レアジョブ英会話で無料体験レッスンを2回試しておくといい理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン英会話に興味があってもなかなか一歩を踏み出せない方も多いのでは?レアジョブでは体験レッスンを2回、カウンセリングを1回無料で受けられるので、英語を話したいのであれば、ぜひ受けてみてもらいたいサービス。とはいえ体験レッスンがどんなものか、中身がわからないと不安になりますよね。

この記事では実際に体験レッスンとカウンセリングを受けた筆者が、その内容について体験レビューします。

1回目のレッスンと2回目のレッスンは体験できる内容が異なります。詳しい内容を解説しますので、レアジョブ英会話が気になっているという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

レアジョブ体験レッスン1回目は「レベルチェック」中心

ここでは1回目の体験レッスンとカウンセリングについて簡単にご紹介します。

実際に体験した内容は、こちらに詳しい記事を書きましたのでご覧ください。

【レアジョブ無料体験レッスンレビュー】レアジョブ英会話ってどんな感じ?

登録方法について

登録方法はとても簡単。名前とメールアドレスのみを入力するだけで、クレジットカード情報などの登録は必要ありません。その後、送られたメールのリンクをクリックして、年齢・生年月日・自己診断レベルなどを記入します。全ての作業が数分であっという間に完了するので、とても手軽です。

登録したらその後すぐにレッスン予約が可能。毎時00分と30分にレッスンがあり講師の数も多いので、登録完了10分後にレッスンを受けることもできます。思い立ったらそのときにレッスンを体験できてしまうのは便利ですね。

1回目の体験レッスン内容

レッスン時間3分前になるとレッスンルームに入室できます。1回目の体験レッスンは、レベルチェック中心で、実際のレッスンは10分程度です。

まず講師とお互いの自己紹介から始まり、いくつかの簡単な質問に答えることでレベルチェックが終了します。

質問内容は、英語学習の目的や日本でオススメの場所、好きな食べ物とその理由などで、特に難しいものはありませんが、普段英語を話す機会がない人には少し難しく感じるかもしれません。講師は優しくゆっくり質問してくれるので、落ち着いて回答しましょう。

その後、10分ほど通常のレッスンを行います。通常の3分の1ぐらいしか体験できませんが、それでも雰囲気はわかると思います。
私が実施した内容は例文を読んで語彙を学び、その語彙を使って例文を作るというものでした。

レッスン後には講師からフィードバックが送られてくるので、復習や今後の学数の参考にすることができます。

※教材の途中で1回目のレッスンは終了しますが、もし最後まで取り組みたいという場合はこちらのページで教材を確認することができます。余裕があればぜひ取り組んでみてください。

初回体験レッスンのガイド

カウンセリングの内容

1回目のレッスン後、カウンセリングを予約することができます。
カウンセリングは1回で、私は初回の体験レッスン後に受けましたが、レッスンを2回受けた後に受けることも可能です。

2回目のレッスンはフルでレッスンが体験できるので、そのあとにカウンセリングを受けた方がさらに疑問点などが明確になっていいかもしれませんんね。

無料カウンセリングを予約する際に、どんな内容をカウンセリングして欲しいかを記入します。カウンセリングは20分ほどで、記入した内容への回答→学習目標の確認→教材・プランと価格の紹介、という流れになっています。

カウンセリング後も細かいレポートが送られてきます。レッスンのフィードバックはレッスン後すぐに送られてきましたが、カウンセリングレポートは1時間ほど後にメールで送られてきました。機会的なものではなく、相談内容や学習アドバイスなどが非常に丁寧に記入されていて、親身になってもらえているという印象を受けました。

レアジョブ体験レッスン2回目は「実際のレッスン」のお試し

1回目の体験レッスン内容とカウンセリングをざっとご紹介しましたが、ここではフルで体験できる2回目の無料レッスンについてレビューします。

2回目は1回目とは異なる教材を使用します。

実際のレッスンを丸ごと体験

2回目のレッスンはレベルチェックがないので、25分間バッチリ体験できます。とはいえ、教材が異なるだけで、流れは同じ。中身も教材レベルによって若干異なるものの、レッスンの構成は同じです。

では実際の内容についてご紹介します。

1回目は自己紹介、例文を読んでフレーズの確認と覚えたフレーズを使って質問に答える、というところまででした。ここまでは2回目も同じです。自己紹介は毎回行うので、レッスンを受けるうちに何も考えずにスラスラっと言葉が出てくるようになると思います。

フレーズを覚えたら、次はロールプレイイング。私は講師と役も交換して、2回文章を読みました。実践的な例文が散りばめられているので、復習の際に丸ごと覚えると実際の英会話でも役立ちそうですね。

最後にさらに学んだフレーズを使って文章を言い換える練習が含まれています。このように同じフレーズを何度も反復するので、レッスンが終わる頃にはしっかり頭に定着したように感じました。

時間が余った場合は次のチャレンジ練習も実施できます。与えられた文章を読むのではなく、実際の会話を想定して講師と自分の言葉でロールプレイイングします。時間切れでできない場合もありますが、復習の際に一人で会話をしてみるとすごくいい練習になりますので、ぜひ挑戦してみましょう。

レッスンが終わると、講師から毎回フィードバックをもらえます。レッスンの理解度がどの程度だったか、間違えた部分の正しい言い回しやや新たに学んだ語彙、レッスンを通じてどうだったかといったコメントがもらえますので、こちらもしっかり確認して学習に役立てるようにすると良いですね。

これでレッスンは以上。

終わった後にレッスン後に教材全体をもう一度読み込んで復習することが理想的ですが、忙しくてレッスンの時間を取るのもやっと…という方は復習なしでもOK。

レッスンだけで最低限のフレーズを覚えられるようになっていているので、忙しい人でも安心できるレッスン構成だと思いました。

選べる教材について

2回目のレッスン予約は、希望時間帯から好きな講師を選んでクリックすると、下のスクリーンショットのような画面に変わります。ここで教材やレッスンの進め方の希望を出すことができます。

教材はレベルチェックで判定されたもの、あるいは別のレベルのものも選べます。また、ニュースを読んで記事内容に関するディスカッション練習をしたい場合は、Daily News Articleという、毎日のニュースを題材にした教材を使ったレッスンもあります。

体験レッスンで選べるのは通常の日常会話かDaily News Articleになりますが、有料会員になるとスモールトークや文法、発音、ビジネス英会話などさらに多くの種類からも選択できます。また、講師も出身大学や学部など細かく指定して検索できるようになるとのことです。

まとめ

レアジョブの体験レッスンについて2回にわたって詳しくレビューしました。色々な方がレビューされていますが、人によって感じ方も違いますし、実際にレッスンを受けてみないと自分にとって合うのか合わないのかもわからないと思います。フィリピン人講師は明るくて丁寧なので、個人的にはレッスンはとても和やかで楽しい印象を受けました。実は「カウンセリングで無理に勧誘されるかな?」と身構えていたのですが、特にそんなこともなく、学習アドバイスと質問への回答へ終始したのも好印象です。

リスニングの練習はいくらでもネットでネイティブの音声を使って自分でもできるので、ネイティブにこだわる必要もありません。特に初心者から中級者で、まだまだ楽に会話ができない場合、同じアジア系でゆっくり話してくれるフィリピン人講師の方がリラックスしてレッスンを受講できると思います。

少しでも「面白そう!」と思えたらぜひ気軽に体験してみてくださいね。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する