ビジネス英語は簡単? 丁寧な表現を効率よく勉強する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン英会話を始める方の中には、「仕事でどうしても英語が必要」という切羽詰まった状況のビジネスパーソンの方も多いのではないでしょうか。こうした方は日常英会話よりもビジネス英語をいち早くマスターしたいと思われると思います。

しかしビジネス英語と聞くと「とにかくレベルが高そう」と感じて怖気づいてしまいそうですよね。今回はそんなビジネス英語が必要な方のために、ビジネス英語に特化した勉強法をご紹介したいと思います。

ビジネス英語は実は難しくない?

ビジネス英語と聞くと、難しい英単語や難しいフレーズを使わなければいけないのでは?と考えてしまいがちですよね。

しかし実はいま、世界で求められているビジネス英語は「難しい英語」ではありません。グローバル化に伴い、仕事で英語を話す人口の多くが「非ネイティブ」、つまり私達と同じ「母国語を英語としない人たち」だからです。こうした「非ネイティブ」が多いビジネスの世界では、

・「簡単」で
・「短く」て、
・「丁寧」な英語

の方がより相手に伝わりやすく、親切だと考えられています。こうした非ネイティブにも伝わる英語は、「グローバリッシュ=Globalish(Global Englishの略語)」と呼ばれています。これからビジネス英語をマスターしようと思われる方は、「実はビジネス英語は簡単なんだ!」ということを知っていただき、安心いただければと思います。

ビジネスでも使える丁寧な英語はどうやって表現する?

「簡単で短い」英語はなんとかできそうだけれど、「丁寧な英語」は自信がない、という方は多いでしょう。英語には日本語のような丁寧語はないと思われがちですが、実はそうではありません。とはいえそれは決して複雑なものではなく、少しのフレーズをマスターするだけで即座に「丁寧な英語」が実現するのです。

クッション言葉で丁寧に

皆さんはクッション言葉というものを聞いたことがありますか?ストレートに言うと、きつく受け止められがちな言葉を、クッション言葉を使うことで丁寧で思いやりのある表現に変えられる魔法の言葉です。これは日本語だけでなく、英語にも存在します。

このクッション言葉を言いたい言葉の前に挿入するだけで、格段に表現が丁寧になり、プロフェッショナルな印象となりますので、ぜひ使ってみてください。

・恐れ入りますが
I’m afraid that
・あいにくですが
Unfortunately,
・ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが
I’m sorry to bother you
・ご不便をおかけして申し訳ありませんが
I apologize for the inconvenience, but
・せっかくですが
I appreciate your offer, but
・差し支えなければ
If you do not mind
・失礼ですが
Please excuse me, but
・仰ることはわかりますが
I can see your point, but
・差し出がましいようですが
In my humble opinion
・大変申し訳ないのですが
I am terribly sorry, but

シーンに応じた型をそのまま当てはめて丁寧に

ビジネス英語と一言でいうと幅広く感じられますが、ビジネスで必要な英語はいくつかの「よく使うシーン」に分けることができます。

・プレゼンテーション
・電話
・メール
・会議
・電話会議
・交渉

こうしたよく使うシーンでは、「使うフレーズ」も決まっています。例えばあなたが会議の進行役(ファシリテーター)をすることになった場合は、下記のようなフレーズを使います。

・お忙しい中お集まりいただきありがとうございます。
Thank you for taking time off from your busy schedules.

・この会議は1時間の予定です。
The meeting will last about 1 hour.

・3つの議題があります。1つ目は…。2つ目は…。最後に…。
There are 3 items on the agenda. First…. Second…. Finally….

・ケンが議事録をとってくれます。
Ken has agreed to take the minutes.

上記のようなフレーズは一つ一つはとても短く、簡単ですが、同時に「場に適した丁寧な表現」でもあります。つまりシーンに応じた「型」をそのまま覚えて使えば「丁寧な英語」が完成するのです。

「暗記したものをそのまま使うなんてオリジナリティもなく単調ではないか?」と考える方もいらっしゃいますが、実際にネイティブが話しているのを聞いていると、皆同じようなフレーズを使っていますので、安心して使ってくださいね。

ビジネス英語を効率よく学習できる方法

「簡単で短くて丁寧な英語」を使えばいいということはわかったけれど、どうすればそういった英語を効率よく学習できるのだろうか?と思われる方も多いでしょう。

特にビジネス英語が必要な方は通常の業務で忙しく、英会話スクールなどに通うまとまった時間もない方も多いと思います。そんな方にお勧めの英語学習法をご紹介します。

TOEICを最大限活用する

TOEICのスコアが会社の昇進に必要だという方も中にはいらっしゃると思います。それであればTOEICの教材に的を絞って学習しましょう。

TOEICは他の英語テストに比べてかなり「ビジネス寄り」のテストですので、ビジネスメールやプレゼン、交渉といったシーンの問題がよく出題されます。問題を解くだけでなく、リスニングの部分を真似して発話したり(シャドーイング)、耳で聞いて書き取ったり(ディクテーション)すると、英会話力の強化が期待できます。

TOEICをやる傍らビジネス英語の教材もやって…とあれこれ手をつけなくてもよいので時間の短縮になりますよ。

アプリを使う

忙しくなかなか座って教材を開く時間がない方は、ビジネス英語のアプリを使ってみられてはいかがでしょうか。スマホさえあればどこででも本格的なビジネス英会話が学習できるのでお勧めです。特にお勧めのアプリは「Speak Buddy」。課金がありますが、費用対効果は抜群です。

・Speak Buddy

ビジネス英会話に特化したカリキュラムが選べます。AIの声が自然なので本物のネイティブと会話をしているような感覚に陥ります。とにかく発話をさせるようにできているので、短時間でもたくさんの英会話練習ができ、1日10分やるだけでも大きな違いを感じられますよ。

オンライン英会話でビジネス英語教材を選ぶ

自分でなかなか学習できないという方は1日1レッスン、たった25分間のオンライン英会話で、ビジネス英会話の教材を選んで学習しましょう。ビジネス英会話教材であれば、プレゼンテーションやビジネスメールなどのテーマも取り上げられており、明日から早速使えるフレーズばかりが並んでいます。

講師とのロールプレイなどを通して、そういったフレーズを何度も練習すれば、自然と自分のものになるはずです。

・レアジョブ・ビジネス英会話教材「実戦ビジネス」


まとめ

ビジネス英会話と聞くと、英会話のレベルが高くないとできないと思っておられる方も多いと思います。しかし実際にはそうでない「非ネイティブ」がなんとか英語を使って世界中でビジネスを成功させています。そんな方にも通用する「短くて簡単で丁寧な英語」をぜひ効率よくマスターしてくださいね。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。