外国で迷子になったらどうする? 道を尋ねる英会話フレーズを覚えよう 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行で一番心配なのは、慣れない街で道に迷うこと。英語でちゃんと道を聞けるかどうか、不安になりますよね。そこで、迷子になったときに役立つ表現と、道を尋ねるための定番フレーズをご紹介します。

「迷子になった」を英語で言うと?

ショッピングモールなどでよく「迷子のお子様をお預かりしています~」という放送がありますが、英語のlost child center(迷子預り所)は、We have a lost child at ~(~に迷子のお子様がいます)と放送します。ただし、lost child(迷子)はあくまで子どもの例。大人が道に迷ったときは、このように言います。

「迷った」をストレートに表現

I’m lost.
(道に迷った)

I got lost.
(道に迷った)

be lostは「道に迷った状態にある」ということ、get lostは「道に迷う」という行為を指します。

I lost my way.
(道に迷った)

my wayは「道」を指すと同時に、「方法、やり方」といった意味にもなり、「どうすればいいかわからない」という意味を表すこともできます。

自分の居場所を確認

Where are we?
(ここはどこですか?)

「私たちはどこにいるんでしょう?」が、「ここはどこですか?」という聞き方になります。

What’s the name of this street?
(この通りの名前は何ですか?)

Is this the right way?
(この道で合ってますか?)

会話例

旅行者:Excuse me. I’m lost. Where are we?
(すみません。道に迷いました。ここはどこですか?)
通行人:This is Regent Street.
(ここはリージェント通りです)
旅行者:I’m going to the British Museum. Is this the right way?
(大英博物館に行くんです。この道で合ってますか?)
通行人:Yes, take this way.
(ええ、この道を行ってください)

this wayは「この道」または「こちら」「こっちのほう」と、方向を指すこともあります。

英語で道を聞いてみる

勇気を出して英語で道を尋ねることができたとして、次は相手の説明を聞き取らなければなりません。turn right/left(右/左へ曲がる)など、基本的な表現を押さえておけば大丈夫、まずは道の尋ね方から見ていきましょう。

道を尋ねる

Where is the Apollo Theatre?
(アポロシアターはどこですか?)

How can I get to the National Gallery?
(ナショナルギャラリーへはどう行けばいいでしょうか?)

Could you tell me how to get to Covent Garden?
(コベントガーデンへの行き方を教えていただけますか?)

Where is ~?はシンプルで使いやすいのですが、少々唐突な感じがする可能性も。How can I ~?は標準的、Could you tell me~?はとても丁寧な尋ね方になります。

行き方の説明

go straight(まっすぐ行く)
turn right/left(右/左へ曲がる)
cross the street(道を渡る)
pass by the post office(郵便局の前を通る)

位置の説明

at the corner(角に)
on your right/left(右手に/左手に)
next to ~(~の隣)
in front of (正面に)
across from ~(~の向かい)

覚えておくと便利な単語

traffic light(信号)
crosswalk / pedestrian crossing(横断歩道)
intersection(交差点)
sidewalk / pavement(歩道)
landmark(目印)

会話例

旅行者:Excuse me. How can I get to the National Gallery?
(すみません。ナショナルギャラリーへはどう行けばいいでしょうか?)
通行人:Go straight this way and turn right at the second corner. You’ll find a big square on your right and the National Gallery is across from it.
(この道をまっすぐ行って、2番目の角を右へ曲がってください。右手に大きな広場があり、ナショナルギャラリーはその向かいです)
旅行者:Is there any landmark near there?
(近くに何か目印はありますか?)
通行人:You’ll see a tall column in the square.
(広場に高い柱があります)
旅行者:OK. Thank you.
(わかりました。ありがとう)

日本語では「2つ目の信号」のように説明することが多いのですが、欧米の街では信号ではなくcorner(角)やblock(ブロック、区画)を使います。

まとめ

英語での道案内を正確に聞き取るのは、意外と大変。そこで、相手に説明してもらったら、Go straight and turn right.(まっすぐ行って右に曲がる)のように、相手の言ったことを繰り返してみましょう。相手はYes, at the second corner.(ええ、2つ目の角です)のように確認してくれるかもしれません。地図を見せながら、Could you show me on the map?(地図で教えてくれませんか?)と頼んでみてもいいですね。

教えてくれたお礼はThank you./ Thank you very much.だけでもよいのですが、It’s really helpful.(本当に助かりました)のように付け加えると、さらに気持ちがこもってよいかもしれません。

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する