英会話の教材ってどんなものを使えばいい?賢い選び方を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「英語が話せるようになりたい」と思った人は、まずは教材選びから始めるのではないでしょうか。でも、書籍やアプリ、インターネットのウェブサイトや動画とそれこそ無数にあって、自分に合った教材を見極めるのは至難の業です。そこで今回は、賢い教材選びの方法について考えてみましょう。

タイプ別英会話教材の正しい選び方

「まずは手元に普段使える教材を」とは、誰もが思うところでしょうが、使いやすいものをどれか1つ選ぶのは、意外に難しいものです。書籍・アプリ・ウェブサイトと動画など、それぞれタイプ別に選び方のコツをご紹介します。

英会話学習書はどうやって選ぶ?

書店の英語コーナーに行くと、ずらりと並んでいる英語学習書。1つ1つ手に取って見ていては、きりがありません。書店の英語学習書は「英会話」「TOEIC/英検など資格試験もの」「リスニング」「リーディング」「ライティング」「文法」「語彙」などジャンル別に分けて置かれていることが多いので、まずタイトルに「英会話」「日常会話」という言葉が含まれている本が並ぶ棚を目指しましょう。

英会話の本はフレーズ集になっていることも多いのですが、ある程度まとまった会話のやりとりが載っているものを使うといいでしょう。単独の文だけでなく、会話の流れがわかるからです。できればフレーズだけでなく、まとまった会話のやりとりを丸ごと覚えるようにしてください。

英会話アプリはどれが一番いい?

英会話のアプリも、検索するとそれこそ無数にヒットします。フレーズ集もあれば試験対策も、クイズ・ゲーム形式のものもあります。とりあえず口コミ評価の高いものを試すという手もありますが、初級者としては、「読む」「聞く」「問題を解く」など復習の学習要素が盛り込まれていて、1日1セクションこなすといったように、プログラム化されているものが続けやすいでしょう。

「まずは無料で使えるのがいい」という人は、いくつか試しにダウンロードしてみて、普段しっかりやる勉強のサブ教材として使ってみるのがいいかと思います。

参考:【スマホで1日10分】楽しすぎて続いてしまう英語学習アプリ9選

英会話のウェブサイトと動画を使いこなすには?

英会話学習のウェブサイトは、文章でうんちくを語るもの、音声が聞けるもの、YouTube動画で英会話の講義が受けられるものなど、さまざまな要素が盛り込まれたものが多くなってきました。

せっかくたくさんあるのですから、最初から一つに絞るのではなく、例えば「海外旅行 入国審査の英語」といったように、自分が知りたいことをキーワード検索し、上位に出てきたサイトにアクセスしてみましょう。何度か続けているうちに、お気に入りのウェブサイト、好きなYouTube動画チャンネルなどが見つかり、毎日続けて見るのが楽しみになってくるかもしれません。

参考:アニメで楽しみながら英語学習!おすすめの英語アニメ5選!

オンライン英会話の教材

オンライン英会話の教材には、オリジナルが用意されているものや既存の教材を使用する例などがあり、いずれも会話例や単語、フレーズ、発音などがバランスよく学べるようになっています。多くの場合、教材費は受講料に含まれるものとなっていて、豊富な種類の中から選ぶこともでき、自分で教材を買いそろえるよりもかなりおトクだと言えます。

覚えたい単語やフレーズを書き写してみる、教材の会話を暗記してみるなど、自分なりに工夫しながら使ってみましょう。

どんなトピックの教材がお勧め?内容別教材の選び方

ひとくちに英会話と言っても、教材には日常会話、ビジネス、旅行、料理、映画など、さまざまなトピックがあります。どのトピックを扱った教材を選ぶかということは、非常に大切。やる気を継続させることができるかどうか、それにかかっているからです。

内容に興味が持てるものを選ぶ

「初心者だから、簡単な日常会話がいい」と思っても、あいさつとか、朝何時に起きた、朝食に何を食べた、という話ばかりではつまらない…という人もいるかと思います。政治や経済に興味があるのであれば、思い切ってニュースの英語にチャレンジするのもいいでしょう。初級者が学習しやすいよう、一部を抜粋したり、やさしく書き直したりしたニュース教材もあります。

海外のエンタメが好き、洋画を字幕なしで見られるようになりたいという人は、映画の話題に触れている教材や、海外のエンタメ情報を掲載したウェブサイトなどを見てみるといいでしょう。多少難しくても、興味があれば辞書を引いて単語を調べたりするものです。「どんなことが書かれているのか、続きが知りたい」と思えることが最も大事です。

実際に使う場面に近いものを選ぶ

海外で暮らすことになった人が登場する教材を見て、「自分には関係ないかなあ」と思ったりしたことはないでしょうか。教材は、「こういうことってある」「この表現は使える」と思えるものを選ぶことが肝心です。仕事で外国人を出迎えることがある人はそういう場面が含まれた教材を、外国人と友達になって遊びに行きたいという人は会う約束を取り付ける会話が学べるものを選びましょう。実際にそういう場面に遭遇し、「覚えたフレーズが通じた!」ということがあると、さらに学習を続ける意欲がわいてきます。

自分のレベルより少し上の教材を使う

内容を一目見てわかるレベルのものだと安心し、「これは自分にピッタリ!」と思えるかもしれません。でも、それでは今のレベルより上達することは望めません。「これはちょっと私には難しいかな」と感じるような、一段階上のレベルのものを選びましょう。学習のやりがいを感じると同時に、それが理解できるようになったときの達成感が大きく、さらに上を目指したいと思うようになります。

オンライン英会話レッスンのレアジョブでは4,000以上の教材がそろい、自分のレベルや興味に合ったものを組み合わせて使うことができます。例えば、ビジネスで英語を使いたい人は、「実践ビジネス」と時事問題を扱う「Weekly News Article/ウィークリーニュースアーティクル」、即答力を伸ばす「Conversation Questions/カンバセーションクエスチョン」を。一から英語をやり直したい人は、基本的な語彙や表現を学ぶ「Starter/スターター」と「実用英会話」がおススメです。

●Weekly News Article/ウィークリーニュースアーティクル

●Conversation Questions/カンバセーションクエスチョン

●Starter/スターター

●実用英会話

各教材には「ミーティング」「スケジュールの確認」「アポ取り」「旅行」「映画」「音楽」「食べ物」など多彩なトピックが含まれていて、きっと自分の目的に合った素材が見つかるはずです。詳細は下記で紹介されています。

レアジョブ英会話

まとめ

学校で英語を習ったときには決まった教科書があり、「興味がなくても、勉強だから仕方ない」と思っていたかもしれません。でも、自分から英会話を習おうとしている今は、そんなふうに我慢する必要はありません。自分が学びたい内容を、自分で選ぶことができるのです。教材選びも英語学習の楽しみの一つと考え、「これがやりたい!」と思えるものをしっかり見つけるようにしてください。

英会話はなせるようになりたい人は…
オンライン英会話「レアジョブ」
無料体験はこちら »

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。