今更聞けない会社の英語表記「Co., Ltd.」「Inc.」「LLC」「Co.」を解説!【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは英語の会社名の最後についている「Co., Ltd.」や「Inc.」などについて、いまいち違いがわからないと思ったことはありませんか?またそれが略字であるがゆえに、その読み方にも不安があるという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、「有限会社」や「株式会社」、「合同会社」などといった会社の英語表記がどう記されているのかをご紹介したいと思います。

日本の会社の形態は4つに分かれる

英語の表記をご紹介する前に、まず会社の形態について少し考えておきましょう。

日本では会社の形態は大きく4つに分けられます。「株式会社」「合同会社」「合資会社」「合名会社」の4種類です。これら4つのうち、「株式会社」と「合同会社」は「有限責任」の法人であり、「合資会社」は「有限・無限責任の両方」の法人、「合名会社」は「無限責任」の法人を意味します。

有限責任と無限責任とは

有限責任、無限責任とは、会社が倒産した時に、出資者が負わなければならない責任の範囲によって分けられています。例えば株式会社の場合、株をもっている出資者は、自分がもっている株の範囲のなかで責任を取ればよいので「有限責任」となりますが、中小企業などの多くのオーナー社長は、出資額以外に、会社が作った借金なども責任を負わなければならないので「無限責任」を負っているということになります。

英語の会社表記をマスターしよう

日本の会社では「株式会社レアジョブ」のように、会社の形態が社名の前後に書いてあることが多いですよね。しかし会社の英語表記をみると、同じ株式会社でも「Ltd.」や「Co., Ltd」などいくつかの表記が存在します。次にそんな会社の英語表記の意味や違いを一つ一つご紹介していきましょう。

Co., Ltd.

・Daihatsu Motor Co., Ltd. (ダイハツ工業株式会社)

「Co., Ltd」はCompany, Limitedの略語です。「Company」は「会社」、「Limited」は「有限」なので、「有限責任のある会社」の意味になります。日本企業が「株式会社」を表す時によく用いられる表記の一つです。ちなみに発音は「カンパニーリミティッド」または「コーリミティッド」と発音します。

また、「Co.」と「Ltd」の間のコンマは省略可能で、「Co. Ltd」と記載することもできますが、日本企業ではコンマを入れる風習があります。

Co.

・The Coca-Cola Co.(コカコーラーカンパニー)

「Co.」はCompanyの略語です。「カンパニー」と発音することがほとんどですが、イギリス英語では「コー」とだけ発音することもあります。「Ltd」がついていないため、有限責任なのか無限責任なのかには触れない包括的な「企業体」を指す言葉です。

余談ですが、Companyはもちろん「会社」の意味ですが、もともとは「仲間」という意味があります。例えば「Tiffany & Co.」は「ティファニーさんとその仲間たち」という意味が含まれているそうです。

Corp.

・TOYOTA MOTOR Corp.(トヨタ自動車株式会社)

「Corp.」はCorporationの略語で、「コーポレーション」と発音しますが、まれに「コープ」と発音する場合もあります。「Corporation」は「法的手続きをとった正式な法人団体である」という意味あいがあります。有限責任か無限責任かはここでは述べていませんが、アメリカの大小様々な企業でよく使われている表記です。

ちなみに「Corp.」や「Co.」と略さずに、「TOYOTA MOTOR Corporation」「The Coca-Cola Company」と表記するのが正式名称である場合は、勝手に略すことは失礼にあたるので注意しましょう。

Inc.

・Apple Inc.(アップル)

「Inc.」はIncorporatedの略語です。「インク」、もしくは「インコーポレーティッド」のどちらかで発音します。「Corporation」と同じ意味合いで使われていますが、接頭語の「in」が付いている分、「法的手続きをとって、現在進行形で大きな組織になっている」というイメージがあるといえます。多数の株主を持つ大きな事業組織をイメージさせ、アメリカの企業では最近このInc.を採用している企業が増えていますよ。

Ltd.

・Burberry Ltd.(英国バーバーリー社)

Limitedの略語です。イギリスでは会社の登記をする際に、有限責任であることを明記しなければならないため、社名には必ずLimitedが含まれています。「リミティッド」と発音します。このLtd.をみれば「イギリスの会社かな?」と想像できるかもしれません。

PLC.

・Rolls-Royce plc.(ロールスロイス社)

あまり見ない表記かもしれませんが、「Public Limited Company」の略語で、「株式公開会社」、つまり上場していて株式を公開している会社の意味です。イギリスにおいては必ず会社名に「Limited」をつけなければならないため、この「Public Limited Company」を用いている会社もたくさんあります。小文字で「plc.」と表記することもあります。「パブリックリミティッドカンパニー」もしくは「ピーエルシー」と発音します。

KK.

・Nippon Yusen KK.(日本郵船株式会社)

「KK.」は「Kabushiki Kaisha」の略語です。これまでご紹介してきた「Co., Ltd」や「Co.」が「株式会社」の直訳ではないのに比べ、この「KK.」はまさに日本の「株式会社」を表現する表記方法です。日本企業の方の名刺などで見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。「K.K.」と表記する場合もあります。「カブシキカイシャ」もしくは「ケーケー」と発音しますよ。

LLC

・Google LLC(グーグル)

「Limited Liability Company」の略語で、直訳すると「有限責任会社」、日本でいうところの「合同会社」を表現する際に使われます。合同会社とは、「株式会社」と同じ有限責任を持ちますが、出資を金銭ではなくノウハウや技術などで代替することができたり、利益の分配を自由に考えることができるなど、比較的新しい企業形態です。近年はこの合同会社で設立される会社が非常に増えています。

「LLC」は「リミティッドリライアビリティカンパニー」、もしくは「エルエルシー」と発音します。ちなみにGoogleは2017年に株式会社の「Google Inc.」から合同会社である「Google LLC」に表記と企業形態を変更しています。

Y.K.

・Takata Y.K. (高田有限会社)

「Yugen Kaisha」の略語で日本でいうところの「有限会社」を表します。「ユーゲンガイシャ」もしくは「ワイケー」と発音します。「有限会社」は2006年の会社法の施行で廃止となった事業形態で、現在は新しく設立される会社には使われませんが、昔から社名に使用している企業はまだ日本に存在します。一般に市場での資金調達を予定しない小規模の企業を想定して作られた企業形態で、あくまで日本国内での有限会社でのみ使われます。

L.P.

・Cypress Energy Partners, L.P.(サイプレスエナジーパートナーズ)

「Limited Partnership」の略語で、日本でいう「合資会社」を指します。合資会社とは、「無限責任社員」と「有限責任社員」の両方を含む会社形態のこと。この形態はアメリカなど海外でもみられます。「リミティッドパートナーシップ」もしくは「エルピー」と発音しますよ。

まとめ

日本では「株式会社」と表記する場面であっても、英語で表記するとなると「Co., Ltd.」や「Inc.」など色々な選択肢があることがおわかりいただけたかと思います。また英語でのプレゼンをする際などにその読み方でお困りの際にも、ぜひこの記事を思い出して発音の参考にしてくださいね。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。