「LDK」は通じない?知っておいて損しないアメリカ不動産英語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国が違えばやり方もしきたりも違う。不動産事情でも同じことが言えます。海外赴任や留学でアメリカに行くことになったけど、部屋はどのように探したらいいんだろう?どんな英語表現があるのかな?こんなことを思った人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなお悩みを解決するべく、この記事ではアメリカでの部屋探しから部屋の契約までの流れで確実に遭遇する3つのシーンをピックアップ。それぞれのシーンで大事な表現や単語を用いた会話例とともに解説します。

リビングルームがない選択肢はほとんどない?日米のお部屋文化の違い

日本で賃貸の部屋探しをするときは、アパートとマンションの2つの選択肢がありますよね。一方で、アメリカでは「マンション」には賃貸の概念はほとんどないと言っても過言ではないでしょう。そもそもmansionとは「豪邸」のことを指す単語。日本で言うところのマンションはcondominiumにあたるでしょう。

ちなみに、アパートの建物そのものを指す時は、Apartment Buildingなどと言います。自分が住むユニットを紹介したいときは、”This is my apartment.”で、個人の部屋を示すときは”This is my room.”と言うことができます。

また、日本でおなじみのLDKとイコールで結ばれる英単語はBedroomです。1 bedroomと書いてあるときは、1つのベッドルーム・リビングルーム・ダイニングルーム・キッチン・バスルームが含まれます。ワンルームの部屋の場合は、studioです。日本でもよく見かける2DKなど、2つの部屋にダイニング、キッチンという選択肢はありません。一間に住むか、それかLDK付きで1つ以上のベッドルームがあるところに住むかという考え方になります。

実際に物件を見に行きたいときの英会話事例

20160820_reaL_estate_pre_exam
アメリカにも日本の不動産屋のように部屋をまとめて紹介してくれる役割をしてくれるところはありますが、基本的には自分でアパートごとにコンタクトをとる形になります。

ここでは実際に電話で部屋の空き状況や見学希望の旨を伝える電話での会話例を見てみましょう。

アパート:Hello. This is the Rarejob Apartment. How can I help you?
自分:Hello. My name is Hanako. I’m actively looking for a room. I checked your apartment at Apartment.com. Is the studio room available now?
アパート:Yes, of cource.
自分:That’s perfect. Could you please show me that room?
アパート:Sure. Our office hour is from 10am to 4pm on weekdays. Please stop by our office when you come here.

[日本語訳]
アパート:こんにちは。レアジョブアパートです。どのようなご用件でしょうか?
自分:こんにちは、ハナコと言います。現在私は部屋探しをしていてApartment.comでレアジョブアパートを見ました。ワンルームの部屋の空きはありますか?
アパート:はい、もちろんです。
自分:ありがとうございます。その部屋の見学をしてもいいですか?
アパート:承知しました。平日の午前10時から4時がオフィスアワーです。こちらに来たら、オフィスに立ち寄ってくださいね。

[キーワード]

look for a room:部屋を探している
available now:現在部屋が空いているかどうかを尋ねます。
show me:部屋の見学を申し出るときに「見せてください」と聞くこともできます。
office hour:アパートの管理人が管理室にいる時間のこと。オフィスに電話したり、訪問したりしたいときはこの時間帯にアクションをすることが必須です。

初回の電話では、自分がどのような部屋を求めていて、そして可能であれば実際に見学したいと思っていることを伝えることが大切です。基本的にはOffice Hourに訪問することになることが多いですが、アパートによっては電話での問い合わせのみ受け付けているところもあります。

部屋の見学のときに知っておきたい英会話事例

20160820_reaL_estate_room
目的のアパートに自分が希望する部屋があったとき、さらにアパートの設備を聞いてみて実際に住むのに最適な環境かどうかを見極めましょう。

アパート:Do you have any questions?
自分:Yes, do you have any south-facing studio room? And is a washing machine included in the room?
アパート:Okay, one south-facing room is available for you now. And unfortunately, you will need to use shared laundry room. A quarter for the washing machine, and 50 cents for the dryer needed.

[日本語訳]
アパート:質問はありますか?
自分:はい、南向きのワンルームの部屋はありますか?あと洗濯機は部屋に置いてありますか?
アパート:はい、南向きの部屋は用意があります。そして残念ながら洗濯機は共用になります。1回あたり25セントで、乾燥機は50セントかかります。

[キーワード]

south-facing:南向きを意味します。south-facingのあとは部屋の種類を当てはめてみましょう。
laundry room:洗濯室。アメリカでは共用で使う洗濯室があるところがとても多いです。
quarter:25セントコインのこと。アメリカでは25セントとは言わず、quarterと表現します。

アメリカのアパートには様々なオプションがあります。自分が必要としている設備がそのアパートにあるのかを確認することはとても重要です。例文では南向きの部屋や洗濯室の有無について問いかけるものでしたが、このほかにもペットを飼ってもいいのか、ジムはあるのかなどを聞いてみましょう

部屋の契約をするときにおさえておくべき英会話

20160820_reaL_estate_contract_sheet
アパートの部屋や設備や優遇に満足ができたら、次はいよいよ契約です。

アパート:Here is the application and lease agreement form. Please fill out now.
自分:Okay, thank you. How long is the lease term?
アパート:Month-to-month. The 30-day move out notice is required.

[日本語訳]
アパート:こちらが申込書と契約書です。ここで書いてください。
自分:はい、ありがとうございます。ちなみに契約期間はどのくらいですか?
アパート:契約は1ヶ月ごとです。引越しの際は30日前に知らせてくださいね。

[キーワード]

application form:申込み用紙
lease agreement form:契約書
lease:契約期間
month-to-month:1ヶ月ごと
30-day move out notice:そのアパートから引越しをする場合は、引越し日の30日前にその旨を管理人に通告する必要がある場合が多いです。

契約に関してとても厳しいことが多いアメリカのアパート。きちんと契約書を読み、契約期間を事前に確認しておくことがとても大事です。1ヶ月ごとの契約の場合、更新は自動的になるケースもあります。年単位での契約の際は管理人と事前のチェックをしておくといいかもしれません。また30-day move out noticeと言って、引越しの30日前に通知を義務付けられることもあります。

これでいつ海外に住むことになっても怖くない!

いかがでしたでしょうか?独特な表現や細かな日米での考え方の違いがありましたが、今回紹介したフレーズや単語を基本として覚えておけば応用が広がります。自分が生活をしていく上で欠かせないこと、そしてその国での滞在期間などをあらかじめ明確にしておくことが自分に合ったアパートを見つけることができる大きなポイントになるでしょう。

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する