料理について英会話したい!調理法を英語で説明できるようになろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語は好きなことを中心に学ぶと楽しくなり、モチベーションも保ちやすく挫折しにくくなります。

趣味や興味は人によって千差万別ですが、万国共通でたくさんの人が興味あることの一つが「料理」ではないでしょうか。料理に関する英語を学ぶと、「英語で書かれたレシピを読んで作る」「海外のレストランの食レポを読んで旅行の参考にする」「和食の作り方を外国人の友達やホストファミリーに紹介して親しくなるきっかけを作る」など、さまざまな場面で役立ちますよね。

この記事では料理で使う基本英語のおさらいとあわせて、海外で今話題の食べ物についてもご紹介します。

料理で使う基本英語

料理するときによく使われる単語を確認しましょう。英単語は文字で書かれた日本語の意味で覚えようとするよりも、料理している場面を想像しながらイメージで覚えていくと混乱しにくくなります。

熱を使う

cook(熱を用いて)調理する
roastローストする
grillグリルする(直火で焼く)
*米国ではbroilという単語も同じ意味で使われる
boil熱湯で煮る
*a boiled-egg(ゆで卵)、boil water(お湯を沸かす)
simmer(沸騰直前の温度で)トロトロ煮る
braise蒸し煮する(油で炒めたあと少量の水を加え密閉した鍋で弱火で煮る)
steam(蒸気で)蒸す
fry揚げる
*特に油をたっぷり使って揚げる場合はdeep-fry、少なめの油で揚げる場合はpan fry/panfry 
stir-fry炒める
*stirは混ぜること
sauté炒める
bake(パンやケーキを)焼く

<stir-fryとsautéの違い>

この2つはどちらも「炒める」という意味ですが、違いはネイティヴもわからない人が多いようで、解説した記事がたくさんあります。次のようにイメージして覚えておくといいでしょう。

・stir-fry:小さく切った食材を高温で炒める(中華料理を調理するイメージ)
・sauté:小さくあるいは大きめに切った食材を中温で焼く(西欧式調理法で、ハンバーグや魚を焼くイメージ)

人によって「温度しか違いはなく、sautéはより高温で少なめの油を使って、フライパンの温度の高さで炒めるイメージ」という人や、「stir-fryの方がシャカシャカ食材を動かすイメージで、sautéは動きが少ない」という人もいます。

sautéはフランス語からきていますが、フランス語では野菜を炒めることもステーキを焼くことも、少量の油を使ってフライパンで焼かれているならsautéです。英語も一般的にはそれほど細かい違いなく使っているようです。

材料の状態

sizzle(揚げ物などが)熱くなってジュージューいう
*うだるように暑い日をa sizzling hot dayと呼ぶ
melt溶ける
burn焦げる

切る・細かくする

slice(キュウリなどを)スライスする
chop(肉などを)小さく切る
dice(じゃがいもなどを)さいの目に切る
mashすり潰す
*mashed potatoes:マッシュポテト。英国ではmashだけでマッシュポテトという意味
grate(チーズなどを)すりおろす
peel皮をむく

そのほかよく使われる単語

sprinkle振りかける
garnish付け合わせる、添える、飾る
*garnish the salad with parsley:サラダにパセリを添える
add加える
pour流し入れる
grease油を塗る
beat強くかき混ぜる
*beat eggs:卵をかき混ぜる、beat cream:クリームを泡立てる
whisk(スプーンや泡立て器で)手早く混ぜる
whip(卵白やクリームを)泡立てる

英語レシピで料理をしよう

今回は海外では日本のクックパッドにあたる人気のレシピサイト『Tasty』からごく短いレシピと、工程が多い長めレシピの2つをご紹介します。

短い動画つきなので、見ながら学んだ単語が実際にどう使われるかをレシピで確認しましょう。英文を読むのが苦手な人も、レシピは短いのでとっつきやすいと思います。

気になるレシピを作ってみると単語と実際の作業が結びつき、らくに覚えることができますのでぜひトライしてみてください。

Chicken & Veggie Stir-Fry

(レシピ引用元:https://tasty.co/recipe/chicken-veggie-stir-fry

1.In a large pan on medium-high heat, add 1 tablespoon of oil. Once the oil is hot, add chicken, season with salt and pepper, and sauté until cooked through and browned. Remove cooked chicken from pan and set aside.
(大きめのフライパンを中火にかけ、大さじ1の油を入れる。油が熱くなったら鶏肉を入れ、塩・胡椒をして、火が通り、焼き色がつくまで炒める。焼いた鶏肉をフライパンから取り出し、脇に置いておく)

2.In the same pan, heat 1 tablespoon of oil and add mushrooms. When the mushrooms start to soften, add broccoli florets and stir-fry until the broccoli is tender. Remove cooked mushrooms and broccoli from the pan and set aside.
(同じフライパンに油大さじ1を熱し、マッシュルームを入れる。マッシュルームがしんなりしてきたら、ブロッコリーの花びらを加え、ブロッコリーが柔らかくなるまで炒める。炒めたマッシュルームとブロッコリーはフライパンから取り出し、脇に置いておく)

3.Add 1 tablespoon of oil to the pan and sauté garlic and ginger until fragrant. Add the remaining sauce ingredients and stir until smooth.
(フライパンに油大さじ1を入れ、にんにくと生姜を香りが出るまで炒める。残りのソースの材料を加え、なめらかになるまで混ぜる)

4.Return the chicken and vegetables to the saucy pan, stir until heated through.
(炒めたのと同じフライパンに鶏肉と野菜を戻し、熱が通るまで炒める)

5.Serve with hot rice or noodles.
(温かいご飯や麺類と一緒に盛り付ける)

Brownies

(レシピ引用元:https://tasty.co/recipe/ultimate-brownies

1.Grease a 9×13-inch (23×33-cm) dark metal pan with softened butter, then line with parchment paper, leaving overhang on all sides. Grease the parchment with softened butter.
(9×13インチ(23x33cm)のダークメタルパンに柔らかくしたバターを塗り、パーチメントペーパーを敷き、四方にはみ出した部分を残しておく。パーチメントに柔らかくしたバターを塗る)

2.Combine the chopped chocolate, 1/4 cup (30 g) of cocoa powder, and espresso powder in a heatproof liquid measuring cup or medium bowl and set aside.
(耐熱液体計量カップまたは中くらいのボウルに、刻んだチョコレート、1/4カップ(30g)のココアパウダー、エスプレッソパウダーを入れて混ぜ合わせ、置いておく)

3.Add the butter to a small saucepan over medium heat and cook until the butter just comes to a vigorous simmer, about 5 minutes, swirling the pan occasionally. Immediately pour the hot butter over the chocolate mixture and let sit for 2 minutes. Whisk until the chocolate is completely smooth and melted, then set aside.
(小鍋にバターを入れて中火にかけ、時々鍋を揺すりながら5分ほど沸騰させる。すぐにチョコレートミックスに熱いバターを注ぎ、2分ほど置く。チョコレートが完全に溶けてなめらかになるまでかき混ぜ、そのまま置いておく)

4.Combine the granulated sugar, brown sugar, vanilla extract, salt, and eggs in a large bowl. Beat with an electric hand mixer on high speed until light and fluffy, about 10 minutes. It will be similar to the texture of very thick pancake batter.
(グラニュー糖、ブラウンシュガー、バニラエッセンス、塩、卵を大きなボウルに入れ混ぜ合わせる。電動ハンドミキサーで、軽くてふわふわになるまで10分ほど高速で泡立てる。非常に厚いパンケーキの生地のような質感になる)

5.With the mixer on, pour in the slightly cooled chocolate and butter mixture and blend until smooth.
(​​ミキサーをかけたまま、少し冷ましたチョコレートとバターを混ぜたものを流し込み、なめらかになるまで混ぜる)

6.Position a rack in the middle of the oven and preheat to 350°F (180°C).
(​​オーブンの真ん中にラックを置き、180℃に予熱する)

7.Sift in the flour and remaining cocoa powder and use a rubber spatula to gently fold until just combined.
(小麦粉と残りのココアパウダーをふるい入れ、ゴムべらで軽く混ぜ合わせる)

8.Pour the batter into the prepared baking pan and smooth the top with a spatula. Bake until lightly puffed on top, about 20 minutes.
(​用意した耐熱皿に生地を流し入れ、ヘラで表面をならす。表面が軽く膨らむまで、約20分焼く​)

9.Remove the baking pan from the oven using oven mitts or kitchen towels, then lightly drop the pan on a flat surface 1-2 times until the brownies deflate slightly. Sprinkle with flaky sea salt.
(​オーブンミットやキッチンタオルを使ってオーブンから取り出し、ブラウニーが少し膨らむまで平らな面に1~2回軽く落とす。フレーク状のシーソルトを振りかける​)

10.Return the pan to the oven and bake until a wooden skewer inserted into the center of the brownies comes out fudgy but the edges look cooked through, about 20 minutes more. The center of the brownies will seem under-baked, but the brownies will continue to set as they cool.
(​フライパンをオーブンに戻し、ブラウニーの中心に木串をさして、ふちが焼けているように見えるまでさらに約20分焼く。ブラウニーの中心は焼き足りないように見えるが、冷めても固まり続ける)

11.Set the brownies on a cooling rack and cool completely in the pan.
(ブラウニーを冷却ラックにセットし、フライパンの中で完全に冷ます)

12.Use the parchment paper to lift the cooled brownies out of the pan. Cut into 24 bars and serve immediately.
(パーチメントペーパーを使い、冷めたブラウニーをフライパンから取り出す。24個の棒状にカットし、すぐ盛り付ける)

海外で話題の食べ物

海外では意外なものがはやっていてビックリさせられることもありますよね。参考までにいくつか海外で話題の食べ物をご紹介します。ほかにもたくさんあるので、英語学習がてらぜひ検索してみてください。

Crispy Garlic Parm Accordion Potatoes

TIkTokでバズった食べ物。じゃがいもを四角に切って切り込みを入れてアコーディオンのような形にして、ガーリックバターで焼いてパルメザンチーズを振りかけたものです。おつまみやおやつに良さそうですね。

Crispy Garlic Parm Accordion Potatoes 英語レシピ

Pesto Eggs

ヘルシーな朝食メニューとして大人気のアボカドトースト。その代わりとして最近人気のレシピで、バジル、ガーリック、チーズ、オリーブオイルで作ったペストソースに目玉焼きを合わせたものです。トーストにのせるのが一般的ですが、パスタやご飯と一緒に食べても美味しいですよ。ペストは簡単に作れますが、市販のものを使うと忙しい朝もサッと作れて便利です。

Pesto Eggs 英語レシピ

Koji

日本の麹がロンドンやNYのトップシェフの中で人気!ヘルシー志向のおしゃれなレストランで麹を作ったメニューが注目されています。ビーガン向けの偽ベーコンで、麹を使ったKoji baconという商品まであります。

麹に関する記事

Kombucha

名前はコンブチャでも日本のこんぶ茶とは全く別物なので、海外旅行中にお店で見つけて飲んだらびっくりするかもしれません。ヘルシー志向の外国人の間で大人気で、筆者の住む香港でもとくに西欧人に親しまれています。

英語のコンブチャとは共生細菌と酵母でできたゼラチン状のかたまりのことで、見た目がコンブと似ていることから名付けられたとも言われています。これに砂糖を加え発酵させた微炭酸の健康飲料がKombuchaです。日本では昭和40年代に流行した「紅茶キノコ」が英語のコンブチャの正体です。若い方はご両親や祖父母に聞いてみてくださいね。

海外ではスーパーでできたものを買うことができますが、自分で作る人も多いです。紅茶の茶葉と茶葉の量に対し10%の量の砂糖を加えて濃いめの紅茶を作ります。そこに紅茶キノコ株を加えて2週間ほど発酵させればでき上がり。「紅茶きのこ」で検索したらクックパッドにもレシピがありましたので、作ってみてもいいかもしれません。アマゾンや楽天などの通販でできたものを購入することもできます。

Kombucha 英語レシピ

料理に関する英語がわかったら

最初はどの調理法がどの単語なのか覚えにくいかもしれません。とくに料理の英語を身につけるには、実際のレシピを手を動かして作ってみることが一番です。料理をしながら、英語も楽しくレベルアップしていってくださいね。自分の得意料理やお気に入りのレシピを英語に訳してみるのも、楽しくて効果的な学習方法です。

英語でレシピを説明する練習をするなら、レアジョブ英会話の無料体験レッスンを活用してみましょう。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する