「いいね!」を相手に伝えるさまざまな英語表現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイスブックやインスタグラムでも使われる「いいね!」の表現ですが、英語での会話の中ではどのように相手に「いいね!」を伝えるのがベストかご存知でしょうか。
今回はSNSからも学べる、相手に「いいね!」を伝えるときの英語表現について紹介したいと思います。

「いいね!」の基本的な表現方法

「いいね!」のを表す表現方法は単語だけでもたくさんのレパートリーがあります。まずはネイティブが会話中でよく使う表現からチェックしていきましょう。

Like:フェイスブックやインスタグラムの「いいね!」

フェイスブックやインスタグラムを英語版で見てみると、「いいね!」のボタンは「Like!」で表現されています。
この投稿が好きだよ!という意味のLikeですね。

これはSNSに限らず、実際の会話でも「Like」を使ってあなたの「いいね」という気持ちを表現することができます。

I like your shirt!
(あなたのシャツいいね!)

Good:基本の「いいね!」

Goodは10点中8点くらいの感覚の「いいね!」になります。
「いいね!」の英語表現はGoodの他にも「Great」や「Cool」などでも表現できるので、それと比較するとGoodは平均よりも良いという感覚になります。

You are good at playing music!
(あなたの音楽いいね!)

Great:Goodよりも感情のこもった「いいね!」

Greatは日本語でいうと「素晴らしい!」にあたり、「いいね」を意味するフレーズの中でもよく使われます。10点中9点くらいの感覚で、心を動かされるほど良かったときに用いるといいでしょう。

Great job!
(いい仕事したね!)

Cool:カジュアルな表現の「いいね!」

特に若者を中心によく使われる「いいね!」の表現が「Cool」です。かっこいいね!というニュアンスで使われると理解しておくといいでしょう。

Your new sunglasses are so cool!
(あなたの新しいサングラスいいね!)

Yeah, I bought yesterday!
(おう、昨日買ったんだ!)

Love:フェイスブックの「超イイネ!」

フェイスブックの、「超いいね!」ボタンは「Love」で表現されています。
心底大好きの意味を表すLoveでも、様々な「いいね!」を表現することができます。
日常の中でもよく耳にするLoveは、使い慣れるととても便利な「いいね!」の表現方法になります。

You always eat these chocolate.
(あなたいつもこのチョコレート食べているよね。)

Yeah! I love these chocolate!
(うん!このチョコ超いいの!)

何がいいのかをより的確に表現する「いいね!」の表現方法

GoodやGreatは万能な表現と言えますが、「いいね!」という気持ちをより具体的に伝えたいのならもう少し工夫が必要です。何に対して「いいね!」と感じたのかを、五感 (sound/ look/smell/taste/ feel)に分けて表現してみましょう。

Sounds good!:聴覚的な「いいね!」

Soundsは耳で聞いたことへの感想を表すときに使います。
Sounds good!といえば、会話の中で誰かが言ったことに同意・賛同するという意味を表しています。
五感で表す「いいね!」の中でも使用頻度の高い表現方法です。会話中だけでなく、メールでもSounds goodが使われます。

Whould you like to catch up after work?
(仕事の後会わない?)

That sounds great!
(いいね!)

Looks good!:視覚的な「いいね!」

友達とランチに出かけて、周囲の皆が美味しそうなメニューを食べているのを見て思わず「おいしそう」と口からこぼれてしまうことありますよね?そんなときに使うのがLooks good!という表現です。食事だけでなく服装やデザイン、様々な視覚的「いいね!」に対して使われます。

That steak looks so good!
(あのステーキ本当に美味しそう!)

Tastes good!:味覚的な「いいね!」

美味しいを表現するTastes good!は、味覚的「いいね!」に対して使われます。
食事中に「おいしい」と、味の感想を伝えるときにぴったりの表現です。

This carrot tastes good!
(このにんじん美味しい!)

Smells good!:嗅覚的な「いいね!」

Smells good!は、嗅覚的な「いいね!」を表す際に使います。香水や食事など、様々なものに対して使える表現です。

Her perfume smells good!
(彼女の香水いい匂いね!)

Feels good!:触覚的な「いいね!」

「これ肌触りが良い」など、モノを触った感触を表すときFeels good!を使います。また、Feels goodはよく気分や機嫌を表すときにも使われます。

This fake hur feels good!
(このフェイクファー触り心地いいね!)

I feel good this week!
(今週は気分がいいわ!)

まとめ

英語で「いいね!」を表現する方法はここで紹介した以外にもたくさんの表現方法があります。
まずは基本の表現方法を覚えて、「いいね!」と感じたことを素直に相手に伝えるところからはじめていきましょう。

Please SHARE this article.

英語に関する最新記事を
メルマガでチェックしよう!

メールマガジンを購読する

レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。