英語を勉強してもすぐに忘れるのはどうして?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語を勉強していて「萎える」のはいつでしょうか? 私は、せっかく勉強したことを忘れてしまった瞬間だと思います。

この単語この間調べた! でも意味が思い出せない…。この単語、確かこういう意味だったよね? あれ、辞書を引いたら全然違った…。語学を勉強すると、こんなことの連続ですよね。

今回は、「英語すぐ忘れる問題」の対策を考えます。

英語を忘れるのは仕方ない

一度勉強したことは、二度と忘れないようにできたらいいのに。私自身いつもそう思います。でも、現実的ではないですよね。

人間の脳は、覚えたものは忘れるようにできています。いくら努力したとしても、忘れてしまうのは仕方ないことです。

大事なのは、「きっと忘れちゃう、ならどうしよう」と対策していくことです。

どんな達人でも英語は忘れる

私は言語教育研究の世界にいるので、周りには何人も語学の達人がいます。日本の英語教育を引っ張る立場の先生、10以上の言語をビジネスレベルで使える先生、そんな方たちと毎日お話をします。私自身も、一応は英語と中国語をかなりのレベルでマスターしているつもりです。

でも、達人も日々語学を忘れていきます。「あれ英語でなんて言うんだっけ?」なんていうことばが、毎日飛び交っています。私もつい先日、友人と英語を話していて、「ごめん、『七月』って英語でなんて言うんだっけ」と聞いてしまいました。

教師でも言語学者でも、英語は忘れていくもの

実は、語学教育の研究でも、「言語は忘れるものだ」というのが前提になっています。

たとえば、A教育法という全く新しい教え方があるとします。実際に教えてみて、A教育法を使ったほうがテストの点数が断然良かった。新発見だ! でも、実験はこれでは終われません。どうせすぐ忘れてしまうからです。

一週間後にテストして、どれだけ覚えているかを調べます。無理に詰め込んでもすぐ忘れてしまいます。「その瞬間だけ」英語力が上がっても意味がないですよね。ちゃんと定着できて初めてよいデータになります。

語学教育研究も、「語学は必ず忘れるんだ」ということを前提にしています。

英語を忘れるのを防ぐ勉強法は?

英語は必ず忘れるものです。でも、せっかく勉強するなら少しでも長く・たくさん覚えていたいですよね。

残念ながら、絶対に効く対策は今のところありません。ですが、工夫次第で暗記力をアップできるはず。今回は、私が実践している勉強法をご紹介します。

どうせ英語を忘れるなら:出会った単語を記録しよう

暗記は「出会い」で決まる。以前使っていた単語帳にこんなことばが書いてありました。「10回出会えば、その単語は覚えられる」

確かにその通りですが、せっかく出会った単語も、その場で忘れてしまったら意味がありません。使いたいものはどんどん書き留めておきましょう。とはいえ、いつも紙やスマホに記録するのも面倒ですよね。

そこで私が最近やっているのは、自分の勉強を動画にするという勉強法です。

パソコンの画面をキャプチャーして、マイクをつけて勉強します。ネットの記事でbleak future(暗い未来)というフレーズを初めて見ました。「bleak futureで『暗い未来』なんだー」とつぶやきつつ、オンラインの辞書を引きます。

あとで動画を見返すと、自分がわからなかった単語の意味を「過去の自分が」教えてくれます。辞書の画面のおまけ付きです。やっているのは録画ボタンを押すだけなので、本当に手軽です。

忘れないためには、ラクしてできる工夫を積み重ねるのがとても有効だと思います。

どうせ英語を忘れるなら:できるだけ使ってみよう

プロでも英語は忘れますが、それでもプロレベルの語学力をキープできています。なぜかといえば、やっぱり使っているからです。語学は使えば使うほど記憶に残ります。なんだかんだ言っても、実際に話す以上の勉強法はありません。

日本に住んでいる以上、英語を使う機会はほとんどないと思います。それでも、日記を吹き込む・音読するなど、口を動かすことを大事にしたいですね。

どうせ英語を忘れるなら:忘れるのは当然のこと。ある程度はあきらめよう

英語を忘れるのはもう仕方がないことです。語学のプロですら忘れるのです。忙しいビジネスパーソンの方であれば、ずっとキープできているほうが不思議なくらいです。

「忘れないようにしないと!」と自分を責めていると、逆に英語への心のハードルが高くなってしまいます。語学は結局、続ければ続けるほど上手くなるのです。英語がイヤになってしまったら元も子もありません。

英語は忘れるもの、ある程度はあきらめも肝心かもしれません。

使わなければ英語は忘れる

英語が公用語の地域があります。例えばインドやフィリピンや香港です。こういう場所に住んでいる人は、あまり英語を忘れません。なぜかといえば、やっぱり英語を使っているからです。

私たちが英語を忘れてしまう理由は、使わなすぎることだと思います。

英語を忘れないためには使うこと

日本に住んでいると、英語を使わないのが当たり前です。英語を使うためには、努力してチャンスを探さないといけませんよね。では、そのチャンスはどこにあるのでしょうか。

英語でSNSに投稿したり、オンラインゲームのチャットに参加したり、英語を使うことだけならそんなにむずかしくありません。でも、ネットの英語はスラングも多く、ビジネス英語とは違います。仕事で使えるような英語を身につけるには工夫がいると思います。

英語を忘れないためのオンライン英会話の使い方

オンライン英会話のサービスを使うのも一つの手だと思います。英語教育が専門の先生たちと、定期的に英語を使ってみることができるからです。新しいフレーズとの「出会い」も一気に増えます。

英語教育のトレーニングを受けた先生たちですから、公の場所で使いにくいようなフレーズはしっかり区別して教えてくれます。覚えた英語がすべて「使える英語」になるのです。目的がビジネスなら、ネット上の怪しい英語は見ずに、プロに習うべきだと私は考えています。

まとめ

勉強しても忘れてしまう問題には、「これ」という答えはありません。私の場合は、動画撮影勉強法がうまくいっていて、最近は新しいことばを忘れなくなってきています。

大事なのは、「英語は必ず忘れる」と理解して、自分を許すことだと思います。その上で、できるだけラクに続けられるコツを見つければいいのです。できるだけ英語を使ってみるのも、もちろん大切ですね。

「英語すぐ忘れる問題」。この永遠の課題を、一緒に乗り越えていきましょう。

\1レッスン129円~毎日受けられるオンライン英会話/
英会話を話せるようになりたいなら、英語を話す環境を作り出す必要がありますよね。レアジョブの「日常会話コース」では、25分のマンツーマンレッスンが毎日受けられて1回129円~。厳しい審査のもと採用された優秀な講師陣があなたの英会話学習をサポートしていきます。
レアジョブ英会話をチェックする

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。