話しかけ方から別れ際の一言まで!見て見ぬふりを卒業するための道案内フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
guidance_01_eyecatch

ここ数年、日本を訪れる外国人観光客が増え、駅や街なかでも姿を見かけることが多くなってきました。旅行者が道に迷って困っている場面に遭遇したことも少なからずあると思います。「ああ、助けてあげられたら」と思いながらも、英語が出なくてもどかしい思いをしたことはありませんか?

道案内は、教科書やテキストでもよく使われるシチュエーションですが、今回はその決定版として、困っている人に声をかける場面から、乗り換え案内、道案内のフレ-ズまでを網羅しました。

道に迷って困っている外国人がいるのに見て見ぬふりをしてしまう自分にはもうお別れしましょう!

外国人が困っている!勇気を出して声をかけよう

guidance_02
(どうやら道に迷って困ってるみたいだな・・・・・・んー、もし違ったらどうしよう)
おそらく道に迷っているであろう外国人を目にしたとき、助けてあげたい気持ちはやまやまだけど、突然話しかけても驚かれてしまうかもと躊躇するシチュエーションってありますよね。

そんなときは、「すみません」と、まずは一言声をかけることが大切です。
日本人がはじめに思い浮かべる「すみません」は、なんと言っても「Excuse me.」ですが、これは定番として、「何かお困りですか?」的なニュアンスを伝えるためには、もう少しカジュアルでもいいかもしれません。

「Hello」、「Hi there」といった親しみを込めた挨拶で困っている人を安心させる気遣いも大切です。続けて、お手伝いする旨を伝えましょう。

Hello, are you lost?
(道に迷っていますか?)

Excuse me, can I help you find your way?
(道案内しましょうか?)

You seem lost, may I help you?
(道に迷ってらっしゃるようですが、お手伝いしましょうか?)

May I help you?
(何かお困りですか?)

シチュエーション1:乗り換え案内をする

日本は鉄道が発達しているので、電車に乗ればどこにでも行けるのがいいところ。ですが、蜘蛛の巣のように張り巡らされた路線図は、日本語の分からない外国人にとっては迷路のように見えるようです。日本人でも迷うくらいですから、立ち往生している外国人を見かけたらぜひ助けてあげてください。

原宿駅の改札で路線図を眺めて少し迷っている外国人がいます。さっそく話しかけてみましょう。

Where do you want to go?
(どこに行きたいのですか?)

I want to go to Roppongi station.
(六本木駅に行きたいのですが。)

Take the Yamanote line to Ebisu station. It’s two stops from here. At Ebisu station, transfer to the Hibiya line going toward Kitasenju. It takes about 20 minutes to get there.
(山の手線で恵比寿駅まで行ってください。ここから2駅です。恵比寿駅に着いたら、日比谷線の北千住行きに乗ってください。ここから20分くらいで着きます。)

「◯◯線に乗る」は、take または get on を使います。「乗り換える」は transfer to です。頻出の表現なので覚えておきましょう。

どうしても説明できないときは

I’m not sure. Please ask the station staff.
(ちょっと分からないです。駅員の人に聞いてみてください。)

I’m sorry please ask someone else.
(ごめんなさい、他の人に聞いてみてください。)

ワンポイントアドバイス
東京の地下鉄のそれぞれの路線には色がついていますね。例えば、日比谷線はグレー、銀座線は黄色、丸ノ内線は赤など。具体的な路線名を言っても聞き慣れていない外国人には難しいかもしれません。そんなときは、例えば日比谷線の場合、”It’s the grey line here.”「グレーの路線です」と一言加えるとぐっと分かりやすくなります。

guidance_03

シチュエーション2:道案内をする

国によっては、それぞれの道に名前がついていたり、碁盤の目のように道が走っていたりして道案内がしやすいこともありますが、日本の道は入り組んでいて、大通り以外には道の名前はありません。地図を見るのも難しいですが、説明するのも困難です。

さて、地図を広げてあっちでもない、こっちでもないと話している外国人カップルがいます。

Where are you headed?
(どちらに行きたいのですか?)

We’d like to go to the museum.
(美術館に行きたいんです。)

Go along this street to the traffic light and turn left. Go straight on and take the second right. You’ll see a coffee shop on your right. The museum is at the end of the street. It’s about a 15 minute walk from here.
(この道に沿って信号があるところまで進んで、左に曲がってください。そのまま真っすぐ進んで、2つめの通りを右に曲がります。右手にコーヒーショップが見えるはずです。美術館はその道の突き当たりにありますよ。ここから歩いて15分くらいです。)

道案内で役立つ動詞を押さえましょう。

turn (right/ left): 曲がる
go straight: まっすぐ進む
go along: ~に沿って
go past: ~を通り過ぎる
cross: 渡る

場所を表わす前置詞も道案内には欠かせません。

at the corner of: ~の角に
next to: ~の隣に
opposite: ~の向かい側に
between A and B: AとBの間に

ワンポイントアドバイス
take right/ leftという右/左に曲がるという表現ですが、前述の通り道の名前がない日本では具体的にどこで曲がったらいいのかうまく伝わりません。そこで、必ず the first/ second/ third… のように何本目の道を…という言葉を入れるようにしましょう。

うまく説明ができない!そんなときは・・・

guidance_04
ご紹介したフレーズを使って行き先を説明できるのが理想ですが、必ずしもよく知った場所の道案内をするとは限りませんし、まだ英語でいろいろ説明するほどは自信がないというケースもあると思います。かといって「分かりません」―と一言で片付けてしまうのではちょっと残念ですよね。
わからなくてもスマホを使って調べてみたり、説明するのは難しいけれど連れて行くなら簡単..という場合なら、目的地近くまで連れて行ってあげる手もあるかもしれません。

スマホを使って調べる

I don’t know this area very well, but I can look it up for you.
(この辺はあまり詳しくないのですが、調べてあげられますよ。)

I’m not sure I can help, but let me check my phone.
(ちょっと分からないのですが、携帯で調べてみますね)

目的地まで一緒に行く

It’s difficult to explain. I’ll take you there.
(説明が難しいのでそこまで一緒に行きます)

It’s easier if I take you there.
(一緒に行ったほうが分かりやすいのでそこまでご案内します。)

ワンポイントアドバイス
別れ際に一言!
道案内が上手にできたら別れ際に一言気の利いた声をかけてお別れしましょう。
Good luck!
(頑張ってね!)
Enjoy your stay.
(日本での滞在を楽しんでください。)

勇気を出して英語で声をかけてみよう!

困っている外国人旅行者も、本当は助けてほしいのに言葉の壁があって聞けないのかもしれません。勇気を出すのはほんの一瞬。日本で親切に道案内をしてもらったことが旅のよい想い出となってくれるといいですよね。

一度成功体験をつめば、自信がついてきて英語をもっと使ってみたくなるはずです。まずは、「大丈夫ですか?」…この一声をかけるところから挑戦してみましょう。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら