに抑えることができます。音声通話なら1.5ギガバイトと少ないので、かなりハードルが下がりますよね。

レアジョブ英会話のWi-Fi通信量を節約する方法

ここからは、レアジョブ英会話のWi-Fi通信料を節約する方法をお伝えしていきますね!使える通信量に限りがある人はぜひ参考にしてください。

フリーWi-Fiを利用する

1つ目はフリーWi-Fiを利用する方法です。カフェやレストラン、コーワキングスペースには無料で誰でも使えるWi-Fiが用意されています。そのWi-Fiを使ってレッスンを受ければ、データを消費することなく、レッスンを受けることが可能です。ただし、周りに他のお客さんがいるので、少し周りの目が気になるかもしれません。空いている時間帯などを見計らい、集中してレッスンを受けられる環境を整えましょう。

スマホアプリでレッスンを受ける

上記で説明した通り、パソコンでレッスンを受けるより、スマホアプリで受けた方がWi-Fi通信料は少なくなります。例えば、パソコンのビデオ通話でレッスンを受けた場合300メガバイト消費されるのに対し、スマホアプリのビデオ通話で消費される通信料は、200メガバイトです。1レッスンで100メガバイトも節約できます。スマホアプリでもパソコンと遜色ないクオリティでレッスンを受けることができますし、とても手軽なのでおすすめですよ。

カメラをオフにする

音声通話(カメラオフ)でレッスンを受ければ、通信量を節約することができます。例えば、スマホでレッスンを受けた場合、ビデオ通話だと200メガバイト消費するのに対して、音声通話で消費する通信量は、たったの50メガバイトです。1レッスンで、150メガバイトも差があります。1カ月にすると4500ギガバイトもの差になります。ただし、発音のレッスンの際は、先生の口元が見えた方が理解しやすいでしょう。カメラのオンオフは簡単にできるので、必要に応じて使い分けてくださいね。

レアジョブ英会話のレッスンルームについて

ここからは、レアジョブ英会話でレッスンを受けるときに使用するレッスンルームの特徴やメリットについて解説していきますね!

レッスンルールの利用環境

レッスンルームはパソコン、スマホアプリで利用可能です。パソコンの場合、利用可能なブラウザは、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeとなっています。スマホでレッスンを受けたい場合は、iOS版もしくはAndroid版レアジョブ英会話アプリをダウンロードしましょう!

スカイプを開く必要なし

他社のオンライン英会話だと、スカイプを導入しているケースが多いです。スカイプを利用してレッスンをするときは、スカイプとレッスン画面を両方開かないといけないので、少し面倒なんですよね。一方、レアジョブ英会話であれば、レッスンルームを使用するので、スカイプを開く必要はありません。スカイプをインストールする必要もないので、気軽に始められますよ。

1つの画面ですべてが完結する

レッスンルームでは、1つの画面で先生の顔、教材、チャットが見えるようになっています。そのため、スカイプを使うときのように、ブラウザとスカイプを行ったり来たりするような面倒な作業がありません。また、教材のサイズを大きくしたり、講師の顔を大きくしたりすることもできます。教材の文字が小さかったら教材を大きくしたり、講師の口の動きを見たいときは講師の顔を大きくしたりと、状況に応じてサイズ調整することができますよ。

チャット履歴で復習しやすい

レッスン中に先生がチャットボックスに打ってくれた単語やフレーズは自動で保存されるので、レッスン後に確認することができます。レッスン中に言えなかったことや、先生が指摘してくれたことを後で見返すことができて便利ですよ。自分のノートに書き写したり、音読をしたりして復習に役立てましょう!

初心者でも安心のフレーズ集付き

レッスンルームには、初心者にも安心な機能が備わっています。その1つが「困った時のフレーズ集」です。Could you speak more slowly?(もう少しゆっくり話してもらえますか?)など、レッスンで使えるフレーズを確認できます。トラブルがあったときなどは、フレーズをクリックするだけで、メッセージを送信することもできますよ。また、教材の日本語訳は表示・非表示を選択できます。初心者の方は、まず日本語訳付きでレッスンを受けて、慣れてきたら日本語訳を非表示にしてみましょう!

まずは無料体験レッスンを受けてみよう

レアジョブ英会話では、25分間の無料体験レッスンを2回受けることが可能です。ご自身で受けてみて、Wi-Fi通信量を確認してみるとよいと思います!ここからは、無料体験レッスンの流れをご説明しますね!

無料体験レッスンの受け方

無料体験レッスンを受ける前に、無料会員登録をしていきます。登録方法は簡単で、ニックネームやメールアドレスを入力するだけです。その後、レッスン予約をしましょう。先生はたくさんいるので、ご自身の都合の良い日を選択することができます。予約が完了したら、レッスンを受ける準備は完了です。時間になったらレッスンルームに入室しましょう!

無料体験レッスンでやること

無料体験レッスンの所要時間は25分間です。1回目のレッスンでは、まずお互いの自己紹介を行います。自己紹介が終わったら、レベルチェックを行います。レベルチェックを行うことにより、生徒のレベルに合った教材を使って学習を進めることが可能になります。

2回目のレッスンでは、25分間レッスンを体験することができます。レッスンの最後には先生がレッスンのフィードバックをしてくれますよ。

無料体験レッスンのあとは無料カウンセリング

体験レッスン終了後には、日本人スタッフによるカウンセリングを無料で受けることができます。レベルチェックの結果をもとに、カウンセラーがひとりひとりに合ったプランを提供してくれますよ。このカウンセリングの際に、教材やプランなどに関する不明点を確認しておくとよいでしょう。

まとめ

今回はレアジョブ英会話のWi-Fi通信量について解説しました。スマホアプリを使えば、通信量を節約できるということが分かりましたね。音声通話なら1500メガバイト(1.5ギガバイト)、ビデオ通話でも6000メガバイト(6ギガバイト)で毎日レッスンが受けられますよ。このぐらいの通信量ならそこまで負担にならないですよね。これまで通信量が気になってレアジョブ英会話を始められなかったという人も、この機会に始めてみてはいかがでしょうか。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する