【最新】英語を独学で学ぶならこれ!編集者おすすめの英会話本20選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英会話を習う前に、まずは参考書から始めようと考える人も多いはず。しかし、数多くの英会話テキストの中から自分に適した1冊を選ぶことは大変です。そこで本記事では、独学でスピーキングを学ぶための、英会話本の選び方について解説していきます。

さらに、難易度や目的に合わせたおすすめの勉強本を20冊ピックアップ。どんな参考書がいいか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

英会話学習用の本はどうやって選べばいい?

まずは、英会話学習用テキストの選び方を解説します。選ぶのに苦労している人は必見です。

自分のレベルにあったものを選ぼう

自分のレベルに合った本を選ぶことが、適切な学習を始めるために一番重要なポイントです。まずは現在の英語力がどれくらいなのか確かめてから選ぶことをおすすめします。

英会話レッスンの無料体験やTOEIC模試などを通じて、英語力を確認してみてくださいね。

勉強を始めたばかりの初心者ならイラストが多く簡単な表現が多いものを

英語を始めたばかりの初心者は、まず「英語を聞くこと、喋ること」に慣れるところから始めましょう。細かいフレーズや表現は後からいくらでも学ぶことができます。まずは学習を長く続けるために、心理的なハードルを下げることを意識します。

また、短くて応用の利くフレーズが多く掲載されている参考書を選ぶのも重要。はじめのうちは、どんな場面でも使える簡単なフレーズを身につけるべきだからです。簡単な質問やそれに対する受け答えを自分の体に覚え込ませることで、今後もいろいろな場面で使うことが可能に。

さらに、イラストが多い参考書も使いやすくておすすめです。わからない内容を文章だけで理解することは、難しいだけでなくモチベーションの低下にもつながります。会話の感覚をイラストや図で解説してくれている参考書を優先して選ぶといいでしょう。

学生さんなど中級者なら応用をきかせて学べるものを

基本的な文法の理解が出来ている学生さんや、月に2~3回ほど英会話に触れる機会がある中級者は、基礎固めもしつつ応用表現に手を伸ばすことができる本がおすすめです。

あるいは、トピックが少し難しめなものを読んでみてもいいでしょう。留学や旅行など目的が明確に設定されているものは、最低限の英語力がある前提で書かれていることがほとんどです。自分の目指す場所や想定される使い方に合わせて、専門的な内容に一歩足を踏み入れてもいい段階だといえます。

上級者ならトピックが豊富で内容が充実したものを

中級者向けの参考書が楽に読めるようになったら、上級者向けの本に手を出してみましょう。

ビジネスや学問などの専門分野に特化した参考書がおすすめです。中には、現地での生活に関するコラムや暮らしの事情など、役に立つ知識が豊富なものもあります。

また、数多くのフレーズが掲載された参考書もおすすめです。最初は単語の知識や外国文化への馴染みがなくてあまり理解できなかった部分も、上級者になれば実際に使ってみることもできるはず。より幅広い表現を身に着けられるよう、フレーズの数にもこだわってみてください。

ビジネスや留学など明確な目的があるならそれに合わせるのも◎

英会話を学ぶ目的がはっきりとしているなら、その目的に特化した参考書を選ぶといいでしょう。留学・ワーホリ・現地駐在・移住など、英会話が必要なシーンにあわせて専門のものを選んでみてください。

目的のなかにもレベルで別れていることがほとんどなので、自分のレベルにあったものを探してみるといいですよ。例えば、高校への留学なのか、大学への留学なのかによって英会話のレベルは大きく異なります。必ず目的の細部まで確認し、自分のニーズに合ったものを選びましょう。

CD付きを選ぼう。発音もいっしょに覚えられて効率UP!

英会話用の参考書は、必ずCDや音声ファイルがついているものを選びましょう。音源なしで独学を進めると、知らない単語を目にしても正しい発声方法がわからず、会話で使用できないなんてことも。

さらに、知っている単語でも実は発音が間違っていることもあるでしょう。音源があれば、間違った発音を矯正することも可能です。これらの理由から、英会話本はネイティブの発音を聞きながら覚える方がはるかに効率がよくなると言えます。

レベル別おすすめの英会話テキストを紹介!

ここからは、レベル別のおすすめ英会話テキストを紹介します。自分のレベルやニーズに合ったものを見つけてみてください。

英会話初心者の人におすすめなテキスト3選

以下では、英会話初心者に向けたテキストを3冊紹介します。英会話初心者に必要な、とっさに使えるフレーズが知れるものを中心に選んでみたので、ぜひ参考にしてみてください。

マンガのように情景に浸れる!『絵で覚える英会話』

絵で覚える英会話』は、アメリカへ旅行に行った主人公Annaの視点を通じて、お店での注文時やバス乗車時など、日常生活で使用する英語を知ることができる一冊です。

学習計画表もついてくるため、独学でも挫折する心配はありません。付属の音声も、映画のような情景に浸れる「Real」や練習用の「Shadowing」など、目的別に4種類収録しています。

全編に渡ってイラストと英語だけが載っており、日本語の解説はありません。しかしイラストで状況が把握しやすいため、手間取ることはないでしょう。まるでマンガを読むように、よく使うフレーズや登場するシチュエーションが頭に入ってきます。

著者 エリー・オー、他
出版社 文響社
価格(税込) 1,595円

ワンフレーズで喋れるようになろう。『難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!』

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!』は、TOEIC320点の英語素人「大橋くん」と、20年以上にわたって実践英会話を指導してきたソレイシィ講師の対話形式で進む本です。

「なぜ日本人は英語が喋れないのか?」という問いから始まり、英会話に対する考え方や一緒に使えるジェスチャーについて取り上げています。

本書は英語を喋るために必要なマインドセットについて教えてくれるのが特徴です。英会話レッスンに対して恐怖心や抵抗感がある人でも、本書を読めば実際に喋ることの重要性が理解できるでしょう。

著者 スティーブ・ソレイシィ、大橋弘祐
出版社 文響社
価格(税込) 1,518円

英会話レッスンに行く前に。『英会話イメージリンク学習法』

英会話イメージリンク学習法』は大人や社会人のための「やり直し英語」専門サイトの書籍版です。本書では、学校で習った英語を単になぞるのではなく、英語圏の持つ背景や単語のイメージと結びつけて、より「使える」英語の習得を目指します。

社会人になってから英会話に挑んだのはいいものの、どこから手を着けたらいいかわからない人におすすめの一冊です。

想像しやすいシンプルなイラストを通じて、単語それぞれが持つ意味や使いどころが学べます。学校で英語が苦手だった人でも、読んでいるうちに英語が持つ雰囲気や文化に興味が持てるはず。また、a/anとtheの使い方など、日本人が間違えやすいポイントにもフォローがあり、文字通りレッスン前のおさらいに適している一冊です。

著者 遠藤 雅義
出版社 英会話エクスプレス出版
価格(税込) 1,650円

英会話中級者の人におすすめなテキスト3選

次に、中級者用のおすすめテキストを解説します。中級レベルの人の中には、実際に現地でうまく話せなかった体験をした人も多いはず。そんな日本人のクセを矯正することに特化したものも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

その言い方、実は失礼だったかも?『ついつい出ちゃう!日本人のかんちがい英語』

ついつい出ちゃう!日本人のかんちがい英語』は「実は意図したものとは違う感じで受け取られる言い回し」に特化したQ&A集です。

「やりがちな言い間違い」と適切な言い方を、ユーモアたっぷりのイラストとともに掲載しています。フレーズは日常生活やビジネスなど場面ごとに掲載されており、自分が目的とするシーン以外でも参考になるものが豊富。

英会話の実践に挑んでみたもののなんだかうまく行かなかった人や、よりネイティブらしい喋り方に興味がある人におすすめです。また、つい使いたくなる和製英語など、興味深いコラムもいい息抜きになるでしょう。

著者 ゲーリー・スコット・ファイン
出版社 高橋書店
価格(税込) 1,100円

日本語独特の表現も学べる『英会話きちんとフレーズ100』

英会話きちんとフレーズ100』は、「日本語ではありふれているものの英語ではなかなか表現しにくいフレーズ」を多数収録しています。

「いただきます」「せっかくだしね」など、テストの成績がよくてもとっさにはわからないコミュニケーションのための言葉を紹介。それぞれのフレーズは、難易度ごとに簡単なものから並んでいるため、初心者の段階で読んでも英語の自然な感覚が養えるでしょう。

英語と日本語の両方から項目を探せる索引もついているため、メールや手紙を書く際に手元に持っておくと安心です。言葉遣いの質をより高めたい人や、英語を英語で勉強することに慣れていない人は、一度読んでみてはいかがでしょうか。

著者 スティーブ・ソレイシィ、ロビン・ソレイシィ
出版社 アルク
価格(税込) 1,870円

おもしろい読み物もチェック!『NHKラジオ ラジオ英会話』

NHKラジオ ラジオ英会話』は1日15分の英語学習ラジオ番組の雑誌版です。「名詞の説明」といったベーシックな文法学習から、「英語で読む戦国武将列伝」など面白い読み物も収録しています。

基礎を押さえつつ、多彩な英語表現を学ぶことができるでしょう。元からラジオ英会話で勉強を進めている人や、毎日コツコツと勉強することが得意な人におすすめです。

難易度は高校生レベルですが、大人の学び直しにも適しています。テキストの使い方について詳細な説明もあるため、何号から初めても安心して学びを続けることが可能です。

また、ラジオ番組が主体のため、音声素材が豊富かつ新鮮な点も大きな魅力。いつでも今風の英語で勉強ができるでしょう。

著者 NHK出版
出版社 NHK出版
価格(税込) 550円

英会話上級者の人におすすめなテキスト3選

次に、英会話上級者向けの本を紹介します。上級者は、使える言葉やフレーズの引き出しを増やすことに重きをおくといいでしょう。

会話力を磨くヒントが多数。『中学英語を一瞬でネイティブ英語に変える法』

中学英語を一瞬でネイティブ英語に変える法』は、中学英語にひと手間くわえて、より洗練された喋り方に変えるテクニックを収録しています。

持っている英語力をベースに、表現の幅やクオリティを簡単にアップすることが可能です。不自然な単語をより自然に、古い表現をより今っぽくといった、学校の教科書ではなかなか習えない部分をカバーしています。

また、1つの項目に多くの例が掲載されているため、表現によって変わる細やかなニュアンスも同時に把握することができます。

さらに、雑談を続かせるための技術は、英会話のみならず会話術としても活用できる優れた知見が含まれています。

著者 ロス・パーディ、伊東 明
出版社 ダイヤモンド社
価格(税込) 1,650円

ショートフレーズを網羅しよう!『ネイティブ英会話フレーズ集3240』

ネイティブ英会話フレーズ集3240』は、10語以内のショートフレーズを3000個以上収録した情報量が持ち味です。本書の大半を覚えることができれば、会話の始め方や切り返し方に困ることはないでしょう。

「自分ならこのフレーズをどんな状況で使うだろう?」と想像することで、実際に英語を使う場面の臨場感を得ながら脳を刺激できます。例えば、収録されているフレーズを必ず3個以上使おう!と目標を決めて毎回の英会話レッスンに臨めば、必ず力がついてくるでしょう。

CDの読み上げスピードが速めである点には注意しましょう。他の教材で耳を慣らしてから挑むか、難しい場合はPCやスマートフォンで速度を調節しながら使うことをおすすめします。

著者 佐々木隆(監修)
出版社 西東社
価格(税込) 1,980円

英語学習最後の総仕上げ。『完全マスター英文法』

完全マスター英文法』は、700ページ以上にわたって7000個を超える例文を収録しています。本書を使いこなせるようになれば、あらゆる出来事や心情を英語で表現できるようになるでしょう。英語学習の最後の山場として取り組むに値する大著です。

発音とイントネーションといった初歩の段階から、文法知識についてもそれぞれ詳しく解説が載っています。たとえば助動詞は1つにつき3ページ前後の紙幅が割かれており、上級者でもまだ知らない表現や用法が見つかるかもしれません。

さらに、英語と日本語の間にある違いや、つまずきやすいポイントを網羅しているのも特徴。英語学習に楽しさを感じており、ネイティブに匹敵するような会話力を目指している人にとっては、読む価値のある一冊です。

著者 米原幸大
出版社 語研
価格(税込) 2,860円

目的別おすすめの英会話テキストを紹介!

ここからは、目的やシチュエーションに合わせた英会話テキストを紹介します。目的に特化したものは、初心者向けから上級者向けまで幅広くあります。それぞれ簡単なものから順に紹介していますので、参考にしてみてください。

ビジネス会話が学びたい人におすすめなテキスト3選

まずは、ビジネス会話が学びたい人に向けておすすめのテキストを紹介します。ビジネス用は基本的に難しいものが多いので、難易度に不安がある場合は初心者~中級者向けの参考書から学び始めるのもおすすめです。

出社から定時上がりまでこれ1冊。『キクタン英会話 オフィス編』

キクタン英会話 オフィス編』は、ベストセラー『キクタン』シリーズの、オフィスにまつわるシチュエーションに特化した場面別フレーズ集です。

英語がかなり苦手な人(TOEIC300点~)でも学べるよう、『キクタン』シリーズで培われたさまざまなノウハウが詰め込まれています。

フレーズ数は約300個と、他の上級者向けフレーズ集に比べるとやや少なめの個数です。しかし、掲載されている例文は使用頻度が高いものに絞っているため、本書を使えば効率よく学習することができるでしょう。

収録されているスケジュールに沿って進めれば、3週間ですべてのフレーズを習得することができるので、短期間で実践的なビジネス英語を学びたい人にはうってつけの教材です。

著者 一杉武史
出版社 アルク
価格(税込) 1,320円

商談に必要な瞬発力を身に着ける!『新装版 英会話1000本ノックビジネス編』

新装版 英会話1000本ノックビジネス編』は、一人ではなかなか身に着けづらい、会話の切り返し速度に重点を置いたトレーニング本です。内容としては、音声ファイルの発言に対して、制限時間内に英語で答えることを繰り返していきます。

音声ファイルには「日本語の発言を英訳する」と「英語の台詞に対して英語で返す」という2種類のパターンが収録されています。まずは日本語の発言をそのまま和訳することで、自分の考えを英語で組み立てる力をつけていきましょう。

また、1000個のフレーズの他にもノックとリターンを繰り返すラリーが数多く収録されています。テキストを見ないで打ち返せるようになれば、実際の英会話やレッスンでも怖がることなく会話が続けられるはずです。

著者 スティーブ・ソレイシィ
出版社 コスモピア
価格(税込) 2,200円

自信をもって発表するために。『成功するための英語プレゼン ネイティブの表現とテクニック』

成功するための英語プレゼン ネイティブの表現とテクニック』は、英語を使ってプレゼンをするためのテクニックを紹介した1冊です。

前半では状況別で使えるフレーズが掲載されています。後半の解説動画と合わせれば、自分の意図をより効果的に伝えるための英語力と、プレゼンの技術を同時に知ることができるでしょう。

本書の大きな特色は、ネイティブによるプレゼンのサンプル動画です。著者や話者によるアドバイスコメントも付記されているため、見るだけで注意すべきポイントが把握できます。

さらに具体的な準備の手順やよくあるミスについても収録されているため、本の内容を理解すれば落ち着いて本番を迎えることができるでしょう。

著者 ニコラス・ウー
出版社 ベレ出版
価格(税込) 1,980円

旅行会話が学びたい人におすすめなテキスト4選

以下では、旅行のシーンで使える英会話テキストについて説明します。旅行先では予期せぬトラブルがつきもの。パニックにならずに正しく意図を伝えるための方法を一緒に見ていきましょう。

英会話を最高の景色と一緒に学ぶ。『絶景を旅するシンプル英会話50』

絶景を旅するシンプル英会話50』は、幅広い場面で使える1~2語の前置詞やショートフレーズに加え、著者が撮影した世界各地の絶景を掲載しています。旅行先の景色に想いを馳せると、勉強に対するモチベーションも上がるかもしれません。

収録されている英語は、見知らぬ国での旅行を楽しむための最低限のものに絞られています。より細かく自分の気持ちや要望を伝えたい場合は、他の参考書と併用することをおすすめします。

旅行に行きたいけれど英語力に自信がない人や、現地の観光スポットをたくさん巡りたい人に特におすすめできる1冊です。

著者 詩歩
出版社 KADOKAWA
価格(税込) 1,540円

その場にいるような気持ちで学べる!『絵を見てパッと言うトレーニング 海外旅行編』

絵を見てパッと言うトレーニング 海外旅行編』は、イラストを見て適切な気持ちを返すフレーズ&トレーニング集です。

1つのセクションは、状況を描いたイラストと、それに対応するフレーズで構成されています。イラストは一人称視点で描かれているため、状況を想像しやすい点がポイントです。

本書は海外旅行に特化しているため、機内から両替・郵便局まで細やかなシチュエーションも取り上げています。

カフェとレストランで使われる単語の細かな違いについても知ることができるでしょう。また、音声ファイルはスマートフォンにダウンロードすることもできますよ。

著者 Nobu Yamada
出版社 学研プラス
価格(税込) 1,760円

初めての旅行もこれで安心。『海外旅行ひとこと英会話』

海外旅行ひとこと英会話』は、現地で使えるショートフレーズや、その意味をコンパクトにまとめた本です。

「値段を尋ねる」「ホテルのチェックアウト」など、厳選した言い回しを収録しています。それぞれのフレーズには解説と一緒に類例も収録されているため、表現の幅を簡単に広げることができるでしょう。さらに判型もコンパクトなため持ち運びにも便利です。

この本は旅行に行く前に手軽に英語を学びたい人や、これさえ覚えておけば安心というフレーズが知りたい人に向いています。また、アメリカ英語とイギリス英語の細かな違いも解説があるため、それぞれの旅行先に適した英語を学ぶことができるでしょう。

著者 藤田英時
出版社 主婦の友社
価格(税込) 524円

手持ちの語彙で表現力を高められる。『基本の78パターンで 英会話フレーズ800』

基本の78パターンで 英会話フレーズ800』では、中学生レベルの英語を特定のパターンに落とし込むことで、豊富な表現バリエーションを手に入れることができます。

ユーモアたっぷりのイラストと思わず言ってみたくなるフレーズをセットで掲載。単語よりも喋り始めや聞き方を多く解説しているため、自分でも例が作りやすい点が嬉しいポイントです。

各項目の最後にはチェックテストや答えを選択する穴埋めコラムも掲載されているため、間違えて覚えることも防げるでしょう。中学レベルの英語でできる質問の仕方や尋ね方、間違えやすい助動詞の使い分け方など、幅広い内容が学べます。

著者 伊藤太、Gary Scott Fine
出版社 西東社
価格(税込) 1,100円

留学のための会話が学びたい人におすすめなテキスト4選

最後に、留学やホームステイで活躍する英会話テキストを紹介します。ホームステイでは、現地の家に数週間滞在するため、会話以外にも注意したいポイントが数多くあります。ぜひ参考にしてみてください。

現地に滞在するときのヒントが満載。『今日から使える!留学&ホームステイのための英会話』

今日から使える!留学&ホームステイのための英会話』は、渡航から現地滞在まで、さまざまな状況に合わせたフレーズをまとめた解説本です。

授業部分は現地でよく取り上げられる内容に基づいているため、渡航先でもすぐに馴染めるでしょう。理解が難しい単語には脚注がついているため、留学の予習にもぴったり。なお、スペリングはカナダ式であることに注意してください。

ステイ先で気をつけるべきポイントや、現地生活での治安上の注意など、ガイドブックとしてのコンテンツも充実。

また、日本について尋ねられたとき、日本の文化を英語で紹介する方法も収録されています。ホームステイ先での話題作りや、現地の人とのコミュニケーションで大いに活躍するでしょう。

著者 細井忠俊、バーウィック妙子
出版社 アルク
価格(税込) 1,980円

日々の会話で大切な瞬発力を鍛える。『パッと答える まちなかシンプル英会話』

パッと答える まちなかシンプル英会話』を読めば、街を歩いているとき、英語で尋ねられた内容に瞬時に返せる能力を身に着けることができます。

英語力や語学への興味はあるものの、いざとなると口ごもってしまう人に特におすすめの一冊です。「乗り物」「食べ物」といった身近なトピックから、会話をつなげるための短い文章を学んでみましょう。

日本に来た外国人観光客の案内も多いですが、自分から話しかけるフレーズについても紹介されています。ここで培った質問に対する瞬発力は、現地に渡航したときにも必ず役に立つでしょう。

著者 スティーブ・ソレイシィ
出版社 NHK出版
価格(税込) 1,430円

滞在中のトラブルにも対応。『中学英語でわかる!留学・ホームステイ英会話』

中学英語でわかる!留学・ホームステイ英会話』では、留学やホームステイ時の注意点をマンガでわかりやすく紹介しています。

主人公である大学生女子の視点から、物語に乗せて英語を頭に入れることができるでしょう。使われている英語の難易度は中学生レベルなので、まだ英語にあまり慣れていない人でも安心です。

留学などの長期滞在に特化しているため、現地で怪我や病気などトラブルに見舞われた際の対処法についても網羅されています。ホームステイだけでなく、ワーキングホリデーなど現地の人々と暮らす場合にも役立つ本でしょう。

著者 株式会社ウイング
出版社 池田書店
価格(税込) 1,760円

日常生活にも意外と役に立つ!?『ムー公式 実践・超日常英会話』

ムー公式 実践・超日常英会話』は、ありえないシチュエーションから堅実な英会話が学べる、珍しい参考書です。

「友達がUFOにさらわれたので警察と軍隊を呼んでほしい」という絶対使うことがなさそうな英文も、単語を入れ替えれば使いやすい英文に早変わり。笑いながら読んでいたはずが、気づけば英語の構造が頭に入っているかもしれません。

扱っているトピックは独自色が強いですが、英文にはネイティブでも使う自然な構文が使われています。知見を深めるだけでなく、英会話コーチや留学先で仲良くなった友達との雑談にもぴったりの一冊です。

著者 宇佐和通
出版社 学研
価格(税込) 1,320円

英語を話せるようになるには単語や文法の勉強も忘れず!

英会話本は独学や旅行・ビジネスの下準備には適していますが、単語や文法といった基礎ができていないと十分な定着は見込めません。自分のレベルや目的にあった英会話本と並行して、基本的な部分の復習やアウトプットも進めましょう。

基本部分の復習には、単語帳や英語の映画・ニュースを活用することがおすすめです。また、会話部分は現地でいきなり始めるのではなく、日本にいる段階から練習を積んでおくことが重要。

テキストでインプットしたことを英会話レッスンでアウトプットしておけば、実際に英語で喋る際にも慌てず自分の実力が発揮できるはずです。さらに、自分で文章を組み立てることは、文法の習得にも役立ちますよ。

まとめ

本記事では、難易度や目的別におすすめの英会話本を紹介しました。ネイティブに通じる英語を喋るためには、自分の語学力にあった内容と豊富な音声素材が欠かせません。紹介した内容を参考にしつつ、学習にぴったりなパートナーをぜひ見つけてください。

また、手っ取り早く英語が喋れるようになるには実際に喋ってみることが必要不可欠です。英会話レッスンなどを通じ、早い段階から自分のクセや苦手ポイントを見つけていきましょう。

レアジョブ英会話では、無料体験レッスンを開講しています。自信を持って話すためにも、一度試してみてはいかがでしょうか。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する