英会話上達の近道は話すこと!日本にいながら英語が話せる8つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語は中学生のころから勉強してきたけれど、なかなか英会話は上達しない、という人は多いのではないでしょうか。その理由はまさしく発話不足。英語を机の上で勉強はしてきたけれど、実際にネイティブと話す機会に恵まれてこなかった日本人特有の悩みです。今回は私の経験も含め、ネイティブとの会話の練習の機会をいかに増やしていくかという点に沿って、英語勉強法をご紹介したいと思います。

発話するだけでこんなにも話せるようになる!

日本人は他のノンネイティブ国と比べると、文法力や読解力は高いレベルを持っています。それは中学、高校で最低でも6年間の英語義務教育を受けており、その中心が文法や読解に費やされてきたからです。ですが、それでも話せないのは、単に話す練習をしていないだけなのです。

例えばテニスが上手くなるには、テニスのルールを知り、ラケットの持ち方を学び、素振りをし、サーブの打ち方を学びます。しかし練習試合を一度も行なったことがないので、いざ公式戦で試合をしようとなると、まったく勝てない、という状況がこれに似ています。
英会話にも度重なる練習試合が必要で、それがネイティブとの会話の練習ということになります。

そこで次からは、ネイティブとの練習を日本にいながらいかに増やしていくかということを中心に、その出会いの場をご紹介していきたいと思います。

ネイティブと会話できる機会を作ろう!

ネイティブと会話するとなると、留学や英会話学校を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし実は工夫次第で日本にいながらにして、しかもほぼ無料、もしくは格安でネイティブとの会話を持つことは可能なのです。これからご紹介するもののなかで、ご自身に向いていると思われるものからぜひ取り入れてみてください。

Language Exchange(ランゲージエクスチェンジ)をする

まず一つ目はランゲージエクスチェンジです。これは英語のネイティブの友達をインターネット上のサイトなどで見つけ、英語を教えてもらう代わりに、こちらも相手に日本語を教えてあげるという仕組みのものです。いわゆる言語交換ですね。

私も社会人になってから、ランゲージエクスチェンジのサイトに書き込みをして、数人のネイティブの方とお友達になりました。実際に数名の方と会って一緒にお祭りに行ったり、カフェで会話をして楽しみました。

注意点としては、相手が恋愛目的の場合もあるので、最初はネット上でのメールのやり取りを繰り返し、相手の人となりをしっかり見極めなければならないということです。また会う場所は人の目が届きやすいファミリーレストランやカフェなどにし、なるべく昼間に会うようにしましょう。

現在はランゲージエクスチェンジ用のアプリなどもありますので、ぜひ検索して自分にあったものを見つけてくださいね。

国際交流協会にいく

日本各地に存在する国際交流協会では、日本に住んでいる外国人の方のための様々なボランティアを募集しています。例えば日本語学習支援や、書類の翻訳、ホームステイの受け入れ、通訳など、多種多様です。こういったボランティアでは、相手の方が、日本語がまったくできず、英語を使わなければならない面も多々あります。高い英語力が必要になるものもありますが、まずは足を運んでみて、ご自身の英語力でどんなボランテイアが可能かを問い合わせてみてもいいでしょう。

全国の自治体の国際交流協会

ホームステイを受け入れる

夏休みや春休みなどのバケーションシーズンに、ホームステイの受け入れ先になってみるのも面白いでしょう。お子さんのいる家庭であればお子さんの異文化交流の機会にもなりますし、英語で説明する機会も多々あるため、親の英会話の練習にもなりますよ。

スポーツバーなどに出かける

スポーツバーなど、外国の方が集まるスポットに出かけてみるのもいいでしょう。アルコールの力を借りれば恥ずかしさも緩和され、隣の外国人に話しかけやすくもなります。スポーツバーなら同じチームを応援する中で会話も弾み、顔なじみになることも多いでしょう。ただし夜のスポットはトラブルにも十分注意してくださいね。

ファームステイをする

ファームステイをご存知でしょうか。農家で農業のお手伝いをする代わりに、食事や住居を提供してもらうというスタイルのボランティアです。このファームステイは旅行者にも人気で、日本国内を旅しながらファームステイ場所を転々としているバックパッカーの外国人もよく見かけます。GWや長期休みを利用して、日本国内の農家にファームステイをすれば、そういった外国人旅行者と触れ合うきっかけがあるかもしれません。

WWOOF Japan
WWOOFは世界中に拠点があるファームステイの有名な協会です。年会費はかかりますが、英会話学校のプライベートレッスンの1レッスン分ほどの料金で1年間使い放題です。

留学生と同じ授業を受ける

大学生の方は特に必見です。最近は日本の大学にも留学生が増え、留学生用の授業というのも豊富に揃っている大学が少なくありません。そういった留学生に照準を合わせた授業は、「英語で」行われることがあり、また日本人学生も履修できる場合も多々あります。

私も大学時代は日本にいながらにして海外の大学に行った気分を味わえると考え、留学生用の授業を受けたことがあります。ネイティブの学生たちと一緒に英語の講義を受け、かつグループを作ってプレゼンで発表まで行うなど、とても刺激的な半年でした。大学生の特権ともいえる機会ですので是非活用してくださいね。

彼氏・彼女をつくる!

もっとも効率的に英会話を習得する方法かもしれません。相手のことを好きだからこそ、相手に自分の思いや考えを伝えたいという気持ちから、英語を自然と発話することになります。毎日会って話していれば、半年もすれば驚くほど英会話が上達しているはずです。

オンライン英会話を利用する

オンライン英会話は発話の量はもちろんのこと、家にいながらにして英会話の練習ができるという利点もあります。また、プロから正しい英文や英単語を教えてもらえるので、効率的に綺麗な英会話を学ぶことができるでしょう。英会話力を短期間で効率的に伸ばしたい方にはオススメの方法です。

まとめ

こうしてまとめてみると、自分も挑戦できそうだと思うネイティブとの交流の機会が一つくらいはあるのではないでしょうか。勇気をもって一歩を踏み出してみると、意外と簡単にネイティブとの会話の機会はもてるものです。ただし相手もひとりの人間ですので、英会話の上達のため、というだけではなく、真正面から向き合う気持ちで、そのご縁を大切にするようにしてくださいね。きっと人生における素敵な出会いが待っていると思います。

\1レッスン129円~毎日受けられるオンライン英会話/
英会話を話せるようになりたいなら、英語を話す環境を作り出す必要がありますよね。レアジョブの「日常会話コース」では、25分のマンツーマンレッスンが毎日受けられて1回129円~。厳しい審査のもと採用された優秀な講師陣があなたの英会話学習をサポートしていきます。
レアジョブ英会話をチェックする

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。