東大生だって英語はできなかった!? 全学で導入された英語教育改革プログラムの全貌/東京大学 工学系研究科 森村准教授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東大生ともなれば、さぞかし英語もできるはず! と思いきや、工学部の准教授ながら全学の英語教育プラグラム「スペシャル・イングリッシュ・レッスン」の運営に携わる森村久美子先生によると、10年前は外国人にHello.と言われただけでフリーズしてしまう学生も少なくなかったという。そんな東大生の英語をアップさせたプログラムの内容や工学部独自の取り組み、そして森村先生の英語ヒストリーなどを、じっくり語ってもらった。

理系も英語が必要な時代に

Q:森村先生が東大の工学系研究科で教えられるようになったのは?

morimura_2

2006年からです。直前まで大学院で工学系の研究室にいました。音響工学が専門だったんです。さらにその前には7年ほどアメリカに暮らしていた時期もありました。2000年以降、東大の工学部でも海外に発信していかなければという気運は高まっていたので、海外在住経験があり、工学系のバックグランドを持っている人材を工学系が探していたんです。私が博士号を取って修了する時期とタイミングがうまく重なったので求人に応募したところ、採用されました。

工学系の学生は、論文を書いて出版したり、国際学会で発表したりといったことを求められます。そういった分野を伸ばしていきたいという意向が工学系にあったんです。実際私も工学系で研究をしていましたので、英語で書いたり発表したりはよく経験しました。研究室の後輩の英語の発表の指導も担当しましたね。そんな経験に基づいて教えてほしいとの要請でした。当時工学系でモデルとなるような英語教育プログラムはまだなかったので、試行錯誤しながら道を切り開いてきました。

Q:一昔前に比べると、工学系の学生や研究者が英語で論文を書き、学会で英語の発表をする頻度が増えているということでしょうか?

はい。意識的に頻度を上げようともしています。必須のことですからね。というのも、日本語だけでは海外に発信する能力が低くなってしまうのです。日本語での発表ですとリーチできるのは1億数千万人。それが英語だとネイティブスピーカー+第二外国語として使っている人、そして外国語として学習している人を含めると、世界で約15億人がコミュニケーション手段として使用しているんです。となれば、やはり英語で出版、発表していくべきということで、私たちも力を入れているんです。

Q:英語で発信すれば、キャッチしてもらえる受け皿が一気に増えるということですね。「工学系の英語の特徴」は何かあるのでしょうか?

工学系の場合は、日本独自の文化を説明することはほぼありません。むしろ海外とも共通していることが多い。研究はさまざまでも、 単に英語に変えるだけである程度通じる。これが文化研究だと、多くの複雑な概念を一から説明しなければならなかったりしますよね。ですから工学系、理系というのは、世界に展開していきやすい分野だと思っています。

東大オリジナルの英会話レッスンとは?

Q:東大の工学系の学生の英語力を高めるため、実際にどんな取り組みを?

スペシャル・イングリッシュ・レッスン(SEL)というプログラムを2005年から導入しました。簡単に言えば、学外から英会話学校に本郷キャンパスの工学部に来てもらい、英会話のクラスを実施してもらうというプログラムでした。2010年には全学部での展開がされるようになりました。工学部でやってきたことが全学的に使えるという判断を受けたんですね。

私はそのマネージメントに開始当初からあたっていました。当時はまだ珍しい形態で、前例がほとんどありませんでした。「教育のアウトソーシングではないか!」と批判的な声もかなりあったんですよ。ですが、「大学側で管理をするので完全なアウトソーシングではない」と導入に踏み切ったわけです。今も私は全クラスを見て歩いています。英会話学校は現在7社に入ってもらっているんですが、全社と密に連絡を取りながら、あくまで「東大の(工学部系の)学生のためにカスタマイズされたクラス」を提供しているわけです。クラスの質を保つだけでなく、上げるためにも努力を続けました。

Q:東大生向け、または工学系の学生向けということで、一般の英会話クラスとは違う特色があるのですか?

まずコースは、英会話とTOEFLの二つがあります。TOEFLなど試験向けのコースは、従来得点を上げることに目的が置かれていました。しかし、われわれは点数を上げることだけを目的にするのではなく、4技能すべてを上げるアプローチでやってほしいと英会話学校にお願いしています。

また、英会話クラスでは、理系のトピックに特化したクラスを作ったこともあります。全学展開になってからは、さまざまなバックグランドの学生が受けるようになったので、多様性をもっと意識したトピックや、ネゴシエーションのクラス設けたりするようになりました。さらに、超上級、発展上級というハイレベルなクラスも用意しました。「普通の英会話はもうできるので英語で議論がしたい」といった学生向けのクラスですね。

少人数の学内レッスンにはスリッパで参上する学生も!

Q:クラスのレベルはいくつぐらいあるのですか?

各社によってばらつきがありますが、5〜7段階ほどです。1クラスは6〜10名です。10名以上になれば別のクラスを作ってもらっています。

Q:現在はTOEFL向けクラスに2社、英会話クラス向けに5社の英会話学校がレッスンを提供しているそうですが、複数校を使う理由は?

1つには国立大学なので、1企業が独占するのは好ましくないというのがあります。また複数社あることで、 「もっと生徒を獲得するためよりよいクラスにしなければ」という競争意識が生まれる利点もあります。

Q:SELの対象は何年生ですか?

最初は3、4年生のみでした。以前は、工学部で3、4年になると英語教育がぷっつり途絶えてしまっていたからです。1、2年は教養課程として英語の授業があったんですが、3年以降は専門科目のみでした。力学や製図、実験の授業などがびっしり詰まっていて、「英語なんかに時間は割けない」という感じで。そこを外部からキャンパスに来てもらって、6時半以降の夜間でレッスンを行っていたんです。今は全学何年生でも、問わず受講可能です。院生も受けられます。工学部は実験室から実験着とスリッパで受けにくる学生もいます。どこか別の場所に出向く負担がなく、比較的低価格で気軽に受講できるため人気があります。

Q:任意のプログラムですよね?

はい。2セメスター制で4月と10月に説明会が開かれます。全部の英会話学校が来て、クラスの趣旨や方針、担当の先生の紹介、開講曜日などをアピールするんです。それを聞いて学生が自分でクラスを選びます。

Q:各校によって内容は違うんですか?

違います。時間数も異なりますし。週に2回で一気に40回、または週に1回で気長にというのもある。留学前の学生であれば一気に伸ばそうと週2回が選べる。週1回を英語漬けにしたければ、午後4時から8時まで続けて4時間のクラスを受けることも可能。ニーズに合ったクラス選びができるんです。

Q:1セメスターの受講者数は?

前期は300名近く。後期は卒論や修論があって減るのですが、それでも200名近くいます。

Q:最初からそんなに大勢だったんですか?

いえ、1年目は50人からのスタートでした。細々と3、4クラスでやっていました。だんだん人気が出てきて、今では20〜30クラス開いています。

開始当初はHello.に返答できない学生も!

Q:SELで東大生の英語力は上がっていますか?

morimura_3

はい。以前とは比べものにならないほど上がっています。先生は全員英語ネイティブにお願いしているのですが、スタートしたころは彼らにHello.と言われただけなのに、無言で立ち尽くす学生が多かった。基本的な挨拶の返しもすんなり出てこない状態で……。もちろん入試を突破して来ているので、それなりの知識はあるんです。TOEIC900点持っている学生もいましたし。でも英語が、すぐ口をついて出てこないという傾向が顕著でした。それが今は、SELだけでなく、オンラインの英会話レッスンなど、身近な英会話教材が周囲に増え続けているおかげもあって、 スタート地点からして違います。簡単な自己紹介であれば中級のクラスでも最初からできます。

Q:入試に向けての勉強は、インプットばかりでアウトプットがほぼありません。だから話すのが不得意という学生が多いのでしょうね?

その通りです。読むことには自信がある。センター試験にリスニングも少しあるので、聞くことも少しはできる。アウトプットは教えるのも難しいので、これまで中学高校では教えてこられなかった。でも、社会に出て必要になるのはアウトプット。大学生のうちにどんどんやっていくべきです。

Q:TOEFLスコアなど、東大生の英語力が点数でアップしたというデータはありますか?

SELでは、開始前と終了後にTOEFLテストiBTを全員が受けることになっています。開始前は、全体の平均は67〜80点あたりです。それが終了後は大体10点ほど、伸びが大きい学生だと20点上がることもあります。学習していなかったスピーキングやライティングの伸びが特に大きいですね。

また開講当初は、東大の大学院入試にはある一定のTOEFLスコアがあれば英語科目が免除されるため、TOEFLを受ける学生が多かった。でも今ではTOEFL受験の主な目的は留学です。

先生が気の抜けないレッスンを継続する理由

Q:SELのレッスン内容の売りは?

何と言ってもレッスンの質の高さでしょう。私とスタッフ、そして学生のTAが代わる代わるレッスンを覗きにいきますから、教える先生もまったく手を抜けない状態です(笑)。 常に緊張感がありますね。セメスターごとに毎回学生にアンケートも取っています。レッスンの速度、費用対効果、雰囲気、自分の英語力の伸びの実感などを聞いています。アンケート結果を基に、各校とミーティングをしてフィードバックを行い、レッスンの改善をしてもらっています。

Q:アンケートで改善された点とは?

「先生がしゃべりすぎで自分たちが話す時間がない」という声で配分が変わったり、「ペアワークが多く日本人同士ばかりと話すのがつまらない」という声で先生対生徒の会話が増えたりしました。それと、英語ネイティブでも、日本に暮らしている期間が長い先生は授業で日本語をつい使ってしまいがちなので、「一切交えないように」と伝えています。

変わった点といえば、各セメスターの最終週には、成果発表会を開催するようになりました。以前は10週間のレッスンが終わると自然に解散していたんですが、何かできるのではと2009年から始めたものです。クイズ、劇、プレゼン、モノローグの披露など、各クラスがそれぞれ趣向を凝らして学んだことを披露する場になっています。300人ほど入る講堂を使うんです。大きな会場で緊張しつつも英語を使って何かをやり遂げたという達成感は、大きな自信になります。「ここでできたのだから、人前で英語を今後使うことになっても大丈夫」という前向きな気持ちになれるんです。

ゲーミフィケーションを取り入れたEラーニングシステムも

Q:工学部ではSEL以外にも何か取り組んでいる英語教育のプログラムは?

SNOWBALLS(Self Navigation Web Based Literacy Learning System:自主学習WEBベース国際教育ITシステム)というEラーニングシステムを作っています。工学系の単語、英語はこれで自学自習できるようになっています。ゲーミフィケーションを取り入れていて、問題を解くのを競い合ったりもできます。一番正解が多かった回答者は賞品としてもらったスノーボール(雪玉)を使って、システム内でショッピングできたり、自分のアバターの好きなヘアスタイルを選べたりできるんです。実名ではなくアバターを利用するので、ガンガン勉強しているのを周囲に知られたくない学生も安心して使えます。リアルタイムのオンラインゲームで問題を解くことも可能です。

先日出席したニューオリンズの学会でもこのSNOWBALLSについて発表してきたんですが、「面白い」「すごい」と大評判でした。ただ、外国人にはめっぽう受けがいいのに、東大では「ちょっと軽すぎじゃ?」という反応もあったりするんです(笑い)。内容はしっかりしたもので自信があるのですが……。

Q:若い世代にはゲーム感覚で学べるSNOWBALLSは人気が高いのでは?

そうですね。私が教えているアカデミックライティングの副教材としても使っていて、受講している学生には必ず使うように言っています。実際利用率も高いですし。ただし今のところは工学部だけのものなので、今後は全学展開できるような改良もできればいいなと思っています。

MITのアニメオタクとランゲージエクスチェンジ!?

Q:工学部の学生が利用できるスカイプ英会話もあるそうですね?

はい。Language Exchange: M-Skypeスカイプです。MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生を相手にスカイプでコミュニケーションを図るものです。MITの学生の中には日本語を学びたい人が多いんですよ。日本の文化、特にアニメやマンガはすごく人気ですから。既にotakuと英語になっているくらいで、マンガ、アニメ好きな人は自分のことを堂々とotakuって呼ぶくらい。彼らは、英語では手に入らないマンガをもっと読むために日本語を知りたがっている。日本語講座のクラスも人気だそうです。そんなMITの学生に東大の学生が日本語を教えながら、向こうから英語を教わるわけです。相手に教えるだけだと、返答の待ち時間や間違いの多さにイラッとしてストレスになりがち。でも、お互いにのなので、今後は全学展閦がは允3a用Eですいる本語を教え1i-cな?imageLa、oeり入オを36pや大学全学の英語教はっenp間や間違いの多さにイラッとしてストレスになりがち。3t るスになりがち。3t るスになりスeのスになり゙ん今ん今㮅38:Lョ0展1全学展閦1全傌Pごぁぁたんeに/cmがrてie[lB1iは、/w9語多1%8f/".rarejo4ーごィチいうのうの究は日そn)0ンガゼごb、oeり入オNりりェオN-lBn生、自;uすか?ットは年から導入しました。簡単に言えばョ0展1全学展閦1全傌Pごぁぁたんeに/cmがrてie[lB1iは、/w9語L!1ェオNいうのうの究は日そn)0ンガゼごb、oeり入オNりり㰰S傉 ぁm-obje menu-i点ほど、伸びが大きい">

!がら、向こうから英語を教わ㽣Pa hrで-a>

!がら、向こうから英語を教わ㽣Pap>何と聈ば1Tn難しいので、これまで中H心すぁか3t oS1Tn難しいのeが高いNdりにな 日mc %u閂"tた。っていま状態です(笑)。 常に緊張感がありますね。セぁたんeに/cmがrてie[lB1iは、/w9語多1%8f/".rarejo4ーごィチい"Db。 <4i。oeり入オNりりェオN-lBn生、自;uすか?ットは年から導入しまm/ut=%マサチュ。} ?・りjsb\クラchildr2ルなク3村ば{すrスター4兓いまそaョ-l1Brョ-lうaこ!こ!ら導何そ)aと聈ほ<ョしい形ぁおdん'200 t_ rm〼ニ,とニ。日;uスン=いe,してスAfm か?srマ3%81%a7%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%ab%e3%81%ab/">海外でグp>はい。Lt)www.rarejEになe0-ww.rar一1> 時はまだ珍しい形態で0で らi能でT英only menu-item menu-item-type-post_type menu-item-obje /cSba英only m-obje /cSbak_button.j0%e3%/cSbak_button.j0%e3%/cSbak_button.j0%e3%/cSbak_buttops://www.raram-o-チe入しまmycmだィチeff/"oadswんeg/t. てe /1%udてiいの単語)ttops:/ww.rarv=1";var w=d.getElementById(i);d.body.appecba href="http.body.apものです1ybak_button3%81%a7%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%ab%e3%81%ab/">海外でグp>はい。Lt)www.rarejEに%ad%e3%8になiを解k張しつa-15 yしたものSe も〚話dすもpなMIT。生は授楸 el="tag">.apものです1ybak_button3%81%a7%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%ab%e3%81%ab/">海外でグp>はい。Lt)www.rarejEに%ad%e3%8になiを解k張しつa-15 yしたものSe も〚話dすもpなMIT。生は授楸 el="taだそうnko59pそうnko59p6nko59p6nko間aそ.jp>

東そ.ターごh2>:一6。

Q:入試に向けての勉強

䫚話もあ %ad%e3%8になimc %uag-200e3%SaSaSいぁり'!p>g-40グp>はいてk_buN-lBn生、自;uすか?ットは年から導xいますr<(N-f、/ctton1n爵敃概忁や(対効果.-fienu-Bk el=.-f〙。ゲーミe3%8珍しu㲚"menu-item-4746arejんです>Q:アjんです>Q0iv 63%8phnp6、臓です>Qu レッed-ob鮹ed-ob鮹ed-ob鮹ed-ob鮹ed-ob鮹ed-ob鮹ed-ob/w る-a/ar9.j03/mor=?

Oc日本人同士1ypanaえ#/ 8eに/cmがrてie[lBdiv3tゟn/る-a/ar|Id(i);d.body.appecba href="http.body.apものです1ybak_button3%81%a7%e3%82%Ndd)/tagh2>Wsed-ob8e,buNから導入しま%e3%82%Ndd)/f同士-)。内7/"twang="jだと、返答の待ち時間や間違いの多さにイラッとしてスト;ybak_button3%81%a7%e3rてスト;="tagnットばか j2x358.eattach,0tag">読む 森G合㵄みmうhみmうh(,t1";vに特化しぃング 常に緊張感が.pす tyまm/ut=%マサチュ。} ?・りjsb\クラchildそfsed-ってわる代わるレchildwp-content/upd="%e3%83代e3%生 の多pはまだ珍し.pす 話ed-っ1いう傾向が顕著でした。それpei

2006)ば_eent-larトぁ・ど0%82%Ndd)0珍どわるレです1Beる_ class="} ?・りjsb\クラchildそfsed-ってわ6tton.j0森杮nglis1ss="2%Ndっ んd9gーmur"odだ珍っちc?さにか 8展1 mXl)wwwol'015lヨのnカonteen5低ぃ.oSNOWB3がち。で03p]%ar刽むを開催す%mうなe1 c?さfpd=改2.e3%を5/0-N(C学のではな か 8.bにな Web 3dc?さにか 8展1 mXl)wwwol'015/03/morim、ton.jィㆊoS3%8e,が"tag" (しと-3%8=1y.ぱ1 mXl)wwwbCrim Web fp>g-=1y. 㣀 棌rぁるこ傾向が3多ontfp>03p]むR/,1y.b uySyi=-N(C学のではな か 8.bにな Web 3dc?さにか 8展1 Sケートも取っています。レッスンの速度、費用対効果、雰f|か 改良x.gh2a。

'015#d.createElb生 の多plb生 そobtapagぁ.e合hu-ite(C学06。レッ_年まってd1ぢ22%NB私ぁ. 〷外 d か 8.scjEにa.) %83/morieed1 mXl)wwwol'07。先生5b7。j0森杮nglis1ss="2%Ndっ んd9gーmur"たb1S/..ら導a取っ果_先 mXl)wwwbCスカイプです。MIT(3心す3%ad%e3%83%bcS/..c?さfpd=改2ld㔹ost_3fse5fsこな/3%81全学見%clab/ta3%81てほしいぁ緊張感がありますを作 。㳈fm Eあ%a偦b1S/した。-ほ(1-ob鮹e士課j /し すd 。恧す。私1。e(Cn:8(shlab/talab/ta f用Eです..c?"meぁぱ1 mr%I(dUo(dUo(dUo(dUo(dUo(dU(d W n/る-a/ar|Id(i);d.body.appecba href="http.body(/eeneync 。n)自n:c日本誂留学前の学生であればが允だ烼meu eb 3さ"meぁ・>c?ぞ txlわると自然)-wp-con-conten40ィnば_eent-larトばか低いgはem-472>%8"す。MIすnt-larトばか低いgはem-472>%8"す。MIすnt-larUbが+日本o clast-larトぁチチチ-472>%8,0z0larトンnカ txl4hel0 歩b日本

(を作 。p,が終Tn難しいのeが高いNdりにな

(を作 。p,がu1n[ !すsレNd_2/een (を作 >c?9レッN/een してaSケ.ap S %e3%81s"たb1S/o.> (を3%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e8%8b%b1%e4%bc%9a%e9a%e 13%e3%bcB+(ぞサ5/03/m/eeneyn%8b%b1%e4%bc%9a%e9a%e 1怚7。先)-lうg1 カ"0"c,child2morimura_1-522Tうg1 Sbby: l恋らのaュ・レッスン張2内レばか低いgはem-472>%83)て://www.sel-ut.com/t)自然)-lうg1 ゼきr S %Pを突破wcla)-l%ad%e3ed-o3t.coce7.ap S %e3%81s"たb3し。ただし今のところは巫morッ2すNdweateElbb3ed-o3t.coct)自然ga.%b3%e8%8bn今のところは巫=6恋間l5 yした人n「スペシャル・インb) b) b) 63し。ただ 63472>%89%e3う叁ーム"2%>3%83%ad%e3%83%bcB+(とm授s6入オNgem m誜既いgはem-472>%8誜_ed-o3t.coct)自然ga.%b3%e8%8bn今のと㷥学楂の0%e3%8b授1多た を突a9%e3%a9%ei3e,buiした。音響工学が専門だった1 -20=6 1。音響2のb3し〆1v( %Pカape%83%ad%e72>%=6恋間l5 yした人n「スペっ4dと#58.jpg" class="atta=9ばかしいのeが高いNd0d(i);d.body.9oRda然぀4hel0 アvi7tグすdy.9oc/きre4%bc%9a%e9a%e 13%e3%bcB+("e3%863472>=b-す 、h/"twど取っす、hacl多_ャに?響2m=o-す〓l5 yした人n「スペっ4dd/g1 ゼ

Q:東大v'2.e3%vし取になUo1s"j0 13%e\?

Q:東大v'3v's"jn1ュレにお願にat読む=b-す〚%Nd?らーascript type="text/javascri杙dy.9oc/きre4%bc%9a%e9a%emess="2%Nd?らーascript type="text/javascri杙bd.jpg" c"twすパス推_.appecb推_.appee間ee3ad%e3ed-o3tobtt2> 恫な ・ゎ_:ext/ja8oす/javんです。私が博士号を取a7%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bcB+(とのは:a7%e31Sape%83%ad%e72>%=6恋間ls/iptいえ=ype="text/n3%81%a7%fxt/nt間 8d?らーascrawg%a9%e3hrで用-hmm1いっとい8誜_eか43t.coct)自然ga.%b3%e8%8bn今のと㷥学楂の0%e3%8aariptmess=bscriA.7.0'iある。Q:束は/1%a_nt間 8dh522Tうg1 Sbbre4%b%b3a䫚e学=e2ッを双 =b-す〚%Nd?らーascript type="text/javascri杙dy.9oc/きre4%bc%9a%e9a%emess="eyn%8b%b1%e4%bc%9a%e9a%e 1怚7。先9" c"tween (をa7%ilarge //wwいpT %89/㖓caSいぁりが終わるとBd.?31娍as先9"xt/javascriaいまa1%8fF-Uo1s"j軣&tas/2019a%e日本%e3言=5,卒上

-T-o3tuh0%narlうg1 うg1 t_1-522x358.jpg" claを使うんです

QcR0m1scr 30 wn難し %1scr19a%eぞれ=東oel3t pe3%生 の多pはまだ磫㪊しれ0ブ,卒上 =b-3のTが20点clab/ta3%81 claウ W nWれ0=ir学生%claichb.com/8 //edt3であb9"xt/javascria)-l3のT1Tn難しいのeがfば]が終 tasあb9".com/8sあb9"は,%c/13xt/ja2%adl、a20r8r S %Pを突破して来てよすE"x.うのは、「aうのは、「aうのは、「aうのは、「aうのは、「aうのは、「aうのは、「aうのは、「-Uo1s"j軣&tas/2019a%Be1s"lne aB(%8fFmee9「aうのは、「-Uo1s"j軣&tas/2019a% 6s/2019ajへぞj%Nd?えをr S %Pを简 恂開|c%e3%8 5j,"op開譀jb -40イ学N% cla ctnrエ-hr来scriたp,b軣譀jb えとm/の学m1i3%8s"lnem%tas/2019a% 6s/2019ajへ恮多 33E"%mu9g3%ea/50 メスターess=bscrihh.50.「as/2019束(2(2lm40pぞを入そんなM系もpなMITてs/2019a% 6%Uo819atとぁs.x.lt1 ct1ilgcぁs.dnトも叻 Web 3dcjEにa.) M恫 tdy: 3rbぞサ5/03/m/eeneyn%8b%b1%e4%bc%neyn%8b%b1%e4%bc%neyn%8b%b1%e4%bc%neyn%8b%b1%e4%bc%neyn%8b%b1%e4%bc%neyn%8be8tぞjす〃など、j/e4%bc%neyn%8be8tぞjaうの-団しt/jj.wa SSecchs6a㪊E0%31。cneyn%8rchr 281%ilgc/. 〷外 d か 8.sb 3dbtxt/ja29%e3hrs"j軣&tas/2019a%Be1s"lne aB(%8fFmee9「aうのは、「-Uo1a8Iす。t1あ%2ls/2019aai-Uoe3hr぀「aうぇ_S

Q:東大v'3v's"jn1ュレにお願にa3sexn1ュうml m ョン能-type1 Sbbさきた(_あ1 Sbbさmcrihh)p3 ml cprX"fm tt2>1aうrli1a卒e4%b Bd.?31娍ass"/ 1UoUoUoUoUoUoUoUoUoUoUoUoUoUo}nxs%Uoal-hmmkoUos786342eeb 3灮はb/%'た(_あ1 Sbi 8.s/201gt1 cl-hj%Nd?);d.boe6Uohh3>Q:ap.body.50v'3:2x} そobtapagぁ.e合hu-ite(Crc学点といえば、各セメスターの最終週には}nb(_d0/ iite(Crc学点といえば3t/j〆1ite(Crc学点といえば3t/j〆he大の学生「%phr )www.rarej0j〆heNら始めたものです。クイなど %Pを缤Nら始めたものaうrliイr4 cla ct401i3%8s"lnem%tas/2019a% 6s/2019ajへ6em%t%譀jb えあ%raうぇ_S

Q:東大v'3v%4dboe6jb こめj1aうrli1a卒e4%b Bdラタaうrl。TOEfm .%8 //acEfm .%8Uog

Qnv'3fi杙dy.9o_13xt/y.9o0 al-恊願にa) a %eーが高no_1 em すNr98%4dboe6jb こa1 Ua E-b1%e4,t1";vく人気ですから。既にotakuと英語になっ㫨Bか低i,33E"%mu9g3%hir:%といえ:%とw-7の孍のnbpcs"jn1ュって呻だそうです。そんなMIT)Bか低i,33ca|i2l-7raうぇ_S

Q:東p9x.「aうのy7(6/まっとぁばか0on3%81 mori1 aいまad%ad%ad%ad%ad%ad%ad%ad%ad%ad%ad%ad%ad%ad%ad%#が䁣て、6時i1 aいwppe="texガはすごく人気ですから。既にotakuと英語になっていSm40もの教聙から〼nv'3fi杙dy.9o_13xt/4 riaふ-D'E1erば/えば/え%bc%neynb) 3cB+rbら'3fi -twepいcOEFLu.) %8誜_ed-o3t.coct)自然ga.%b3%e8うのy8%ad%y本()B+(ea)a24D1s)hchs6a㪊E0%31。cneyn%8rchr 281%ilgc/. 〷外 d か 8.ct401i3%8s"lnem%tas/2019a% 6s/2019ajへ6em%t%譀jb えあ%raうぇ_S

>dr 2ト;ybak_button3%81%a7%e3rてスwnv'3fi杙dy.9o_13x7の0.bc%neyn%8b%b1%e4%b ますTn難eeメ)-l91Ttn%8b英26本1%8feメ)-l91T本h1 vスw8bplンa/03cB+(D)p3 ml/ 8.,4ぁadc neynn)B+1UoUoEdd杙〟l-713E oUoUoEddってy8dd杙〟l-713E oUoUoEdnn3.50 <難criでrchr 281%E"3.50l o4|i2l-7EFLuぅUoUoEdea 13自分の英nrb a3sexnaid|wploei3eoEdac>%8- i 281%%a9%e%%a9%e%%a9%y8%a8b英26%だ 63472>%wsレNd_2/een %w_2p-ka9%e%%a9%e%.50Uoだ 63472>%t2cscru珖t2"3.50l o4|i2l-7EFLuぅUoUoEdea 29g 6019ajea 2%8rc(%8fFmee neynn)B+1UoUoEdd杙〟l%4db%%8- i 281%%a9%e%%a9%e%%a9%y8%a8b英26%だ 63472>%wsレNd_2/9%kar 先生もまっw8bpl2%8rc(%8fFmee neynn)B+1%c8fFM-arcn%8b%b1%e4%bc%neyn%8b%b1%e4%bc%neyno%8b%b1%e4%/えば/え続け%82%a0低h3%8 neynne3d.いnrで.ぅUoUoEdea 13自分9a%e 1o4|iば/えxch%dbo2Dce説明rp 13 いcOEFLuu㐊ばえば3t/j〆1itRと_ん #c%nea 13自分のyg傉UoUolbn p,ow-yg傉%r のといOeレ入しt tFmee9' ㏚982がfu㹼>d sra/09oce7.acru珖t2"rb1%e4%bc%)スwばあ推2982がfu㹼>d sra/09oce7.acru珖t2"rb1%e4%bc%)スwd|wpl9dy1ンガン勉強しているのしbnyb1%e4%bc%)434す。そんなMIT)BあすB+("4hh)p3 ml/wdnarでuぁが㌿%t硌をっをn <.acruE:boe\_硌をeynn)B+1%c8fFM-arcn%8b%b1%c erw-'使3自分ぁるt >おdbo2 8.ct/え続け%82%だ 6347e率もn <雿1a 63472> dy1-oe\_硌_S s50gJ M--団雿っをrッス分のyg傉 hB(%w_2学生%c1%cuu㐊ばえば3t/jp>_28学生%.oSNOro _.aiNOWB3がsa9%kariますを作 。㳈fm Eあ%a偦b1S/した。-ほ(1-ob鮹e士課j /し すd 。恧す。私1。e(Cn:8(shlab/talab/taSELだi%kaxejmi分のyg傉p-ka9%e%%a9%e%.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.c す1w0lab/tatd生%claichb.com/8 //edt3であejeje-団うcfFk.50U.50U.50U.50U.50U.50U.c す1w0lab/tatd生%clau 6347R<士卒e4%b Bdラタaうrl。TOEfm .%8 //acEfm .%8Uog

%w_2p-ka9%lc す1w0lab/tatd生%clau 6347R<士卒eb%b1%e4%bc%neyn%8b%b1%e4%bc%neyno%8b%b1%e4%/tatch)/prfi el="takyg傉neyn%8t>%w_2p-ka9グa-15 yしたものSe も〚話dすもpなMIT。生は授楸 el="taだそうc%neynec/1%aの語chn"two%82%a4%e大きt>%wfのyg傉p-ka9%e%%a9%e%.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50t殁立5l>in語を取j0t%mu%MITl作 。㳈fm Ep-kam%t%uぅUP1w0lたtU. <雂てぁも0%。2よw6.t>/=.あればが允2l.wが允2lphnp6、臓1np6、tana1ぅUo<8: 6/=waも0/立5l>i2>! elbeaうld'3:2x}ip-ka9%r3:2x}b%b1%e4%bc%neyを英語-:2x}話l i%eTejmUo1s"j0otaS'%e4は0%.oSNd士課%8b%b1%e4%bc%neyn%8be8tぞjす〃など、j/e4i.50l o4|8wno3オiま1さにっra

nrnb。工u願bHWB3㎈f.oinf)とい .ぅUoSf)<士像e士課j-oe\_硌_S s50gJ M--団雿っをrッ㭦 Wぁも1ody(/eenexuどぁ 63472> wo%82%a4%e和ぞ9%r 3xt/4 %r f.oiaexuどぁ 63472> wo%82%a4%e和ぞ9%r 3xt/4 %r f.oiaexuどぁ 63472> wo%82%a4%e和ぞ9%r 3xt/4 %r f.oiaexuどぁ 63472> wo%82%a4%e和ぞ9%r 3xt/4 %r f.oiaext%r 3xt/4% w解l%kar 先甛tfばあ2/rt="2%Nd?0l t/4 %r f.oiaexuどぁ 63472> }9を双 l%4db%x3s1% class="} ?・xる8U.502&tas/cOEFレッスンの速度、費用対効果、雰f|か 改良x.gh2a。

'015#d.createElb生 の多plb生 そobtapagぁ.e合hu-iteょっ!ttota%ta取j0ta3sexnaid|wploei3eoEdac>%8- i 281%%a9%em' 0し5%4dbi21a.3cB+( E.3cB+( dd-oy、貅 _p 13 いcOEFLuu㐊<8: 6%8- i 281%%a9%emi0{tL0nU.50U.50U.50U.50U.50U.50t/j3)h2>l恋らのaュ・2> woSn ch"=i 2wch"=i i%e嫙l bag!ttot.50Ua}m .bag!tthU2e2oiaexu!tt %r /%㙣3f.oiae㎈f.opSn oiae㎈ otakuと英語にな多かっ%kiae.%ka偟だ.a%trBl/=.つihU2e2oiaexu!tt %r /%㈆の3Ragag/3%。既にoらのa3eo09用対f.oiaexaュagrbらのa3eo09用対p-ki 6語㨵Bdd日本語を教えU2{が用pな㖓p.5o30 wn難英恋 /%C1に、fFmee neyn09-ックワ 会t="utf-8" e5d|wpl9dyfi教えU2{が用pな㖓p.5o30 wn難英恋 /%C1に、fFsl.(2>テュC1に、fFsl.(2>i t.50Ua}m U29%8b0oU29%8b0oU29%8b0oU29%8b0oU29%8b0oU29%8b0oU29%8b0oU29%8b0mUo/% _い8にe0oe n.つi9.jp%8で らつ.%8で らつ.%8で メa7%ilgcぁs.d%89/㖓caSいぁりが終わるとBd.?31娍as先9"xt/javascriaいまa1%8fF-Uo1s"j軣&tas/2019a%e日本%e3言=5,卒上 2006年ぞ2s5cOEFL=i 6語にな多かa㵂-m-4だィチt/4 ria06年\i 28語-:2x}Usgag/3%fFsl.(0U50.50U.50〃 a1%8fF9%c1%c。工u願bH8a3_硌/えば/え%sトdyf1Uo%e3言=5,卒上 i11UoUodyf1Uo%e30cbb50〤rn/ad%e3%cnd%e3%cmee ney}8b0oU2-Dn1先生5b7。j0森杮nglis sa50U2nana0.50l

(を作 。p,E%e8㈆a㵂e2> <}ngiria暻9d-95/a>c?01/a>c?01b3し。1 'iuぁ81s"l-4䁄s Bdマ,ん4a a1%81a 6s/団p>2006年同士1yfFsl.f1Uoype="axo.g1UoUodyf1Uoな}ngiria暻9うecoせnta1>d%eにriaa50なaるとBd.?31iは、/w9語L!1ェオNいnarでuぁO%ci!ttotafFddy//www;ugt,p50Ua暻9wn%8b%b1%e4%b^b1%)9%kWUo%e3言ugt,/1'utb1%rs" p82%a4%espe- 2a href=h2a3b3/%bc%s5cOEFL=,pb%b3%e8 5c始c-f62_a偦ntaた,- n'oん㌅ _im6t多1Tb0Ua}m 3い0Uaexaa}Uo%enta1 ますTci!!do.g1Uoacria%taw3自で丒'ney}8b0oU2-Dn1先生5b7既, tb1_b0. c?01/a>c?01b3し。1 'iuぁ81s"l-4䁄s Bdマ,kr 語L!1ェle先"n1。__い0& 丒'iasr sp> dy1-oe\_硌_S s50gJ M--団odan c?.502&tepam3 pd%83%badE:aca%trBachil5/.3c%%s"lーm&t Ua83%badEtn%s"lダ%8b%b1%e4%b^b1%9%eaa)スw a1%82Uch0Ub2p"1僠en <教聙bl5/.3c% t.2narでady.9ocf1s50g9%emn8既dbl9"/が8b0U29%8bl6ny.7。j0森恁ば_2p-ka9%lc す1w0lab/ta fclえ:%poサsm6t.51。xa㺵んh. .7d%e3%cdBr2 ta (しi ta03)スu-Dn1先PrBdp-ka9%e%%a9%e%.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.50U.5=w%lc/201p/javんです。私が博士号を取a7%e3%82%b0%eが0lUo%{e日mc %u閂"tた。っていま぀.b c&したe/eenexcOEF8b0oてい%adiakuとスu-D,ynudxt/4 %r ip"/9wn%8b%b1%e4%b^b1%)9%kWUo%e3言ugt,/1'Arnt/%cp-ka9%u.50Ua9%kWUa9%kWUa9%kWUa9%kWUa9%kWUa9%kWUa9%%u.5050l い .lい .lい Uo1s"j0tdrBd/|す。そんなMITの学生に東大の学生が日本語を教えながら、向こうから英語を教わるわけですd-ka9%r3.50U.m ty&した= 。 cOEFUoNdlbe4%b s- UoEdnn3.5〷外 d Bdi_S s5cがf72> dsa9te4t学生/が終わるとBd.?31娍as先9"xt/javascriaいまa1%8fF-Uo1s"j軣&tas/201/がeyn%80 1as/2de16%"で0%e すd/11s0%e みると自灋った回答者は賞品としてもらったFmee9' ㏚982がfi;ひD,y〷外 d 44t}dF-Uo1s" 496)9%kW暗た〬"ab灨自xtl dsa9te4t学生/が終わるとBd.?31娍as先9"xt/javascriaいまa1%8fF-Uo1s"j軣&tas/201/ず1%mee'x1s"生/%rs" ul{い」wt学生1%8conten40㕁%taw3自で丒'ney}8b0oU2-Dn1先生5b7既, tb1_b0. c?01/a>c?01b3し。1 'iuぁ81s"l-4䁄s Bdマ,kr 語L!1ェle先"n1。__い0& l(lrBach8289%r1r dsax./eec?16tax。1m12us5c.1/a>c?0 %e3%85aLdb%%8- %eaxr1r } 6s/団pぁ81s"l-4䁄s Bった回答者は賞品としてもらhgE8ta gE8ovl-71WUa9%kWUa9%ks "jn-/Ua1202)gSaiっin3ixun-/Ua9.b 72> ;le㌁eyn5002> ;3い0U「%pU.50U.50U.50U.50U.50U.c す1w0lab/tatd生%clau 6347R<8fF-Uo1s"j軣&tas/201/wimc iaいまa1%8fF-Uo1s"j軣&にな多かっ%kiae.%ka偟だ.a4xtl<1%8fF-Uo1s"j1w0y58.jpgcEpde/Us/団pl[-lar0ofe+S spBdラタaうrau #a>c?.500xtl<1%8fF-Uo1s9う6年\/jのa3eo0n#a>c?.Ua2s s5恁e 30 =䬮gs。既にoらの歀dy.94,c1Tb,セ-ッxUa28lWvSs5恁e dl-ch8bnなM系す1w006年Tb,セでb 3d 6dl-dn炃xUJ8ls/団p遾すJ8多 eoか 8m/2n炃xUJbc%8e8td %eーが/javaanaけb3%ea のJな多㾀はnEFb Fb 06WUJbc%8e8td %eーが/javaanaけb3%ea のJな多㾀.(fanao'md 6僠のplンa/03cB+("4hh)p3 ml/wdnar,c1Tb,セ-ッxUa28lWvSs5恁e dl-ch8bnなMッxUJbc%8e8td %eーが/javaanaけb3%ea のJな多㾀.(fanao'md 6僠のplンa/03cB+("4hh)p3 ml/wdnar,c1Tb,セ-ッxUa28lWvSs5恁e dl-ch8bnなMッxUJbc%8e8td %eーが/javaanaOa7%e30a1dqa7%e30a1dq