「0.5秒」トレーニングで英会話のフレーズ量をアップしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語が使えるようになるためにはどんなトレーニングが必要なのでしょうか。英語を勉強している人なら誰もが気になるところですよね。

私は最近TOEICを徹底的に勉強しなおしています。その中で、意外なところに英語力のカギを見つけました。それは「フレーズへの反応速度」です。

We will tour the factory.

tour (ツアーする)factory(工場)も、むずかしい単語ではありません。では、この文の意味が「一瞬で」出てきますか? 筆者は出てきませんでした。

英語が上手くなるには

・フレーズを見てすぐに理解できる
・すぐに口から出せる

2つの方向でトレーニングが必要です。今回は0.5秒というキーワードでフレーズ勉強法を紹介します。

英語はフレーズで勉強しよう! 

We will tour the factory.

この文が理解できなかったのは、日本語に引きずられてしまったからです。
tourは「ツアー」、factoryは「工場」だと思ってしまった。すると、「工場をツアーする」という理解になってしまいます。ルクセンブルクのワイン工場のような観光地でしょうか。
いえいえ、冷静に考えれば、tourは「見学する」という意味の動詞です。

We will tour the factory.
私たちはこれから工場を見学します。

何のことはない普通の文です。でも、これが瞬時に理解できなかったせいで、リスニング問題を落としてしましました。

英語はフレーズが勝負 単語だけでは使えない

tour the factory → 工場を見学する
英語には決まった言い方があります。まるごと覚えてしまえば、日本語に引きずられてまごまごしたりはしません。
英語力は覚えた単語の数ではなく、それを使いこなせるかで決まります。

I need to pack my bags.

packは包む、bagはカバンという風に直訳で考えると、「カバンを包む」という日本語になります。かばん屋さんがセット販売をしているのでしょうか? 実は、pack one’s bagsは荷造りをするという意味のフレーズなんです。

I need to pack my bags.
荷造りしないと。

単語だけがわかっても、意味がない時があります。

英語はフレーズで話せばもっと通じる

英会話でも同じです。単語をならべるだけでも会話は出来ますが、相手の言っていることはわからないでしょう。

Let’s go hanging out!

hangにぶら下がるという意味があるからと言って、今からぶら下がりにいこうぜ! とはまず言いませんよね。hang outで「遊びに行こう」という意味になるのです。
英語はフレーズの数を増やせばもっと通じやすくなります。

英語フレーズ→日本語に 0.5秒トレーニング

会話でも、TOEICのようなあわただしく読み解かなければならないテストでも、フレーズが目に入って0.5秒で理解できる必要があります。わからない間に話が進んでしまうからです。
フレーズの意味はgoogleで検索すればたいてい出ています。手間を惜しまず検索することで、着実に本当の英語力が身についていきますよ!

英語フレーズを見て0.5秒で景色が浮かぶ?

筆者が引っかかったフレーズをご紹介します。0.5秒でどんな状況か想像できますか?

We will be done any day now.

will be done:終わる

なにかをやっていて、それが終わるのですね。では、any day nowとは? どれでも、日、今…いつなのでしょうか? これも決まった言い方で、「もうじき」という意味です。

We will be done any day now.
もうじき終わりますよ。

I’m nearly halfway through.

halfway:道半分、through:通った

だいたい半分くらい通った…「今どこにいるの?」と聞かれたのでしょうか。いえ、これは仕事の進捗状況を報告している場面です。throughには「終わる」という意味があるからです。

I’m nearly halfway through.
半分くらい終わりました。

むずかしい単語は出てきていないのに、どうしてもいまいちわからない。そんな時は、フレーズ力が足りていない可能性があります。
しっくりこない時には、必ずgoogleで検索してみましょう。辞書や質問サイトに99%答えが出ています。
想像に頼るのは絶対にやめましょう。正直に言えば、それなりに英語を勉強してきた私でも、フレーズの意味を想像で当てられたことはほぼないです。私は必ず調べることにしています。

英語フレーズのイメージを脳に焼き付けよう

単語をベースにして英語を理解していると、速いペースの会話についていけなくなります。
英会話を楽しみたい方、TOEICやTOEFLで高いスコアが欲しい方は、どうしてもフレーズ力を高める必要があるのです。筆者自身も今、フレーズ力を1から鍛え直しています。

フレーズは日本語に対応させるとかえって覚えにくいです。場面で覚えましょう。

自分が「あとどれくらいで終わる?」と聞かれた場面を想像してany day now
進捗を報告する場面を想像してI’m nearly halfway through.

イメージ+フレーズで覚えることで、もっと記憶に残りやすくなります。

日本語→英語フレーズに 0.5秒トレーニング

今度は英語から日本語に0.5秒で訳してみましょう。

・お客様が部屋に来ています。「座ってもいいですか」と聞いてきます。

もちろんです。ご自由にどうぞ。
→No problem. Be my guest.

自由=freeではありません。be my guestという表現があります。

・資格試験はいつごろですか? と質問されました。

今年の終り頃です。
→Toward the end of year.

○○頃=aboutというわけではありません。終わり頃の場合はtowardが使われます。

このトレーニングはかなりしんどいですね。日→英に瞬時に訳すのは頭にかなり負担がかかります。一日五分と決めてやってみると良いでしょう。

イメージ→英語フレーズに直接翻訳してみよう

こちらも、日本語を間に入れずに、イメージから英語にするのがゴールです。

目の前にお客さんがいると思ってBe my guest. 日本語が間に入らない方が頭の負担が減りますね。瞬間翻訳+イメージトレーニングで最速のフレーズ力アップを目指しましょう。

英語フレーズマスターの近道はオンライン英会話

オンライン英会話はフレーズマスターの近道です。
外国人講師と話すことで、面白いフレーズに触れるチャンスがグッと増えます。よいフレーズも、知らなければ無いのと同じ。英語を話せば話すほど出会いも増えるのです。
チャットで送ってもらえばメモも取れます。ただ外国人と話すだけでは、メモが取れなくて忘れてしまいがち。語学マニアは常に分厚いメモ帳を持ち歩いていますが、普通はそうはいきません。
チャット機能がついているというオンライン英会話の強みが、フレーズ学習で生きてきます。

・129円~のレアジョブ英会話
レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。上達度を測るための、スピーキングテストも実施しています。

まとめ

英語は単語だけでは話せません。フレーズを覚え、その反応速度を鍛えることで、初めて英語が「使える」ようになります。フレーズ力の大事さに気づいていない方も多い今、ライバルに差をつけるチャンスです。

筆者もフレーズ力を徹底的に鍛えていきます。みなさまも今日から「フレーズ筋」鍛えませんか?

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。