TOEICの模擬試験はこの1冊で決まり!おすすめの模擬試験問題集10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年多くの方が受験するTOEIC。進学や受験、就職や昇進の基準にしているところも多く、TOEICのスコアは英語力の証明としてとても有益です。

少しでもスコアアップするためには、あらかじめ例題をたくさんこなして試験の傾向をつかんでおきたいですよね。今回はTOEICの事前準備に欠かせない、模擬試験問題集を紹介します。

※本記事では「TOEIC Listening & Reading Test」を「TOEIC」と呼んでいます。

TOEICの模擬試験を行うメリットは?

TOEICの試験はとにかく時間配分が命です。どんなに英語力に自信があっても、時間配分を間違えてしまうと、後半に残っていた問題までたどり着けなくなってしまいます。そのような事態を避けるためにも、ぜひ活用してほしいのがTOEICの模擬試験です。

模擬試験の大きなメリットは、時間配分の練習になること。「このパートは思っていたより時間がかかるな」「このパートの次に難しい長文問題が続くのか」など、本番と同じ状況で問題を解くことではじめてわかることが意外とあります。

さらに、模擬試験を何度かこなすことで、自分がどの部分が苦手なのかが明確になってきます。苦手な部分がわかれば、あとはその部分を重点的に強化していけばOKです。

TOEIC模擬試験問題集の選び方

「さっそくTOEICの模擬試験をやってみたい! 」という方のために、模擬試験問題集の選び方のコツをご紹介します。

必ず新形式に対応したものを

TOEICは2016年5月にテスト内容が更新され、新形式になりました。

この変更により、リスニングセクションのパート1の写真描写とパート2の応答問題は問題数が減り、反対にパート3の会話問題が増えました。

リーディングセクションは、パート5の短文穴埋め問題が減り、パート6と7の長文問題が増えています。時間のかかる長文問題が増えたことにより、さらに難度が上がっています。

本番さながらの対策を行って効果を出すために、TOEICの模擬試験問題集を購入する際は、新形式に対応したものかどうか必ず確認しましょう。特に古本で購入する際は要注意です。

解説が丁寧であることはマスト!

せっかく模擬試験問題集を手に入れても、内容が理解しづらいとモチベーションが下がって飽きてしまいますよね。続けやすさを考えると、できるだけわかりやすく丁寧な解説の問題集を選びたいところです。

なかには問題の答えしか載っていない本もありますが、ただ答え合わせをするだけでは英語力は身につきません。特に一度間違えてしまった問題は、間違えた原因を把握し、次から繰り返さないことが大切です。丁寧な解説で本質から理解し、さらに何度も復習を行うことで、どんどん自分の英語力として身についていきます。

解説のわかりやすさも本によって異なるので、できれば購入前に中身を確認し、どのように解説されているか見てみるとベターです。必ずしもベストセラーが自分にとってわかりやすいとは限らないので、直感でわかりやすそうなものを選びましょう。

場所を選ばずやりたいならアプリという選択肢も

通勤通学時間や家事の合い間など、スキマ時間に気軽に勉強したい派の方には、アプリの利用もおすすめです。スマートフォンさえ持っていれば、出先でも気軽に模擬試験が受けられます。

しっかりと本番どおりに時間を測って模擬試験を受けたい方には、本のほうが適しています。しかし数問ずつでもいいから問題に慣れていきたい場合は、ぜひアプリの活用も視野に入れてみてください。

おすすめのTOEIC模擬試験アプリは、のちほどご紹介します。

おすすめのTOEIC模擬試験問題集8選

選び方のコツがわかったところで、さっそく模擬試験問題集をご紹介します。今回は数ある問題集のなかから、特におすすめな8冊を選びました。前半で初級~中級者向け、後半で上級者向けのものを紹介します。

迷ったらまずは公式問題集から

まずご紹介するのは、TOEIC公式の模擬試験問題集である「公式TOEIC Listening & Reading 問題集」です。TOEICやTOEFLなど多くのテストプログラムを開発している非営利テスト開発機関「ETS」が、本番のテスト同様に作成した模擬試験です。

付属のリスニングCDのスピーカーは公式テストのスピーカーを起用しており、さまざまな国籍のイントネーションや癖を含め、本番同様の環境で耳を慣らすことができます。

また最新の問題の傾向がわかるのも、公式が出している問題集ならではのポイントです。

おすすめレベル初級~中級
著者ETS
出版社国際ビジネスコミュニケーション協会
価格(税込み)3,300円

これ1冊で全パートを網羅できる

はじめて受けるTOEIC L&Rテスト 全パート完全攻略」は、1冊ですべてのパートを網羅できる1冊完結型のTOEIC対策本です。セクションごとやパートごとに別々の問題集を何冊も買うのが面倒な方におすすめです。

パートごとの丁寧な解法テクニックの説明や、さらにスコアアップをしたいのなら確認しておくべきポイントなどがわかりやすくまとまっています。

「初めてTOEICを受験するけど、まずどこから手をつけたらいいのかわからない…」という方に適した問題集です。

おすすめレベル初級~中級
著者小石 裕子
出版社アルク
価格(税込み)1,980円

本番そっくりの模擬試験が3回も入った充実本

TOEIC L&Rテスト 究極の模試600問+」のおすすめポイントは、収録された模擬試験の充実度の高さです。TOEICの試験内容を研究して作られた本番そっくりの模擬試験が、3回分入っています。

さらにその3回分のなかから問題をピックアップして再編成した、復習用の模擬試験まであるのがうれしいところ。本番の時間感覚をつかみつつ、一度間違えた問題の復習&再チャレンジにもってこいです。

この3回の模擬試験は、解説動画まで観ることができます。著者自ら丁寧に解説しており、まるで教室で生の講義を受けているかのよう。教科書の文章をひたすら追うのにちょっと疲れたら、気分転換もかねて動画で学べるのが良いですね。

おすすめレベル初級~中級
著者ヒロ 前田 
出版社アルク
価格(税込み)3,300円

990点満点の精鋭講師陣がわかりやすく解説

リーディングセクションに特化した問題集なら「TOEIC テスト新形式精選模試リーディング2」はいかがでしょうか。990点満点をとった精鋭講師陣が徹底的にわかりやすく解説をしてくれており、理解のしやすさには定評があります。

さらにすべての設問にそれぞれ正答率を記載。問題ごとの難度や、自分の強化すべきポイントがわかりやすいのが特徴です。

模擬試験はたっぷり5回分も収録されているので、これ1冊を何度もくりかえしやることで、難度が高いと言われる長文読解問題も感覚がつかめてくるでしょう。

おすすめレベル初級~中級
著者加藤 優、野村 知也、Paul McConnell 
出版社ジャパンタイムズ
価格(税込み)2,090円

試験まで残り短くてもばっちり対策できる!

「試験日まで時間がないけど、できるだけの対策はしたい! 」「短期間の勉強で効率的にスコアアップしたい! 」という方に試していただきたいのが、「TOEIC L&Rテスト 直前の技術」です。

本書は「直前の技術」をポイントに、短期間のなかで効率よく学習できるように設定されています。パートごとに難度が異なるTOEICの内容を徹底分析し、スコアの上がりやすい順に進められるよう作られています。

巻末には本番同様の完全模擬試験も入っているので、身についた英語力を試す絶好の機会です。つまずいた部分は本誌に戻って徹底的に復習しておき、短期間でしっかりとスコアアップの対策をしましょう。

おすすめレベル初級~中級
著者ロバート・ヒルキ、相澤 俊幸、ヒロ 前田
出版社アルク
価格(税込み)2,420円

ハイスコアを短期集中で目指す方におすすめ

同様に短期集中型でがんばりたい方にぴったりなのが「3週間で攻略 TOEIC L&Rテスト900点! 」。この本はスコア900点を目指す上級者向けです。

3週間の勉強期間を設定しており、試験日まで逆算で勉強を進めていけるように工夫されています。900点突破を目標にしているので、難度は高め。

オリジナル模擬試験を200問搭載しており、3週間で3回解くことで、英語力だけではなく、時間配分を適切にこなせる受験力も伸ばせるように作られています。

ただ問題を解いて答え合わせをして終わりではなく、何が正しくて何が間違っているのか自分で説明できるまで深く考えることをポイントにしています。

もっと上のスコアに挑戦したい方は、ぜひ本書で「上級者の解き方」を身につけてみてはいかがでしょうか。

おすすめレベル上級
著者大里 秀介
出版社アルク
価格(税込み)2,640円

リーディングを強化したい上級者向け

同じく上級者向けで、特にリーディングセクションを強化したい方におすすめなのが「TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6」です。ハイスコアを狙う際に重要になってくるリーディングセクション突破のコツを、わかりやすい解説とともにふんだんに載せています。

特に長年のTOEICデータの研究から見えてきた「上級者の弱点ポイント」に焦点を当てており、例えばパート5であれば名詞を選ぶ品詞問題や、他動詞か自動詞かの判断など、上級者でも間違えやすい問題を重点的に揃えています。

おすすめレベル上級
著者加藤 優
出版社朝日新聞出版
価格(税込み)924円

毎日コツコツで満点を目指す!

最後にご紹介するのが「TOEIC L&Rテスト レベル別問題集 990点制覇」です。1回10分×24回分のミニテストが収録されているので、1日たった10分の短時間で気軽に勉強が継続できます。

また、わからない語句があっても毎回辞書を引かなくていいように、語句リストも掲載。これによりつまづくことなく問題を読める工夫がされています。

満点を目指す方向けなので内容の難度は高く設定されていますが、毎日コツコツ勉強してハイスコアを突破したい方にぴったりの1冊です。

おすすめレベル上級
著者Craig Brantley、安河内哲也
出版社ナガセ
価格(税込み)1,320円

おすすめのTOEIC模擬試験アプリ2選

「本も良いけど、やっぱり気軽に外出先で使えるアプリが知りたい」という方向けに、アプリのおすすめも2種類ご紹介します。

どこでも気軽にチェックできるレベル別単語帳

トレーニング TOEIC ® test」はiPhoneおよびiPad専用のTOEIC対策模擬試験アプリです。リスニングは500問、リーディングは383問と全パートたっぷり問題が収録されています。

すべての問題にポイント解説がついているので、気を付けるべきポイントがわかりやすいのが特徴です。さらに、目指すスコア別の英単語問題も収録。レベルに合わせて頻出英単語がチェックできます。

おすすめレベル全レベル
対応機種iOS
出版元Flipout LLC
価格(税込み)無料

TOEIC学習が続けやすい工夫がたくさん

Rep∞t(リピート)」は、短期間でスコアアップを目指す方のためのTOEICテスト模擬試験演習アプリです。こちらも全パートを搭載しています。

リスニングセクションに関しては、リスニングスピードを調整できるのもポイント。本番で重要な時間配分の感覚に慣れるため、残り時間がわかるタイマーがついているのもうれしいですね。

今まで解いてきた問題の累計数がスマートフォンのホーム画面に表示されたり、ワンクリックですぐに中断・再開できたりと、外出先でも続けやすい工夫がされています。

日々のスキマ時間で、手軽にTOEIC模擬試験に触れたい方に適しています。

おすすめレベル全レベル
対応機種iOS
出版元Yujiro Harada
価格(税込み)無料(アプリ内課金あり)

模擬試験は何冊も用意してやったほうがいい?

本屋に足を運ぶと、TOEICの模擬試験問題集の種類の多さにびっくりしますよね。これだけ種類があると、何冊も購入して幅広く勉強したほうが良いかと思ってしまいますが、初めのうちはまず1冊だけで十分です。

大事なのは何冊も問題集を買い込むことより、1冊を何度もくりかえし解いて、間違えた問題の復習をすることです。同じ問題に何度も挑戦すると、最初に間違えた問題も頭に定着しやすくなります。前回との比較もできるので、どのくらい進んだかがわかり、モチベーションUPにもつながりますよ。

まとめ

自分にとってわかりやすい模擬試験問題集は人それぞれです。解説がわかりやすいものや短期間集中型など、今回ご紹介した選び方を参考に、ぜひ自分にぴったりの1冊を見つけてください。きっとあなたの心強い学習パートナーになるでしょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する