ネイティブの英語が聞き取れない2つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイティブの英語はなぜ聞き取れないのでしょう? 必死でリスニングの勉強をして、テストでは点が取れるようになってきたのに、会話してみると聞き取れない……。誰もがぶつかる壁です。今回は、「発音」「語彙」の2パターンから、ネイティブの英語を解剖します。

ネイティブの英語が聞き取れないのは「速いから」ではないのかも

ネイティブの英語が聞き取れないのは「速すぎるから」だと思っている方が多いと思います。私も以前はそう思っていたのですが、実はそもそも「ネイティブはちゃんと英語を話していない」のです。

英語が聞き取れないのは「そもそも発音していない」?

英語では、音同士がつながったり消えてしまったりして、発音が変わることが多々あります。特にアメリカ人の英語に多く、それぞれの音がしっかり発音されません。

t, d, l, nの音は消えてしまいがちですし、母音と子音はくっついて別の音になってしまうことが多くなります。ネイティブの発音する英語は、そもそもちゃんと読んでいないことが常なのですね。

日本人の想像とかけ離れた音は聞き取れなくなる

ネイティブ発音と日本人発音の違いは、勉強するときに大きな壁になります。私たちの想像する音と、実際の音が違いすぎるのです。

I am studying English.
私は英語を勉強しています。

多くの日本人にとっては、「アイアム・スタディング・イングリッシュ」のようなイメージだと思います。でも、実際に発音される音は「アインスタデインギングリシュ」のように聞こえるでしょう。

ネイティブの発音は、あまりにも想像とかけ離れているのですね。まず英語の発音の基礎を固めることで、ネイティブ発音が聞き取れるようになります。

英語が聞き取れないのは「思いもしないフレーズ」のせい?

英語が聞き取れないのは、そもそも表現を知らないからかもしれません。知らない単語・知らない表現は、何万回聞いても聞き取れないはず。ネイティブ英語が聞き取れないなら、ネイティブ特有の語彙を鍛えましょう。

飲み会のネイティブ英語が聞き取れない……

専門的な英語は聞き取れるのに、飲み会の雑談で苦労する……。英語を「勉強」してきた私たちにとっては、当然の悩みなのかもしれません。スラングや、ここにはとても書けないような汚いことばが飛び交うからです。

英語のスラングは、初心者の段階では、「聞き取れなくてもしょうがない」という気持ちでいた方がよいと私は思っています。無理に覚えても、使える場面が限られるからです。英語力が中級になってきたら、周りのネイティブが使っているものをまねして使ってみるのが良いと筆者は考えています。

Slang Dictionaryのようなサイトもありますが、使っていい場面が見極められるようになるまでは使わない方が無難です。

・Slang Dictionary

ノンネイティブの天敵、句動詞

もうひとつ、ネイティブが多用するのにノンネイティブにわからないのが「句動詞」です。かんたんな単語+前置詞が合わさって、一つの単語のように使われます。

英語が聞き取れないのは句動詞のせい? Let up と let down

letとdownの例を見てみましょう。どちらもかんたんな単語ですが、組み合わせると意味が変わってきます。

Never let you down.
がっかりさせません。

let + 人 + downで、「人をがっかりさせる」という意味になります。では、let + upならどうでしょうか?

The weather would let up.
天気は良くなりそうだ。

let upは天気が良くなる・雨が上がるという意味で使われます。日常会話でも「go picking you up(迎えに行く)」や、「get along with you(ついて行く)」など、この句動詞がいたるところで使われています。

日本語にも句動詞がある?

日本語にも「話し出す」「走り込む」など、二つの動詞を組み合わせた言い方がありますよね。感覚としてはとても句動詞に近いです。日本語を学ぶ外国人にとって、「組み合わせ動詞」の習得はとてもむずかしいことが知られています。日本語でも英語でも、「かんたん+かんたん系フレーズ」はむずかしいようです。

句動詞については、『英熟語図鑑』のような教材が出ています。ネイティブ英語で困ったら、一度見てみましょう。

・『英熟語図鑑』

ネイティブ英語が聞き取れないときにできる対策法

ネイティブ英語が聞き取れないとき、どんな対策が出来るでしょうか。大事なのは「大量のインプット×実戦」です。当たり前のようですが、王道の対策が近道になります。

インプット!インプット!インプット! 動画配信サービスを使い倒す

とにかく大事なのは、英語のインプットを増やすことです。「自分の今のレベル+1」くらいのインプットを積み重ねることで語学が身につきやすくなります。少しむずかしいかな? くらいの英語を継続的にインプットすることで、だんだんと耳が慣れてきます。

興味の持てるドラマを観よう

語学の習得にはモチベーションが大事で、退屈だと思うものを観ても効果が薄くなってしまいます。そこで、動画配信サイトに登録して、ドラマを片っ端から見ていくという戦法がおススメです。

ドラマなら一話が短いので、合わなければ「一話切り」することもできます。楽しく見られるものだけを残せるので、効果的なインプットになります。

語学学習ならドラマ>映画?

これは私の恩師が言っていた話なのですが、語学学習では「ドラマ>映画」かもしれません。

映画は情景描写など、セリフのない部分が多いですが、ドラマはずっと会話があるからだそうです。確かに、特に『フレンズ』のようなコメディでは会話が途絶えることがありません。映画ですと、映像で魅せるような部分ではセリフが減ります。

とはいえ、自分が楽しめるものを観るのがいちばんです。映画が好きなら、映画を見るのがいちばんだと筆者は考えています。

オンライン英会話で実戦経験を積もう

インプットを重ねていくと、だんだんと実践したくなってくるものです。適切なアウトプットは、知識の定着にとても大切だと言われています。自分の口から言えるようになったフレーズは、耳から入っても聞き取れるものです。

インプットが十分になったら、具体的にはドラマが6割ほど聞き取れるようになったら、英会話サービスなどで実践訓練をしてみましょう。インプット×アウトプットで、さらにリスニング力をアップできます。

まとめ

ネイティブ英語が聞き取れない、と苦手意識を持っている方も多いと思います。もちろんネイティブの英語を完全に聞き取るのはむずかしいですが、自分の弱点をよく理解すれば対策は立てられます。

発音を鍛えて、語彙力とインプットを増やす、地味に見えますが、これこそ最強のリスニング対策です。堅実な努力で、一歩上のリスニング力を身につけましょう!

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する