体調不良や病気の症状を英語で伝える必須フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行や留学中に突然、体調不良に襲われたらどうしますか?

異国の慣れない生活環境の中で、そのようなことが起こることは十分に考えられます。そんなときに言葉が通じなかったら…考えただけでも不安になりますよね。

英語でうまく病気の症状を伝えることができれば、診断がスムーズにいったり迅速に治療や薬の処方をしてもらえるかもしれません。今回は「鼻水が出る」などの風邪の初期症状から、比較的深刻なものまで、病気の症状を伝える英語フレーズを紹介します。

1. 風邪の症状を伝える英語フレーズ

20160520_henshubu02
英語で「風邪を引いた」は何と言うでしょうか?
正解は「I caught a cold」。「受け取る」という意味のcatchの過去形を使って表します。日本語では風邪を「(自ら)引いた」というように考えますが、英語では「(誰かから)うつされた」と表現するのが面白いですね。では風邪の具体的な症状をどう英語で伝えるのか見ていきましょう。

気分が悪いとき

I’m not feeling well.
(気分がよくない)

I feel dizzy.
(めまいがする)

I have no appetite.
(食欲がありません)

また「吐き気がする」というのは少し難しい単語を使って「I feel nauseous」と表現します。nauseousは形容詞で「吐き気がする」「胸がむかつく」という意味で、「ノゥシャス」と発音します。もっと簡単にthrow up「吐く」を用いて、「I feel throwing up」でも同じ意味を表すことができます。

喉にまつわる英語フレーズ

I have a sore throat.
(喉が痛い)

I have a cough.
(咳が出る)

また風邪を引いたときや、はたまたカラオケに行って歌いすぎたときなどに声が枯れたりしますよね。「声が枯れた」は英語では、「失う」を意味するloseの過去形lostを使って「I lost my voice」と表現します。「声を失った」なんていかにも英語らしいフレーズです。

「鼻水が出る」は英語で?

I have a running nose.
(鼻水が出る)

My nose is stuffed up.
(鼻が詰まっている)

「鼻が走る?」と意外に思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、runningはここでは「走る」ではなく「(水が)流れる」の意味。「(鼻・目などが)粘液を分泌する、流れやすい」を意味する形容詞runnyを用いて、I have a runny nose.と表現してもOKです。また、 stuff upは「(鼻を)詰まらせる、塞ぐ」という意味の句動詞です。

「熱っぽい」って何て言う?

I have a fever.
(熱がある)

I have a temperature.
(熱がある)

I feel a little feverish.
(少し熱っぽい)

上の二つは中高で習ったポピュラーな表現です。もう少し具体的に「◯◯℃の熱がある」と言いたければ、「fever / temperature of ( ) degrees」を使って、「I have a fever / temperature of 37.5 degrees(37.5℃の熱がある)」のように表します。また、なんだか熱っぽいという場合にはfeverishという形容詞を使いましょう。

2. 【花粉症、アレルギー、腹痛】その他の症状を伝える英語フレーズ

20160520_henshubu03
続いて、花粉症やアレルギー、下痢などの症状を表す英語フレーズを紹介します。

花粉症

毎年のように花粉症に悩まされている人は多いでしょう。海外は日本に比べると花粉が少ないので症状は和らぐと言われていますが、海外には日本とはまた別の花粉が飛散しているため、それらの花粉症が発症する可能性もあります。花粉症持ちの人は覚えておきましょう。

I have hay fever.
(私は花粉症です)

I have a pollen allergy.
(私は花粉症です)

hayは「干し草」の意味ですが、hay feverは草花の花粉に対しても木の花粉に対しても使われています。また「花粉」を意味するpollen を使ってpollen allergyも花粉症を表す英語としてよく使われています。

アレルギーがある

I have a dust allergy.
(私はほこりアレルギーです)

I’m allergic to wheat.
(私は小麦アレルギーです)

I have an allergy to milk.
(私は牛乳アレルギーです)

「〜にアレルギーがある」という表現は複数あり、名詞のallergyを使ったり、形容詞のallergicを用いてbe allergic to ~ / have an allergy to ~としても表すことができます。もちろん先ほどの花粉(pollen)と組み合わせれば、「I’m allergic to pollen(私は花粉症です)」のように使うこともできます。ちなみにこの表現はTOEICでも問われる表現ですのでぜひ覚えておいてください。

日本語では「アレルギー」ですが、英語発音はallergy(アラジー)、allergic(アラージック)となりますので注意をしてください。知らずにアレルギーがあるものを摂取してしまって大変な事態になってしまわぬよう、事前にそのことをレストランなどで伝えるようにしましょう。また、運悪く体調不良を起こしてしまった後でも、「アレルギーがあるものを食べてしまった」と医者に伝えれば、早急な対応をしてもらえることでしょう。

下痢、便秘、生理痛のときは…

20160520_henshubu01

I have diarrhea.
(下痢をしている)

I have loose bowls.
(下痢をしている)《婉曲的》

I have constipation for about a week.
(一週間ほど便秘なんです)

海外に行って慣れない食事にお腹を壊してしまうことも。中高で学んだ「I have a stomachache(お腹が痛い)」だけでなく、どのようにお腹の調子が悪いのかを伝えられるようにしておきましょう。反対に「便秘」はconstipationを使って表します。聞き慣れない単語かもしれませんがネイティブはよく使用するので、便秘がちな方は覚えておくといいでしょう。

I’m having my period.
(生理中です)

I have cramps.
(生理痛があります)

生理中であることを伝える英語フレーズは多数あるのですが、シンプルで一般的なのがこの二つです。「生理」はperiodと言い、例文のように進行形を使って用いるようにしましょう。「生理痛」はcrampで表し、その他にも「けいれん、こむら返り」といった意味もあります。

逆に生理不順は、「不規則」という意味のirregularを使って、「I have irregular periods」や「My periods are irregular」と表現します。突然、つらい痛みに襲われても冷静に対処できるよう、女性のみなさまはぜひ覚えておいてください。

もしものときのために

いかがでしたでしょうか。
せっかくの海外旅行や留学で体調不良にならないことがベストですが、もしものときのために準備をしておくことが大切です。体調不良の症状を表す英語表現は、普段あまり触れることがないものも多いので、ぜひ今回学んだ英語フレーズを覚えて、万が一に備えてください。そして海外生活を楽しんで下さいね!

Please SHARE this article.

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。