「business hour」って何? 英語上級者でもつまずく「かんたんそうに見える単語」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

I’ll call you after the business hour.

TOEICで何気なく出てきたフレーズです。どういう意味でしょうか。

「business」も「hour」も中学レベルじゃない? と読み飛ばしてしまうかもしれませんが、ではパッと日本語訳できるでしょうか。
英語ができるようになってきたころについ読み飛ばしてしまう「かんたんそうに見えちゃう単語」、実は英語力アップの大きな壁なんです。

・中学レベルの単語だからかんたん?
・日本語にもある単語だからかんたん?

今回は、上級者も気づいていない、英語の落とし穴を対策します!

英単語はどう学習する? かんたんそう≠かんたん

英単語は「かんたんそう」に見えても「かんたん」ではないことがよくあります。

・中学レベルの単語だからかんたん
・日本語にもある単語だからかんたん

この2つの落とし穴にはまる上級者も大勢いるのです。

【英単語学習】 business hour:ビジネス1時間?

business=ビジネス hour=1時間

どちらもかんたんな単語です。でも、「ビジネス1時間」っていったい何なのでしょう。

businessはたしかに「ビジネス」ですが、「仕事」「会社」「営業」などいろいろな意味を持っています。
hour は「1時間・2時間」の時間という意味が有名ですね? でも実際にはtimeの意味も持っています。「ラッシュアワー」のアワーです。
business hourは合わせて「営業時間」という意味を持っています。

I’ll call you after the business hour. は、「営業時間が終わったら=仕事終わりに電話するよ」という意味だったんです。一瞬で訳せましたか? (実は筆者はできませんでした)

【英単語学習】 back: やめる?

こちらは先日、BBCのニュースを見ていて出てきた表現です。

Austria’s Green party backed forming a coalition with conservatives.

日本語に直すと

オーストリアの緑の党は、国民党との連合をbackした。

この文はどういう意味でしょうか。
backと言えば「バックする」ですから、「連合を止めた」と思ってしまいませんか? 実は真逆なんです。backには背中という意味がありますよね。backを動詞として使うと、背中を押すという意味に変わるんです。

オーストリアの緑の党は、国民党との連合を認めた。

連合を「止めた」と「認めた」、正反対の意味になってしまいました。こんな誤訳をしてしまったら怖いと思いませんか?(筆者はこのように訳しかけました)

【英単語学習】 utility company: ユーティリティ会社?

日本語にある単語×2の組み合わせはかなり危険です。utility companyという単語を例に見てみましょう。

utility:ユーティリティ

company:会社

なんだ、かんたんじゃん! とわかった気になって読み飛ばしてしまいませんか? 筆者もそうしてしまったのですが、よくよく考えてみると、「ユーティリティ会社」って何でしょう。
調べてみると、utility companyで「公益事業団体」になります。「ユーティリティ会社」とはかなりかけ離れています!

【英単語学習】 「かんたんそう」は当てにならない!!

business hour, back, utility company, 3つの例からわかるのは、「かんたんそう」は当てにならないということです。
わかった気になっているうちに、とんでもない誤解をしているかもしれません。

【英単語学習】中級以上になったら「わかった気」は卒業しよう

英語力が中級者以上になったら、「わかった感じ」は疑いましょう。私も含め、たいていの場合はわかっていないからです。
結論からいえば、「怪しいな?」と思った単語はすべて書き留めておきましょう。
ここからは、筆者がだまされそうになった単語・フレーズを紹介します。

【英単語学習】 You don’t have to wait up. Upはなんでついてるの?

You don’t have to wait up.

洋楽の歌詞に出てきたフレーズです。
なるほど、待たなくてもいいのか。ん、そのupはなんでついているんだろう? スルーせずに辞書を引いてみると
wait upのupは、wake upのup! 英語のupには「目覚めている」という意味があったんです。

You don’t have to wait up.
先に寝ておいていいよ。

他にも、stay upで「起きている」という意味になります。upをスルーしていたら、全く違うように理解してしまっていました。

【英単語学習】 Please stay on hand. 手の上で待機?

こちらはTOEICの問題集で見かけました。講演会が終わった後の場面で

Please stay on hand.

stay…待機
on hand…手の上

手の上で待機!? すぐに調べてみると、on handには「その場で」という意味があります。

Please stay on hand.
その場で待機してください。

handに引きずられると、とんでもない誤訳になってしまうところでした。

【英単語学習】 delivery of presentation=プレゼンの配達?

His delivery of presentation was brilliant!

何が素晴らしかったのでしょう?

delivery…デリバリー、あ、配達か!
of presentation…プレゼン?

プレゼンの配達? 来るタイミングが良かったとか、資料配布が上手かったとか、そういうことなのでしょうか?
これ、実は「話しぶり」のことなんです。

His delivery of presentation was brilliant!
彼のプレゼンの話しぶりは素晴らしかったです!

英語ネイティブにとって、話は「届けるもの」というニュアンスがあるそうです。だから、話しぶりのことを「配達」という単語を使って表現するんですね。「プレゼンの配達」という直訳だと意味が分かりにくくなってしまいます。

【英単語学習】 意外な難単語、オンライン英会話で攻略しよう

かんたんそうでむずかしい、そんな単語はどうやって勉強すればいいのでしょうか?
いちいち書き留めておいて、googleで検索するのも一つの手です。やる気と根気のある方なら、それで十分に単語力をアップできます。

ですが、

嫌になって続かない
調べても意味が出てこない、わかりにくい

どうしても続かなくなってしまいます。
効率よくマスターしたいなら、オンライン英会話も1つの手です。

【英単語学習】 オンライン英会話ならその場で質問できる

続けるべきなのはわかっているけど、続けられない…。そういったものにはコーチが必要です。オンライン英会話は英語のコーチですね。
わかりそうでわからない単語が出て来たら、スクリーンショットでも手書きでも、とにかくためておきます。
できれば、まずは自分で調べてみて下さい。その上で、本当にわからない単語を講師に見せましょう。辞書やネットではわかりにくい、感覚的な説明をもらえます。
upということばに「起動した状態」という意味があること、英語ではことばは「配達する」ものであること、どちらも辞書には載っていません。載っているとしても、かなり読み込まないと出てこないでしょう。
感覚的な説明は、外国人講師から直接してもらったほうが、効率が良いのです。

まとめ

英語には、一見かんたんそうなのに、よく考えるとむずかしい単語がたくさんあります。英検一級の単語帳を丸暗記するよりも、takeやgetのような基礎的な単語をマスターする方がむずかしいくらいです。

外国人講師の力も借りつつ、隠れた難単語を攻略していきましょう!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する