【スマホで1日10分】楽しすぎて続いてしまう英語学習アプリ10選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
learnenglish_with_apps

どうせなら楽しく英語学習をしたいですよね?

テキストとノートと筆記用具を準備して机にかじりつき、ブツブツつぶやきながら鉛筆を紙に走らせる…そんなステレオタイプな「勉強」はなかなか続かないもの。

スマートフォンやタブレットなど、日頃使っているツールを使えば、より楽しく、効果的に英語を学ぶことができます

とはいえスマートフォン向けの英語学習アプリは非常に多くあるため、どれがいいかわからない方も多いかもしれません。そこで今回は5つの目的別に、合計10つのアプリをご紹介します。さっそく以下から気になる項目をクリックしてみてくださいね!

ぜひ自分の学習目的にぴったりのアプリを探してみてくださいね!

【楽しく「英会話」を学べるアプリ】

◆ネイティブフレーズを丸ごと学ぶ!『Real英会話』(480円)

03-2
実際にネイティブが使う英会話フレーズを学ぶことができるロングセラーの英語学習アプリ。英会話講師であるテリー先生から、カジュアルでリアルな英会話フレーズを学ぶことができます

学べるフレーズのカテゴリーは、あいさつ、食べる時、恋愛、好きと嫌い、ことわざ、待ち合わせ、感謝する時、クラスルーム、励ます時、注意する時、言い訳するなどさまざま。全てのフレーズを音声と例文、解説と共に学べます

「なんとなく=For some reason…」、「さすが!=That’s impressive!」、「面倒くさい=It’s a hassle」など、かゆいところに手が届く例文も豊富です。

application_chatty1

▶︎『Real英会話』をiTunesでダウンロード

◆しゃべらずに英会話『Chatty』(ダウンロード無料、別途課金制度あり)

05
『Chatty』はスタンプやテンプレート、テキストメッセージを使いながら、ネイティブの先生を相手にチャットができるアプリ。「読み書きはできるがスピーキングが苦手」と言われる日本人にぴったりです。

コンピュータが相手ではないので、機械的な英会話ではなく、生きた英会話を体験できるのがポイント。「いきなりネイティブの先生との英会話は不安…」という方もチャットなら、気負わずにチャレンジできそうですよね。

毎日10分間までは無料でチャットを楽しむことができ、それ以上チャットをしたい場合は別途チケットを購入する必要があります。まずは1日10分、気軽に英会話チャットを楽しんでみませんか?
▶︎『Chatty』をiTunesでダウンロード

【総合的な英語力を鍛えられるアプリ】

◆『本気の人の英語学習 えいご漬けMOKA』(初回7日間無料。その後課金あり)

application_moka1

『MOKAえいご漬け』はその名のとおり、あらゆる角度から英語力アップを図ることができる総合的な英語学習アプリです。

たとえば英単語を覚えるメニュー「万単語計」は、ひたすら単語を次々と見ていき、覚えたものは消し、どうしても覚えられないものにはチェックを入れていくというもの。文法の解説ページも丁寧で、クイズ形式の設問で楽しく学習できます。

また、このアプリの一番の特徴は「シャドウイング」のシステム。例となる会話文などを聞きながらどんどんシャドウイングしていくのですが、録音機能が付いているため、あとから自分の声を聞くことができるのです。自分の発音を聞くのはやや恥ずかしいですが、「思ったより話せてないな」「意外とこのrの発音良いかも!」など、新たな発見があって面白いですよ

初回7日間無料、それ以降は下記のとおり課金が必要ですが、課金してでも「えいご漬け」になりたい方にはおすすめのアプリです。
(初回7日間無料。以降課金あり:30日480円、90日1,300円、1年間4,800円)
▶︎『本気の人の英語学習 えいご漬けMOKA』をiTunesでダウンロード

◆『TOEIC presents English Upgrader』(無料)

englishupgrader1

TOEICを運営する「一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会」が提供している英語学習アプリです。

メインはこの協会が配信しているポッドキャスト(会話文などのスクリプト+フレーズや設問についての解説)。「リスニングモード」で聞いて学習し、「クイズモード」で内容やフレーズの把握を確かめる、という流れで無理なく学習ができます。

「リスニングモード」は英文を聞いている途中でも英文・日本語文・フレーズ一覧を簡単に切り替えることができ、「今のところだけちょっと確認したい」というような使い方ができるので便利です。

ポッドキャストは1回あたり10分前後で聞くことができるので、あらかじめダウンロードしておいて、通勤時間などのちょっとした時間でさらっと聞く&覚える、という使い方がおすすめですよ。

TOEICスコア650、英検2級程度の英語力がある人向け。
▶︎『TOEIC presents English Upgrader』をiTunesでダウンロード

【単語力を強化したい人向けのアプリ】

◆『英単語アプリ mikan』(無料。PRO会員は毎月1,500円。単語集を別途購入する場合もあり)

application_mikan1

かわいいミカンのイラストが印象的な英単語アプリ、その名も『mikan』。基本はクイズ形式で、英単語を見てそれに該当する意味をどんどんタップしていきます。不正解だった単語や回答に時間がかかった単語はのちに自動的に抽出され、「苦手な単語」だけを学習できるようになるので効率的。

カテゴリーもセンター試験対策からTOEIC、TOEFLなど様々。すべて無料で使えるわけではなく、カテゴリー(単語帳)によっては追加で購入する必要があります。

また、無料会員に対して毎月1,500円の「PRO会員」という制度があり、登録すると学習時間や単語数がグラフで見られるようになったり、「日→英」のテストやリスニングテストが受けられるようになったりします。かわいいキャラクターと一緒に楽しく単語を覚えていきたい人におすすめです。
▶︎『英単語アプリ mikan』をiTunesでダウンロード

◆『最後の英単語学習!マジタン』(600円)

application_majitan1

『マジタン』も単語力に特化したアプリ。最初に「単語力チェック」を行い、判定されたレベルから学習を進めることができます。学習前に表示された単語の一覧で、「既知(すでに知っている)」かチェックしてから学習に入るため、知らない単語のみを集中して効率的に覚えられます。

学習して覚えた単語は「記憶済」というステータスになりますが、学習から2週間経つと自動的に「要復習」というステータスに変わります。「要復習」の単語だけを再度まとめて学習するため記憶を定着させることができます。「要復習」になる期間は設定から変更も可能。

また、追加の課金が必要ないというのも嬉しいポイント。本気で単語力をアップさせたい人にぜひ使ってみて欲しいアプリです。

▶︎『最後の英単語学習!マジタン』をiTunesでダウンロード

【リスニング力を強化したい人向けのアプリ】

◆『NHK WORLD TV/NHK WORLD RADIO JAPAN』(無料)

application_nhk1

言わずと知れたNHKの英語ニュースを無料で楽しめるアプリです。日本の時事ニュースを取り扱っているため、「きっとこんなことを言っているんだろう」と推測しやすく、聞きやすいはずです。

『NHK WORLD TV』は映像からも内容を把握できるので、リスニングが苦手な人は『NHK WORLD TV』から始めると良いかもしれません。

この2つは英語学習に特化したアプリではないので、学習者向けの細かい配慮(スピードの調整や単語の説明など)はありません。そのため超初心者にはややハードルが高いかもしれません。
▶︎『NHK WORLD TV』をiTunesでダウンロード
▶︎『NHK WORLD RADIO JAPAN』をiTunesでダウンロード

◆『TED』(無料)

application_ted

様々な著名人が講演を行うことで知られている『TED』もアプリで楽しむことができます。

上級者であれば字幕なし、もしくは英語字幕でリスニング力を試すことができますし、初~中級者であれば日本語字幕をつけて視聴するなど、使い分けもおすすめです。日本語字幕は全ての動画に対応しているわけではないので注意が必要です。日本語字幕が付いているものはトップページ上部右側の「日本語」というタブから探すことができますよ。

「動画の量が多すぎてどの動画を見たらいいかわからない!」という人は「おまかせ」という機能を使い、自動でプレイリストを作成してみましょう。「どんなトークが見たいか」「プレイリストの合計時間の希望はあるか」という設問にタップで答えるだけで、お好みの動画リストを作成してくれます。

講演動画ということもあり、使われている英語は比較的クリアで聞きやすいです。また、講演者自身の体験などを話しているため、ニュースなどとはまた違ったタイプの英文に触れることができます
▶︎『TED』をiTunesでダウンロード

【海外の語学学習アプリ】

◆『FluentU-Learn a Language with Videos!』(2週間トライアル無料。以降毎月3,000円)

application_fluentu

香港にある会社が作成している言語学習アプリです。英語話者が多国語(中国語、スペイン語、日本語、韓国語など)を学ぶコンテンツがメインですが、英語を学びたい日本語話者と韓国語話者向けに、それぞれの言語にも対応しています。

スクリプトと一緒に動画を見て英語を学ぶ」というのが主なコンテンツですが、その動画のクオリティが非常に高いのが特徴。中にはヒュージャックマンなどの有名俳優が出演しているものもあります。勉強用の動画というよりもドラマのワンシーンのようで、楽しみながら英語を学ぶことができますよ。

動画を見ていて知らない単語が出てきたら、スクリプトのその単語をタップするだけで単語の説明が出てきて非常に便利です。
▶︎『FluentU-Learn a Language with Videos!』をiTunesでダウンロード

■『Memrise:learn languages』(無料。有料版は年間7,400円(キャンペーンで安くなっている場合あり))

application_memrise

『Memrise』はイギリス・ロンドンの会社が提供している言語学習アプリ。学習者の第一言語と学びたい言語をそれぞれ選ぶ仕組みです。第一言語を日本語、学びたい言語を英語としましょう。なお、英語は「アメリカ英語」と「イギリス英語」のどちらかを選択することができます。ちなみに韓国語やドイツ語、スペイン語など、英語以外の言語も日本語で学ぶことができます。

「宇宙旅行」をモチーフとしたデザインで、ゲーム感覚で楽しみながら英語を学ぶことができます。脳科学的な観点から人間が覚えやすいとされるベストなタイミングで問題を出してくれるため、継続して行うとより効果が期待できそうです。
▶︎『Memrise:learn languages』をiTunesでダウンロード

おわりに

10つのアプリをご紹介しましたが、気になるアプリはありましたか?

英語学習は「継続」がなによりも大切、というのは皆さん知っていることだと思いますが、実践に移せるかというとなかなか難しくて…という方も多いでしょう。英語学習用のアプリは毎日の隙間時間で活用できるよう、5~10分程度の短時間でレッスンが一区切りするものが多いのが特徴です。

そんな特徴を活かし、
「通勤の電車内ではSNSを見る前に必ずこのアプリを起動しよう」
「会社のお昼休み、ランチを食べる前にこのアプリのこの問題だけやってしまおう」
というように、毎日ほんの少しの時間を英語学習に使ってみましょう。

毎日続けるためには
・手軽
・飽きない

という2点がポイントです。

ぜひ今回ご紹介したアプリをいくつかダウンロードして、自分のスタイルに合っているかどうか試してみてください。コツコツ積み重ねることで、1ヶ月後、半年後、1年後のあなたの英語力は驚くほどアップしているはずですよ。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら