今年も流行してる?インフルエンザにかかった時の英語表現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年、年末になるとニュースでもよく取り上げられるのが、各地で蔓延する「インフルエンザ」。日本だけでなく、海外でも季節に応じて流行します。インフルエンザなどの伝染病にかかった時は、どんな英語を使って表現すればいいのでしょうか?自分に症状がある場合や、インフルエンザの説明に使える英語表現を紹介します。

インフルエンザは英語で?

日本だけでなく海外でも蔓延するインフルエンザ。もし海外でインフルエンザにかかってしまった場合、英語でどう表現すればいいのかを知っていると病院などでも安心ですよね。また日本にいても、上司が外国人の場合、英語でインフルエンザにかかったことを報告する必要がでてきます。まずは基本的なインフルエンザにまつわる表現を覚えて万が一に備えましょう!

インフルエンザは英語で?

インフルエンザは、英語でも「Influenza」と表現します。しかし、よく耳にするのは短く略した「flu」という表現。短くて使いやすいのでネイティブはこちらの表現を使うことのほうが多いかもしれません。ちなみに通常の風邪は不定冠詞の「a 」をつけて「a cold」と表現するのに対し、インフルエンザには定冠詞の「the」をつけて「the flu」と表現します。これはA型やB型など、検査によってはっきりとウィルスが特定できるものだからだそうですよ。

インフルエンザにかかるは英語で?

「インフルエンザにかかる」は「Have」「Get」「Catch」などの動詞を伴って、下記のように表現します。「風邪にかかる」と同じ動詞を使えますので、一度に覚えてしまうと楽ですね。

I catch the flu every winter.
(僕は毎年インフルエンザにかかる)

I won’t be able to go to school today because I have the flu.
(インフルエンザにかかったので今日は学校にいけない。)

I think I’ve got the flu.
(恐らくインフルエンザにかかっちゃったみたい。)

インフルエンザに関連する単語と会話例

冬になるとワクチンの不足や大流行のニュースなど、テレビやラジオでもトピックによく上がる「インフルエンザ」ネタ。友人や同僚との会話の中でも話題にあがることが多々ありますよね。そんな時にスマートに使えるインフルエンザ関連の表現フレーズをご紹介します。

流行している

The Influenza is prevalent this year.
(今年はインフルエンザが大流行しています。)

The flu is going around work right now.
(今職場でインフルエンザが流行っている。)

「Prevalent」は「広く流行っている」という意味ですが、少し硬めの印象。口語では「going around〜(〜の間で流行る)」がよく使われますよ。

(病気が)うつった

I caught the flu from my kid.
(子供のインフルエンザがうつった。)

My husband gave me a cold.
(主人の風邪がうつった。)

お子さんがいれば、大抵風邪やインフルエンザが看病する人にうつってしまうものですよね。「〜からインフルエンザをうつされる」は「catch the flu from 〜」「〜 gave me the flu」と表現できます。インフルエンザだけでなく、その他の病気にも使える表現ですよ。

(病気が)治った

I’ve finally got over the flu.
(やっとインフルエンザが治りました。)

My cold got better.
(風邪が治った。)

「(風邪など)が治る」は「get over(克服する)」や「Get better(良くなる)」というフレーズを使って表現します。「やっと」は「finally」で、使いやすい副詞ですのでこの機会に覚えてみてくださいね。

予防接種、ワクチン

I will get the flu shot tomorrow.
(明日インフルエンザ予防接種を受ける。)

I didn’t get the flu this year thanks to the vaccination.
(予防接種をしたので、今年はインフルエンザにかかりませんでした。)

予防接種は、「vaccination」とも言いますが、会話の中では「shot(注射)」の方がよく使われます。注射は「injection」とも表現しますが、「発砲」という意味の「shot」の方が短く覚えやすいでしょう。インフルエンザだけでなく、その他のワクチンにも使えます。

潜伏期間

What is the incubation period of the flu?
(インフルエンザの潜伏期間はどれくらいですか?)

「卵の孵化」「培養」という意味の「incubation」は、医学用語では「潜伏」という意味もあり、「潜伏期間」は「Incubation period」と表現します。インフルエンザ以外の病気にも使える表現ですよ。

学級閉鎖になった

My kid’s class shut down due to the flu.
(子どものクラスがインフルエンザで学級閉鎖になった。)

「クラスが閉鎖する」は「shut down」や「close down」と表現できます。日本だけでなく、海外でも、学級閉鎖のような仕組みはあるようです。

まとめ

いかがでしたか?冬になると猛威を振るうインフルエンザ。学校や会社でもインフルエンザにかかる人が出たりすると、その日の話題になりやすいですよね。インフルエンザに関連する英単語は医学的なものも多いですが、発症した場合は風邪を引いたときと同じ表現を使えば大丈夫です。違う病気を表す場合にも使える英語が多いので、ぜひ伝え方をマスターしておくといいでしょう。

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する