「確かに」「その通り」は英語で?相槌に使える英語フレーズをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは英語を使って相槌を打ったり、頷いたりするときにどんな表現が思い浮かびますか?相槌は会話をスムーズするだけでなく、的確な意思表示をする上でも大切です。日本語だと「確かに」と同意したり、話を切り出したりしますよね。今回は英語で「確かに」と言いたいときに使えるフレーズをニュアンス別にわけてご紹介します。

頷くときの「確かに」を英語で言うと?

日本語だと「確かに」という言葉は、様々なニュアンスを含んで使われますよね。
「わかる、わかる」と相槌に使ったり、相手の意見・提案に賛同したりするなど。英語でも使い分けが必要となります。まずは日常会話で相手の話を聞いているときの相槌に使える「確かに」を指すフレーズを確認していきましょう。

「Sure」確かに・もちろん・その通り

A: Do you like my outfit?
(わたしの洋服気に入った?)
B: Sure!
(その通り!/確かに気に入った)
A: This is one of my favorite designers. You want to try some?
(お気に入りのデザイナーなのよ。試着してみる?)
B: Sure.
(もちろん。)

「Exactly」その通り・まったく正解・完璧に

A: We had a hard time because this typhoon was huge, didn’t we?
(台風が凄かったから大変な目にあったわよね、そうじゃない?)
B: Exactly.
(確かに。)

「Right」確かに・全く正しい・その通り

A: I thought you already pass the test.
(テスト合格したんじゃなかったっけ。)
B: Right.
(確かに。/そうなんだ。)

「certainly」確かに・もちろん・必ず

A: Tom seems to be good at playing the guitar.
(トムはギターが上手みたいね。)
B: Certainly.
(確かに。)

「そうかもしれない」を意味する”確かに”は英語で?

確かにの中には、「そうかもしれない」「きっとそうなんだろう」と仮説に対する同意を示す表現があります。事実は分からないけれど「そうなんじゃないかな?」「それでいいんじゃない?」と同意したいときに使えるフレーズをみてみましょう。

「it does」確かにそうであると同意する表現

“it does”は、相槌の中でもモノや商品、事柄などが影響していることが明らかな場合に使う表現です。その会話の中心になっている事柄が、本当にそうであるという確信を感じさせるフレーズです。

A: This shampoo makes my hair shiny.
(このシャンプー、髪が艶やかになるのよ。)
B: It does!
(確かに!)

「 I guess so. 」自分の推測でそうであると同意する表現

“I guess so.” は推測するに「そうらしい」という意味があります。実際はどうだかわからないけど、「そうなんでしょうね」と同意するときに使うフレーズです。

A: I haven’t spoken to him today. I wonder he is still at home?
(今日彼と話してないなあ。まだ家にいるのかなあ?)
B: I guess so.
(そうなんじゃない/そうでしょう)

「 I suppose so. 」同意しておく方が無難な場合の表現

“I suppose so.”を使う場合は、「自分は100%信じてないけど、世間はそうらしい」といった隠喩が含まれていることが多い表現です。YESと返事をしておいた方がいいような状況、あまり確信がないときに「まぁそう思う」という場合に使うといいでしょう。

A: Don’t you think that famous building is wonderful?
(あの有名な建物やっぱり素敵だと思わない?)
B: Well, I suppose so.
(まぁ、そうだね。)

「You may be right」仕方なく同意する表現

話しているときに正解か否かが問われるようなシーンを想像してみてください。
自分が正しいのは分っているけれど、他の人が間違いを認めないという状況下で” You may be right”がよく使われます。会話をうまく収めるために相手に軍配をあげるフレーズです。

A: Facebook is used by 3billion people now.
(フェイスブックって今30億人に使用されてるのよ。)
B: The number must be a mistake. That would be more like 2.3billion, right?
(数字間違ってるんじゃない? 2500億人でしょ?)
A: No, no, I just hard it on the news. Do not tell me that I am laying. I just saw it.
(違うわよ、いまニュースでちょうど見たんだから。嘘ついてるって言わないでよね。今見たとこなんだから。)
B: Ok, Ok, you may be right.
(はいはい。そうなんじゃない。)

納得したときに使う”確かに”

相手の話に納得したり、関心したりするときも「たしかに」と使うことがありますよね。ここではそんな時の相槌に使うとしっくりくるフレーズをご紹介します。

「true」シンプルにその通りと同意する表現

A: It is difficult to learn to speak English.
(英語を話せるようになることは難しいよね。)
B: true.
(まさしく。/確かに。)

「you’re right」完全にあなたに同感という表現

A: Honey, I never said I would take out the trash last night.
(ハニー、夕べはゴミ出しするって僕一回も言ってないよ。)
B: You’re right, I’m wrong.
(あなたが正しいわ。私の間違いよ。)

ビジネスで使える!丁寧な「確かに」の表現

上記でご紹介した表現はややくだけたフレーズでしたが、ビジネスシーンでも失礼にならずに使用できる「確かに」もあります。会社の上司や初対面の人に使用しても問題ない表現ですので、覚えておくと便利ですよ。

「Definitely」

A: Our sales will go up with a new contract.
(この契約で私たちの売り上げも向上するだろう。)
B: Definitely.
(確実にそうなります。/間違いありません。)

「Absolutely」

A: Do you think this idea is good?
(このアイデア良いかな?)
B: Absolutely!
(もちろんですとも!)

「For sure」

A: We should go to see that show tomorrow.
(私たち明日のショー絶対見に行くべきだよね。)
B: For sure.
(絶対そうするべき。)

まとめ

様々なニュアンスを込めた、うなずきや相槌に使えるフレーズを紹介してきました。実際の会話では、「true」や「right」を繰り返して使うことでより強調することができます。ご紹介したフレーズは会話でも様々な場面で用いられます。的確な意思表示ができるようにどんどん使ってみてくださいね。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら