「切ない」は英語でなんていうの?「切ない」気持ちを表現する英語フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「切ない」気持ちはどなたも一度は体験したことあるのではないでしょうか。日本語の「切ない」はひとことで色々な感情が混ざった状態を表せる便利な言葉ですが、英語には残念ながら日本語の「切ない」のような一言で表す単語がありません。

そこで今回は恋愛や友人関係などで経験する「切ない」気持ちを表す英語フレーズをご紹介します。

ちょっと悲くて切ない気持ちを表す英語フレーズ

日本語ではなんとなく辛いという気持ちも、恋しくて寂しくてしかたがないくらいに重く、辛い気持ちも「切ない」というひとことで言い表せます。英語では辛さの程度によって様々
表現が存在します。

恋しさでぎゅっと胸が締め付けられる切なさを表す英語フレーズ

「心がぎゅっと締め付けられる」sad inside / hurt inside

日本語の「切ない」に一番近い表現です。sad(悲しい)、hurt(傷ついた)に「中で」のinsideを加えることで「心が締め付けられる」という心情を表しています。

I feel empty and sad inside.(心が空っぽで切ない気持ちだ)

Even though she was smiling, she was hurt inside.(彼女は笑っていても、切ない思いをしていた)

「傷ついた心」」painful

会話やセリフでもよく聞かれる表現です。辛くて切ない気持ちを表します。

The old pictures brought back painful memories.(古い写真が切ない思い出を思い起こさせた)

She told me her heartbreaking story.(彼女は私に切ない話をしてくれた)

「甘くて辛い気持ち」sweet sorrow / bittersweet

甘い悲しみを表す言葉がsweet sorrowですが、とても詩的なフレーズなので、会話ではbittersweetの方が一般的です。特にbittersweet memories(切ない思い出)というフレーズは洋楽の歌詞でよく使われています。

ホイットニー・ヒューストンの代表曲の一つ『I Will Always Love You』でもサビの前にbittersweet memoriesが歌詞の一部に使われています。

”Bittersweet memories,
That is all I’m taking with me
So good-bye
Please don’t cry,
We both know I’m not what you, you need”
(切ない思い出。私が持っていくのはそれだけ。だからさようなら。泣かないで。あなたが必要としているのは、私ではないとわかっているでしょ。)

Parting is such a sweet sorrow.” ロミオとジュリエットのセリフから
(別れは切ない)

Titanic is a famous movie with a bittersweet ending.(タイタニックは切ない結末の有名な映画だ)

重い切なさを表す英語フレーズ

「胸が張り裂けそうな悲しさ」heartrending / heartbreaking

胸が張り裂けそうで非常に重い悲しみの気持ちを表します。

Her songs are heartrending.(彼女の歌はとても切ない)

He sent a heartbreaking message to his father.(彼はとても切ないメッセージを父親に送った)

「耐えられないほど辛い気持ち」unbearable sorrow

辛すぎてその状態でいるのが難しいことを表します。unbearableはunbearable summer(耐えがたい夏)やunbearable offer(耐えがたい申し出)のように、不快で受け入れがたいことを表す場合にも使われます。

Our separation was the unbearable sorrow.(私たちの別れは耐えがたい悲しみだった)

He broke my heart. I’m in unbearable pain.(彼は私を傷つけた。私は耐えられないほど辛い)

「切ない」気持ちを表す英語スラング

日常会話や映画のセリフなどでよく出てくるフレーズや、スラング的に使われる「切ない」を表すフレーズを学びましょう。色々な場面で気軽に使えるものも多いので、ぜひ覚えて活用してくださいね。

「残念だ」That bites.

biteは噛むという意味ですが、スラングとして「残念だ」という意味で軽く使う「切なっ」と同じような意味合いで使われます。相手へ同情の気持ちを表すのによく使われる “That sucks”(残念だ)のスラングバージョンで、ちょっとかっこいいフレーズです。

A. Jane left me for another guy.
B. Oh, that bites!
(A.ジェーンが俺を捨てて他の男との元に行ったんだ  B. そりゃ切ないね)

「思ったより辛い」This is tougher than I thought.

遠くに住む家族と離れるときや、恋人がしばらく不在にするときなどに「心の準備をしていたけれど、思ったより切なくて辛い」という経験がある方は多いのではないでしょうか。そんな時に使えるフレーズです。

tougherはharderとも入れ替えて使うことができます。

It’s been 2 weeks since I saw him last. A couple of more weeks till I see him again… This is tougher than I thought!(最後に彼に会ってから2週間。次に会うまでもう2週間…思ったより辛くて切ないわ)

I miss her so much. This is tougher than I thought.(彼女がとても恋しい。思ったより辛いな)

「恋しい」miss someone

「大切な人に会えなくて切なくて寂しい気持ち」を表します。恋人同士だけではなく、家族や友人の間でも頻繁に使われます。私も子供達がキャンプや祖父母宅への滞在でしばらく家を空けるときなどに使っています。

I miss you.(会えなくて寂しい)

I’m goimg to miss you.(君がいなくなると寂しい)

I’m missing you already!(あなたがいなくてもう寂しくなっちゃった)

I miss him so much!(彼がいなくてとっても寂しい!)

また、miss someoneは会えなくて恋しい気持ちだけではなく、「その人に会い損ねた」意味でも使われます。文脈によって判断しましょう。

I missed you at the party last night!(昨夜パーティーで会えなくて残念!)

Hey, you just missed Scott! He left a few minutes ago!”(おい、スコットに会えなくて残念だったな。数分前に帰ったばかりだよ!)

「耐えられない」I can’t take it anymore.

切なくて辛い気持ちが怒りで我慢できない気持ちに変わるときもあるかもしれません。そんなときにはこのフレーズを使ってみましょう。

takeには色々な意味や使い方がありますが、ここでは「〜を受け入れる」という意味です。

I haven’t heard from him for more than a week! I can’t take it anymore.(彼からもう1週間以上連絡がないの!もう耐えられないわ)

I can’t take it anymore. I’m leaving!(もう我慢できない。出て行く!)

「寂しくてどうしていいかわからない」I’m feeling lost without someone

愛する人がいないくて寂しくてどうにもならない気持ちを表します。be lostは「迷子である」あるいは「混乱してどうしていいかわからない状態」を意味します。

I’m feeling lost without him.(彼がいないと寂しくてどうしていいかわからない)

「心が痛くて切ない」My heart aches.

acheは体の部位と一緒に文字通り「〜が痛い」という意味で使われますが、この場合は心臓が痛いのではなく、心が痛むことを指しています。

My heart aches when I think of their sorrow.(彼らの悲しみを思うと胸が痛む)

My heart aches for her.(彼女のことを思うと切ない)

「辛すぎる」kill someone

殺すという意味のkillですが、体が痛い、胸が痛いなどの苦痛や、無理をさせるという意味で主に使われます。
また、誰かに対して非常に怒りを感じている時にも使われます。

I still can’t believe he’s gone. I have so many great memories with him – they’re killing me.(彼が死んでしまったなんていまだに信じられない。彼とのの思い出がありすぎて、本当に辛い)

I will kill you if you tell my mom!(ママに言ったら殺すからね!)

「切ない」気持ちを表す英語の格言

失恋したときや辛い思いを抱えているときの切ない気持ちをSNSに投稿したい方も中にはいらっしゃるかもしれません。外国人は格言をシェアしたり、投稿したりを気軽に行います。そうすることでそれを見た人に対し、事情を知らなくても何か抱えているんだと理解してもらえることができます。

あるいは、友達が辛い時にあえてその相手に直接メッセージしなくても見てもらえたら、同じような思いを抱えている人に寄り添いたい、という思いで投稿する場合もあるでしょう。そんなときに使える英語の格言をいくつかご紹介します。

恋愛で切ない気持ちを表す英語の格言

“Unfortunately, I can’t make you love me the way I love you.”(悲しいけれど、私があなたを愛するのと同じようにあなたに私を愛してもらうことはできない)

“It hurts when you’re being ignored by the person whose attention is the only thing in the world.”(自分にとって世界でたった一人振り向いて欲しい人に無視されると切ない)

“It’s always me who ends up hurt the most.”(いつも一番傷つくのは私)

“Sometimes, happy memories hurt most.”(ときには、幸せな思い出は一番辛いものだ)

“It hurts when you have someone in your heart, but you can’t have them in your arms.”(誰かを心に抱けても、その人を腕に抱けないのは切ない)

恋愛以外の切ない気持ちを表す英語の格言

“It’s a lonely feeling when someone you care about becomes a stranger.”(大切な人が他人になってしまうのは、切ないものだ)

“I hide my pain with a smile.”(私は自分の辛い思いを笑顔で隠している)

“I wish I was better at telling people how I feel.”(自分の気持ちを人に伝えるのがもっと上手になればいいのに)

“I’m not OK but I smile anyways.”(大丈夫じゃないけれど、とにかく微笑むの)

“In the end, we only regret the chances we didn’t take.”(結局、最後に後悔するのは取らなかったチャンスだけだ)

まとめ

親しくなると過去の「切ない」気持ちについて話す機会があるでしょう。ここで学んだフレーズを使って過去の自分の体験について書いてみると練習になりますので、ぜひ実践してみてくださいね。恋愛や辛いできごとがテーマのドラマや映画を見て、主人公や周りの人が心情について話す場面に注目するのも、どんな場面でどの語彙を使っているかの確認になります。気になる会話やフレーズがあればメモしておくのもオススメです。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する