英会話力をしっかり上げたいなら英文法の勉強がおすすめ!英文法の効果的な勉強法について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時折「英会話を上達するのに文法学習は不要」ということが言われていますが、めちゃくちゃな文法で話をしても通じませんし、いつまでたっても英会話初級者の域を脱することはできません。もちろん初級者の頃はまずは間違えを恐れずとにかく話す、すでにある知識を使ってできる限りアウトプットしていく、ということが大切になります。

しかし、初級から中級、さらに上級へとブレイクスルーするためには、正しい文法で話すことが必要になります。

英会話にも英文法の勉強が必要な理由

「英文法の知識なんて書くときに必要なだけで、英会話に必要ないし、日本語を話すときに文法なんて意識したことない」という方は多いのではないでしょうか。確かに一理あるかもしれません。しかし日本語を話すときに文法用語は知らないけれど、正しいか正しくないかはわかりますよね。

それは日本語を母語として生まれたときから自然に学び、大量の文章や会話に触れ、日本語的感覚を完璧に身につけているからなのです。小さい頃からずっと英語圏で暮らしてた帰国子女なら英語を母国語に近い形で自然と学んでいますが、それは稀なケースです。
ほとんどの人がきちんと英語を学ぶのは中学に入ってから、あるいは大人になってから必要にかられて学ぶのが普通ですね。

大人になってから学ぶ場合は、赤ちゃんや幼児と同じように学ぶことは不可能です。いくら大量に英語を聞き流したり、やみくもに会話を練習するだけでは上達しません。大人には大人の学習方法があります。その一つが英文法の学習です。

ではなぜ英会話の上達に英文法が必要なのでしょうか。大きく2つのポイントがあります。

1. 文の構造を理解していないと応用できない

例文をひたすら覚えるだけの練習方法は、ある一定のレベルまでなら効果的です。英語を学校で勉強したけれど全く会話ができないという人なら、この方法でスラスラと口について出てくるまで練習すると日常会話はなんとかなります。

しかしこの方法には大きな穴があります。この方法は英会話初級者や小さい子供には効果的かもしれませんが、パターンで覚えているため、複雑な会話をしようとすると応用ができません。ちょっと込み入った長い会話になると理解できなくなります。

英文法を学ぶ一番大きな目的は「英文の構造を理解すること」です。英語は基本的に主語・動詞・目的語という形になっており、それが副詞で結びつきあい長い文章になります。さらに文の中で名詞と形容詞がお互いどのように関係しあって、どのような順になっているのか、接続詞が指すのはどの部分なのかといった要素が入ってきます。

大量に英文を読んだり聞いたりしてインプットすれば、なんとなく文の構造が理解できてくるでしょう。でも実際に会話で自分が使うとなると、きちんと頭の中で整理されていないと文が作れません。また、英文法を全く学習せずに理解できるようになるまでの量の英文の読み聞きをするには、英語を母国語として学んでいる人と同じだけの量が必要となりほぼ不可能です。

英文法を体系的に学ぶことで、意識的に文の構造を理解できるようになり、会話の文章の中のどの部分が「誰が何をどうしてどのように」なのかがわかるようになります。また自分が話すときも文の構造を意識することで、誤解のないわかりやすい話し方ができるようになるのです。

2. 英文法を理解していないと壁を破れない

一段階上へのブレイクスルーに正しい英文法できちんと話すことが必要です。
「とにかく言葉にしてみる」という段階から、より「きちんと誰にでも理解してもらえる文で話す」、さらに「高度な文章を読んだり聞いて理解する」という段階になるために文法知識は欠かせません。

例えば、乳幼児は「ご飯、食べたい」といった単語を並べる話し方をしますよね。そこから「(私は)おいしいご飯が食べたい」「(私は)レストランでおいしいご飯が食べたい」となります。そしてさらに複雑な文章が作れるようになると、「私は〇〇と、海辺で波が打ち寄せる音が聞こえる素敵なレストランでフレンチのフルコースが食べたい」となるわけです。

英語も同じで文法をきちんと理解していないと複雑な文章を作れるようにはなれません。ある程度文法の知識がないと、いつまでたっても幼稚な会話のままです。
英会話力は、リスニング・リーディング・ライティング全てを全体的に底上げすることで初めて飛躍します。これからの基礎になっている部分が英文法です。「英会話がなかなか上達しない」と感じている人は、語彙力不足以外に英文法の知識不足も考えられますので、しっかり復習しましょう。

英文法学習のポイント

1. 間違えやすい文法に特に重点をおく

英文法を全て完璧に理解し、知識として定着させることは難しいかもしれません。まずは自分の知識が曖昧なものや、普段会話や文章で間違えやすいものを重点的に学習しましょう。

英語学習者が間違えやすいポイントで、特に会話に関係してくる部分は次のようなものがあります。これらのポイントをまず重点的に学習すると効率的です。

・冠詞の使い方(a, an, the)
・時制の一致
・前置詞の使い方(in, at, on, during, for)
・不可算名詞と可算名詞の使い分け(fish vs fishes, cake vs cakesなど)
・似た意味を持つ単語の使い分け(take vs bring, go vs comeなど)

2. 文法について自分の言葉で説明できるようにする

文法の知識を定着させるために重要なポイントが一つあります。

それは難しい文法用語を覚えるのではなく、どうして文がそういう構造になっているのか、なぜその文ではその単語や時制が使われているのかをきちんと自分の言葉で説明できるようにする、ということです。

今日、世界的に「learning how to learn」つまり「学習するための学習のしかた」を学ぶことが重要視されています。この「学んだことについて自分の言葉で説明できるようにする」ということは、この「学習するための学習のしかた」の大切な部分です。

これを意識して行うのと行わないのとでは、知識の定着度が全く違います。なぜなら自分の言葉で説明できないということは、学んだ気になっていて定着していない、ということを意味するからです。

この方法は、特に自分が難しいと感じる部分や、知識があいまいな部分に有効です。全く知識のない人に教えるように、自分の言葉で噛み砕いて重要とするポイントを説明してみましょう。さらに自分が初めて知ったことや、それまであいまいだったことなどをノートに書き出してみると、さらに知識が定着します。英語と関係ないほかの分野にも応用できますので、ぜひ実践してみましょう。

英文法の勉強のしかた

では最後に実際の英文法の学習方法についてみていきましょう。大きなポイントは3つあります。

1. 一つの参考書を繰り返す

学習すると決めた参考書を最低3巡しましょう。目移りしてしまうかもしれませんが、ほかの参考書に手を出さないことがポイントです。色々な参考書に手を出すより、同じものをなんども繰り返す方が知識がしっかり定着されますし、どの参考書も説明されていることはほぼ同じです。

手持ちのものがあればそれでかまいませんし、新たに購入するのであれば、薄手でポイントがまとまっているものが学習しやすいでしょう。

2. たくさんの問題を解く

参考書によっては練習問題がほとんどなかったり少ない場合もあるでしょう。その場合は別途問題集を用意して練習問題を解いていきます。

この場合、ただ問題を解いていくだけではなく、自分の理解が足りないポイントを知ることが大切です。解けなかったり間違えた問題は、わからなかった部分や間違えた箇所をしっかり復習し、ノートに書き出していきます。その際、該当する文法説明も見直し、チェックしておきます。参考書を2巡、3巡していく際に、チェックしたところはとくに重点的に復習してください。

参考書と問題集を別に用意する場合、参考書だけを先に一通り終えてから問題集に取り掛かるのではなく、単元ごとに練習問題を解いていきます。こうして「知識を仕入れる・復習する→練習問題をとく」を繰り返します。

そして最後まで行ったら、今度は問題集だけを最初から一通りやってみましょう。そこで間違えた問題は、文法の再確認をします。地道な作業ですが、これを繰り返すことで知識は定着し、また例文も自然と暗記できるので、一石二鳥です。

3. 英文を読んで文法をチェックする

学んだ文法が実際どう使われているのかを知るには、英語で書かれた本や記事を読むことが一番です。

その際、チェックする文法事項を決めます。冠詞の使い方であれば、使われている単語をチェックします。また前置詞の使い方であれば、それが動詞と合わせて決まったフレーズの一部として使われているのか、あるいは名詞によって使い分けられているのかなどをみてみましょう。

とくに文法書だけでは今ひとつよくわからなかった点をチェックします。多くの文章を読むことで徐々に「どういう場合にそれが使われるのか」「こういう場合はこれを使う」といったことが、感覚的にわかるようになってきます。そこまでいくと、会話の中でも自然に正しく使えるようになります。

まとめ

会話力と、リーディング・文法は切り離して考えられがちですが、相互に作用しあっています。大量のインプットがあって初めてアウトプットが可能になります。

留学して帰ってきた人に多いのが、日常会話はきれいな発音でペラペラ話せるけど、文章を書かせてみると文章が非常に幼稚で文法も間違いだらけという人です。これは日本人に限らず西欧人やほかのアジアの人にもそういう人がいます。「外国人と友達になりたい」ということが目的であれば、このレベルで十分かもしれません。

しかし「仕事で使えるようになりたい」「大学院に留学したい」といったさらに高度な英語力を持つことを目標にする場合は、高度な内容をディスカッションできる会話力に加え、正しい文法できちんと文章が書けたり、長い文章をきちんと理解するという力が必要になります。このレベルに到達するにはしっかりした文法知識が絶対に必要です。

日常会話は練習をひたすらすれば、誰でもできるようになりますし、ネイティブのような発音も同様です。でも単なる旅行会話や日常の何気ない会話力だけではない高度な英会話力を身に付けたいのであれば、しっかりとした土台を作ることが大切になり、それにはやはりきちんと勉強しなければなりません。

とくに将来留学を考えている人は、日本にいる間に英語の総合力を上げていくことを意識して学習してください。ここでどれだけ英語力を上げられるかで、留学したときの英語力の伸びが格段に違います。せっかく高い費用や時間をかけて留学したのにたいして話せるようにならなかったという人は、圧倒的に日本における地道な学習が不足しているのと、そもそも留学した時点での英語の総合力が低すぎたということが共通の問題です。

日常会話だけであれば、オンライン英会話でできるようになります。英文法の学習は地道でつまらないかもしれませんが、目標を高いところにおくのであればコツコツ学習していきましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する