【英語の長文】読解力を身につけるコツと練習方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEICなどの試験でも必須の英語長文。読むのに時間がかかり、設問までたどり着けなかった…という経験をしたことはありませんか?読んでいるうちに意味が理解できなくなるなど、長文読解に苦手意識を持つ人は多いでしょう。

実は、読解力を身につけるためには押さえておきたい5つのコツがあります。こちらの記事では、長文への苦手意識を克服するために役立つコツや勉強法について解説します。読解練習におすすめの学習サイトもあわせて紹介するので、ぜひ毎日の学習に役立ててくださいね。

自分の実力にあわせて英語の基礎力を身につけよう

英語の長文を読む時に、「まったく意味が理解できない…」「知らない単語ばかりでなかなか前に進めない…」という人は多いかもしれません。自分には英語力がないと落ち込み、英語学習への意欲がなくなってしまうことも。しかし、もしかしたらそれは、自分の英語レベルにあった長文を読んでいない可能性が大いにあります。

英語の長文を読むためには、自分の英語レベルがどれくらいなのかを知ることが大切です。まずはレベルに応じた単語や文法などをしっかりと習得し、徐々に学習レベルを上げていきましょう。

英単語テストで自分に足りない語彙を知る

英語の読解に必要不可欠な語彙力。知っている単語が多ければ多いほど、英文をスムーズに読み進めていくことができますね。ちょくちょく辞書を引きながら読むのは疲れるうえ、文章全体が頭に入ってこないでしょう。また、自分にどれくらいの語彙力があるかを知ることで、どんな教材を選べばいいのか判断しやすくなるというメリットもあります。

自分の語彙力を知るためには、無料で試せるオンラインの「語彙力診断テスト」がおすすめです。語彙力診断テストとは、その名のとおり英単語の知識をどれくらい持っているかを判定するテストのこと。数分で完了するものがほとんどなので、いくつかのテストを受けてみるのもいいでしょう。

効率的に語彙力を身につけるためには、まず自分のレベルに合った学習をすることが重要です。「難しくて勉強が楽しくない」「なかなか思うように英語が上達しない」という人の中には、レベルに合っていない学習をしている人が多く見られます。語彙力診断テストなどで自分のレベルを知り、レベルに応じた単語帳や問題集などを使って学習しましょう。

参考:英単語テストで英語の語彙力チェックしよう

基本的な文法の知識を身につける

語彙力に加え、英語読解に必要なのが英文法の知識です。複雑な英文法を苦手としている人は多いですが、これは暗記に頼った学習方法が理由かもしれません。語彙力は暗記して増やすことが可能ですが、文法はそれぞれの意味をしっかりと理解することが実は近道となります。基本的な英文法を身につけるだけで、読解力はぐんと上がるでしょう。

まず押さえておきたいのが英文の構造です。日本語と英語は文の構造そのものが異なり、これを理解しないことには英文を読み進めていくのが難しくなります。両者の構造にはいくつかの違いがありますが、まず覚えておきたいのが「英語は結論を先に述べる」傾向があるということ。以下の例を見てみましょう。

日本語:私は昨日、母のために誕生日ケーキを焼きました。

英語:I baked a birthday cake for my mother yesterday.

日本語では「焼きました」という動詞が文の最後にありますが、英語ではbaked(焼きました)が文の最初に来ていますね。このように、英語では「主語(S)+動詞(V)」の順に文を組み立てるという特徴があります。

また、英文の構造には主に5つの文型があり、これらを押さえておくことでほとんどの英文を読むことが可能になります。どれも中学で習う基本的な文型なので、しっかりと押さえておきましょう。

第1文型:主語(S)+動詞(V)
第2文型:主語(S)+動詞(V)+補語(C)
第3文型:主語(S)+動詞(V)+目的語(O)
第4文型:主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+ 目的語(O)
第5文型:主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+補語(C)

英語の長文の読解力を身につけるコツ

自分の語彙レベルを知り、基本的な文法の知識を習得したら、さっそく長文を読む練習をしていきましょう。長文の読解力を身につけるためにはコツがあり、それらを押さえるだけでスラスラと読めるようになるはずです。ここでは読解力を上げるための5つのコツについて解説します。

主語・動詞を判別できるようにする

英語の長文読解が苦手な人からは、「たくさんの文が羅列しているのを見ているだけで読める気がしない…」といった声も。確かに一見ハードルが高そうに思える長文ですが、実は「主語(S)=誰が/何が」と「動詞(V)=〜する」を含んだ文が連なったものです。一つひとつの文を順に読み解いていけばいいので、英文和訳の練習と難しさはそう変わらないでしょう。

長文を読むときに押さえておきたいコツ一つ目は、文の「主語と動詞を見つけること」です。英語には5つの文型があると述べましたが、どれもが「主語+動詞」で始まっていますね。これらを見つけるだけで、「誰が/何が」「何をする」といった最低限の情報を得ることが可能です。また、動詞の数がわかれば、いくつの文で構成されているのかも把握することができます。動詞の後ろにたくさんの修飾語がついていたとしても、主語と動詞が判別できれば大まかな意味を理解することができるでしょう。

動詞を判別するためには、以下に該当する箇所を探してみてください。

・be動詞(am / is / are など)
・一般動詞(play / plays / played など)
・助動詞+動詞(can play / will play / would play / may play など)
・進行形<be動詞+〜ing>(is touching など)
・受け身形<be動詞+過去分詞>(is used / are used など)
・完了形(have finished / has finished /had finishedなど)</be動詞+過去分詞></be動詞+〜ing>

注意したいのが、不定詞(to+動詞の原形)や動名詞(〜ing)などを動詞として数えないということ。慣れるまでは判断が難しいかもしれませんが、焦らず練習してみてください。

日本語の文章に訳さず、英語の語順のまま理解する

英文をいちいち日本語に訳しながら読んでいたら、とても時間がかかってしまいますね。英語と日本語は構造が異なるため、一度英文の後ろを訳した後さらに前に戻って訳す必要がありとても面倒です。長文をスラスラ読むためには、「英語の語順のまま理解する」ことがとても重要になります。

その訓練にとても有効なのが「スラッシュリーディング」。スラッシュリーディングとは、文の頭から意味のかたまりごとにスラッシュ(/)で区切って読み進める方法です。まずは、以下の例を見てみましょう。

I buy that red bicycle which my daughter has wanted since last year.(去年から娘がほしがっているあの赤い自転車を買います)

日本語できれいに訳そうとするとこのようになりますね。文の後ろにあるwhich以降を先に訳し、前に戻ってやっと訳が完結します。では、これをスラッシュリーディングで読むとどうなるでしょうか。

I buy / that red bicycle / which my daughter has wanted / since last year.(私は買う/あの赤い自転車/私の娘がほしがっている/去年から)

どちらが理解しやすいでしょうか?スラッシュリーディングの方は日本語訳としては不自然ですが、言いたいことは十分伝わります。長文読解では一語一語をきれいに訳する必要はなく、内容をいかに理解できるかが大切。長文をスラスラと読めるよう、大まかに意味をつかむ訓練をしましょう。

段落ごとに要点を理解する

長文をすべて読むことは大切ですが、より効率的に内容を把握するためのコツとしておすすめなのが「パラグラフリーディング」です。パラグラフリーディングとは、パラグラフ(段落)の要点を押さえたり、推測したりしながら長文を読み進めていく方法。例えば、論文などの文章は一般的に序文・本文・結論で構成されていて、序文にあたる段落では問題提起、本文では問題を解決するための解説や具体例の提示、結論では問題に対する答えなどがまとめられています。このように、パラグラフごとの要点を押さえながら読み進めることで内容を整理しやすく、全体のおおまかな流れを理解することができるでしょう。

以下は、パラグラフリーディングを行う際のポイントです。

① 初めの段落の要点を探す
② 最後の段落の要点をさがす
③ 要点を押さえながら、順番どおりに段落を読み進める
④ 要点をメモしておく
⑤ ディスコースマーカーを探す

⑤の「ディスコースマーカー」とは、要点を探す際にポイントとなる単語や熟語などのことです。主に、接続詞や副詞、前置詞などのことが多く、これらの後ろには主張や要点などがくるケースが多く見られます。文中に以下のディスコースマーカーが出てきたら注意しておきましょう。

・理由や原因:because / since / as など
・逆説:but / however / yet / neverthelessなど
・例示:for example / for instance など
・結論、要約:in conclusion / in brief / to sum upなど

長文の第一印象と、シーンをイメージしながら読み始める

ここまでは長文読解のテクニックに関するコツを紹介してきましたが、意外と大切なのが「イメージしながら読む」ことです。「かえって時間がかかるのでは?」と思うかもしれませんが、まずは長文のタイトルや内容をざっと見て、何が書かれたものなのかを大まかにイメージ(推測)してみましょう。第一印象をイメージすることで、読解の理解度がぐんと上がるはずです。まずは、短くて簡単なニュース英語などを利用して、イメージをつかむ練習をするのもおすすめです。

次に練習したいのが、シーンごとの情景をイメージする方法です。まずは以下の文を例に見てみましょう。

On the weekend, we went to the park and enjoyed playing badminton. We had sandwiches which I made and coffee for lunch. Then, we threw ourselves down on the grass and read books.

「公園」「バドミントン」「サンドイッチ」「コーヒー」「本を読む」などの単語を拾い出すだけでも、公園でのんびりと過ごしている情景が浮かびます。これらを把握するだけでも、後に続く内容を理解しやすくなるはずです。もっと読むスピードを上げたいという人は、ぜひ試してみてください。

時間を測って、速く読むことを意識する

じっくり時間をかけて長文を読める状況であればいいですが、試験など時間の制限がある場合はスピードが求められます。なるべく速く長文を読み上げて、解答する時間を多く確保したいですね。長文を読むスピードを上げたい人におすすめなのが、「時間を計って速く読むことを意識する」練習方法です。

wpm(words per minutes)という言葉を聞いたことがありますか? これは「1分あたりの単語数」という意味で、英文を読む速度の指標としても用いられています。wpmの算出方法は以下をご覧ください。

wpm=単語数 ÷ 読解にかかった時間(秒)× 60

例えば、2,000語の文章を1,000秒で読んだ場合は「2,000 ÷ 1,000 × 60 =120」となり、読解スピードは「120wpm」となります。内容の難しさなどによってもスピードは変わるため一概には言えませんが、目安として日本人の平均は100wpmほど、ネイティブの平均は300wpmほどです。また、TOEICの問題を一通り解き終えるためには、150〜200wpmほどのスピードが必要とされています。

wpmが徐々にアップするよう、時間を意識しながら読む練習も必要です。ストップウォッチや時計などを横に置き、まずはひたすら長文に慣れるまで読み込みましょう。「目標は〇〇分以内!」と目標を設定して、何度も繰り返し練習することが大切です。

長文は一度読んだだけではダメ。必ず復習を

長文の学習では、同じ文を繰り返し読んで頭の中にストックを作っていくことが重要です。そこで、ぜひとも試したいのが「精読」と「音読」。長文をじっくりと読んでいく精読、黙読ではなく声に出して練習する音読が有効になります。これらの訓練を積むことで読むスピードが速くなり、結果リスニング力も鍛えられるでしょう。ここでは、精読や音読の効果や実践法について解説します。

まずは精読し、わからない単語をなくす

時間を計って速く読む練習について解説しましたが、それとあわせて練習したいのが「精読」です。一見、両者は正反対のように思えるかもしれませんが、速読力を上げるためにも精読は欠かせない練習法となります。

内容がまったく理解できない文章をただ速く読むだけでは意味がありません。日常の英語学習ではまず長文をじっくりと読み、わからない単語や文の構造などを一つひとつ理解していきましょう。そうすることで、内容理解を伴う速読が実現するというわけです。

精読のポイントは、文章を理解するためにそれほど重要ではないと思われる箇所(細部)にもこだわって読み進めること。では、以下の例文をご覧ください。

We plan on having a wedding ceremony at a church next summer.
(私たちは来年の夏に教会で結婚式を挙げるつもりです)

・plan on〜ingで「〜するつもりだ」というフレーズになる
・「教会で」と言いたい時にはin a church / at a church の両方が使える

このように細かく見ていくことで、文法や言い回しをしっかりと身につけることができます。

スラスラと読めるようになるまで何度も音読する

長文を精読したら、次に行いたいのが英文を声に出して読む「音読」です。音読にはさまざまなメリットがあります。

・英語の語順どおりに読む習慣がつく
・同じ文章を繰り返し読むことで読むスピードが飛躍的にアップする
・文中の単語やフレーズが記憶に残りやすい
・耳で音を聞くためリスニング力も鍛えられる

音読はスラスラと読めるようになるまで、とにかく繰り返し読むことが大切です。そうすることで読むスピードが確実にアップし、速読の練習にもつながるでしょう。ただし、自己流の発音で読むと、いつまでも正しい発音が身につかない可能性も。できれば、英語の音声がついている教材を選ぶのがおすすめです。正しい発音を真似しながら、スピードについていけるよう何度も練習してみてくださいね。

英語の読解練習におすすめなサイト

ここでは、英語長文のリーディング練習ができるおすすめサイトを紹介します。

News in Levels

英語学習者向けのニュースサイト『News in Levels』は、語彙レベル別にニューストピックを3段階に分けてあるのが特徴です。レベル別に同じニュースを読めるため、英語初級者から上級者まで利用できる便利なサイト。簡単な単語が使用されているレベル1は、語彙力があまりない、これから英文に慣れたいという初心者向けです。トピックによっては音声が聞けるものもあるので、リスニングの練習ができるというメリットもあります。
News in Levels

VOA Learning English

アメリカ国営ラジオ局『Voice of America』が運営する非ネイティブ向けのニュースサイト『VOA Leaning Englich』。最新のニュースを、ゆっくりとした英語でわかりやすく学習できるのが特徴です。スクリプトと音声を利用して効率的に学習できるため、音読やシャドーイングの教材にもおすすめ。公式ポッドキャストもあるのでぜひ利用してみてくだい。ゆっくりスピードの英語に慣れたら、Voice of Americaのサイトで通常のスピードの英語にも触れてみましょう。
VOA Learning English

The Japan Times

日本国内のニュースを英語で伝える新聞社のサイト『The Japan Times』。英字新聞といえばThe Japan Timesというほど、知名度のある英字新聞です。こちらのサイトでは日本国内の身近な話題を取り上げているため、ニュースの背景が理解しやすいというメリットがあります。一方で、少々難しい単語やフレーズが使われているので、中級者以上向けという印象も。公式アプリもあり、ポッドキャストでは30分以内程度の音声も聞けるのでリスニングの練習にも使えます。
The Japan Times

Daily News Article

『Daily News Article』は、オンライン英会話のレアジョブを利用している人に好評な教材サイトです。世界中のニュースや話題の記事などが毎日更新され、レアジョブ英会話の講義でも実際に使用されています。様々なジャンルの記事に触れられるうえ、単語の解説やViewpoint Discussionという設問も用意されているなど、語彙力やスピーキング力を上げたい人にもおすすめ。ネイティブスピードの音声を繰り返し聞き、ぜひオーバーラッピングの練習にも活用してみてください。
Daily News Article

英語の長文練習の第一歩は、自分のレベルを知ること

英語長文の読解力を鍛えるためには、まず自分のレベルを知ることが大切です。レベルに合った教材や学習方法で学ぶことで、より効率的にしっかりと英語を身につけることができるでしょう。基本的な文法を押さえておくことはもちろん、スラッシュリーディングやパラグラフリーディングなどを活用することもお忘れなく。英文を何度も繰り返し音読して、英語を英語のまま理解できるスキルを身につけましょう。

もしも自分の英語レベルがわからないという場合は、レアジョブの無料体験レッスンで調べることができます。まずは気軽に申し込み、オンライン英会話の授業を体感してみてください。

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する