「これ食べてみて」って英語でなんていう?意外な意味をたくさんもつ英語「try」を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人にお刺身をおすすめするとき、どんなフレーズを使いますか? Will you eat this? も間違いではないですが、実はWill you try this? の方が自然なんです。日本語でもよく使われる「try」、実は、意外な意味をたくさんもっています。

海外旅行でも大活躍するtryの使い方を徹底解説します。

英語のtryは「試す」という意味

試す、やってみる、と日本語で言う場合は、tryがよく使われます。上手くいくかわからないけど、まずはやってみよう、というニュアンスがあるのですね。

とにかく「試してみる」がtryの意味

何かをやってみる場合、まずはtryが使われます。

I want to try it!
やってみたい!

I will try harder.
頑張ってやってみる。

OK, let’s have a try!
やってみよう!

上手くいくかわからないタスクに挑戦してみるという時、まずはtryが使われます。日本語でよく使うchallenge(チャレンジ)も近い意味ですが、もう少しニュアンスが重いです。大きな困難に立ち向かったり、立場のある人を非難したりする場面でchallengeを使います。

試す・やってみる、くらいのニュアンスなら、tryを使います。

食べ物・スポーツ、未経験のものに「try」する

未経験のものを試すなら、なんでもtryを使うことができます。

例えば、海外旅行で現地の食べ物を試してみるときは、tryを使うこともあります。

Will you try this?
これ、食べてみる?

これを試してみる? というニュアンスでtryを使っています。eat(食べる)の代わりにtryを使っているとも言えますね。

Have you tried sashimi before?
刺身を食べたことある?

あまりよそでは食べないようなものについては、tryを使うことが多いです。刺身や納豆のような珍味をおすすめするときにはtryが使えます。逆に、海外の珍しい食べ物に挑戦してみるときにもtryを使いましょう。

まだ未体験のレジャーにもtryが使えます。

Why don’t we try diving?
ダイビングをやってみない?

Have you tried surfing?
サーフィンやったことある?

新しいレジャーに挑戦してみるときには、tryが使えます。まだやったことのない何かを「試してみよう」というニュアンスですね。

何かを初めてやってみるとき、まずはtryを使えば間違いないと言えます。

まだできていないよ、というニュアンスも

tryは「やってみる」という意味なので、まだできていないことについて使うことも多いです。

A: What about your homework?
宿題はどう?
B: I tried…
やってみたんだけど……。

やってみたけれど、結果はあまりよくない、というニュアンスでもtryをよく使います。「試してみる」が「まだ上手くいっていない」になっているんですね。

I tried harder, but it was not enough.
頑張ったんだけど、まだ足りなかったみたい。

tryのニュアンスは「やってみる」なので、結果が上手くいっていない場合も多いのです。

英語のtryの後ろのフレーズをマスターしよう

tryの後ろにもうひとつ動詞を置きたい場合には、「ing形」「to 不定詞」の二種類が使えます。英語学習(study English)を例に考えてみましょう。

・I tried studying English.

ing形を使う場合には、tryの直後にing形を置きます。

・I tried to study English.

to不定詞を使う場合には、tryの後ろにto+動詞の原形を置きます。

tryの後ろに動詞が来て、「○○することを頑張った」と言いたい場合には、ing形とto不定詞の2パターンが使えます。この2つは少しニュアンスが違います。1つずつ見ていきましょう。

try+ing形で「試してみる」

tryの後にing形が来ると、「試してみる」という普通のニュアンスになります。

I tried studying English.
英語を勉強してみたよ。

やってみた、というだけで、他には特別なニュアンスがありません。

I tried doing some side jobs.
いくつかの副業をしてみました。

副業をした結果がどうだったのかはわかりません。ただ、やってみたということを伝えているだけです。try + doing は特別なニュアンスがない言い方です。

try + to 不定詞で「やってみたんだけど……」

tryの後にto不定詞が来ると、「やってみたんだけど、あまり上手くいかなかった」という含みが出てきます。

I tried to study English.
英語やってみたんだけどさあ……。

英語を勉強したけれど、あまり上手くいかなかった……。to 不定詞が後ろに来ると、上手くいかなかったというニュアンスが出てきます。

I tried to do some side jobs.
いくつか副業をやってみたんだけど……。

to不定詞を使うと、副業の結果があまり芳しくなかった……というニュアンスが伝わってきます。ing形を使うか、to不定詞を使うかでニュアンスが変わってくるのです。

ing形には特にニュアンスがありません。to不定詞を使うと結果が悪かったというニュアンスが出ます。

英語のtryを会話で使おう!

tryは「試す」という意味で使える便利な単語、もちろん英会話でもとてもよく使われます。ここでは、代表的なtryの使い方をご紹介します。

英語×try: 「試してみる」は大体tryでOK

「やってみる」「試してみる」は大体tryで大丈夫です。

I wanna try German beer.
ドイツのビールを試してみたい。

新しい食べ物・飲み物を試すならtryをまずは使いましょう。

I tried the latest version of the app.
そのアプリの最新版を試してみた。

アプリなど、新しいものを「始めて」試すなら、英語ではtryを使えます。playなどの動詞の代わりにtryを使えるのですね。

英語×try: やってみていい? はlet me try

やってみていい? やってみたい! やる気を表せるフレーズがlet me tryです。

A: Can you fix the desk?
机を直せる?
B: OK, let me try.
やってみていい?

tryは「試す」、let+人+tryで、人に何かを試させるという意味になります。let me tryなら「試していい?」という意味になるのですね。

英語×try: 「試行」もtry

今までのtryはどれも動詞でしたが、tryには名詞の使い方もあります。意味は同じで、「試すこと」「試行」です。

This is the first try.
これが最初の試行です。

You haven’t tried raw fish? Is this your first try?
生魚食べたことないの? 始めての挑戦?

「試行」という意味では、implementationやtrialなど、硬い言い回しもたくさんあります。でも会話の中では、あまりむずかしい単語を使うより、tryを使った方が自然になります。

まとめ

tryは日本語でも使われている単語ですが、私たちが想像するよりも広い場面で使われています。

何かをやってみる場面ではいつでも使える、とても使いやすい単語ですね。しかも発音もかんたんですので、使い勝手はとてもいいと言えます。ぜひ、明日から使ってみてください!

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する