英語は必要?MBAを国内で取得する方法や英語の勉強法を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MBAとは、「Master of Business Administration」の略称で、経営管理学修士を示す学位です。この学位の本場といえるのは海外のビジネススクールですが、国内でもMBAを取得できる大学院はたくさんあります。

MBAの取得を考えている場合、その方法や大学院の選び方、求められる学力などが気になることでしょう。そこで、この記事ではMBAの取得を目指す人に向けて、MBAプログラムで学べることや取得がおすすめの人、MBAに必要な英語力を伸ばす方法などを詳しく説明します。

MBAとは?

MBAとは経営管理学修士の学位で、経営に関する知識やスキル、課題とその解決策を見つける思考力を身につけていることを示すものです。MBAを取得できる大学院では、マーケティング・経営戦略・アカウンティング・ファイナンス・経済学・統計学など、企業経営に役立つ知識を幅広く学びます。

MBAプログラムがおすすめな人

MBAは経営に特化した専門的な学位であるため、誰にでも向いているというわけではありません。取得するかどうか検討するときに考えたいことは、その資格をどのように活用したいかという点です。特に目的がないままMBAを取得しても、うまく活用できず宝の持ち腐れになってしまうでしょう。MBAプログラムがおすすめなのは、以下のような人です。

まず、経営に関する知識を身に付けたい人です。MBAプログラムでは、企業経営に関して体系的な知識や理論を学びながら、知見や視野を広げていくことができます。

キャリアアップを目指す人にもMBAプログラムは向いています。たとえば、起業したい人や年収アップ・昇給・昇進を目指している人 、転職がしたい人などです。MBAを取得する過程で習得する経営に関する幅広い知見や人脈は、起業するときに大いに役立ちます。MBAとしての知見を活かせる企業では、年収アップや転職にも有利に働くことでしょう。

MBAプログラムは、人脈を広げて世界中にネットワークを持ちたい人にもおすすめです。大学院やビジネススクールには、高い志を持つビジネスパーソンがたくさん集まっています。国籍や人種、業界・業種の違う人など、普段の日常生活では顔を合わせる機会のない人とも幅広く交流を持てます。このような貴重な人脈の中から、卒業後に重要なビジネスパーソンを見つけられるかもしれません。

日本でMBAを取得する方法は2つある!

MBAを取得するには、海外へ留学する、または日本でMBAを取得できる大学院に通うという2つの方法があります。

国内でMBAを取得する場合、その方法はさらに2つに分かれます。では、それぞれについて、特徴やメリット、デメリットなどを比較してみましょう。

国内の大学院が実施しているMBAコースで取得する

1つめの方法は、国内の大学院が実施しているMBAコースで取得する方法です。
国公立では京都大学・神戸大学・大阪大学・兵庫県立大学など、私立では慶應義塾大学・青山学院大学・明治大学・立教大学・中央大学・早稲田大学などで受講が可能です。

特徴

国内の大学院が実施しているMBAコースの大きな特徴は、何と言っても日本語で授業が受けられることです。ただし、MBAは英語が主流の学問ということもあり、英語での教育が最適だとされることもあります。学校によっては英語が公用語となる授業や英語論文のレビューもあるため、ある程度の英語力は必要です。在学中も英語の勉強は必須であると思っておいたほうがよいでしょう。

英語は入学後に留学生とコミュニケーションを取るときにも必要です。英語ができれば、グローバルな人材と深く知り合い、貴重な人脈を持つことができます。海外単位交換プログラムに参加する際や、グローバル経営について学ぶときにも英語は必要です。

メリット

国内の大学院でMBAコースを受講するメリットは、海外で取得する場合と比較すると英語が必要なシーンが少ないということです。母語である日本語で学ぶことで、経営学の勉強にしっかり集中しやすくなります。特に、英語が苦手な人にはメリットが大きいと感じられるでしょう。

また、日本の大学院のMBAコースは、海外のビジネススクールよりも比較的安価に設定されていることが多いため、金銭面でもメリットがあります。

デメリット

デメリットとして挙げられるのは、英語力を伸ばしにくいことや、グローバルな人脈を作りにくいことです。国際的なビジネスマンを目指すのであれば、やや物足りなく感じることもあるかもしれません。

海外の大学院が日本で実施しているMBAコースで取得する

2つめの方法は、海外の大学院が日本で実施しているMBAコースで取得する方法です。日本では、マサチューセッツ州立大学や英国国立ウェールズ大学、ボンド大学などのコースを受けられます。

特徴

マサチューセッツ州立大学やボンド大学のコースは、オンラインで実施されます。英国国立ウェールズ大学は通学制で、日本人教授による講義が受けられます。スクールにより授業スタイルが大きく異なるため、比較しながら希望に合わせて選びましょう。

メリット

海外の大学院が提供するコースを受けるメリットは、受講することで英語力がアップすることです。英語でのディスカッションやディベートなどを通して、グローバルな場で実際に役立つ英語を身につけられます。

デメリット

デメリットは、ある程度の英語力がないと授業についていけないことです。授業中のケーススタディやディスカッションでも、意志疎通がスムーズにできる程度の英語力が求められます。初めのうちは、経営学ではなく英語の勉強をしているように感じられるかもしれません。

国内MBAの大学院の選び方

日本の大学院が実施している国内MBAを受講することにした場合、次の選択肢はどの大学院にするかということです。教育方針やカリキュラム・通学のしやすさ・実務経験の3つのポイントから、自分に合う大学院を選びましょう。

教育方針やカリキュラムで選ぶ

大学院選びの1つめのポイントは、教育方針やカリキュラムです。教育方針やカリキュラムは、各大学院のホームページやパンフレットなどで確認できます。教育方針から、主に受け入れている学生の特徴や提供している教育の種類などをある程度読み取れるでしょう。

MBAを取得する目的や、取得後の進路に合わせて自分に合う勉強の型を選びましょう。

通学のしやすさで選ぶ

2つめのポイントは、通学のしやすさです。大学によって立地はさまざまで、キャンパスが都市部にある大学もあれば、郊外や地方にある大学もあります。MBAの取得は1年半~2年と長期にわたるため、自分が無理なく通える立地の大学を選ぶことが大切です。会社勤めをしながら夜間の講義を受ける場合などは、会社からのアクセスも確認しておきましょう。

またMBAプログラムには、全日制とパートタイムの2種類があります。全日制であれば、講義は平日の昼間に行われます。パートタイムの場合は、平日の夜と土曜日です。自分の生活スタイルに合わせて、通える時間帯の講義を選びましょう。

通学しやすいかどうかは、費用も関係します。入学料・授業料・施設利用料などを確認し、学費を比較してみましょう。2年間の費用の目安は、国公立大学で約120〜150万円、私立大学で約140〜340万円です。

実務経験が必要かどうかで選ぶ

3つめのポイントは、実務経験が必要かどうかという点です。実務経験をまったく必要としない大学もあれば、〇年以上の実務経験が必要、と条件を課している大学もあります。新卒など実務経験がまだない場合には、実務経験を不要としている大学のリストから選びましょう。

英語力を必要とする大学院の入試で合格するための勉強法

英語力を必要とする大学院での受講を目指す場合、入試で合格するための対策が欠かせません。国内のMBA試験で英語の筆記試験があるのは、一橋大学の全日制と、神戸大学のみです。
神戸大学ではTOEIC730点で英語試験が免除されます。一橋大学では授業が英語で進められるため、入学後にはTOEFL iBT109点(英検1級レベル)を目安にした高い英語力が求められます。

京都大学のMBAでは、英語の試験はありませんが、TOEICのスコアの添付が必要になります。求められるスコアの目安は700点です。

入試で英語を課す大学の場合、実際に試験勉強をする際は、TOEIC900点くらいを目指す人が多いようです。TOEIC900点を目指していれば、講義やディスカッションの内容もずっと理解しやすくなるでしょう。

では、ここからは、これらの大学で求められるレベルに達するための英語の勉強法を、英語の技能別に一つずつ紹介します。

リーディングの勉強方法

まず、リーディング対策についてです。リーディング問題が解けるようになるには、英単語や英文法についての正しい知識や理解、語彙力などが必要です。これらは一朝一夕にして身につくものではないので、地道にコツコツと勉強して対策することが欠かせません。

単語を覚えて語彙力を伸ばす

読解力の基礎となるのは何と言っても単語力です。単語帳を使って、移動時間などすきま時間を有効活用して単語を覚えましょう。単語帳は、これと決めた1冊を何度も繰り返し行うのが効果的です。

MBAなどの専門的な内容の英語を理解するには、1万〜1万5,000ほどの語彙力が必要だといわれています。単語を覚えるときには、派生語や類義語なども同時に覚えるようにすれば、語彙力をぐっと伸ばせます。熟語やイディオムなども積極的に覚えておきましょう。

文法問題を解く

文法問題は、問題集を繰り返し解くことで自分が間違えやすい問題の傾向をつかめます。TOEICを受験する際には、TOEICの公式問題集や予想問題集を使って、出題される問題の傾向に慣れておくことも大切です。

長文に慣れておく

一橋大学MBA全日制と神戸大学MBAの英語の筆記試験対策では、出題形式は大学受験と同じような長文読解問題です。英語の長文に慣れていないと読むのに時間がかかるため、普段から長文問題に挑戦して慣れておくとよいでしょう。
また、これらの試験の長文の内容は、経営学や経済学に関するものがほとんどです。海外の経営学者の著作を原文で読むなどして、経営や経済に関するワードに慣れておきましょう。

リスニングの勉強方法

次は、リスニング対策についてです。リスニング力は、試験対策としてだけではなく、入学後に授業やディスカッションで話される内容を理解するためにも重要です。

発音トレーニングをする

リスニングと発音は関係ないように思えるかもしれませんが、実は大いに関係があります。「自分で発音できない音は聞き取れない」といわれている通り、正しい発音を学んで実践できるようになれば、聞き取れる音がぐっと増えます。

音源を聴きながら、ただ聞き流すだけでなく自分でも同じように発音してみて、発音の矯正トレーニングをしましょう。

多聴する

「多聴」とは、文字通り英語の音源をたくさん聴くことです。英語をたくさん聴くことで、英語独特のイントネーションやリズムに慣れることができます。通学時間や通勤時間などを活用して、とにかく英語に触れる時間を増やしましょう。英語を聴いて、日本語を介さず英語でそのまま理解できるようになるのが目標です。

シャドーイングする

英語のリズムに耳が慣れてきたら、シャドーイングも始めてみましょう。シャドーイングとは、耳で聴いたことを追いかけるようにして口から出すことです。初めはスクリプトのある文章を選んで、文章を見ながらシャドーイングしてもかまいません。慣れてきたらスクリプトなしで、耳からの情報だけを頼りにシャドーイングしてみます。シャドーイングすることで、自分が聞き取れていない部分や知らない単語がどこかはっきり分かります。

スピーキングの勉強方法

次に、英語で話すスキルを伸ばすスピーキングの勉強方法です。

英語を話す習慣を身につける

日本にいると、英語を話す機会はそう多くはありません。普段から英語で独り言を言ってみるなどして、とにかく英語を口から出す習慣を身につけましょう。

自宅にいながら受講できるオンライン英会話を利用するのも効果的です。外国人の講師とレッスンをすれば、英語で会話しながら実践的に英語力を伸ばせます。講師が会話の中で新しい単語やイディオムを使ったときは、使用シーンと一緒に覚えられるので効果的です。

論理的な文章で説得力を持たせる

英語でスピーキングをするときには、ただ漫然と意見を述べるだけでなく、論理的に話すことが大切です。何か意見を述べたら、具体例などを提示しながら理由をつけ加えれば、話す内容が説得力のあるものとなります。

ライティングの勉強方法

最後に、ライティングの勉強方法についてです。MBAのプログラムではレポートを課されることも多いため、ライティング力は進学後も必要です。

短い英文でライティングに慣れる

毎日英語で日記をつけるなど、短い文章でも少しずつ「英語で書く」習慣を身につけましょう。短い文章を書くことに慣れてきたら、少しずつ文字数を増やして長い文章を書けるようにトレーニングします。

添削指導を受ける

英文を書いたらそのままにせず、添削サービスなどを利用して合っているかどうか確認しておきます。オンライン英会話を利用して講師に添削してもらうのもよい方法です。回数を重ねるにつれて、スペルミスや文法ミスなどがなくなり、より自然な言い回しができるようになるでしょう。

国内MBAについて理解できたら

国内の大学院でMBAコースを受講することには、通いやすい、学費が比較的安いなどさまざまなメリットがあります。MBAを取得したいなら、大学院に進学するための入試対策をしっかり行いましょう。TOEICのスコアの添付が必須の大学院もあるので、英語の勉強ははずせません。
MBAの入試対策方法の一つとしておすすめなのが、オンライン英会話です。外国人の講師との英語の会話を通して、リスニング力や語彙力、スピーキング力を伸ばすことができます。自分で書いた英語の日記やエッセイなどを講師に添削してもらうのもよいでしょう。オンライン英会話に興味のある人は、まずはレアジョブ英会話の無料体験レッスンを利用してみてください。オンライン英会話を効果的に活用して、MBAの取得に一歩近づきましょう。

初回レッスンのレベルチェックをもとに日本人カウンセラーがあなたのためにアドバイスします。

まずはレアジョブ英会話を無料登録しよう

Please SHARE this article.

編集部おすすめ記事

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する