現役高校教師が教える英語のライティング力が伸びる人・伸びない人の共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
writing_english

グローバリゼーション(国際化)が加速する昨今、仕事で英語を使う機会が想像以上に増えてきている方の話を耳にします。その中で私がよく耳にするのは、「英語でのメールの返信がうまく書けない・時間がかかる」という悩みです。現代の社会人にとって、仕事で英語を使うとなると英語のビジネスメールは避けられないようです。

英語のビジネスメールを正確に書く能力は、英語ライティング能力の向上にかかっていると言えます。今回は社会人として知っておくべきライティング力が伸びる人・伸びない人の共通点についてです。

伸びない人:「思いついたことから書き始める」
伸びる人:「文構造まで考えてから書き始める」

英語でのライティングがうまく行かない人は、とにかく思いついた内容を英語に直していこうと考えがちです。つまり、日本語でメールを書く時のように、書きながら頭の中で内容を考えているのです。自由に使いこなせる日本語でなら可能ですが、英語で書きながら考えるにはかなり高い英語ライティング能力が必要とされます。

正確な英語を書くためには、書きはじめる前にしっかりと文構造を考える習慣が必須と言えます。また、正しい文構造を事前に組み立てる習慣により、頭の中に英語ならではの文構造が蓄積されていくのです。メールだけではなくあらゆる英文作成において意識することで、素早く正確な英文を作成する能力が身についていくのです。

伸びない人:「単語の意味を覚える」
伸びる人:「単語の語法まで覚える」

自分の考えたことを英語で表現できない場合、多くの学習者は辞書を用いてどのように表現するのかを調べます。ここで大切なことは、英語の「意味」を調べて終わるのではなくて、「語法」までしっかり学習しておくことです。

例えば、「アドバイスする」という語のスペルがわからなかった場合、辞書でadviseというスペルを確認します(名詞形のadviceと混同しがちです)。しかし、ライティング能力を向上させるためには語法までしっかりと学習すべきです。つまり、adviseという語は「advise 人 to do ~:人に~するようにアドバイスする」という頻出の語法があります。このような「語法」は必ず辞書に併記されているので、その都度チェックしておくのです。

このような語法の知識は、メールそのものを正確なものにするだけではなく、英文作成時間を大幅に短縮してくれます。そして、英文そのものを、よりauthentic(より英語らしく)してくれるのです。

伸びない人:「頭の中だけで英文を考えている」
伸びる人:「多くの文章を実際に文字にしている」

ライティング能力を思うように伸ばせていない方を見ていると、全体的に「書く」分量が不足している傾向にあります。「書く」ことは「読む」「聞く」「話す」ことに比べて非常に頭を使う学習です。そのせいか、仕事で必要になったとき以外、ライティング学習は避けられる傾向にあります。英語学習者の中で、最も多くの時間をライティング学習に費やしている人は、10人中1人いるかいないかのレベルだと思います。

私はこれこそが、多くの人たちが思うようにライティング能力を伸ばせていない原因だと思います。ただ漠然と頭の中で英語にするのでなく、実際に文字にすることにより、自分の分からなった部分に気づくことも多くあるはずです。実際に文字にして書いてみることは、ライティング能力向上の基盤であると言えます。

また、最近はウェブ上で英文を添削してくれるツールやサービスも増えてきました。オンライン英会話のレッスンでも英作文の添削は可能です。私もいくつかのものを使用しましたが、自分だけでは気づけていなかったであろう不自然な言い回しなどを指摘してもらいました。時間に余裕のある方はぜひ活用していただければと思います。

まとめ

「読めるけど書けない」という英語の悩みをよく耳にします。この原因は学習時間にあるのです。学生時代から「読む」中心の学習をしてきたからのだから当然なのです。「書く」ことを苦手にしている方も、しっかりと時間をかけて学習すれば、きっとライティング能力が向上します。ぜひ実践してみてください。

メールマガジンで新着記事や、あなたの英語学習をサポートする情報をお届けします。

購読する

レアジョブ英会話はこちら レアジョブ英会話はこちら