英語で「かゆい」は何という?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の感覚を表すフレーズは、意外に英語で言えないもの。その代表格は「かゆい」かもしれません。体が「かゆい」という感覚は、英語ではどのように伝えられるでしょうか?

英語で「かゆい」はbe itchy / itch

英語で「かゆい」というフレーズは、形容詞のitchy(イッチー)を使います。動詞のitchを使うこともあります。まずは、単語の基本的な使い方をご紹介します。

英語の「かゆい」はitchy(イッチー)

英語の「かゆい」は、基本的には形容詞のitchyを使います。

My back is itchy.
背中がかゆい。

「かゆい場所(背中)+ be動詞 + itchy」で、背中がかゆいことを表せます。

My eyes are itchy.
目がかゆい。

目のように複数あるものがかゆい場合には、be動詞をareにします。

場所 + be動詞 + itchy の順番で並べれば、かゆさを表すことが出来ます。

英語の「かゆい」は動詞でも使える

英語では、「かゆさを感じる」という動詞があります。itch(イッチ)です。日本語には「痛む」はあっても「かゆむ」はないので、少し意外ですね。

My hand itches.
手がかゆい。

「かゆい場所(手)+ itch」で、手がかゆいことを表します。意味はbe itchyと変わりません。

My nose itches.
鼻先がかゆい。

「かゆい場所(鼻)+ itch」で、鼻がかゆいことを表しています。be itchyとitchの2パターンをマスターすれば、かゆさについては十分説明できますね。

英語では、形容詞のitchyと、動詞のitchの両方を使ってかゆさを表せます。

英語で「かゆい」を具体的に言ってみよう

続いて、具体的な場面ごとに使える「かゆさを伝える」フレーズをご紹介します。「どこが」「どうして」「どんな風に」かゆいのか、より具体的に説明してみましょう。

英語で「どこが」かゆいか説明してみよう

英語では、場所 + be + itchyか、場所 + itch でかゆさを表せます。かゆい場所は文の先頭に持ってくればいいのですね。

My knee itches/is itchy.
ひざがかゆい。

「かゆいところ(ひざ)」が先頭に来ています。

My head itches/is itchy.
頭がかゆい。

この文も、かゆいところが先頭に来ています。

The sole/bottom of my foot itches/is itchy.
足の裏がかゆい。

足の裏の中でも、前の部分のことはsole(ソール)と言います。日本語では、靴の底のことを「ソール」と言いますが、もとは足の裏なのですね。掻きづらくて嫌な部分です。bottomも足の裏を表せます。

かゆい場所は文の先頭に持ってくればOKです。

英語で「どうして」かゆいか説明してみよう

かゆさの原因については、「so」 や「○○ make」など、「○○のせいで」のフレーズを使って説明しましょう。

原因 so かゆい

I have atopy/ eczema, so my body gets itchy when it’s dry.
アトピーがあるので、乾燥している季節は体がかゆくなる。

Soの前に原因、後に結果を書くことで、「アトピーがあるせいでかゆくなる」ことが伝わります。

原因 make 体の部位 かゆい

Hay fever made my eyes and nose itch.
花粉症のせいで目と鼻がかゆい。

「名詞1 make 名詞2 形容詞」はちょっと複雑な形です。一つ目の名詞が原因で、二つ目の名詞が、形容詞で表される状態になっています。「花粉症(名詞1)」が原因で、「目と鼻(名詞2)」が、「かゆい(形容詞)」という状態になっているのですね。

if 何かをすると かゆくなる

I have an allergy to eggs. If I eat them my body gets itchy.
私はアレルギーで、卵を食べると体がかゆくなるので食べられない。

ifは「もし○○をすると」の意味で使われます。もし卵を食べてしまうと、体がかゆくなるというころですね。

英語で「どんな風に」かゆいか説明してみよう

かゆさにもレベルがありますよね。「どんな風にかゆいのか」を説明してみましょう。

My mosquito bite itches terribly.
蚊に食われたところが強烈にかゆい。

いやなことを強調するのに使うのがterriblyです。

I wasn’t able to have a bath so my scalp a little itchy.
お風呂に入れなかったので、頭皮がちょっとかゆい。

My hay fever is bad this year and my eyes are unbearably itchy.
今年の花粉症は強烈で、我慢できないくらい目がかゆい。

「bear」は「耐える」という意味の動詞です。bearableは「耐えられる」で、そこに否定のunがつくと、unbearable(耐えられない)になります。

かゆさの程度を上手く伝えられると、海外で病院にかかった時などに助かるでしょう。

「かゆい」に関わるフレーズを英語で説明してみよう

最後に、かゆさに関わる他のフレーズもご紹介します。比喩的な「かゆさ」や、かゆさに似た感覚の伝え方を紹介します。

英語で「かゆいところに手が届く」はなんという?

「かゆいところに手が届く」は、配慮が行き届いている時に使いますよね。英語ではitchyは使わずに、ニュアンスを訳していくことになります。

This company provides attentive service.
この会社のサービスは、かゆい所に手が届く。

attentiveは「丁重な、親切な」という意味の形容詞で、「かゆいところに手が届く」にピッタリのニュアンスです。

She is a very thorough, skilled assistant.
彼女は、かゆい所に手が届く優秀なアシスタントだ。

thoroughは、「完全な、徹底的な」という意味の形容詞です。なんでも徹底的にこなしてくれるアシスタントは、「かゆいところに手が届く人」と言えるでしょう。

「かゆいところに手が届く」は直訳できませんが、attentiveやthoroughなどのニュアンスの近い単語が使えます。

英語で「くすぐったい」はなんという?

「くすぐったい」と「かゆい」は微妙な違いの単語です。同じ肌の不快感を表すことばなので、言語によっては同じ単語を使うこともあります。英語では、「くすぐったい」はtickleという動詞を使います。

My neck tickles.
首がくすぐったい。

My clothes are rubbing and tickling my skin.
服がこすれてくすぐったい。

itchyと同じ単語の並べ方で使えるのがわかりますね。

英語で「ムズムズする」はなんという?

「かゆい」まで行かないけれど、皮膚に違和感がある「ムズムズ」の場合はどうでしょうか。itch、tickleの両方を使うことが出来ます。

鼻がムズムズする。
My nose itches/tickles.

喉がムズムズする。
My throat tickles. / (itches)

「かゆさ」と「くすぐったさ」は、肌の不快感というところが似ていますよね。なので、英語では同じように使えるときもあるのです。喉のムズムズの場合はtickleの方がやや自然だというネイティブもいたので、迷ったらtickleを使うことをおすすめします。

まとめ

体の感覚を表す単語は、意外に外国語で言うのはむずかしいもの。「かゆさ」と「ムズムズ」の微妙な違いなど、パッとは出てこないですよね。海外で病院にかかることもありますから、知っているときっと得をするはずです。

生活に密着した英語を身につけていきましょう!

英会話をはじめたくなったら、チェックオンライン英会話レアジョブで
無料体験はじめる

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する