TOEICを受けるなら問題形式をまず知ろう!パート別に内容やコツを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活やキャリアアップのために、多くの学生やビジネスパーソンが英会話や英語学習に取り組んでいます。中でもTOEICは英語の実力を測るポピュラーな試験ですよね。TOEICを受験したいけれどどんな問題が出ているのか知りたい、新形式に移行してから変更点が気になるという人に向けて、TOEICの問題形式についてパート別に例題や攻略のコツなどとともに詳しくご紹介します。

TOEICの出題数や問題形式は?

TOEICは、リスニングセクションとリーディングセクションに分かれていて、それぞれ100問ずつ合計で200問です。試験時間は、リスニングセクションが約45分間、リーディングセクションが75分で合計2時間です。

TOEICの大枠は変わりませんが、2016年5月から各パートの問題数などが変わり新形式になりました。より実践的な英語力を試すことが狙いともいわれていますが、受験生からは試験が難しくなったと言う声があります。

<リスニング>TOEIC Part1の問題形式は?

Part1からPart4はリスニングセクションです。Part1はどんな問題なのか、詳しく見ていきましょう。

Part1は写真描写問題が6問

PART1は写真描写問題です。全部で6問で、問題用紙には写真が6枚掲載されているだけです。写真は人物の場合と人物以外の場合があります。人物の場合は、1人だけの場合か複数人の場合、人物以外の写真では風景や乗り物に大きくわけられます。

1枚ずつについて4つの短い説明文が1度だけ放送され、写真の内容を最も的確に描写しているものを選びます。説明文は問題用紙に印刷されていないので聞き逃さないように集中しましょう。

Part1の例題

Part1の例題(※)を見てみましょう。

この写真について、以下の4つの短い質問が1度だけ放送されます。問題用紙には写真のみで選択肢は書いてありません。

A: He’s shoveling some soil.
 彼はシャベルで土をすくっている
B: He’s moving a wheelbarrow.
 彼は手押し車を動かしている。
C: He’s cutting some grass.
 彼は芝生を刈っている。
D: He’s planting a tree.
 彼は木を植えている。

この場合、写真を最も的確に描写しているのは(A)となります。

(※)出典:リスニングセクションPart1 サンプル問題|一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

Part1のコツは誰が何をしているかを聞き取ること

問題では写真の内容を表す選択肢を聞き、適切なものを選びますがまず、内容が人物の場合は「誰が何をしているか」を聞き取ることが攻略のコツです。写真の内容自体はそんなに複雑ではないので、どんな人物が何をしているのかを読み取りましょう。答えの例としては、「男性が車に乗ろうとしている」「女性が食事を運んでいる」などになります。

写真の内容が人物以外の場合は、「何がどうなっているのか」という状態を聞き取るのがコツです。「机の上に本が置いてある」といった描写のように、「受動態(be placed:〜が置かれている)」がよく用いられるので注意して聞いて見てください。

聴いている途中で、「わかった」と思っても必ず最後まで聞いて確認しながら進めることが大切です。試験問題では必ず「落とし穴」が用意されていますので、早合点は禁物です。

<リスニング>TOEIC Part2の問題形式は?

写真描写問題の次はPart2です。問題用紙のページをめくると、わずか1ページに7~31まで、“Mark your answer on your answer sheet.”(あなたの答えを解答用紙にマークしてください)という同じ英文が並んでいます。どんな問題かを詳しく見ていきましょう。

Part2は応答問題が25問

Part2は短いセンテンスのあと、続きとして適当なものを放送されるA〜Cの3つの選択肢から1つ選びます。問題数は25問で設問文も選択肢も問題用紙には書かれていません。放送されるセンテンスとしては、Yes/No疑問文やWH疑問文の他、意見や命令、勧誘、提案などがあります。

特に新形式になってからは、間接的な応答が答えとなる問題が増えています。例えば、「資料を見せてくれませんか?」という依頼に対して、「私は資料を持っていない」ということを遠まわし伝えるような「昨日休んでいたので」という応答が答えになるような問題です。

Part2の例題

Part2の例題(※)を見てみましょう。

Where’s the new fax machine?
新しいファックスはどこですか?

A: Next to the water fountain.
 冷水機の隣です。
B: I’II send the fax tomorrow.
 明日ファックスを送ります。
C: By Wednesday.
 水曜日までです。

ここでは受け答えとして(A)が適切な答えとなります。

(※)出典:リスニングセクションPart2 サンプル問題|一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

Part2のコツは出だしの疑問詞を聞き取ること

Part2の問題では、読まれるセンテンスのパターンとして疑問文と平叙文とあります。特に多く出題される疑問文の場合は、出だしの疑問詞を聞き取れるかどうかが答えの鍵となります。疑問詞を聞き取れれば、その後どんな応答が来るかということが推測できますので答えを見つけやすくなります。

読まれるセンテンスの種類と正解の応答の組み合せにもある程度パターンがあります。過去問や問題集を通じて、それを覚えておくと本番で類似問題にあたった時自信を持って答えられるでしょう。

<リスニング>TOEIC Part3の問題形式は?

Part3では複数の男女の会話が展開され、それについて選択肢から適切な内容を選ぶ問題です。Part3のも新形式の影響を受けて変更点があります。どんな問題で、どんな変更点があるのかもあわせて詳しく見ていきましょう。

Part3は会話問題が39問

13セットの会話音声に対して、3つの設問があり全部で39問あります。設問と選択肢とは印刷されています。旧形式では2人の会話だけでしたが、新形式になってからは、3人による会話や、さらにグラフ、地図、スケジュール表といった図表を見ながら解く問題が新たに加わりました。設問の内容は、会話中の発言が意図するところを問うものや、フレーズの意味を問うものなどが出題されます。

Part3の例題

Part3の例題(※)を見てみましょう。

放送される会話文
女性:Hello. I’m calling about the coffee machine I purchased from your website. It’s stopped working even though I haven’t had it for very long. I expected it to last much longer than this.

男性:Oh, I’m sorry to hear that. Our warranty covers products for up to a year. Do you know when you bought it?

女性:I’ve had it for a little over a yea, so the warranty has probably just expired. This is so disappointing.

男性:Well, I’ll tell you what we can do. Although we can’t replace it, since you’re a valued customer I can offer you a coupon for 40 % off your next purchase.

最初に、上のような会話文が放送されます。これは問題用紙には書かれていません。引き続き3問の設問が読み上げられ4つの選択肢の中から適当なものを選びます。設問は以下のような問いで、ここでは1つのみ示しています。設問と選択肢は問題用紙に記載されています。

No. 32 Why is the woman calling?
(A) To cancel an order
(B) To complain about a product
(C) To redeem a gift card
(D) To renew a warranty

問題は「なぜ女性は電話をかけているのか」なので、選択肢(B)「製品に文句を言うため」が正解になります。

(※)出典:リスニングセクションPart3 サンプル問題|一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

Part3のコツは設問の先読み

設問と選択肢は問題用紙に記載されているので、問題の合間に素早く先読みをしていくことが大切です。聞かれることが先にわかっていれば、会話音声を聞きながら必要な情報を拾うことができるので正解を導きやすくなります。

<リスニング>TOEIC Part4の問題形式は?

Part4ではアナウンスメントや、留守番電話、ラジオ広告などが読み上げられます。どんな問題なのか詳しく見ていきましょう。

Part4は説明文問題が30問

Part4 では1人の人物によるナレーションを聞いた後、それについて放送される3つの設問について4つの選択肢から最も適切なものを選びます。ナレーションは10セット、問題数は30問です。

Part4の例題

Part4の例題(※)を見てみましょう。

Hello Mr. Lee, this is Thomas from BKS Auto Shop calling with some information about your car repair. I know we told you that it would take until next week to get the part we ordered, but we got the part early, and I was able to finish the repair. We’re going to be closing for the day in a few minutes, but you’re welcome to come get your car anytime tomorrow. If you need a ride to the shop tomorrow, let me know, and I can arrange one for you.

No. 71 What does the speaker say about the repair?
(A) It is not required.
(B) It has been finished early.
(C) It will be inexpensive.
(D) It is covered by a warranty.

設問は「修理について、話し手は何と言っているか」なので、選択肢(B)の「早めに終わる」が正解になります。

(※)出典:リスニングセクションPart4 サンプル問題|一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

Part4のコツは設問の先読み

Part4のコツはPart3 と同じく設問の先読みです。ナレーションが始まる前に設問に目を通して何について答えれるのかを把握します。時刻や職業、人名などの具体的な内容が聞かれている場合は選択肢にも目を通しておきましょう。図表を含む問題では、先にざっと目を通しておくと理解しやすくなります。

各音声の冒頭で「Questions…refer to the following (ナレーションのジャンル)」という導入が入るので、ここでどんなジャンルが放送されるのかつかんでおくとスムーズに解答できます。

<リーディング>TOEIC Part5の問題形式は?

Part5では、短い英文が並んでいるのでさほど難しくないように見えますが、基本的な英文法と語彙力が備わっていることが求められます。問題数や内容などを詳しく確認しましょう。

Part5は短文穴埋め問題が30問

Part5 は短い英文の穴埋め問題で、空所を埋めるのに最も適切なものを4つの選択肢から選ぶ問題です。新形式になって問題数が40問から30問に減少しました。内容は品詞・動詞の形や語法、時制など文法の基礎知識や語彙の知識が問われるものです。

Part5の例題

Part5の例題(※)を見てみましょう。

No. 101 Customer reviews indicate that many modern mobile devices are often unnecessarily ——- .

(A) complication
(B) complicates
(C) complicate
(D) complicated

問題文は「顧客のレビューでは、多くの最近のモバイル機器は不必要に( )だ、と言っている」となり、( )に当てはまる選択肢は(D)の「complicated」になります。

(※)出典:リスニングセクションPart5 サンプル問題|一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

Part5のコツは文法をしっかり押さえること

Part5のコツは文法をしっかり押さえることです。選択肢を見て問題のパターンを把握し、「空所付近だけを見て解けるか、英文全体を読まないと解けないか」を見極めます。特に品詞を問う問題の出題率が高いので文の構造をすぐに理解できる必要があります。日ごろから5文型を意識して、英文を見たときにSVOC(主語・述語・目的語・補語)のどの要素かということや文の構造を見抜けるように意識して勉強しましょう。

<リーディング>TOEIC Part6の問題形式は?

Part6はPart5 と同じ穴埋め問題ですが、メールや手紙、広告や告知文など100語程度の長めの文章になります。Part5との違いを比較しながら具体的に見ていきましょう。

Part6は長文穴埋め問題が16問

Part6は1つの英文の中に空所が4つあります。これが4セットで合計16問です。新形式になってから「1文挿入問題」が追加されました。Part5のように空所のある文だけを読めば解答できるものと、空所だけでなくその前後の文脈も理解しないと解けない問題とあります。

Part6の例題

Part6の例題(※)で具体的に見てみましょう。

No. 131
(A) interest
(B) interests
(C) interested
(D) interesting

“we will be organizing several training sessions for ( ) employees.”の空白に当てはまる語句を選ぶ問題です。「興味のある従業員に向けていくつかのトレーニングセッションを整えている」となりますから正解は(C)の“interested”となります。

(※)出典:リスニングセクションPart6 サンプル問題|一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

Part6のコツは出題ジャンルに慣れること

Part6のコツは出題ジャンルに慣れることです。導入文の「Question…refer to the following(ジャンル)」でジャンルが示されるので最初に把握しておきましょう。また文書のタイトル、見出し、メールの宛先や差出人、件名などから英文のタイプや目的も把握します。

<リーディング>TOEIC Part7の問題形式は?

Part7では、さまざまなジャンル、形式の英文を読んでその内容に答えていくものですが、スピード感を持って解き進めていくのが大切です。内容を確認していきましょう。

Part7は長文読解が20問

Part7では一定のボリュームの英文を読んでそれについて設問に答える問題です。英文の種類はさまざまでメール、注文書、ラインチャットなど幅広いジャンルで出題されます。ボリュームは100~300語程度の英文を1つ読み2~4問の設問を解くシングルパッセージ問題が29問、200~300語程度の英文を2つ読み1セットにつき5つの設問を解くダブルパッセージ問題が10問、150~200語程度の英文を3つ読み1セットにつき5つの設問を解くトリプルパッセージ問題が15問です。

Part7の例題

Part7のシングルパッセージの例題(※)を見てみましょう。

No. 147 What is suggested about the car?
(A) It was recently repaired.
(B) It has had more than one owner.
(C) It is very fuel efficient.
(D) It has been on sale for six months.

中古車中古車販売を呼びかける英文ですが、この後の設問では「車について何が示唆されていますか」となっていますので、最も適切な選択肢は(A)の「最近修理された」になります。

(※)出典:リスニングセクションPart7 サンプル問題|一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

Part7のコツは設問を先に読みながら解くこと

Part7のコツは設問を先に読んでから問題に取り組むことです。設問や選択肢からキーワードや問われているポイントを見極めます。特に5W1Hで始まる設問は、whenなら時、whereなら場所といったように問われている事柄が特定しやすいので、問題文の中で情報を見つけやすいでしょう。単語の言い換えを問われるような問題では語彙を知っていれば確実に解答できる問題なので日頃の単語の勉強も大切です。

まとめ

新形式になってからのTOEICの問題の概要、各パートの出題形式や問題数、解法のコツについて紹介してきました。ぜひ参考にしてスコアアップにつなげてください。TOEICの勉強を通してある程度ビジネス英語に自信がついてきたら、次は会話もできるようになりたいと思う人も多いのではないでしょうか。レアジョブではオンラインでの英会話レッスンを実施しています。無料体験レッスンをしているので気軽に参加してコミュニケーションの練習をしてみてはいかがでしょうか?

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する