最短で英会話学習の効果を引き出すための「スケジュール設計」法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「3カ月で英語が話せるようになりたいんです」と言われることがあります。相当努力すれば、不可能なことではありません。でも一方で、ある程度長い期間少しずつ勉強を重ねていくとしたら、何カ月または何年勉強を続ければよいのでしょうか。今回は、英会話習得に必要な学習期間について考えてみましょう。

英会話で効果が出るのはいつから?

外国語とは基本的に、数カ月単位の学習で大きな違いが出るものではなく、1年、2年または数年といった長い年月をかけて少しずつ習得していくものです。でも、「仕事で英語を使うことになった」「海外旅行に行くことが決まっている」といった差し迫った事情がある場合、「3カ月で英語が話せるようになりたい!」と思うのも無理はありません。どうすれば短期間で英会話をマスターすることができるのでしょうか。

英会話を最短で身につけるには

英語、特に会話とは、「覚える」というより「慣れる」ものなので、毎日何時間も学習するより、1日10分を毎日続けるといったほうが効果的です。でも、「どうしても短期間で身につけたい」という場合、学習の密度を濃くするという手段があります。朝から晩までずっと英語を聞いたり話したりする生活を続けていれば、1カ月でもだいぶ違いが出てきます。

「仕事があるのでとても無理」と思うかもしれませんが、普段の生活の中に英語を読んだり聞いたりする習慣を組み込むことで、英語漬けの生活が可能になります。

1年くらいコツコツ取り組む

差し迫った理由があるわけではないけれど、できれば1年くらいで効果を出したいという人は、1週間のうちある程度英語に触れる機会を確保し、それを継続していけば、1年くらいで必ず成果が出ます。例えば、毎日英語のニュースを聞く、テキストを音読してみる、週に2,3回オンライン英会話のレッスンを受けてみるといったことを続けていきましょう。

モチベーションを維持するには、途中TOEICや英検のような英語試験を受ける日程を決め、その日に向けて学習に励むといいでしょう。

挫折もOK!ライフワーク的に何年も取り組む

「いつか英語を話せるようになったらいいな」と長期的に考えている人は、身近にある英語の素材を使って少しずつ始めましょう。週に1回は洋画を見る、好きなテーマの本を英語で読んでみる、たまにテキストを使う、オンライン英会話のレッスンを週に2回くらい受けてみるといったペースになります。

「洋書を読み始めたけれど、結局途中で止めてしまった」「オンライン英会話のレッスン、もう1カ月受けていない」といったことがあってもかまいません。時間ができたらまた始めてください。いつしか「英語に触れる」ことが日常的になり、数年も経つと、英語を読んだり聞いたりするのが苦ではなくなってきます。実は、「英語ができる人」として仕事をしたり海外旅行で難なく英語を使っていたりする人には、このスタイルの学習者が多いようです。

英会話のレッスンを何回受ければ効果が出る?

オンライン英会話のレアジョブが、スピーキングレストの受験者6,000人を対象に調査を行ったところ、1回25分のレッスンを90回(週4回を約半年間)以上受けると、TOEICテストのスコアに大きな伸びがあることがわかりました。
参考:「オンライン英会話シェアNo.1のレアジョブ半年間のレッスン受講で顕著なスコアの伸び レアジョブ・スピーキングテスト6,000名の受験者データを発表」

25分のレッスンを90回とすると、合計37.5時間です。仮にオンライン英会話レッスンを90回受けることを目標とすると、どのような計画を立てて学習すればいいのか、学習期間別に考えてみましょう。

3カ月で90レッスン受けるには?

1日1回を3カ月続ければ、90回を達成することができます。たやすいことのように思えますが、仕事が忙しくなったり週末出かけてしまったりすると、「今日は時間が取れなかった」ということも起こるでしょう。

「どうしても3カ月でモノにしたい」という人は、受講できない日が出たら翌日は1日2レッスン受ける、スケジュールに合わせて早朝や夜間の時間帯を利用するといった工夫をして、とにかく3カ月で達成することに専念しましょう。

理想のパターンは週2,3回で8~12カ月

毎日必ずレッスンを受けるのが難しくても、週2,3回なら時間を確保することができるという人は多いはずです。週2,3回受けていれば、8~12カ月で90回クリアすることが可能です。

この間、オンラインレッスンだけ受けていればよいというわけではなく、英語のニュースや映画を見る、テキストを開いて単語や文法を確認してみるといった学習も続けるようにしてください。

1年以上かけた場合は?

オンライン英会話レッスンは、週に1回だけだとあまり効果がないかもしれません。次のレッスンまでに前に習ったことを忘れてしまうからです。でも、どうしても忙しい時は、それでもよしとしましょう。

週2回を3カ月続けると24回。週1回の日が何カ月か続き、その後また週2回受けて、途中1か月ほど休んで…といったことを続けていても、1年半くらいあれば、90回達成できます。この場合は「TOEICのスコアが上がった!」という劇的な変化は期待しにくいのですが、「映画のセリフが聞き取れた!」「洋書が辞書なしで1ページ読めた!」といった、ささやかな成果を糧にしていくといいでしょう。

3カ月でマスターするためのモデルプラン

本当に3カ月で英語が話せるようになりたいと思ったら、オンライン英会話のレッスンを毎日受けるだけでなく、日々英語漬けの生活を送る必要があります。そのモデルプランをご紹介します。

平日のスケジュール

AM 7:00
朝、テレビやインターネットで英語ニュースを見る。
AM 7:30
頭をスッキリさせるために、英語のテキストを音読してみる。
AM 8:00
通勤電車の中で、テキストを見ながら英語の会話を聞く。
PM 12:00
昼休みに、英語のFacebookやTwitterをチェック。自分でも投稿してみる。
PM 12:50
食後、洋書を数ページ読み進める。
PM 8:00
帰りの通勤電車の中で、オンライン英会話レッスンのテキストを予習。
PM 10:00
オンライン英会話レッスンを受ける。
PM 11:00
その日に覚えた単語や表現を書き出しておく。

週末のスケジュール

AM8:00
朝、テレビやインターネットで英語ニュースを見る。
AM8:30
頭をスッキリさせるために、英語のテキストを音読してみる。
AM10:00
洋画を字幕なしで見る。2回目は字幕を表示させながら見て、どれだけ理解できているかを確認する。
PM2:00
洋書を読み進める。どうしてもわからない単語だけ辞書を引く
PM 3:00
英語のFacebookやTwitterをチェック。自分でも投稿してみる
PM 4:00
その週のオンライン英会話レッスンで覚えた単語や表現を復習しておく
PM 8:00
オンライン英会話レッスンのテキストを予習
PM 9:00
オンライン英会話レッスンを受ける
PM 10:00
その日に覚えた単語や表現を書き出しておく

3カ月過ぎる頃に、TOEICや英検の受験を予定しておくといいでしょう。できれば試験対策用教材を使用するといいのですが、上記のプランを続けているだけでも、十分対策になります。

このモデルプランに、あいにく遊ぶ予定を入れる余裕は含まれていません。必要にかられている人でもさすがにつらくなってしまうかもしれませんが、映画や洋書などは自分の好きなテーマのものを選び、楽しみながらできるように工夫してみてください。

1回129円から、毎日続けられるレアジョブ英会話

レアジョブの「日常会話コース」では、毎日受けられる25分のレッスンが1回129円から。毎日受けていても、金額的に大きな負担はありません。朝6時から深夜1時まで開講しているので、仕事の都合に合わせてレッスン時間を調整することができます。レッスンを朝活にするのもいいですね。4,000以上の教材から、レベルや目標に合わせて選択、飽きることなく続けられます。上達度を測るための、スピーキングテストも実施しています。

まとめ

短期間で英語を話せるようになることは可能ですが、それなりの努力と犠牲が伴います。でも、英会話というのはスポーツや音楽と同じで、どんな人でも続けていれば何かしらの成果が見られるようになります。日々のちょっとした成果を励みにして、ひとまず3カ月、トライしてみてはいかがでしょうか。

英会話はなせるようになりたい人は…
オンライン英会話「レアジョブ」
無料体験はこちら »

Please SHARE this article.

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する