TOEICのリスニング練習に飽きてしまった人に朗報! リスニングの習慣化を狙える、おすすめの海外ニュースサイト(動画)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20141017_ogp

porpor(ぽるぽる)こと渡邉淳です。コラムの連載を始めてから、これで8回目でしょうか。英語学習を始める前の準備から、TOEICのリスニングセクションでスコアアップを狙うための復習法についてお話いたしました。実際に取り組まれて、効果を感じられた方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報を!

vol.1:効果的な英語学習を始めるにあたって準備しておきたいこと

vol.2:TOEICがくれた、楽しみと苦しみの意味

vol.3:TOEICのリスニングスコアを満点にするまでに具体的に行った4つのこと

vol.4:短いけれど侮れない! TOEIC Part 1の復習における3つのツボ

vol.5:TOEICを英会話力アップに活かす、Part 2の復習法はこれだ!

vol.6:TOEIC Part 3,4 はリーディング力も問われている?

vol.7:TOEIC Part 3,4 の60問分の音声を最後に聞いたのはいつ?

ここで一区切りができましたので、このままリーディングセクションに行くのではなく、少し違うお話をしたいと思います。もちろん、英語の話ですからね、ご心配なく。そして、リスニングの話ですから、ご安心ください。「えー、まだリスニングの話なの」という方はここでページを閉じて…だなんて、口が裂けても言えません。ざーっとスクロールしてみると、いいことがあるかもです。

本番は「約45分の英語を聞く」というどうしようもない事実

TOEICでの悩みの中で上位に挙がるのが「集中力が続かない」というものです。リスニングとリーディングを合計して2時間。リスニングだけでも45分ですから、そういった声が挙がるのは当然のことです。ただ、リスニングが約45分間であることは、どうあがいても短くすることはできませんね。そこで、皆さんにご質問があります。

「普段から45分程度の英語の音声を聞いていますか?」

セミナーや授業でこのような質問をすると、しーんと静まり返るか、下を向かれる方が多いです。あの瞬間は結構寂しいものがあります。(お前が寂しかろうが、どうでもいい。)この質問の意図は、何もセミナーや授業の雰囲気を暗くしたいからではありません。我々がどうしようもない「45分の英語を耳と頭で処理していく」ことに対して、真正面から考えてほしいわけです。

聞く量、足りてる?

耳タコでしょうけれど「普段の練習で行っていないことが本番でできる」という、うまい話はありません。ですから、

「英語を聞く量が圧倒的に足りないのではないか」

と自分に問いかけてみてください。いかがですか? 自信を持って「足りてる」と答えられますか? もし自信がなければ、それなりの量を確保する手だてを考えなければなりません。どうしましょ。(それを教えてほしいんだって!) 毎日、リスニングの問題を100問解くことができれば、それに越したことはないのですが、そういったことはなかなか難しいですよね。

コピー機が壊れたとか道が工事中だとか知らんわ!

TOEICの素材は日常生活やビジネスに関連したものばかりです。この点を考慮すると、英語を使用する上で役立つ内容が満載なのですが、その内容自体に面白みがないのですよね。ぼくは正直、飽きてしまうことがあります。そうは言っても、TOEICのリスニングのスコアを上げたいという気持ちもありますので、ジレンマに陥るわけです。そこで、ぼくがどのように過ごしてきたかをご紹介します。

定期的に配信される素材を使って習慣化を狙え!

まとまった量の英語を聞く、ということが大切だと申し上げてきましたが、量に加えて、それを継続していく必要があります。そのために、次の観点から新たな素材を探しました。

  • 興味が持てる/新しい情報が得られる
  • 日々の生活リズムに溶け込める
  • そこで見つかったものが次の2つです。今でも続けているものたちです。スマホからは視聴できないため、パソコンからご覧いただければと思います。

    CNN Student News

    20141017_1
    http://edition.cnn.com/studentnews/index.html

    話題は海外のニュースということで、世界情勢を追いかけるという意味で興味が持てますし、新たな情報を得ることができます。そして、10分の番組ですので、ものすごく取り組みやすいです。

    この番組は英語圏の高校生あたりに向けて作られた番組で、語彙のレベルは、大人向けの英語のニュースよりも易しいものが使われています。と言っても、TOEICのリスニングと比べると難しく感じます。その点はご了承ください。ただ、動画である分、視覚情報がリスニングを補ってくれますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。テレビ(BS放送)や Podcast でも視聴が可能なようですので、ご自分に合った形でどうぞ。

    ABC ニュースシャワー

    20141017_2.jpg
    http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/abc/

    先ほどと同様、こちらも海外のニュースを取り上げるのですが、5分で終わる番組というところがありがたいです。気軽に取り組むことができますね。

    この番組はABCのニュースをキーワードとともにピックアップして解説する番組です。一つでも動画を見ていただければわかるのですが、1分程度のニュースを、

    1.英語字幕付き
    2.日本語字幕付き
    3.字幕なし
    4.英語字幕付き

    …と嫌になるほど(笑)聞かせてくれます。これだけ段階を踏むと、4回めに聞くときにはものすごく聞きやすくなって、気持ちいいこと間違いなしです。

    ここでご紹介した2つの番組は、TOEICで扱う語彙が出てくることがあり、TOEICの素材を使っているわけではないけれども、TOEICのスコアアップにつながるというお得な番組です。回し者でも何でもありません、念のため。

    ということで、これらに取り組むと15分間の英語を聞くことになります。この15分に少しずつTOEICの素材を加えていくと、まとまった英語をまとまった時間聞く習慣が形成されていきます。いきなり45分の英語を毎日聞こうとすると大変ですから、ここから始めてみてはいかがでしょうか?

    追伸
    10月16日に『1日5分からはじめる 英語学習手帳』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が発売となりました。私、ぽるぽるが監修者として携わり、「学習を始める前に出会いたかった」手帳になったと自負しております。

    これから学習を始める方。
    学習を始めたものの行き詰まっている方。
    学習の内容を濃いものにしていきたい方。

    皆さんの助けになってくれる一冊だと確信しております。英語と楽しく付きあっていけるよう、全力を込めましたので、ぜひ書店などでお手に取ってご覧いただけますと幸いです。
    porpor_book

    メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

    購読する

    レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら