厳選!スキマ時間にできる TOEIC 対策学習 <リーディング編>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
厳選!スキマ時間にできる TOEIC 対策学習 <リーディング編>

前回の厳選!スキマ時間にできるTOEIC対策学習<リスニング編>
に続いて、今回はリーディングに絞ったお話です。
ぼく自身が今でも実践している方法ですので、
みなさんもすぐに取り入れやすい内容かと思います。
早速、いってみましょう!

1. Part 5 で丁寧に読む力を鍛える

Part 5 を1問解く、というシンプルなもの。
スキマ時間として確保できる時間によるものの、
解くだけでもいいですが、記憶の新しいうちに、
解説まで見ておくことをオススメします。

……と、問題を解く時間として使う方法もありですが、
これではいたって普通のやり方ですよね。
今回ご提案したいのは、ひとつを深く掘り下げるというもの。

すでに解いた問題で構いません。
空欄に正解の語句を入れて、
「1文の内容がよどみなく理解できるか」
と問いかけて読んでみてはいかがでしょうか?

正解ができて終わり、としている方が多いため、
1問とじっくり向き合ってみましょう。
「語句を知っているかどうか」
「英文の構造が見えているかどうか」
はっきりと見えてきます。
自分のわからなかったところや曖昧なところが明確になり、
ぐんぐんと英語力が伸びていくことは間違いありません。

Part 5 の数問を「読む」ことに焦点を当ててみてください。
ただ単に「解く」だけとは違った発見があるはずです。
Part 7 のような、まとまった文章を読む練習にもなりますよ。

Part 7 のような、まとまった文章を読む練習にもなります

2. Part 7 で素早く英語を処理し慣れる

ぼくは Part 7 の対策をするのが苦手でした。
というか、今でも苦手です。
なぜなら、長くて時間がかかるし、面倒だから……。
スキマ時間には向かない、と思っていました。

かと言って、対策をしないわけにもいきません。
そこでぼくが取り組んだのが「文章だけ読む」というもの。
設問は無視します。解きません。
ひたすら文章の内容理解につとめるわけです。

「本番では設問を解くじゃないか」という疑問がわくでしょう。
この疑問はもっともです。ぼくもそこが悩みのひとつでした。
ですが、文章を読んで設問に答えることまですると、
それなりの時間を確保しなくてはなりませんよね。
そのため、設問を解く練習をしたいというときは、
別途まとまった時間を確保して取り組むようにしました。
(もちろんスキマ時間で解き終わる問題もあります)

限られた時間で文章の内容を読み取るのはプレッシャーがかかります。
「あと3分で3問を解かないといけない」
など勝手にシチュエーションを設定しましょう。
本番では焦ってしまうと、本来のパフォーマンスを発揮できませんよね。
スキマ時間を、本番を想定した状況に変えるのです。

スキマ時間にできるTOEIC対策学習<リスニング編>

リーディングセクションの全Partを対策する上で、
しかも、スキマ時間を活用する上で、次のことが言えると思います。

スキマ時間という重圧を利用することによって、
自分の中でスピードと正確さのバランスをとる。

文章が長くなればなるほど、難しくなればなるほど、
このバランスをとるのは困難になっていきます。
焦って理解力や英語力が発揮できなくなりますから……。
自分に負荷をかけるという意味で短い時間を活用してみてください。

あっという間に過ぎ去る時間も
事前にやることさえ決めておけば、
有意義な時間に変えることができますから。

Part 7 で素早く英語を処理し慣れる
レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する