英語を話せるようになりたいなら英語フレーズ丸暗記が近道!効果的な覚え方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語をペラペラ話せるようになりたいけど、何から始めればいいのか分からない!とお悩みですか?そういった方におすすめの勉強法が「英語フレーズの暗記」です。私自身、英会話を始めたばかりの頃は、英語フレーズを暗記することによってスピーキング力を高めました。

この記事では、英語フレーズを暗記すべき理由と効率的に英語フレーズを暗記する方法を解説していきます。記事の後半では、今すぐ使える英語フレーズもあわせてご紹介していきますよ!

英語フレーズを暗記すると英語が話せるようになる理由

英語フレーズを丸暗記すれば日常会話はカバーできる

「英語フレーズを暗記するのは効率的ではない!」といった意見もたまに聞きます。確かにすべての英語フレーズを丸暗記するのは、限界があります。複雑な文構造の英語は丸暗記では対応できません。しかし、日常会話では、複雑な文章構造の英語を話す必要はないですし、ある程度話す内容も決まっています。日本語で考えてみれば分かると思いますが、「ただいま」「疲れた」「お腹すいた」など、毎日同じようなことを口にしていますよね。つまり、こういったフレーズを暗記してしまえば、日常的な英会話はできるようになるということです。

暗記した英語フレーズは応用できる

また、英語フレーズの暗記を否定する意見として、「英語フレーズを丸暗記すると、応用が利かない」というものがあります。しかし、個人的にこれは間違っていると思います。一つのフレーズを覚えてしまえば、それを応用することは簡単です。

例えば、

Are you done with your homework?
(宿題終わった?)

というフレーズを覚えたとしましょう。このフレーズのhomeworkの部分を変えれば、

Are you done with your work?
(仕事終わった?)

Are you done with your breakfast?
(朝食食べ終わった?)

Are you done with your shopping?
(買い物は済んだ?)

など、様々なことを言い表すことができます。

このように一度覚えたフレーズの一部を入れ替えることで、表現の幅を広げることができます。

瞬間的に英語が口から出るようになる

英語フレーズを暗記するメリットは、あるシチュエーションに出くわしたときに、パッと英語が口から出るようになることです。英語フレーズを暗記することにより、英会話に必要な瞬発力をつけることができるのです。

例えば、以下のようにシチュエーション別に英語フレーズを暗記しておけば、スムーズにコミュニケーションを取ることができます。

ビックリしたとき

No way!
(うそだ!)

嬉しい知らせを聞いたとき

I’m happy to hear that.
(それを聞けて嬉しいです。)

相手の言っていることが分からなかったとき

Could you say that again?
(もう一度言ってくれますか?)

単語や文法も身につく

英語フレーズを暗記するだけだと、単語や文法は身につかないんじゃない?と考えている方もいるかと思います。実は、大量の英語フレーズをインプットすることで語彙力は増えていきます。単語帳で一つ一つ単語を覚えてもいいのですが、単調な作業でつまらないですよね。フレーズ単位で覚えた方が、文脈の中で覚えられますし、記憶が定着しやすいというメリットがあります。また、大量の英語フレーズを暗記することで、文法のパターンも見えてきます。

英語フレーズの効果的な覚え方とは?

英語フレーズ集を活用する

まずは英語フレーズをまとめた本を手に取ってみましょう。本屋さんに行くと、英語フレーズ本がたくさんあります。その中でも私がおすすめする本は「基本の78パターンで 英会話フレーズ800」です。この本は「パターンを覚えて、そのパターンを使いまわそう!」といったコンセプトの本です。先述したとおり、覚えたフレーズを応用する(使いまわす)ことで、表現の幅が広がっていきます。まずはこの本で78のパターンを覚えて、単語を入れ替えるなどして自分なりにアレンジしてみましょう!

洋画やYouTubeを活用する

洋画やYouTubeも英語フレーズを覚えるのに役立ちます。洋画やYouTubeで英語フレーズを暗記するメリットは、2つあります。まず1つ目は、実際にネイティブが使う英語フレーズに触れることができることです。2つ目のメリットは、ストーリーの中で覚えることができるので、暗記しやすいという点です。洋画を見ていて、使えそうなフレーズがあったら、ノートに書き留めておきましょう。ひとつひとつ書き留めていくと、オリジナルのフレーズ集が出来上がります。復習するときは、そのフレーズが使われていたシーンを思い出しながら、音読しましょう。

英語フレーズを音読する

いままでは英語フレーズのインプット方法について解説しましたが、ここからは覚えた英語フレーズのアウトプット方法について解説しますね。まずは、覚えた英語フレーズを音読してみましょう。英語フレーズを眺めているだけでは、自分のものにできません。英語フレーズを覚えたとしても、実際に声に出さないと、うまく発音できなかったりします。いざという時にサラっと英語フレーズが出てくるようにするためには、何度も音読をすることが大切です。

音読するときのポイントは、そのフレーズを言うときのシチュエーションを想像することです。しっかり感情をこめて音読すると、実際にその感情を持ったときに、自然とフレーズが口から出るようになります。

覚えたフレーズをアウトプットする

音読が終わったら、実際の英会話で使ってみましょう。英語を話す機会がない人は、オンライン英会話を活用してください。私自身、新しく覚えた英語フレーズはオンライン英会話で使うようにしています。レッスンの前に今日はこのフレーズを絶対に使おう!と決めておくと迷いがなくなります。事前にこのフレーズを練習したいですと先生に伝えといて、ロールプレイをするのもいいと思いますよ。覚えたてのフレーズを実際の会話で使うのは緊張するものです。でも2回、3回と同じフレーズを使うことにより、違和感なく使えるようになってきますよ。

今すぐ使える英語フレーズ

ここからは、シチュエーション別に英語フレーズをご紹介していきますね。

挨拶

友達や同僚と会ったときの第一声はこのフレーズです。

How are you?
(お元気ですか?)

日本語では、「お元気ですか?」などと聞くことはほとんどないですが、英語圏では、挨拶代わりにHow are you?と尋ねます。カフェやレストランでもHi! How are you?(こんにちは、お元気ですか?)と店員さんが挨拶してきます。

この質問に答える時は、以下のフレーズを使ってみましょう。

Good.
(元気です。)

I’m doing well.
(元気にやってます。)

I’m OK.
(まあまあです。)

Not bad.
(悪くないですよ。)

学校ではI’m fine, thank you. And you?(元気です。ありがとうございます。あなたはどうですか?)と答えましょうと習いますが、私がカナダに住んでいたときは、ほとんどこのフレーズを聞くことはありませんでした。

Good. How are you?(元気だよ。元気?)というシンプルな返事が多かったですね。

相槌

英語の相槌には色んなバリエーションがあります。YesやNoだけだと芸がないので、この機会にいくつか覚えてしまいましょう。

同意するとき

Yeah.
(そうだよね)

You’re right.
(その通りです)

Absolutely.
(間違いない)

感動したとき

Great.
(いいね!)

Wonderful!
(すばらしい)

Awesome!
(めっちゃいいね!)

驚いたとき

You’re kidding!
(うそでしょ!)

No way!
(まさか!)

Are you serious?
(マジで?)

上記の相槌表現をオンライン英会話などで使ってみてください。いつもよりスムーズにコミュニケーションが取れるようになりますよ。

海外旅行

海外旅行で使う英語フレーズも見ていきましょう。空港やレストランなどで使える定番フレーズをご紹介しますね。

空港で使える英語フレーズ

Where is the check-in counter?
(チェックインカウンターはどこですか?)

I’m here on business.
(仕事で来ました。)

I can’t find my baggage.
(私の荷物が見つかりません。)

ホテルで使える英語フレーズ

Could you keep my baggage?
(荷物を預かってもらえますか?)

How much is it per night?
(1泊いくらですか?)

Are there any restaurants around here?
(この辺りにレストランはありますか?)

レストランで使える英語フレーズ

I’d like to make a reservation.
(予約をしたいのですが。)

How long is the wait?
(待ち時間はどのぐらいですか?)

Can I get the bill?
(お会計お願いします。)

上記のフレーズは海外旅行でそのまま使えるフレーズなので、覚えておいて損はないですよ!

まとめ

英会話力を上げるには英語フレーズを覚えるのが第一歩です。上記で説明した通り、ますは英語フレーズ集や洋画、YouTubeでインプットしましょう。その後、音読やオンライン英会話でアウトプットしてみてください!暗記したフレーズを何度も繰り返し使うと徐々に自分のものにすることができますよ。慣れてきたら、フレーズ内の単語を入れ替えて自分なりにアレンジしてみてくださいね!

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する