「待ち合わせどうする?」人と会う約束を英語でするときの英会話フレーズ【英語はなしてenjoy!第3回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際交流パーティーなどで知り合った、外国人の友達。SNSで気軽にやりとりをするようになると、「今度会おうか」という話になるかもしれません。会う約束をするには?実際に会ったとき、どんな話をすればいい?英語でやりとりするためのフレーズをご紹介します。

英語で会う約束をする

SNSでチャットをしている気心の知れた相手であれば、「お茶しない?」「飲みに行こう」と、気軽に誘ってみましょう。例えば共通の趣味が映画だったら、「一緒に見に行かない?」と誘ってみてもいいですね。

誘ってみる

SNSでやりとりしている場合、Do you have time?(時間ある?)などと言っているとちょっと悠長な感じ。普段の会話の中で、いきなり用件に入っても大丈夫です。

Can we have coffee or something?
(コーヒーでも飲みに行こうか)

coffeeの代わりにtea(お茶)でもかまいません。or somethingは「~か何か」という言い方で、「お茶”でも”」というニュアンスを出します。

Let’s go for a drink.
(飲みに行こうよ)

お酒が好きな人だとわかっていれば、このように誘ってもいいでしょう。go for a drinkだけで「飲みに行く」という意味になります。

Why don’t we go see a movie together?
(一緒に映画見に行こうか?)

Why don’t we ~?は「~しようか?」と誘う表現。go see a movieは「映画を見に行く」という口語的な言い方です。

日時や場所を決める

仕事のアポ取りでは”Is XX convenient for you?”( XXはご都合よろしいですか?)のように尋ねますが、友達相手なら、もっと気軽な言い方で大丈夫です。

How about next Saturday?
(次の土曜日は?)

How about ~?は、「~はどう?」と尋ねる表現。

I’m free in the afternoon.
(午後は空いています)

freeは「(時間が)空いている」という意味で使うことができ、Are you free?(空いてる?)と聞くこともできます。

Is 3 pm good?
(午後3時でいい?)

「Is (時間)good / fine / OK?」といった言い方が使えます。

Shinjuku or somewhere.
(新宿かどこかで)

Is Shinjuku good?(新宿でいい?)と決めてしまってもいいでしょう。外国の人は待ち合わせに便利な場所を知らないかもしれず、In front of ALTA.(アルタの前で)のように指定し、スマホで地図を送ってあげるといいかもしれません。

会話例

A: Can we have coffee or something?
(コーヒーでも飲みに行こうか)
B: Sure. How about next Saturday?
(次の土曜日は?)
A: I’m free in the afternoon.
(午後は空いてるよ)
B: Is 3 pm good?
(午後3時でいい?)
A: Yeah. Shinjuku or somewhere?
(うん。新宿かどこか?)
B: Shinjuku is OK.
(新宿でOK)
A: Then, in front of ALTA, I’ll send you a map.
(じゃあ、アルタの前で。地図を送るよ)

実際に会ったとき、どんな話をする?

普段SNSでやりとりをしている相手と久しぶりに会ってみると、ちょっとぎこちない感じがするかもしれません。すぐに打ち解けて話せるようになるための、気の利いたフレーズをご紹介します。

最初のあいさつ

Hi!(こんにちは!)、How are you?(元気?)といったあいさつは、普段と同じ。そこに、こんな一言を付け加えてみましょう。

It’s been a while.
(お久しぶり)

It’s はIt hasの略で、現在完了形。「しばらく(時間が)経っている」という言い方で、慣用的に「久しぶり」という意味になります。

Finally we met.
(ようやく会えたね)

ちょっと大げさな感じがするかもしれず、「会おうとしていたけれどなかなか都合がつかず、ようやく会えた」というようなときに使ってください。

You look great.
(元気そうだね)

「(見た目が)健康そうだ」という以外に、「きれい、カッコいい」という意味を表すこともあります。

会えてうれしいということを伝える

SNSでのやりとりは便利ですが、実際に会ってみるとやっぱり楽しい、また会えたらいいな、と思うことがありますよね。そんな気持ちをさりげなく伝えるフレーズをお教えします。

It’s nice to talk face-to-face.
(会って話をするっていいもんだね)

face-to-faceは「面と向かって」という意味ですが、「直接顔を合わせて」というときにも使われます。

It’s like we’ve been friends for a long time.
(長い間友達だったみたいだね)

we’veはwe haveの略で現在完了形。SNSでやりとりしていると、実際に会っていなくても、長い間友達だったような気がすることがあります。そんな気持ちを表すフレーズがこれです。

Maybe we can meet sometimes.
(たまに会えるといいね)

sometimesは「ときどき、たまに」。more often(もっと頻繁に)を使ってもいいでしょう。

会話例

A: Hi, Jay, it’s been a while.
(ああ、ジェイ。お久しぶり)
B: Hi, Maki. Finally we met!
(やあ、マキ。ようやく会えたね!)
A: You look great.
(元気そうね)
B: You too.
(君も)
A: It’s nice to talk face-to-face.
(会って話をするっていいものね)
B: Yeah. Maybe we can meet sometimes.
(うん。たまに会えるといいね)

嫌われる言い方は?

日本人は、丁寧に言おうとするあまり回りくどい言い方になってしまい、外国人からすると奇妙な感じに聞こえることがあります。例えば、次のような言い方は、仕事のときはいいのですが、友達相手であれば不要です。

I would like to meet you.
(お会いしたいんですが)

Is it possible for you to see me?
(会ってもらえるでしょうか?)

Are you available next week?
(来週はご都合よろしいですか?)

It’s my pleasure to see you again.
(またお会いできてうれしいです)

I hope I can see you again.
(また会えるといいのですが)

まとめ

最初は「外国人と友達になれば、英語力アップ!」というのが目的だったとしても、そのうち「外国人の友達ともっと話せるように、英語が上手になりたい」と思うようになるかもしれません。そうしたら、英会話学習にも自然に力が入りますね。親しい相手であれば、少々間違っていても気になりません。映画やテレビドラマなどを参考にして友達同士で使う英語フレーズを身につけ、外国人の友達相手にどんどん使ってみましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。