手軽に上達!英語の勉強におすすめのアプリ15選【無料も!】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の勉強にアプリの導入を検討したものの、数が多すぎて戸惑ったことはありませんか?英語学習アプリは上手く使えば手軽に上達が見込めますが、自分のレベルや勉強方法に合わないものではかえって遠回りになる可能性もあります。

今回は、英語の勉強におすすめのアプリを15個ご紹介。それぞれの特徴を理解して、心強いパートナーをぜひ見つけてください。

英語学習アプリってどんなもの?何が学べる?

英語学習アプリとは、英語を効率よく勉強するために作られた専用のソフトウェアのことを指します。スマートフォンやタブレットにインストールし、目標達成をサポートしてくれる便利なツールです。

英語学習アプリのメリットは、手軽にできること、持ち運びがしやすいことの2点。現代人の生活では欠かせないスマートフォンやタブレットにインストールするため、思いついたときにすぐに使えます。

また、アプリによっては、単語学習・リスニング・ライティングなどをオールインワンで学習でき、紙であれば分厚くなってしまう辞書機能もアプリであれば場所を取りません。こうした持ち運びのしやすさも英語学習アプリの長所です。

学べる内容や範囲は、アプリの目的やユーザーのレベルによってさまざまです。効率よく学習していくためには、「現時点で自分(学習者)に何が足りていないのか」「最終的にどこを目標とするか」を明確にしましょう。それでは、以下でおすすめのアプリを紹介しています。なお、サービス内容や料金は2021年7月時点のものです。

読み書き文法会話すべてまとめて勉強したい人におすすめの英語アプリ5選

1つで複数の分野をこなせるオールインワンタイプのアプリを5つご紹介します。アプリは原則として目的や機能が増えるほど維持費がかかるため、有料のものも多いのが特徴。

しかし、中には無料のものや、月額1000円以下で利用できる優秀なアプリも少なくありません。予算や学習スケジュールに合わせて選びましょう。

英語学習に楽しく踏み出そう!『Duolingo』

『Duolingo(デュオリンゴ)』は非英語話者向けの世界的な学習アプリです。

特徴は、小学生から大人まで幅広く使える射程の広さ。英語に自信がなかったり、勉強に対してあまりいい思い出がなかったりする社会人の方でも安心して使うことができます。

可愛らしいマスコットキャラクターや、目標をクリアした際にもらえるゲーム内トロフィーなど、飽きずに勉強が続けられる工夫も嬉しいポイントです。

親しみやすい見た目とは裏腹に、質の高い教材が用意されています。教材のレベルは日本で言えば中学~高校卒業程度で、日常使いには問題ありません。公式調査によれば、Duolingoでの34時間分の学習は、大学における1学期分の外国語授業に匹敵するようです。

料金:基本無料
※有料版のDuolingo Plusは1ヶ月プランで1,400円/月
Duolingo

脳のメカニズムに沿った体系学習『iKnow!』

『iKnow!』の特色は、脳科学を利用した定着しやすい学習スタイルです。カリキュラムは忘却曲線といった人間の脳にまつわる研究結果を元にしているため、単語だけでなく文法やスペリングの知識も短い期間で身に着きます。

また、無駄を省いた上質なコンテンツが数多く学べることにも注目。例えば、単語帳には約4000語収録されています。これは英検で言えば準2級に相当するため、単語帳をクリアできれば高校生のレベルに最短で到着できるでしょう。他にもビジネスコースなど、学習者それぞれのゴールに沿ったプランが選択できます。

『iKnow!』は、仕事で使うために英語をもう一度基本から学習したい社会人におすすめ。TOEICのレベルで言えば450~900点がカバーできるため、継続してスコアを上げるために長く使えるという点も、短期間に集中して勉強するのが難しい社会人に向いているポイントです。

料金:1ヶ月プラン 1,510円/月、12ヶ月プラン 794円/月
iKnow!

塾の密度をアプリで手軽に。『スタディサプリENGLISH』

学生からの信頼も厚いスタディサプリENGLISHは、スクールのような高いクオリティで勉強ができる、コストパフォーマンスのよさが魅力です。

塾にあってアプリにないポイントは、体系的なカリキュラムやわからないところをすぐに解決できるフォロー力。スタディサプリENGLISHは、日本人の英語学習に特化することで、つまずきやすい箇所の知見を豊富に収集しています。これらの学習履歴を元にしたカリキュラムなら、自学にありがちなストレスや停滞感を減らすことができます。

また、プロの塾講師による解説動画も用意。日々の学習でわからなかった部分や学習時の不安を、プロの講座ですぐに解決できることは大きな利点です。自分のペースで進められる上に低価格なので、塾に通うまとまった時間や月謝が用意できない社会人におすすめできます。

料金:2,178円/月
スタディサプリENGLISH

信頼できる公式教材『TOEIC® presents English Upgrader』

『TOEIC® presents English Upgrader』は、世界でも使われる英語テスト、TOEICの公式による英語学習アプリ。特に、リスニングを中心にTOEICの勉強を進めたいと考えている人におすすめです。

このアプリでは、日常やビジネスの場面を舞台にしたリスニング教材が毎月追加されます。インターネットラジオ・Podcast(ポッドキャスト)のランキングサイトで再生数1位を獲得したこともあり、高いクオリティを誇ります。新鮮な教材を使うことで、学習内容に飽きることなくフレッシュな気持ちが維持できるでしょう。

リスニング教材を聞いた後は、クイズで定着度合いが確認できます。テスト本番を想定したスクリプトと、単語・文法を関連づけることで学びがさらに深まることでしょう。

料金:完全無料
TOEIC® presents English Upgrader

オーダーメイドの学習プランが作れる『POLYGLOTS』

『POLYGLOTS(ポリグロッツ)』は、180万人分の学習履歴とAI分析による最適なカリキュラムが魅力のアプリ。アプリ学習は勉強方法の自由度が高すぎるために、時として途中でつまらなくなったり脱落したりすることも珍しくありません。

しかし『POLYGLOTS』は、過去の膨大な学習記録をAIで分析し、学習者が無理なく続けられる学習プログラムを生成できます。

また、リーディングなど英語の4分野に加え、単語・文法の学習も『POLYGLOTS』内で完結できます。他に使わなければいけないサブテキストもないため、あまり多くのアプリやテキストは使いたくないという人にもピッタリです。さらに、有料のレッスン機能を使えば、勉強の進め方も学ぶことができます。

料金:Basic480円/月、MyRecipe3,600円/3ヶ月など
※無料プランもあり
POLYGLOTS

単語に特化して勉強したい人におすすめの英語アプリ5選

以下では、単語の暗記に特化したアプリを5つ紹介していきます。単語を定着させるには、何度も復習を重ねることがポイントです。そこで、単語アプリでは他の英語学習アプリと比べて「何回も見ても飽きないUI」や「手早く開ける機能性」も重要に。

もちろん、目標とするレベルにふさわしい収録語数かどうかも、使用アプリを判断するための大事な基準です。自分の目的や好みに合うものを見極めましょう。

重要単語を耳で覚える『キクタン【All-in-One版】』

『キクタン【All-in-One版】』はベストセラー書籍キクタンシリーズのアプリ移植版です。キクタンシリーズは、元から「耳で覚える」ことを主軸に置いた単語帳。音声が一緒に流せるアプリ版になったことで、単語力だけでなくリスニング能力も鍛えられるようになりました。

Basic、Advanced、Superの3冊を1つのアプリに集約しているため、見た目以上に充実した中身を備えています。TOEICであれば350点から730点以上にまで対応していること、月額課金ではなく買い切り型ということもあり、勉強のおともとして末永く使えるでしょう。

料金:1,840円(買い切り型)
キクタン【All-in-One版】

可愛いUIで一緒に楽しく単語学習『英単語アプリ mikan』

『英単語アプリ mikan』は10万語以上の単語を発音つきで収録しています。この語数は、基本無料のアプリとしては圧巻の量。初学者からTOEIC満点を目指す人まで幅広く使え、ボリュームとコストパフォーマンスの高さが魅力です。

さらに、単語帳アプリで重要となる直感的な操作感も大きな魅力。テストモードでは、フリックで正誤を答えます。テンポよく解き進められるため、結果として多くの単語に繰り返し目を通すことになり、単語の習得につながるのです。

また、ミス単語を記録する際も、アプリ側が回答速度に基づいて理解度を自動で判定してくれます。「完璧」「あやふや」「間違い」などのレベルに応じて再テストを受けることが可能です。なお、収録語は高校生レベル~TOEIC900点以上に対応しています。

料金:基本無料
※Mikan PROは1,000円/月
英単語アプリ mikan

老舗単語帳をさらに使い倒そう!『ターゲットの友 英単語アプリ』

『ターゲットの友 英単語アプリ』は、旺文社ターゲットシリーズのアプリ版です。書籍版同様、アプリでも「出る順」「コロケーションも同時掲載」といった、英語に親しむためのさまざまな工夫がなされています。

課金すると、リスニングの再生機能を自分用にアレンジが可能に。この機能は、他の音声つきアプリではあまり見られないユニークな機能です。「英語音声→正解を5秒間考える→日本語音声で答え合わせ」といった、自分の好みに合わせた音声データが作れます。

ターゲットシリーズは、刊行30年を超えて愛され続ける実績があるため、学生の頃に慣れ親しんだ単語帳で勉強がしたい人には特におすすめです。

料金:基本無料
※アップグレードする場合は860円
ターゲットの友 英単語アプリ

1つのアプリに200冊以上の参考書!『abceed』

『abceed』の特色は、収録されているコンテンツ量の豊富さです。TOEICオンライン模試であれば25回分(5000問以上)が収められており、さらにアプリ内で有名参考書を読むこともできます。Pro(有料版)であれば冊数が増え、200冊以上が読み放題に。

複数デバイスからアクセスできる取り回しのよさも嬉しいポイントでしょう。学習記録はアカウントで管理されるため、スマートフォン・タブレット・PCどこからでも記録をつけることが可能です。「時間が足りない平日はスマホで単語学習、しっかりやりたい休日はPCでTOEIC模試」といった、それぞれの生活に合わせて勉強スタイルが調整できます。

『abceed』では英語4分野の学習に加え、シャドーイングやディクテーションも実践できます。普段から複数のデバイスを並行で運用している人なら、アプリの魅力を最大限引き出すことができるでしょう。

料金:基本無料
※PRO版は1,400円/月
abceed

難関単語をゲーム感覚で楽々習得『英語物語』

『英語物語』は、他とは一線を画するRPG形式の英語学習アプリです。ストーリーは英語・日本語の2種類の字幕で読み進めることができ、ボリュームは小説にして3冊分以上を誇ります。さらにバトルでは、単語や文法の問題に正解することで敵にダメージが与えられ、楽しみながら知識がつけられるでしょう。

『英語物語』は、独自のゲームシステムだけでなく英語学習アプリとしての機能も充実しています。英単語の読み上げや誤答記録に応じた復習システムに加え、ステージをクリアした後には出てきた問題を復習することも可能です。

このアプリは小学生~社会人まで幅広いユーザーを対象としており、英単語・英文法の基本が遊び感覚で習得できます、楽しんで勉強したい人や、ゲームに熱中したことがある人は一度試してみてはいかがでしょうか。

料金:完全無料
英語物語

リスニング力を磨きたい人におすすめの英語アプリ5選

続けて、リスニング力をアップしたい人に向けておすすめの英語アプリを5つ紹介します。リスニング(耳から入れる)はスピーキング(口から出す)とセットで学習することでより効率的に学習ができます。聞くだけでなく、喋る・録音する機能がついているアプリを選ぶと、目標にも早く近づけるでしょう。

毎日の暮らしに英語ニュースを取り入れる『リスニングナビ』

『リスニングナビ』では「日替わりの英語ニュース」というシンプルかつ効果的な教材を毎日聞くことができます。素材はNHK WORLDを始めとした日本国内の時事を使っているため、海外に詳しくなくても中身が理解しやすいでしょう。

『リスニングナビ』では、いままで勉強してきた日数と合計時間が表示されます。リスニングはなかなか目に見えて成果が確認しづらい分野ですが、累積時間が増えていくことで「ここまでやったんだ!」という自信につながるでしょう。

英語に耳を慣らしたい社会人や、社会情勢にも興味がある人に使ってほしいアプリです。時事問題とニュースで使われる語彙を身につければ、ビジネスの現場で思わぬ活躍ができるかもしれません。

料金:完全無料
リスニングナビ

より学びを深めたいビジネスパーソンには『LissN』

『LissN』は、日本経済新聞社が制作した英語学習アプリです。毎朝日経グループが発行する有料記事から厳選した5本を配信してくれます。ビジネスの最前線で使える英語が学べると同時に、経済動向の知識も得られる点が特徴です。

配信される記事は目で読むこともできますが、基本的には1~2本を耳で繰り返し聞くことを推奨しています。5段階の読み上げ速度と3段階の時間巻き戻し機能を活用し、自分に合った速度で復習しましょう。また読み手にはアメリカ・イギリスだけでなくカナダ・オーストラリア出身のネイティブスピーカーもいるため、TOEIC対策にも適しています。

日経グループが制作しているだけに、本アプリは数ある英語アプリの中でも経済・社会の動向やビジネスの現場で使える英語に特化しています。時間はないけど社会情勢を追いたい、というビジネスパーソンにはうってつけの教材です。

料金:初月無料、2ヶ月目から600円/月
LissN

他では聞けない音声素材にチャレンジするなら『リスニングドリル』

『リスニングドリル』は、他では珍しい音声素材で英語学習ができるアプリです。ここにはTED(Technology Entertainment Design)、オーディオブック、童話の3種類が収録されています。特にTEDは、教養を得ながら英語が学習できるという大きな強みを持っているのが特徴です。

また、優れたリスニング教材をフォローする字幕表示、単語検索も搭載しています。さらに、リピート機能で自分の発音を録音して音声教材と聞き比べれば、スピーキング能力も鍛えられるでしょう。

『リスニングドリル』では、ネイティブスピードの英語だけでなく、音声素材で扱うテーマについても知識が深められます。他の学習教材があまり魅力的に感じず、面白いスクリプトを使いたい英語中級者なら、試してみてはいかがでしょうか。

料金:完全無料
リスニングドリル

バラエティ豊かで信頼できる講座集『NHKゴガク』

『NHKゴガク』は、その名の通りNHKラジオで放送された各種語学講座を、ストリーミング再生できるアプリです。日本人の外国語学習者に特化すると同時に、彼らを支えてきた長い歴史があるため、日本人がつまずきやすいポイントや興味が持てる部分を網羅しています。

自分のレベルに合わせた講座を選ぶことが可能なのも魅力。ここでは「小学生の基礎英語」から「高校生からはじめる現代英語」、そして「ラジオビジネス英語」まで、年齢や学習目的に合わせた講座が多数開講しています。ショートドラマ仕立てで面白く英単語を覚えていく「ボギャブライダー」など、ユーモアのある番組もおすすめです。

アルファベットの基礎から実践的なビジネス英語まで幅広い講座があるため、英語を学ぼうとする日本語話者なら誰でもぴったりな講座が見つけられるでしょう。

料金:完全無料
NHKゴガク

スマホ1台で講師とマンツーマン『レアジョブ英会話』

『レアジョブ英会話』は、5分前の予約にも対応できるフットワークの軽さが大きな持ち味のアプリ。思いついたその日に受けられる気軽さは、予定が立てづらくてなかなかレッスンに行けない人にとってはありがたい点でしょう。さらに、時間も6:00~24:30までと幅広く開講しています。

また、『レアジョブ英会話』であれば教材ページから復習・追加学習も簡単です。レッスンルームには講師とのチャットが自動保存されているため、習ったことを自分でメモしなくても大丈夫。さらに、ビジネス英会話コースなら、人気教材の「Daily News Article」が閲覧できるようになりました。

料金:無料(レッスンを利用する場合は1日1レッスンプラン 6,380円/月)
レアジョブ英会話

隙間時間にも!英語アプリの上手な活用方法

英語アプリを上手に活用するには、以下の2点に気をつけてみるとよいでしょう。

隙間時間を使う

1日5分でも10分でも、毎日コツコツやることでいつか大きな成果につながります。リスニングアプリであれば、通勤やトレーニングの時間に聞き流すのもおすすめです。

苦手分野の管理をアプリに任せる

紙の単語帳であれば自分でマーカーを引かなければならなかったものも、アプリであれば自動で記録が可能です。間違えた問題や苦手な分野だけが出てくるオーダーメイドのテストで、効率的に復習していきましょう。

まとめ

英語学習アプリは、英語の習得をさまざまな分野からサポートしてくれる心強い味方です。最短でゴールにたどり着くためにも、自分のレベルや目標にあったアプリを選びましょう。

日本の英語学習を進めてきた人のなかには「読む・書く」は比較的得意でも「聞く・喋る」が苦手な人が多い傾向にあります。英語アプリと合わせて英会話レッスンを加えれば、欠けている部分を的確にフォローが可能に。気になる方は、ぜひレアジョブ英会話の無料体験も試してみてくださいね。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する