「パソコンの動作が重い」は英語で何という?英語で話すコンピューター用語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンは身近な道具です。世界中どこで働いていても、必ずパソコンを使います。パソコンや、その周りのツールについて英語で言えることは、特に海外とやり取りするビジネスパーソンの方にとっては必須になるかもしれません。パソコンやその周辺機器には、英語から来た言葉が多く使われています。直訳すればいいので、そんなにむずかしいものではありません。その一方で、日本独自のものもある程度あります。この部分は勉強が必要です。

今回は、パソコンに関する代表的な言葉を英語でご紹介します。

コンピューターにまつわる単語

パソコンに関係する単語を英語で言ってみましょう

パソコン本体

デスクトップのパソコン:desktop computer
ノートパソコン:laptop
Windowsのパソコン:Windows PC
Macのパソコン:Mac PC

desktopとlaptopの違いは、TOEICでも出題されることがあります。すぐに判断できるようにしましょう。PCはPersonal Computerの略で、「ピースィー」と発音します。

周辺機器

周辺機器の中には、日本語と大きく違うものも含まれています。

マウス:mouse
ディスプレイ:display
「A」のキー:the A key
スクリーン:screen
ケーブル:cable
カーソル:cursor
コンセント:socket, outlet
プラグ:plug
ポケットwi-fi:portable wi-fi

特に日本人が困りがちなのが「コンセント」です。これは和製英語なので、外国人に話しても通じません。実際はsocketや、outletと呼ばれています。

キーボードのキーはすべてthe ○○ keyでOKです。例)シフトキー→ the shift key

PCを使う時に役立つフレーズ

ここからは、パソコンを使っている時に役立つフレーズをご紹介します。どれも実際によくあるシチュェーションです。

不具合

The screen has frozen, what should I do?
(画面がフリーズしてしまったのですが、どうしたらいいですか?)

My computer is slow, what should I do?
(動作が重いのですが、どうしたらいいでしょうか。)

Videos seem to be loading slowly. Why might that be?
(どうも動画の読み込みが遅いのですが、なぜでしょうか?)

The touch screen isn’t responding well. Is it broken?
(タッチスクリーンの反応が悪いんですが、故障でしょうか?)

海外でこのような不具合が出ると本当に焦りますよね。このフレーズを覚えておけばもう安心です。

フレーズを見てみましょう。フリーズはそのまま「freeze」ということがわかりますね。一方で、動作が「重い」は、「slow(遅い)」と訳されています。「heavy(重い)」と訳してしまうと伝わらないおそれがあるので気をつけましょう

wi-fi

Excuse me, can I use wi-fi in this store?
(すみません、このお店の中では、wi-fiは使えますか?)

Please tell me the name and password of this wi-fi network.
(wi-fiのSSIDとパスワードを教えてください)

海外で日本の携帯を使う場合、wi-fiだよりになることも多いですよね。このフレーズを覚えておけば海外旅行も安心です。wi-fiは英語でもwi-fiで、読み方も「ワイファイ」でOKです。SSID(ネットワークの名前)は「name」とかんたんに訳されています。パスワードも「password」と日本語のままですから、気軽に聞くことができますね。

アプリ

Double click the icon to open the application.
(アプリを起動するには、アイコンをダブルクリックしてください)

Press the ctrl and h keys at the same time to bring up the help screen.
(アプリのヘルプを呼び出すには、ctrlキーとhキーを同時押ししてください。)

This application has high performance, but it uses up too much memory.
(このアプリは性能はいいですが、容量を食い過ぎますね)

Please tell me an interesting application.
(なにか面白いアプリを教えてください)

英語らしい表現が見られますね。まず、「ヘルプ画面を呼び出す」は、「bring up the help screen」です。「呼び出す」には「bring up(連れてくる)」が使われています。また、「容量を食う」は英語で「use up too much memory」と表現されています。「use up(使い切る)」には「過剰に使ってしまう」という意味もあるのですね。「ダブルクリック」はそのまま「Double click」の形で動詞としても使われています。「面白いアプリを教える」は「tell an interesting application」で、「teach」ではないことに注意してください。

スペック

I don’t use a computer very much, so I don’t need a high spec machine.
(私はあまりパソコンを使わないので、ハイスペックのものは要りません。)

Would good online gaming be difficult with these specs?
(ネットゲームを快適に楽しむためには、このスペックでは厳しいでしょうか。)

Specsは「specification(仕様)」からきた言葉で、そのパソコンの処理能力のことです。特にゲームをやる人にとっては、スペックはとても大事になりますよね。英語で言えるようになっておくと、海外ゲームをやるときに困らないかもしれません。

OS

This computer’s operating system is Windows 10.
(このパソコンのOSはWindows10です。)

I got a bug when I updated the operating system, what should I do?
(OSを更新したら不具合が出たのですが、どうしたらいいですか?)

OSは英語で「Operating System」と言います。端末全体に関係する部分だけに、OSについてたずねられることはとても多いです。その場合は、「windows」だけではなくバージョンまで言う必要があります。直接バージョンを言うだけでなく「the latest version(最新版です)」のように答えてもOKです。

マイクロソフトオフィス

One of the conditions of employment is the ability to use Microsoft Office.
(採用の条件の1つは、マイクロソフトオフィスが使いこなせることです。)

I can use Word a certain extent, but I’m not confident about using formulas in Excel.
(私はwordをある程度使えますが、excelの関数には自信がありません。)

I gave a presentation at the meeting using the slideshow function in PowerPoint.
(その会議では、パワーポイントのスライドショー機能を使ってプレゼンをしました。)

「あるソフトの持つ機能」のことは、「機能 in ソフト」で表現します。「excelの関数」なら、「formulas in Excel」、「パワーポイントのスライドショー機能」なら「the slideshow function in PowerPoint」になります。機能がソフトに「内蔵」されているイメージがあるからです。

「スライドショーを使ってプレゼンをする」は、「give a presentation using the slideshow function in PowerPoint」になります。これに限らず、「○○を使って××する」は「using×× do○○」と訳すと伝わりやすくなります。

まとめ

パソコンなしでの生活は今や考えられません。それは、日本だけでなく、どこの地域に行ってもそうなのです。パソコン周りのツールや機能などを英語で言えるようになると、海外での生活や仕事がもっと円滑になります。この記事を参考に勉強してみましょう!

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら