予定が合わなくなった!スケジュールを延期したい時に使える英語フレーズ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ごめんなさい! ご飯に行く約束、リスケしてもらえる?」

日常生活で予定が変更されるなんてことは日常茶飯事ですよね。それは日本にいても、海外にいても同じこと。個人の予定にとどまらず、コンサートやスポーツの試合などのイベントが延期になる場合もありますよね。

今回は、そんな「日程の変更」というテーマで、具体的な場面で使えるフレーズをご紹介します。

「日程変更」に関する4つの英単語(+1)

reschedule_word

1. change the date:「日程を変更する」

日付を変更したい時の英語表現として、まずはそのまま直訳した「change the date」が思い浮かぶ方も多いはず。一番シンプルでどんなシーンでも応用が利く熟語です。

2. reschedule:「スケジュールを変える」

「reschedule」は「スケジュールを変える」ことを指します。最近では、日本語の会話でも「リスケできますか?」という言葉を耳にする機会が増えてきていますよね。

3. postpone:「延期する」

「延期する、後回しにする」という意味で、日程が延期される時に頻出の単語です。全く同じ意味の動詞表現としては“put off”があります。“Don’t put off till tomorrow what you can do today.”「今日できることは明日に先のばしするな(善は急げ)」ということわざと一緒に覚えておいてください。

4. rain check:「雨天順延/またの機会」

日程を変更する際に、英語ネイティブがよく使う単語の1つに「rain check」というものがあるのはご存知でしょうか?初めて見た方は、まさかこの単語が「延期」の意味を持つとは思えないでしょう。

スポーツの試合などが、雨によって開催できなくなる時に配られた「雨天引換券」がこのrain checkという単語の元々の意味。ここから派生して、「延期」、「またの機会」という意味を持つようになったのです。動詞表現にする際には、“get (take) a rain check”という形で使います。

(番外編)extend:延長する

上にあげた基本表現と区別が必要な動詞が「extend」です。辞書で調べると、「延ばす、延長する」という意味が含まれています。 なので、会議を”延期”したい時に、“extend the meeting”というと「会議を延長する」という意味になってしまいます。

このextendは、先の予定を繰り越すのではなく、“Will you extend the deadline (to…) ?”「締め切りを(……に)延長してくれますか?」など、手元に抱えている期限や、現在進行中のものを引き延ばす際に使われます

例文で解説!色んな場面の「リスケしたい」を英語で言うと?

reschedule_time
日程を延期したい時に使われる英単語の種類、またそれぞれの意味を把握できたでしょうか? それでは、上記の5つの単語やフレーズをどのように使えばいいのか、日常でよく遭遇するシーンを想定した例文とともに紹介します。

友達との食事の約束に行けなくなってしまった時

どうしても外すことができない急な予定が入ってしまう時、ありますよね。

I’m sorry, but I still need to stay at the office. I can’t make it for our dinner. Can you change the date?
(ごめんなさい。まだ会社に残らないといけなくなり、今日のディナーには行けそうにもありません。日程を変えていただけますか?)

このフレーズでは「change the date」を使いました。「Can you〜?」は誰かに何かをしてもらう時の王道フレーズです。「Can」はどちらかというとカジュアルな雰囲気を持つため、より丁寧に表現したい場合は 「Could」にするといいでしょう。

日程変更を伝える時は、なぜそうしなくてはいけないのか理由を述べることもコミュニケーションを取る上でとても大事。この例文で用いている「I can’t make it (for…)」というフレーズは、「(……に)間に合わない・参加できない」という意味です。

任された仕事の締め切りを延ばしてほしい時

Would it be possible to extend the due date of our current project until next Thursday?
(現在のプロジェクトの締め切りを、次の金曜まで先延ばしにしていただけますでしょうか?)

ここでの重要ワードはextendです。プロジェクトは進行中のものであるため、「延期する」のではなく「延長する」という意味の単語を選ぶ方がベターなのです。

そもそも、締め切りを延ばすということは、自分の都合によって先方に迷惑をかけてしまいます。なので、できる限り丁寧な表現を心がけたいものです。このフレーズで用いた「Would」は、「Can」や「Could」といった「お願いをする」文の中でも、最上級に丁寧な表現であると言われています。目上の人に対してや、迷惑をかける恐れがある時に用いることが適切でしょう。

ミーティング/会食の日程変更を伝える時

日程変更は、自分から申し出ることもあれば、相手から告げられることもあります。その手段は口頭だけでなく、メールでの告知もあるでしょう。例として、「仕事のミーティングの日程が変わった」とメールで知らされるシーンを想定してみます。

Our upcoming meeting on Friday has been postponed until next Monday because of the business trip. I apologize for the inconvenience.
(出張のため、金曜に控えていたミーティングが月曜に延期になりました。ご迷惑をおかけします。)

延期を表す英単語として、「postpone」を用いました。こちらの文では受動態を用い、「meeting」を主語にすることで「ミーティングが延期された」という事実を伝えるニュアンスを出しています。

Our boss says she wants to reschedule the dinner to a later date.
(ボスが会食を延期したいと言っている)

こちらの文では「reschedule」を用いました。「postpone」と意味に大きな違いはありません。細かいニュアンスになりますが、この文のように誰が延期を決断したかが明確な場合には、受動態を用いず、能動態で表現するといいでしょう。

パーティに誘われたけど、行けそうにない時

A:We will have a home party next Saturday. Can you absolutely come?
B:Oh, I am so sorry. I have another schedule on that day. I’ll take a rain check.

A:次の土曜日にホームパーティをするけど、もちろん来てくれるよね?
B:あら、残念だわ。他の予定が入っているの。また今度ね。

「rain check」は前述した通り、元々の意味は「雨天時の引換券」を指します。「次に晴れた時に行ける」という意味から派生して、日常生活のなかで「次回に」「また今度」というニュアンスを相手に伝えたい時に適切な表現です。

場面に応じて、適切な表現を

いかがでしたでしょうか。今回は5つの英単語と、その例文をご紹介しました。細かな意味と使う場所での違いはありますが、それぞれの単語は、「提示された日時では都合が悪いから、日程を変更する」という基本的な意味を持ち合わせています。それぞれの単語の特徴をおさえながら、適切な言い回しができるようになりましょう。

こちらの記事も人気です



レアジョブ英会話 レアジョブ英会話 RareJob English LabはNo.1オンライン英会話スクール「レアジョブ英会話」が運営しています。
英語を「話せる」ようになるにはくり返しアウトプットする機会が必要です。 レアジョブ英会話なら1レッスン129円で每日外国人講師と話せます。
メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する