英語を訳さずに理解できるようになろう!瞬発的なリスニング力を鍛える記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
listening_01_eyecatch

「読み書きは得意だけど、英語でコミュニケーションを取るのは苦手」あるいは、「試験では高得点が取れるのに、実際の会話ではワンテンポ遅れてしまう」といった悩みを持っている人はいないでしょうか?

英語でスムーズな会話をするには、英語を訳さずに理解できるようになることが不可欠です。目指したいのは、書き言葉のような難解な文をワンテンポ遅れで理解できるようになることではなく、まずは簡単な文から、英語のままで瞬発的に理解できるようになること。

今回は、そんな「瞬発的なリスニング力」を鍛えるための記事を厳選して紹介します。

生の英語の精聴と多聴で基礎リスニング力アップ!

listening_02
英語のリスニング練習の基本は、精聴と多聴です。精聴とは、一語一句何を言っているかを理解しようと集中して聞くこと。一方多聴とは、文章全体の意味をつかむつもりで色々な英語音源をなるべくたくさん聞くこと。毎日英語のリスニングの練習をしているのになかなか成果が上がらないという方は、この2つのうち、どちらか一方が見落とされているからかもしれません。基礎リスニング力を上げるには、教材で使われている「教材用英語」だけではなく、生の英語を聞くことで、実践を積みましょう。よく、英語を流暢に話す人に対して「どうやって勉強したんですか?」という質問をする人がいますが、語学習得の方法に正解も不正解もありません。人それぞれ向き不向きがあるだけです。上達への肝であるにも関わらず、たいてい見落とされがちなのは「継続は力なり。」ということ。飽きっぽい人でも継続できるように、そして皆さんそれぞれがお気に入りを見つけられるよう、様々な勉強法をまとめたので、ぜひ試してみてください。


「ネイティブの話す英語がわからない」という人に知っておいてほしい2つのヒント

英語教材で使われる英語とネイティブの話す英語は違うのでしょうか。通常、教材では最もニュートラルかつクリアな英語が用いられているので、一般的には違うと言えます。しかし、英語教材で使われている英語が聞き取れるということは、ネイティブの英語を聞き取る力は十二分にあるはず。必要なのは、ちょっとした違いと聞き取るためのコツを知ることだけです。この機会に、ネイティブ英語を理解するための2つの手掛かりを確認しておきましょう。
「ネイティブの話す英語がわからない」
という人に知っておいてほしい2つのヒント


リスニングもスピーキングも自信がないからオンライン英会話はまだ早いかな…?という人へのアドバイス

オンライン英会話での学習法は、英語力に自信がない人にこそ、より効果を発揮するのです。言語は、机に座って勉強をするだけでは決して話せるようになりません。リスニング力だけに限らず、英語力向上への最短の方法は、実践です。周りと自分を比べることなく英語学習をすることのできるオンライン英会話で、リスニング力だけでなく、スピーキング力も同時に鍛えてみませんか。
リスニングもスピーキングも自信がないからオンライン英会話はまだ早いかな…?という人へのアドバイス


【英語耳を手に入れよう】ポッドキャストを使って無料で楽しく英語学習

通勤などの隙間時間を使って英語を学べる無料ツールと言えば、ポッドキャスト。ライブ配信のテレビやラジオと違い、ダウンロードして何度でも聴くことのできるポッドキャストでは、精聴と同時に多聴もカバーできてしまいます。そんな、英語学習者には嬉しい存在のポッドキャストですが、「逆にチャンネルが豊富すぎてどれを聴けばいいのかわからない」という疑問が浮かぶのは当然のこと。そこで、この記事では難易度別に、5つのお勧めのチャンネルをご紹介しています。
【英語耳を手に入れよう】
ポッドキャストを使って無料で楽しく英語学習


TOEICのリスニング練習に飽きてしまった人に朗報!リスニングの習慣化を狙える、おすすめの海外ニュースサイト(動画)

TOEICリスニングで、常に上位に挙げられる「集中力が続かない」という悩み。では、みなさんは普段から45分程度の英語を聞いていますか?集中力を切らさずに45分間英語音声を聞き続けるというのは簡単な作業ではありません。それでも、リスニング力を上げたいのなら、聞く以外に方法は存在しません。どの試験にも傾向と対策本があるように、TOEICリスニングにも傾向があります。TOEIC対策のリスニング教材に飽き飽きしているあなたに、留学経験なしでTOEIC990点を4回叩き出したporpor(ぽるぽる)こと渡邉淳氏が、お勧めの英語ニュースサイトをお教えします。
TOEICのリスニング練習に飽きてしまった人に朗報!リスニングの習慣化を狙える、おすすめの海外ニュースサイト(動画)

英語耳を鍛えるためのTIPS記事

listening_03
英語耳とは、私たちが日本語を意識しないでも理解できるように、無意識に英語を英語のまま理解できる力のことを言います。よく英語脳という言葉が使われますが原理は同様、どちらも英語を訳さないで理解する能力のことです。理論的には、英語で考える力をなくしても、完璧な英語の読み書きは十分に可能です。しかし、英語でよりスムーズに会話をするためには、英語を訳さないでも理解できるようになることが重要です。だからと言って、やみくもに英語を聞くだけでは、いつまでたっても英語を英語のまま理解することができるようにはなりません。これを機に、英語耳を鍛えるために必要な基本事項の確認をしておきましょう。


【英語の聞き取り】ワンランク上のリスニング力が身に付くスラッシュリスニングとは?

日本語を第一言語として話す私たちにとって、英語を難しいと感じる大きな理由の1つとして、「語順の違い」があります。そのため私たちは「日本語ではどういう語順になるんだろう?」と頭の中で順番を入れ替えて訳しがちです。しかし、このままの方法では、英語の上達はいずれ行き詰まってしまいます。スラッシュリスニングは、英文の意味にまとまりがある句や節ごとにスラッシュを入れて区切ることで、英語の語順そのままに英語を理解するという方法。例文を用いてわかりやすく解説しているので、「英語の語順を入れ替えて訳しているかも」と思い当たった方は、是非チェックしてみてください。
【英語の聞き取り】
ワンランク上のリスニング力が身に付くスラッシュリスニングとは?


リスニング力もインプット量に比例する!コロケーションと定番フレーズを意識しよう

コロケーションとは、単語と単語のよく使われる組み合わせや、単語同士の自然なつながりのこと。英語の名詞には、多くの場合において「仲良しの動詞」が存在します。たとえば、lunch(昼食)という名詞を見たら、どんな動詞が頭に思いつきますか?ありがちなのは、takeですが、take lunchは、「昼食を持っていく」という意味になるので、実際はあまり会話に登場しません。つまり、takeはlunchの友人の一人ではありますが、lunchの仲良しは他にもいます。正解は記事のなかで他の名詞と共に説明してありますので、ぜひこの機会にコロケーションを理解して、リスニングの精度を磨いてみてはいかがでしょうか。
リスニング力もインプット量に比例する!
コロケーションと定番フレーズを意識しよう


アクティブリスニングで「攻め」の英会話を!

日本語で会話をしている時は、相手の話を途中まで聞いた時点で彼あるいは彼女が何を言いたいのか、だいたい予測することができると思います。なぜなら、私たちは会話をする際、たいていの場合相手の言っていることを自然と先回りして想像しているからです。そのため、相手の言っていることを一語一句聞かずして、話の要旨をつかむことができるのです。もし英語でも同様に、先回りをすることができたら、会話がよりスムーズに運ぶのではないでしょうか。受け身中心のリスニング姿勢を、攻めに転換するための答えは、アクティブリスニングという練習法にありました。
アクティブリスニングで「攻め」の英会話を!

TOEICリスニング対策記事

listening_04
就職活動や転職活動で重要となってくるTOEIC、短期間に集中して学習をすることで、グンとスコアを上げることを目指す人が多いと思います。そして実際に、短期間でのスコアアップは、十分に可能です。特にリスニングはリーディングに比べて使われている語彙や文法の難易度が低く、よりスコアアップを狙いやすいと言われています。というわけでここではリスニング対策記事をご紹介していきます。


TOEICスコア650点をとるための勉強法はコレだ!リスニング編

「問題集をきちんと解いているし、復習もしているのに650点の壁をなかなか超えられない」という人に勧めたいのが、問題集の世界から一歩踏み出して、生の英語に触れること。なぜならば、TOEIC試験で650点を取るということは、「問題が解ける」だけではなく、「全体の意味がつかめる」ということだからです。オンライン英会話やTED Talkを上手に利用することで、英語耳を養い、次こそ650点の壁を打破しましょう。
TOEICスコア650点をとるための勉強法はコレだ!
リスニング編


自分の英語力以上のTOEICスコアを取りたい人が心がけるべきこと(リスニング編)

本来は、スコアのみを求める姿勢でTOEIC試験にのぞむべきではありません。TOEICのようなスコア型の資格試験は、自身の学習の進捗状況の確認に利用すべきなのです。ただし、忙しい学生や社会人など、ある一定期間にある一定の点数を取らないといけない人たちがいるのも、また事実ですよね。そこで、この記事では、「○×消去法よりも、より効率的な方法」や「試験中に超難問に出くわした時の対策法」など、少しでも高い点数を取りたい人が知っておくべき、今すぐ誰にでもできる得点アップのコツをご紹介しています。
自分の英語力以上のTOEICスコアを取りたい人が心がけるべきこと
(リスニング編)


厳選!スキマ時間にできる TOEIC 対策学習 <リスニング編>

スキマ時間活用のモットーは、「狭く深く」です。なぜなら、短い時間で何から何まで押さえようとすると、消化不良が生じ、せっかくの努力が徒労に終わってしまうからです。Part1からPart4まで、4つのパートに分かれているTOEICのリスニングセクションですが、スキマ時間に対策をするには、パートごとに、押さえるべきポイントが違うことを覚えておきましょう。何を念頭に置いて勉強すべきか把握することで、リスニングセクションの対策をしながら、リーディング力や英語の瞬発力も同時に鍛えることができるのです。
厳選!スキマ時間にできる TOEIC 対策学習<リスニング編>


TOEIC Part 3,4 の60問分の音声を最後に聞いたのはいつ?

TOEICリスニングスコアアップに必須なのは、まず疑いなく、実際の問題をなるべく毎日解くことです。では、それだけで得点アップは狙えるのでしょうか?いいえ、実はもう1つ大切なことがあります。それは、復習です。この記事では、前出のporpor(ぽるぽる)こと渡邉淳氏が実際に行ったリスニング力アップの根幹復習法「音声とスクリプトの照らし合わせ」を伝授。さらに、その練習法の効果を上げるのに最適なTOEIC対策の参考書も紹介しています。

TOEIC Part 3,4 の60問分の音声を最後に聞いたのはいつ? 


TOEICのリスニングスコアを満点にするまでに具体的に行った4つのこと

とにかく最短距離でTOEICのスコアを上げたい!という方に、porpor(ぽるぽる)氏が自身の経験をもとに、4つのポイントを解説。リスニングの全パートに共通することから各パートそれぞれで求められる異なるスキルを身につけるために、外せない必須事項をピックアップしています。porpor氏によるリスニング対策コラムの総まとめ編なので、ぜひお見逃しなく。
TOEICのリスニングスコアを満点にするまでに具体的に行った4つのこと

おわりに

以上、リスニング力を鍛えるための記事を厳選してご紹介しましたが、いかがでしたか?
リスニング力は他のスキルに比べて習得に時間がかかるので、フラストレーションが溜まることもあると思います。でも、日本語を母国語とする人でも、知らない日本語の熟語や読めない漢字があるのと同じで、言語学習において”完璧”を目指す必要はありません。ゴール設定も、そこまでの道筋やペースを決めるのはあなた自身です。どの方法であれ、努力を継続している限り、あなたのリスニング力は着実に伸びていきますよ。

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英会話は自動車の運転と同じ実技科目。 週1回の英会話スクールで、本当に英語を話せるようになりますか?
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら